【Webライターが教える!】タイピングしやすいキーボードはどれ?2019年最新iPad用キーボードおすすめ10選

毎日、何千、何万もの文字を打ち込むWebライターにとって、文字入力がしやすいキーボードはマストアイテム。そのため、iPadを使う際も打ちやすいキーボードは欠かせません。

今回は、そんなWebライターである私が、実際に使って良かったと感じたiPad用キーボードと、今気になっている最新キーボードをご紹介します。

あわせて、愛用者が実際に感じた選び方やキーボードごとのメリット・デメリットも解説いたしますので、ぜひ購入の参考になさってくださいね。

 

iPad用キーボードの選び方

男性 仕事

 

iPadは、ソフトウェアキーボードを使用して文字入力を行いますが、やはりどうしても、ブログやレポートなどの長文は打ちにくいというデメリットがありますよね。

そこで、おすすめなのが外付けのキーボードです。iPadとキーボードを組み合わせることで、ノートパソコンのようなスムーズな文字入力が可能となり、さらにはショートカットキーまで使えるため、作業効率も格段に上がります。

長文を打ち込む機会が多い人にこそ使っていただきたいiPad用キーボード。まずは、そんなiPad用キーボードの選び方を解説いたします。

 

ケース一体型・分離型のキーボードから選ぶ

iPad用キーボードは、ケース一体型と分離型の2種類があります。それぞれの種類によっては、キーボードの使い心地やデザイン、持ち運びやすさなどが大きく異なるため、用途に合わせて選んでくださいね。

それぞれのメリット・デメリットは後ほどご紹介いたします!

 

打ちやすさを重視するなら『JIS配列』iOSとの相性を重視するなら『US配列』を選ぼう

キーボードの配列は、大きく「JIS配列(日本語配列)」「US配列(英語配列)」の2つに分けることができます。

日本におけるキーボードでは、JIS配列が主流なことから、JIS配列が好まれる傾向にありますが、iPadをはじめとするiOS系のデバイスでは、US配列をベースとしているため、選ぶときにはiPadに対応しているのか注意する必要があります。

 

プラスアルファの機能を搭載した商品を選べば、幅広い用途で使える!

iPad用キーボードは、様々な機能を搭載したタイプも人気です。

例えば、キーボードが光るタイプなら、暗い場所でも文字が打ちやすく、デザインが良いというメリットがあります。また、やや大きいサイズにはなってしまいますが、トラックボールやタッチパッド機能が備わっている商品も大人気です。

このように、一口にiPad用キーボードと言っても様々な機能や種類があることから、用途をイメージしながら選ぶことで、より便利なアイテムと出会うことができますよ!

 

分離型iPad用キーボードのメリット・デメリット

キーボード

 

分離型iPad用キーボードは、iPadとキーボードを持ち運ぶ機会が多い方や様々なデバイスとペアリングさせて使いたい方におすすめです。
ここでは、そんな分離型iPad用キーボードのメリットとデメリットを詳しく解説いたします…!

 

メリット

分離型iPad用キーボードとは、iPadとキーボードがそれぞれ独立している商品のことを指します。
そのため、キーボードを使わない際はしまっておくことができるので、モバイル性に適しています。

また、分離型iPad用キーボードは、基本的にBluetooth接続を主としているため、キーボードの設置場所に困らないこともポイントです。ペアリングをすれば、iPadだけではなく手持ちのスマートフォンと一緒に使えることもメリットと言えるでしょう。

余談ですが、私が愛用しているのも、こちらの分離型キーボードタイプ。外出する機会が多いため、どこでも簡単に使える分離型キーボードは、非常に重宝しています。

 

デメリット

先ほどお伝えしたように、分離型iPad用キーボードは基本的にBluetoothによる接続が主です。そのため、バッテリーが切れると利用できなくなるため、こまめな充電が必要となります。

また、ケース一体型と比べると、タイピング時の安定感が欠けることもデメリットとして挙げられます。場所を選ばずタイピングができることは理想的ですが、車中や膝の上などの不安定な場所では、正確な文字入力がしにくい恐れがあるため、注意しましょう。

 

ケース一体型iPad用キーボードのメリットデメリット

タブレット キーボード

 

ケース一体型iPad用キーボードは、短く「キーボードケース」と呼ばれることもあります。iPad本体を衝撃から守りつつ、ノートパソコンのようにしっかり文字入力を行いたい方に最適です。

それでは、ケース一体型iPad用キーボードのメリット・デメリットについて、見ていきましょう。

 

メリット

ケース一体型iPad用キーボードのメリットは、何と言っても頑丈さです。分離型よりも安定感があるため、どんなシーンでも安定した文字入力が叶います。

一体型iPad用キーボードの中には、キーボードとiPadをくっつけるだけで、接続から給電まで可能になるSmartconnectorというシステムに対応している商品も。

これはiPad Pro専用の機能ではありますが、非常に便利なので、iPad Proユーザーの方は、ぜひ候補として考えていただきたい商品です!

 

デメリット

ケース一体型iPad用キーボードは、頑丈であるがゆえに、どうしても重さが増してしまうということがデメリットです。持ち運びには不向きな商品が多いため、常にiPadをバッグに入れておきたい!

という方は、分離型のキーボードを選ぶようにしましょう。

 

【ケース一体型】iPad用キーボードおすすめランキングTOP5

それでは、これまでご紹介した内容を踏まえて、おすすめのiPad用キーボードをランキング形式で見ていきましょう。
まずは、頑丈で使いやすいケース一体型iPad用キーボードのランキングから、一気にご紹介いたします!

 

第5位 Bookey smart iPad mini用 カバー&キーボード

iPad mini5にも対応!スマートなキーボードが欲しいならコレで決まり!

まずはじめにご紹介するのは、2019年3月末に発売されたばかりの、iPad mini5にも対応しているスマートなキーボードです。

キーボードの厚みは約4.3mmと超極薄で、持ち運びにも便利です。さらに、浮き上がるようなスタイリッシュなキーボードのデザインも魅力的。ケースやキーボードを付けているとは思えないような軽さが最大のおすすめポイントです。

しかし、取り付け方法は粘着テープによる貼り付けという簡単なものなので、安定感はあまり期待できません。また、キーボードの打鍵感もあまりないので注意が必要です。

 

第4位 ELTD iPad pro用 キーボードカバー

出典: Amazon.co.jp

ELTD iPad pro用 キーボードカバー
ブランド
カテゴリ

ワイドなキーボードで打ちやすい!ただし重いのでモバイル性は皆無

iPad Pro(12.9インチ)にぴったりの、大きめなキーボードがセットになったキーボードケースです。ワイドなキーボードなので、ノートパソコン感覚でタイピングすることができるでしょう。

ベゼル部分までしっかり保護してくれるケースを使用することで、耐衝撃性も兼ね備えています。

しかし、頑丈な分、重さは約1.11kgと重めです。iPad Proと合わせると2kg近くの重量となってしまうため、iPadとキーボードを持ち運びたい方にはおすすめしません。ノートパソコン感覚で使いたい方には最適な商品と言えるでしょう。

 

第3位 KMXDD iPadPro12.9 キーボード ケース

出典: Amazon.co.jp

KMXDD iPadPro12.9 キーボード ケース

スタイリッシュ&高機能!幅広いシーンで大活躍の一体型キーボード!

MacBookのようなスタイリッシュなデザインが人目を惹くこちらの商品は、ケース一体型iPad用キーボードでありながらも、360度回転ができるため、使い勝手に優れたキーボードです。

ゲーミングキーボード風のバックライトで誤打を減らし、正確なタイピングが行えるでしょう。また、散らばりがちなApple Pencilを収納しておけるホルダーも付いてきますよ。

カラーは、MacBookを連想させるようなスタイリッシュなシルバー以外にも、ローズゴールドやゴールド、ブラック4色以外からも選ぶことができますよ。

 

第2位 ロジクール iPad用 一体型キーボード iK1053BK

文句なしの使い心地を実現!しかし価格がネック

ゆったりとしたフルサイズ設計で、まるでノートパソコンを使っているかのような使い心地を実現するキーボードです。US配列なので、iOSショートカットキーを用いた簡単なタイピングをすることもできますよ。

ケース素材には、耐衝撃性・耐水性のあるファブリックを採用することで、様々なトラブルからiPadとキーボードを守ってくれるでしょう。

また、Apple Pencilホルダー搭載なので、キーボードだけではなく、iPadアクセサリー類もまとめて収納できることも嬉しいポイントです。

タイピングがしやすく使いやすいというクチコミが多数寄せられるほど、発売以来高い人気を誇るキーボードなので、本来ならば1位にランクインするところですが、高価格なことがネック。

「高くても良い商品が欲しい!」という方におすすめですよ。

 

第1位 エレコム キーボード 汎用ケース一体型 TK-CAP03BU

出典: Amazon.co.jp

エレコム キーボード 汎用ケース一体型 TK-CAP03BU
ブランド
カテゴリ

超高機能でおしゃれなキーボードを求めの方におすすめ!

使いやすいJIS配列キーボードとバックライト機能、節電機能、マルチペアリング機能など、様々な機能が搭載されている便利なキーボードケースです。

8.5~11.1インチまでのタブレットに対応しているため、画面サイズを選ばず使えることも嬉しいポイントのひとつ。高機能で汎用性があるため、幅広いシーンで活用できるでしょう。

ケース本体には、本革のような質感を生み出すヴィーガンレザーを採用し、ビジネスシーンにもぴったりマッチ。厚みは約15mmと薄いので、カバンに入れてもかさばりませんよ。

今回ご紹介したケース一体型iPad用キーボードの中で、JIS配列を採用しているのは、こちらの商品のみですので、JIS配列キーボードを探している方にもおすすめです!

 

【分離型】iPad用キーボードおすすめランキングTOP5

続いて、モバイル性にも優れた分離型iPad用キーボードのおすすめランキングをご紹介します。

 

第5位 PCATEC アルミ Bluetooth キーボード

出典: Amazon.co.jp

PCATEC アルミ Bluetooth キーボード
ブランド
カテゴリ

繊細なアルミデザインが美しい…!デザインにこだわりたい方におすすめ

おしゃれなアルミデザインと7色のキーバックライトが楽しめるのに、3,000円という格安価格で手に入る高品質なキーボードはいかがでしょうか。

コンパクトなフォルムと美しいデザインで、ブラックやゴールドなどの珍しいカラーが揃っているのも嬉しいポイントです。

キーはJIS配列になっているため、とっても打ちやすいことも特徴ですが、コンパクトさを極めるあまり独特の配列となっているので注意が必要です。

 

第4位 ELTD 超薄型 Bluetooth キーボード

スタンドが付いた使いやすい薄型キーボード!

コンパクトでスタイリッシュなフォルムが印象的なこちらのキーボードは、iPadを立てかけておけるスタンドが付属するため、パソコンのような感覚で文字入力をすることができますよ。

ボリューム調整や明るさ調整などのショートカットキーに対応していることも嬉しいポイントです。わずか2,000円弱で購入できるため、コスパにこだわる方にもおすすめですよ!

 

第3位 iClever Bluetoothキーボード

軽量でコンパクト!キーボード単体でも持ち運びしやすい1品!

V字型に折りたたむことで、超コンパクトに持ち運ぶことができるキーボードです。iPhoneほどの超コンパクトサイズに折りたたむことができる上に、わずか135gの軽さで、iPadと一緒に持ち運んでも重さを感じません。

ちなみに、私が今一番気になっているキーボードでもあります。

最大3台までのデバイスと同時ペアリングが行えるため、iPadだけではなく、AndroidやiPhoneとも接続することができますよ。

スマートフォン専用ホルダーも付属するため、スマートフォンの画面を見ながら文字入力することも簡単に行えるでしょう。

 

第2位 エレコム 超薄型ポインティングデバイス付き Bluetoothキーボード

出典: Amazon.co.jp

エレコム 超薄型ポインティングデバイス付き Bluetoothキーボード
ブランド
カテゴリ

便利なポインティングデバイス付き!汎用性に優れた便利なキーボード!

ノートパソコン感覚で便利に使えるポインティングデバイスが付いた珍しい形状のキーボードです。ポインティングデバイスを使うことで、煩わしいタッチ操作を減らし、快適な使用感を叶えてくれるでしょう。

Bluetoothだけではなく、有線接続も可能で、最大4台までのデバイスと同時接続が可能な点も嬉しいポイント。また、スタンドが付属するため、場所を選ばず、どこでも便利に使うことができますよ。

価格がややお高めであることと、本体が大きめでモバイル性に不安が残ること以外は、非常に優れた商品と言えるでしょう。

 

第1位 Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

出典: Amazon.co.jp

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード
ブランド
カテゴリ

コスパもデザインも最高!iPadと組み合わせて使うならコレ!

とにかく使い勝手が良いキーボードをお求めの方には、『Anker』が提供するベストセラーキーボードがイチオシです!

こちらは、私も愛用していますが、重量はわずか200gで、実際にiPadと一緒に持ち運んでみても重さを感じることがありません。

タイピングを静かに行えるキーシステムを採用しているため、シチュエーションを問わずどこでも使うことができるのもお気に入りのポイントです。

また、iPadだけではなく、Mac、Windows、androidなど、様々なデバイスと組み合わせることも可能です。優れた互換性により、万が一iPadを手放してしまったとしても、ずっと使うことができるお得な商品です。

幅広い用途でキーボードを使いたいとお考えの方に、全力でおすすめします!

人気のAppleの純正キーボードにそっくりな見た目であることもポイントのひとつです。iPadと合わせることで、おしゃれにタイピングが行えそうですね。

 

iPadの幅を広げるキーボードを選んで快適に使用しよう

タブレット

今回は、iPadの幅を広げる便利なキーボードをご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?

SNSやブログ、レポート作成や資料作成など、なにかと文章を作る機会が多い現代人にこそ、iPadとキーボードを組み合わせてカジュアルに文章作りに取り組むことをおすすめします。

もし、「iPad用キーボードが欲しいけれど、どの商品を選べば良いか分からない…」という方がいれば、ぜひ今回ご紹介したランキングを参考になさってみてくださいね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Bookey smart iPad mini用 カバー&キーボ…

サイトを見る

ELTD iPad pro用 キーボードカバー

サイトを見る

KMXDD iPadPro12.9 キーボード ケース

サイトを見る

ロジクール iPad用 一体型キーボード iK10…

サイトを見る

エレコム キーボード 汎用ケース一体型 TK…

サイトを見る

PCATEC アルミ Bluetooth キーボード

サイトを見る

ELTD 超薄型 Bluetooth キーボード

サイトを見る

iClever Bluetoothキーボード

サイトを見る

エレコム 超薄型ポインティングデバイス付…

サイトを見る

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤ…

サイトを見る

関連記事