ガジェットマニアが教える!!バッファロー無線LANルーターおすすめ5選

現在、ノートパソコンのみならず、iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンにWi-Fi機能は当たり前のようについており、インターネット回線のモデムから無線LANルーターに接続し、Wi-Fi対応機器をインターネットにつなぐことができる便利な時代になりました。

ノートパソコンやスマートフォンだけでなくテレビやゲーム機器もWi-Fi接続はなくてはならない存在です。
家の中でも接続するデバイス、子機、モデム依存が少なく、ドライバーのアップデートやセキュリティー、電波の届きやすさから、バッファロー無線LANルーターに大変魅力を感じています。そこで、今回はバッファロー無線LANルーターについて調べてみました。

 

無線LANルーターとは

一言でいえば、テレビ、パソコン、スマホ、各種ゲーム機などのWi-Fi対応機器をインターネットに接続するために必要なルーターです。インターネット回線のモデムに接続することで、無線Wi-Fiを使用して複数の端末がインターネットに接続することができます。

モデムと無線LANルーターを有線で接続すれば、あとのケーブルは不要です。
また、スマフォなどのパケット通信制限も気にする必要がなくなります。
このような点で、無線LANルーターの魅力とはいえるのではないでしょうか?

 

バッファロー無線LANルーターの魅力

上記の無線LANルーターの魅力に追加して、バッファロー無線LANルーターの魅力をまとめてみました。

アンテナ

内蔵されたアンテナだけでなく、オプションでアンテナを増やすことができます。アンテナは無指向性のものもあり、電波が届かないなどの悩みを解消してくれます。

 

通信速度

最新のIEEE 802.11acのものを採用しているため、最大転送速度が、1733Mbps(80MHz BW)の商品もあります。

 

通信規格

最新のIEEE 802.11acのみならず、 IEEE 802.11n IEEE 802.11gなど様々な通信規格に対応した無線LANルーターを選ぶことができます。

 

GHZ帯

通信規格を選ぶことができるので、2.4GHz/5GHzのGHZ帯を選択することができます。そのため、他の家電製品などの電波障害を回避することが可能です。

 

その他

AOSSやセキュリティ規格もバッファロー無線LANルーターならではの機能です。

 

バッファロー無線LANルーターの選び方

バッファロー無線LANルーターを選ぶときに考えておきたいポイント4つほどあげてみました。

通信規格

こちらは前述のとおり、最新のIEEE 802.11acを搭載しているものを選ぶと良いと思います。こちらは2.4GHz/5GHzのGHZ帯を選択することができ、電波干渉や障害物の両方に強いためです。

 

通信速度

IEEE802.11acで最大通信速度が866Mbps以上のものをおすすめします。これは、テレビやスマートフォンなどの普及により、今後2年程度ストレスがなくインターネット回線を利用するために必要です。

 

通信できるエリア広さ

電波の強さによって、3階建てまで届くものや、2階建てまでのもの、マンションですと3LDKもしくは4LDK対応かの確認が必要です。

 

接続可能機器の台数および接続人数

商品によって、台数や接続人数が違いますので、混線を防ぐためにも確認が必要です。

 

実際に使ってよかったバッファロー無線LANルーター

WSR-600DHP

数年前に購入したため、IEEE802.11acではなくIEEE802.11nになります。
今でも現役で使用しています。前の無線LANルーターもバッファロー製品だったため、設定が楽々でした。縦置きや横置きができるのが、大変便利です。
IEEE802.11ac規格の商品が続々と登場しているため、そろそろ買換えを検討中です。

 

次買うならこの商品!バッファロー無線LANルーター5選

WTR-M2133HP

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザイン・センター(Design Zentrum Nordrhein Westfalen)が主催する「レッド・ドット・アワード」において、「プロダクトデザイン賞」を受賞しました。

そのため、従来の無線LANルーターとは思えないほどスタイリッシュな形をしています。最大転送速度が、IEEE802.11ac(866Mbps)ともう少しあってもよいかと思いますが、まずまずの水準ですので、リビングのインテリアとしての機能も含めると使ってみたい無線LANルーターの一つです。

 

WXR-2533DHP2

4×4大型可動式アンテナ搭載バッファロー史上最速のWi-Fiルーターです。最大転送速度が802.11ac: 1733Mbps(80MHz BW)とぜひそのスピードを体感してみたいです。

また、MACアクセス最大登録許可台数:64台と申し分ないです。アンテナが大きいので、壁掛け、横置き、縦置きと3つのパターンで設置できるのはうれしいです。VPN接続が可能ですので、安心して外出先から自宅のネットワークにアクセスできます。

 

WSR-2533DHP

戸建て3階まで、マンション4LDKまで対応の無線LANルーター 利用人数は6人までOKです。MACアクセス制限がついており、最大登録許可台数は64台のため、4人家族ならこれ一台でOKです。

 

WXR-1750DHP2

戸建て3階まで、マンション4LDKまで対応の無線LANルーター 利用人数は6人までOKです。対応OS、最大転送速度、外付けのアンテナとUSB3.0がついているのがWSR-2533DHPと異なる点

 

WXR-1900DHP3

 

戸建て3階まで、マンション4LDKまで対応の無線LANルーター 利用人数は6人までOKです。対応OS、最大転送速度、外付けのアンテナとUSB3.0がついているのがWSR-2533DHPと異なる点

 

まとめ

以上、バッファローバッファロー無線LANルーターということで調べてみましたが、WiFi接続の便利さは日常生活で欠かせないことが痛感できますね!
普段の生活にをより便利で充実したものにするために、バッファロー無線LANルーターを選ぶ一助になれば、幸いです。

関連記事