ネットサーフィン好きが教える!ノートパソコン用冷却台おすすめランキング!

夏は人間だけでなく、パソコンにも辛い季節です。特に長時間起動させっぱなしの場合、冷房をつけていても、キーボード部分に触れると熱いもの。そのままにしておくとフリーズしてしまうこともありました。

パソコン自身にも冷却ファンが備わっていることが多いのですが、ノートパソコンの場合は入っていても小型にせざるを得ないためか、あまり効果が感じられません。別に冷却台を用意しなくてはいけないと思い立った瞬間でしたね。

今回はそんなノートパソコン用冷却台についてご紹介します。

 

ノートパソコン用冷却台の効果

冷却ファン

 

冷却パッドと呼ばれることもある冷却台。主にファンによる風で温度を下げることが多く、パソコン内部の温度は10度ほど低くなります。もちろん製品によって差が生じますが、熱いままでは利用している私たちにまで熱が伝わって来るので、少しでも冷やしてくれるのはありがたいですね。

また上でも触れましたが、自身での冷却が追いつかず、ヒートアップしてしまったパソコンは、動作がおかしくなったり、突然フリーズやシャットダウンに陥ってしまうことも。ネットサーフィン程度であれば冷やして再起動すれば良いでしょうが、長々とブログを書いていた日には、その文章全てが消えてしまうなど悲惨な状態に。

逐一保存すれば良い、自動保存機能を利用するなど対策はありますが、まるでその隙を突くかのように、保存直前で止まったりすることもあるので、やはり常に冷やすことは大事です。

さらにはパソコンのハードディスクそのものは壊れてしまい、修復すら不可能なんてこともありえます。パソコン内に保存をするタイプならば、こまめに保存すること自体、意味がなくなってしまうんです。

 

ノートパソコン用冷却台の種類

冷却ファン

 

冷却台の種類も見てみましょう。基本的には台という名前の通り、ノートパソコンの下敷きにするタイプが主ですが、一方でスタンド型と呼ばれる、縦置きタイプもあります。そのままパソコンスタンドの役割を果たしてくれるので、ノートパソコンだけでなくタブレットのスタンドに使うことも可能です。

中身は扇風機、つまりファンが入っているものが多いとしましたが、ファンの数や大きさは冷却台によって異なります。大きなファンが1つだけ備わっているものもあれば、小さなファンがいくつも収納されているタイプも存在。

また冷却台とは少し異なりますが、パソコンの排気口に接続することで熱を逃がしやすくするクーラー型や、発熱部分に貼り付けるシートタイプも。さらには台自体に冷やす効果がなく、通気性を高めることで結果的に温度を下げているなんて製品もあります。

台型ではちょっと不便など、通常の冷却台は使いにくそうと感じたら、これらにも目を向けてみましょう。

 

ノートパソコン用冷却台を選ぶポイント

冷却ファン

 

ノートパソコン用冷却台を購入する際は、まず大きさと厚みに注目しましょう。大きさは、少なくとも自分の使っているノートパソコンよりも大きいものを探します。小さいと、その上でパソコン操作をすることになるのでがたついてしまいます。

また大きさが十分でも、ファンなど冷却装置の位置が、発熱する箇所とズレていては、効率よく冷やせません。予め自分のパソコンはどこが温まりやすいのか、確認しておきましょう。

厚みは、パソコン作業を行う際の姿勢にも関係します。机や椅子の高さ調整ができれば良いですが、そうでないと冷却台の厚みがある分、パソコンが近くなってしまいます。薄い冷却台ならその対処が省けますからおすすめです。

値段の安さや好きなデザインであることは、上記を満たした上で探しましょう。また神経質な方は、冷却台の静音性にも注意を。製品によってはかなり大きな音がするので、パソコンでの音楽や動画、ゲームの邪魔になりかねません。

 

実際に買ってよかったノートパソコン用冷却台2選

ノートパソコン

数ある冷却台の中でも特におすすめなのが下記です。

 

Sony PS3&4横置き冷却ファン

出典: Amazon.co.jp

Sony PS3&4横置き冷却ファン

まずはソニーの冷却パッド。名前からも分かるように、ゲーム機用として作られていますが、ノートパソコン用としても使えます。1台で複数の機器に対応できるのも便利で良いですよ。

ファンは横に3つが2列の合計6つ入っています。厚さが2cmほどなので、姿勢への影響も少ないです。

 

すのこタン。イラスト無し

出典: Amazon.co.jp

すのこタン。イラスト無し

こちらは電化製品でない冷却台。見た目はただの簀子なのですが、それゆえの隙間の存在と、机とノートパソコンの間に空間を作り出していることで通気性を高めてくれます。夏ほど高温にならない時にはこれでも十分です。

また素材がアルミ製なので熱伝導率が高く、パソコンの熱を流しやすいのも魅力。アルミ自体ひんやりした感触ですから、それだけでもパソコンを冷やす効果が期待できます。

 

ノートパソコン用冷却台気になるランキング

最近はかなり多様化しているようで、使ったことはないのですが気になる製品もいくつか見つけたのでご紹介します。

 

6位:REMAX ノートPCスタンド

まずはスタンド型の冷却台。こちらもファンなどを使わないタイプですね。パソコンの両端を持ち上げることで通気性を高めています。

上で触れた簀子とは違い、両端部分だけを小さなスタンドで持ち上げるのが特徴。ゆえに外出先に持ち運ぶのも便利です。自宅以外でもパソコンを使うことがあるならおすすめ。洗浄も可能で、汚れても繰り返し使えるところも魅力的です。

 

5位:Opolar LC06吸引式ノートPC冷却ファン

続いては排気口取り付け方の冷却台。こちらも小ぶりという点では、持ち運び時に役立ちそうですね。

機能もしっかりしていて、数十分起動し続ければ、7度から10度、パソコン内の温度を下げてくれます。表面にはLEDのディスプレイも備わっていて、なんとパソコンの温度が分かります。ファンの動作は自動だけでなく手動モードもあるので、状況に応じて使い分けましょう。静音かつ、5000時間以上稼働可能な点も素敵です。

 

4位:サンワサプライ ノートパソコン冷却パット

出典: Amazon.co.jp

サンワサプライ ノートパソコン冷却パット

4位はパッドタイプの冷却台。アルミ素材などを用いたシートが1セットに複数枚同梱されており、貼った箇所の熱を放出してくれます。小さいため、排気口に貼っても完全に塞ぐ心配がないのがメリット。小型のノートパソコンにも使いやすいです。

また使い方次第では、繰り返して何度も貼り付けることができます。粘着力が下がってくると買い替えが必要ですが、それまでは別の機器に張り替えて続けられますよ。

 

3位:E-PRANCE ノートパソコン 冷却パッド

3位に選んだ冷却台は、静音なのにパソコン内の温度を15度下げてくれる機能性の高さがポイント。もちろん数十分程度で実行可能です。

ファンはスイッチで風量調整ができますから、さほど熱くならない時は抑えて、さらに静かな空間を作れます。また台そのものは16度まで角度調整も可能。キーボード部分を斜めにすることで使いやすくなることもありますから、試してみるのもありです。パソコンサイズは17インチまで対応しています。

 

2位:Nobelbird 冷却ファン

2位はファンの数が1つ多い5つ搭載型。角度調整が7段階で可能な点や、折りたたみによる持ち運びの利便性、また上に乗せたノートパソコンが落ちないよう、滑り止め機能がついているところが魅力です。

ファンは中央部の1つが大きいので、中心部が発熱しやすい人には特におすすめ。またUSBポートが2つついているため、パソコンのUSBポートを1つ占拠してしまっても、ほかの機器を使いやすいです。

 

1位:BESTEK ノートパソコン冷却台

出典: Amazon.co.jp

BESTEK ノートパソコン冷却台

ベストはやや小ぶりの冷却台。私が10インチ程度の小さなノートパソコンを使っているからというのもありますが、それでも15インチまで対応可能です。内蔵されているファンは大きめのものが2つ。

特徴は、冷却部分の傾斜だけでなく角度も変えられること。360度変更可能なので、わざわざ台ごと向きを変える手間が省けます。角度は6段階、また風量の調節も可能です。静音機能、またUSBポートが2つ備わっています。

 

まとめ

夏でなくとも、長時間の使用や1度にたくさんのソフトを起動すると熱が溜まりやすいパソコン。もし不具合が起こった際に熱がこもっているようなら、それが原因かもしれませんよ。

冷却台で、パソコンに常に快適な動作をしてもらいましょう。

記事内で紹介されている商品

Sony PS3&4横置き冷却ファン

サイトを見る

すのこタン。イラスト無し

サイトを見る

REMAX ノートPCスタンド

サイトを見る

Opolar LC06吸引式ノートPC冷却ファン

サイトを見る

サンワサプライ ノートパソコン冷却パット

サイトを見る

E-PRANCE ノートパソコン 冷却パッド

サイトを見る

Nobelbird 冷却ファン

サイトを見る

BESTEK ノートパソコン冷却台

サイトを見る

関連記事