写真好きが教える!SDカードリーダーおすすめランキング7選

SDカードスロットがない!

事の発端は、新しくノートパソコンを購入した際のミスでした。私は当時携帯電話を持ってはいましたが、写真はデジカメで撮ってこそと思っており、データもSDカードを経由してパソコンに保管していたんです。

以前持っていたパソコンはデスクトップだったこともあり、パソコンにSDカードを挿入できる箇所がありました。ゆえにデジカメで撮影した写真も、SDカードをそのまま接続して移動や編集ができていたんです。

当時の私にとっては、まさか、パソコンによってSDカードが利用できない機種があるとは思いもしませんでした。

あいにくと、デジカメとパソコンを直接繋げるようなケーブルもなく、かと言ってWi-FiやBluetoothのようなワイヤレス機能もカメラ側にはないため、SDカードリーダーを購入するに至ったわけです。

ただ実際のところ、専用スロットがないだけでなく、SDカードの種類・サイズによっても利用できないケースがあり、SDカードリーダーは意外と重宝。今回は改めて魅力に触れました。

 

そもそもSDカードリーダーって?

カードリーダー

 

SDカードリーダーは、カード読み取り機の1種。特にSDカードの読み取りをメインとし、SDカードをセットすることで、接続したパソコンなどでデータを確認したり、移動させることができます。

事前にパソコン側へソフトをインストールする手間もなく、SDカードのセットができれば、即座にデータを読み取れるのが魅力です。

リーダには特定のSDカードのみを読み取る商品もあれば、規格やサイズ(マイクロSDなど)違いにも対応したマルチタイプもあり、用途に応じて使い分けることもできます。

 

SDカードリーダーの種類

SDカードリーダー

ここではSDカードリーダーの、バリエーションの一部をご紹介します。

 

USBコネクタのシンプルなタイプ

まずはベーシックなUSBタイプ。大抵のSDカードリーダーは、先端にUSB端子あるいはケーブルが備わっており、USBを利用してパソコンなどへデータを読み取らせます。

形や大きさも様々なので、スペースにこだわるなら小型のものや、ケーブルでなくメモリスティックのように直接接続するタイプがおすすめ。

 

スマホ直付けタイプ

SDカードリーダーは、スマホに接続できる種類もあります。スマホの場合はUSBでなくmicroBコネクタなど、別の端子が必要であり、USBタイプのSDカードリーダーでは接続できません。

もしスマホで利用したいなら、対応している接続端子のカードリーダーを探しましょう。

 

USBハブタイプ

以降の2つはオプション付きと言えるかもしれません。まずはUSBハブタイプ。USBハブというのは、自身にUSB接続箇所が設けられた商品で、USBが足りない時に役立ちます。

機能付きのSDカードリーダーを選ぶと、カードリーダーの分USBが埋まってしまうリスクが無くなるのがメリット。マウスやキーボードなど、外部機器を接続している人に向いています。

 

Wi-Fi搭載タイプ

ラストはWi-Fi機能を有しているタイプです。USBや各種コネクタの接続なしにデータ転送ができるため、USBハブより便利なこともあります。

ただ機能性ゆえに、オプションなしのSDカードリーダーはもとより、USBハブタイプよりも高額になりがち。コスパ優先の方や無線通信にメリットやこだわりがないなら、重視しなくても良いでしょう。

 

SDカードリーダー選びのポイント

USBケーブル

ここまでの機能を踏まえて、購入時にチェックしておきたいポイントを見てみましょう。

 

対応OS

私はパソコンでの利用が主だったため、まず確認したのがSDカードリーダーに対応しているOSです。WindowsかMacかという違いはもちろん、バージョンによっても利用の可否が分かれるため、細かく見てください。

最新機種なら全カードリーダーに対応できるとも限りません。もちろんスマホで使う場合も、OSは確認必須です。

 

挿入できるSDカードの規格や種類

続いてはSDカードの規格。SDカードはメーカーこそ違えど同じものばかり、と思っている人は要注意かもしれません。カードの中にはSDHC、SDXCなどの規格があり、場合によってはカードリーダー非対応であることも。

またサイズがminiやmicroなど小さなサイズもあるため、カードリーダも各サイズに合わせた挿入口で作られている商品があります。

小さいサイズで大きな挿入口のカードリーダを使うには、アダプタを介す必要がありますし、逆はそもそも不可能。使うカードのサイズにあったカードリーダーを選ぶか、様々なサイズに対応したマルチタイプにしましょう。

 

インターフェース規格、転送速度

1度にたくさんのデータ、あるいは動画などサイズの大きいデータを読み取るならば、転送速度も要チェック。USB接続であれば、3.0や3.1がおすすめです。2.0以前の古いタイプより早いので、データ量が多くても短時間で済ませられます。

ただ接続先のパソコンで2.0以前しか対応していない、なんてケースも考えられますから、利用する機器で対応のUSB規格は確認しておきましょう。

 

選んでよかった!おすすめのSDカードリーダーはこれ!

SDカードリーダー

私が利用しているのは、丸七のUSBカードリーダー。スティックタイプです。USBケーブルは短めで、折りたたんで収納できるため、持ち運びにも便利。

USBが2.0なので、転送速度重視の方にはあまりおすすめできませんが、参考までに、2.0でも10枚程度の写真であれば数秒で済みます。

また古い機種なので、販売が限られていることも。丸七のより新しい商品を試してみるのもありですよ。

 

スマートフォン Android microUSB カードリーダー スティック

出典: Amazon.co.jp

スマートフォン Android microUSB カードリーダー スティック

 

気になるSDカードリーダーランキング!

最後に、SDカードリーダーはほかにどんな商品があるのか、チェックしてみました。気になった順にランキングで並べたので、こちらも商品選びの参考にどうぞ。

 

第7位 AIGUOZER iPhone iPad専用SDカードリーダーLightning

出典: Amazon.co.jp

AIGUOZER iPhone iPad専用SDカードリーダーLightning

まずは7位から。名前からもわかるように、iPhone及びiPadでのみ使えるSDカードリーダーです。利用幅は限られますが、カードリーダの中では安価ですし普段からiPhoneなどを使っている人にはおすすめ。

ちなみにLightningの転送速度はUSBにおける2.0と同じです。挿入口はSDカードサイズなので、microSDなどはアダプターで対応しましょう。

 

第6位 BUFFALO カードリーダー/ライターBSCRMSDCBK

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO カードリーダー/ライターBSCRMSDCBK

続いてはBUFFALOのカードリーダー。直接パソコンなどに接続するタイプで、microSD用の挿入口のみのシンプルかつ小型が特徴です。microSDカードを挿入しっぱなしにすれば、USBメモリーのように使えるのも魅力。

パソコンだけでなく、PlayStation4でも動作が確認されているので、PS4のデータが気になる人にもおすすめです。

 

第5位 I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダーWFS-SR03K

5位はI-O DATAからWi-Fi対応のSDカードリーダーをピックアップしました。スマホ、パソコンどちらにも対応しており、iOS なら8.0から11.4、Androidは4.1から8.0、Windowsは10から7、そしてMacOSは10.10から10.12まで利用可能です。

改めて見ると、ほかのSDカードリーダーより確かに高額。一方でUSBが3.0対応であり、有線接続も可能など、インターネットが使えない場所でも利用できる魅力も備えています。

 

第4位 サンワサプライ カードリーダーADR-ML15W

出典: Amazon.co.jp

サンワサプライ USB2.0 カードリーダー ホワイト ADR-ML15W

4位はサンワサプライのUSB2.0対応カードリーダー。SDカード及び、microSDの利用が可能です。OSはWindowsとMacどちらも対応で、6位のように一部のゲーム機にも使えます。

SDHCやSDXC規格にも対応しているため、動画など大容量のデータも読み取りやすいです。SDカードのほか、メモリースティックやコンパクトフラッシュなど、ほかの記録媒体にも使えるので、持っている方にはおすすめ。

 

第3位 BUFFALO 高速カードリーダー/ライター節電モデルBSCR24EU2BK

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO 高速カードリーダー/ライター節電モデルBSCR24EU2BK

トップ3は再びBUFFALOから。OSはWindowsにおいて8.1から7及びVista、MacOSならば10.4以降対応です。節電モデルというのは、待機電力のカットができることから。最大で99.9%もの節電になります。

USBケーブルでの接続となりますが、ケーブルは本体にくっついており、使わない時も固定できるため持ち運びに便利。

ちなみに高速というのは、デジカメとパソコンの直結に比べて2倍早いという意味であり、USBの規格は2.0である点に注意しましょう。

 

第2位 ELECOM カードリーダーMR3-A006BK

2位はELECOMのカードリーダー。USB3.0を搭載しており、対応OSはWindows 8.1からXPまでと古い機種にも応じてくれます。MacOSもX10.6から10.9まで利用可能。

USBは2.0でも接続できるため、3.0非対応のパソコンでも使うことができますよ。SDXC規格やコンパクトフラッシュ、メモリースティックなど、全部で51種類もの記録媒体に対応しており、幅広く使えるのも魅力ですね。

 

第1位 JYDMIX 4-in-1 USB3.0 SD/TFカードリーダー

出典: Amazon.co.jp

JYDMIX 4-in-1 USB3.0 SD/TFカードリーダー

ベストはJYDMIXのカードリーダーです。4-in-1というのは、SDカード及びTFカード(Micro SD用スロット)、USBとType-cの各接続方法を備えていることに由来します。1つでパソコンにもスマホにも接続できるのは便利ですね。

もちろんOSもWindows及びMac、Android対応。USBは3.0なので、スピードも◎。一方2.0でも利用できます。

スマホに関してはiPhone始め、USBはもとよりType-c接続ができない機種では接続できない点に気をつけましょう。

 

まとめ

直接接続できれば問題はないのですが、SDカードの種類やサイズによっては、パソコンやスマホに接続できないことも。特に今までとは異なるSDカードを購入したり、パソコンやスマホの買い替え時は用注意です。

もし対応外の機器だったならば、SDカードリーダーで対処しましょう。USBハブやWi-Fiなど、カードリーダーを接続する際のデメリットを回避してくれるタイプもあります。スムーズなデータ転送で写真や動画撮影もよりはかどりますよ。

記事内で紹介されている商品

スマートフォン Android microUSB カード…

サイトを見る

AIGUOZER iPhone iPad専用SDカードリーダ…

サイトを見る

BUFFALO カードリーダー/ライターBSCRMSD…

サイトを見る

I-O DATA Wi-Fi SDカードリーダーWFS-SR0…

サイトを見る

サンワサプライ USB2.0 カードリーダー ホ…

サイトを見る

BUFFALO 高速カードリーダー/ライター節…

サイトを見る

ELECOM カードリーダーMR3-A006BK

サイトを見る

JYDMIX 4-in-1 USB3.0 SD/TFカードリーダー

サイトを見る

関連記事