買いたいものを検索してください

2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?Mac用キーボードのおすすめランキングTOP10

パソコンを買い替えた際、サイズが小さかったためにキーボード部分が打ちづらく、今まで使っていた外付けタイプのキーボードを接続することにしました。ところが、Macパソコンに対し、キーボードはWindowsのみ対応。パソコン側でキーボードの認識はしてくれましたが、存在するキーの有無が違ったり、各種変換などができなかったりと、余計に困ってしまいました。

 

Windows用のキーボードでも、専用のソフトなどを使えばMacOSで使えるようになるそうですが、その手間をかけるぐらいならキーボードもMac対応にしてしまったほうが早いと考え、Mac用キーボードを購入することに。接続はもとより、操作も問題なくできて一安心です。

 

今回はその時に見つけたMac用キーボードを、おすすめ順にランキングでご紹介。当時悩んだ選び方なども併せてお伝えします。

 

Mac用キーボードのタイプ

パソコン作業をする人

 

Mac用キーボードには、専用タイプとWindowsはじめほかのOSでも稼働可能な兼用タイプが存在します。

 

MacOSのみ対応するタイプ

まず専用タイプは、Macでのみ使うことが可能で、Windowsパソコンや、スマホ・タブレットと言ったほかの機器では使えないことがあります(iOSなら可能というタイプもある)。

Mac用なのでcommandやoptionなど、Windows用のキーボードでは見かけないキーも付属。共通するキーも、配列がやや異なっています。

 

Mac対応タイプ

一方Macが対応OSの中の1つであるという兼用タイプは、WindowsはもちろんAndroidなどにも対応。キーの有無や配列はWindowsかMacどちらかをベースにしつつも、片方にしかないキーは全て備えていることが多く不便さは感じません。

キーボードによってはOSの種類に関係なく複数台対応・切り替え機能を有している商品もあるため、複数の機器で共通のキーボードを使いたい時には便利。ただしMacからWindowsへと切り替え後、うっかりMacとしての操作をしてしまうなど、切り替え直後に混乱しないよう注意しましょう。

 

Mac用キーボード、これをチェックしよう

Mac用キーボードにおいて、タイプをMacのみかWindows兼用かで選んだら、併せて以下のポイントについても考えてみてください。

 

キーボードの配列で選ぶ

キーボードの配列については、Macのみに存在するキーの有無のほか、JIS配列かUS配列かで分けることができます。このうちJIS配列キーボードは、入力方式でかな・カナ・ローマ字の切り替えが可能であり、普段からかな入力をしている方におすすめです。

一方US配列キーボードは、アルファベット入力に特化したタイプゆえ、かな・カナなどの変換キーがないこと、アルファベットの各キーにひらがなの記載がないのが特徴。かな不要、余計なキーがなくすっきりしたデザイン、日本語もローマ字入力で入れているなら問題が無いメリットを持ちつつ、変換などに手間がかかる点がデメリットです。

 

有線かワイヤレスかで選ぶ

外付けタイプのキーボードは、パソコン本体とつなげるのにUSBケーブルを使うか、USBのパーツやBluetoothなどで無線通信をする必要があります。有線の場合は確実に接続できますが、ケーブルが煩わしい、マウスなどほかのケーブルと絡まる可能性に注意しましょう。

無線の場合はキーボードによっては初期設定が必要なこと(接続だけですぐ使えるとは限らない)、有線に比べると通信が途切れる可能性も考慮します。

 

打鍵感で選ぶ

キーボードは打ち心地も大事です。押したときにカシャカシャと音がする、しっかり押した感触が欲しいなら、キーに厚みのあるキーボードがおすすめ。反対に音は静かな方が良いなら、ほとんど凹凸のないフラットなキーボードを選ぶのもありです。

キーの凹凸に関しては商品ごとにも異なりますし、可能ならIT機器を扱っている店舗などで、使って確かめてみることをおすすめします。

 

掃除しやすいものを選ぶ

キーボードの厄介なところは、メンテナンスのしにくさでしょう。特にキーと本体の隙間に小さなごみやほこりが入ってしまうと、取り出すのは困難ですよね。

おすすめはアイソレーションタイプと呼ばれる、キー同士に間隔のあるキーボードです。キーとキーに隙間があり、入力ミスが少ないのがとくちょうですが、隙間はゴミをかき出しやすいというメリットも持っています。

ただしアイソレーションタイプのキーボードは、パーツがキーごとに独立しておらず分解が困難。キー同士の間ならまだしも、本体の奥まで入り込んでしまったゴミを取り出すには手間がかかるので、汚れが目に付いたらその都度ケアしてあげましょう。

 

2019年度最新版!Mac用キーボードのおすすめランキングTOP10

では最後に、おすすめのMac用キーボードランキングです。私のおすすめ基準としては、大まかにApple製及びテンキー無しを優先にしており、Apple製品でないMac用キーボードやテンキー付きは下位にしています。数字はテンキーで打ちたい方、Apple製にこだわらない方は、下位もお見逃しなく。

 

10位 バッファロー フルキーボード Macモデル BSKBM01WH

出典: Amazon.co.jp

バッファロー フルキーボード Macモデル BSKBM01WH
ブランド
カテゴリ

軽い打ち方を好むならぴったりのパンタグラフタイプ

まず10位は、バッファローのテンキー付きMac用キーボードです。対応OSはMacのみの専用タイプで、接続はUSBによる有線タイプ。コードは1.6mあるため、パソコンと距離がある場合にも使いやすいです。パンタグラフタイプのキーは軽さ重視の打ち方に便利。

コスパもよいですが、Appleとは別メーカー・テンキー付きであることに加え、利用するためには専用ドライバのインストールを行う点から10位としました。何時間もかかることはないでしょうが、ドライバインストールの時間が気になる、購入後すぐ使いたいという方は注意です。

 

9位 ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS

出典: Amazon.co.jp

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS
ブランド
カテゴリ

USBとBluetoothから選べる無線キーボード

続いてはロジクールのアドバンスドワイヤレスキーボード。こちらもテンキー付きで大きいサイズですが、接続は無線で行います。方法はUSBをパソコン側に接続する方法とBluetoothが選べ、USBの場合はMacOSがやや古いバージョンにも対応。パソコンが新しい分には問題ありませんが、中古品を利用している方は確認してみましょう。

キーボード自体はWindowsやスマホOSにも対応した兼用版。また各キーは窪みがあり、滑らかな打ち方が可能です。また最大3台の機種を利用登録でき、切り替えボタンでスムーズな使い分けが可能。ただし値段の高さ、またキーボードの充電においてはtypeCによる有線接続が必要な点がネックと感じ、9位としました。

 

8位 エレコム キーボード  TK-FBP100BK

電源スイッチで省エネにも期待!

8位はエレコムのMac用キーボードです。専用ではなく、Windowsなどにも使うことが可能。パソコン側との接続はワイヤレスであり、電力は電池を使うことで補います。電池なら停電時などいざという時に便利…ではありますが、パソコンやスマホはほとんど充電型ですから、対策している方でないとキーボードだけが使える状況になりがちです。

一方キーボードには電源スイッチが備わっており、パソコンを使っていない時に不要な消耗を避けることが可能。キーボードの価格自体も低いので、省エネやコスパにこだわりがある方におすすめです。

 

7位 エレコム キーボード TK-SLP01BK

充電タイプのエレコム製キーボード

8位とは異なり、USB充電タイプのMac用キーボードを7位に。利用時はBluetoothによるワイヤレスが可能です。電池を入れるスペースが不要なこともあり、8位に比べて値段は上がるものの薄いキーボード。5.3mmほどなので、ノートパソコンやスマホなど、接続機器と共に持ち歩きたい方にはおすすめです。

Mac以外にもWindowsなどが使え、OSの種類によってキーの切り替え(Windowsキーとcommandが同じなど)が可能。キーボード自体も25cmほどとコンパクトです。

 

6位 iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式

出典: Amazon.co.jp

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式
ブランド
カテゴリ

持ち歩き用やデスク周りを広く使いたい方に

7位の特徴で持ち歩きしやすさを挙げましたが、より便利なのが6位に選んだ折りたたみ式のキーボードです。Mac以外のOSにも対応しており、3台まで登録・切り替えが可能。折りたたみは両サイドを4分の1ずつ折り返す形で、実質長さは半分ほどに抑えられます。

テンキーはないのですが、代わりにテンキーにあたる箇所がタッチパッドになっており、マウスの代用として活躍。ただし配列はUSタイプで、ローマ字を含め日本語入力には設定が必要と覚えておいてください。

 

5位 アンカー ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

出典: Amazon.co.jp

アンカー ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード
ブランド
カテゴリ

省電力の軽量キーボード

アンカーのMac用キーボードは、ウルトラスリムの名前の通り、200gとかなり軽い作り。折りたたみでこそありませんが、こちらのキーボードも持ち歩きに便利です。また省電力も得意であり、電源ボタンの存在に加えて30分未操作の場合自動で節約モードに切り替わります。

電力は電池式、接続やBluetoothによるワイヤレスです。WindowsやスマホなどOSごとに適合できる切り替えボタン付きですが、配列はUSとなっています。

 

4位 ロジクール ワイヤレスキーボード K380

複数台登録時の切り替えが容易!

4位には再びロジクールのMac用キーボードを選びました。本体は黒、青、赤の3色から選べますが、いずれもFキーの1から3のみ本体より明るい色で彩られているのが特徴。それぞれのキーは登録したパソコンやスマホの切り替えキーでもあるため、使いはじめたばかりの方でも位置を把握しやすく、即座に別の機器へ切り替えることができます。

各キーは四角ではなく丸い形をしているのも特徴。電池式ですが省エネタイプゆえ、最長2年間交換不要で過ごすことが可能です。

 

3位 Apple Magic Keyboard テンキー付きUS

 

Apple製品でUS配列重視の方へ

トップ3はApple製品から選んでいます。まずはテンキー付きUS配列のMac専用キーボードです。世界基準ゆえか日本語対応のJIS配列より値段が高めなので、JIS配列で問題ないのならあえて選ぶ必要はないかもしれません。

一方でこのMac用キーボードは、ゲーム用キーボードとしても活用しやすい操作キーや矢印キーなども備えています。ネットゲームもする方で、かな入力を気にしないなら選ぶ価値はありですよ。

 

2位 Apple Magic Keyboard テンキー付きJIS

出典: Amazon.co.jp

Apple Magic Keyboard テンキー付きJIS
ブランド
カテゴリ

やっぱり「かな」が欲しい!

テンキー付きですが、JIS入力のApple製キーボードが2位です。3位同様Mac専用で、充電式のワイヤレスタイプ。配列以外の違いはほとんどないので、ゲーム用にもおすすめです。

強いていうなら各キーはほかのキーボードに比べて厚みがないため、打鍵感もさほど高くはありません。3位や1位にも共通する要素なので、カシャカシャと音を感じたい方はあえてApple製を避けるのもよいでしょう。反面静かな所、公共の場では安心して使うことができます。

 

1位 Apple Magic Keyboard JIS

テンキー無しでコンパクトに

Mac用キーボード1位は、Appleのテンキー無し・JIS配列タイプです。テンキーがないだけでなく、矢印キーも2位・3位に比べて小さくなっており、そのせいか全体的にコンパクト。価格も純正にしては控えめです。

一方Fキーがほかのキーと同じサイズなので、Fキーはもちろん付随しているメニュー項目(ホームや画面の明るさ調節など)を頻繁に使う方には見やすいのも魅力。テンキーがなくても問題なければこちらのキーボードの方がおすすめです。

 

PCキーボードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、PCキーボードの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

使いやすいMac用キーボードでパソコン作業もスムーズに

キーボードなら何でもよいだろうと思っていると、私のように使いづらい経験をする可能性大。もちろん自分の好みや使いやすさも大事ですが、まずは使っているMacパソコンに対応しているかを確認しましょう。

また利用者によってはMac専用よりも、Macは対応OSの1つであり、Windowsなどにも使えるタイプの方が便利なことも。キーの有無や配列など、今まで使っていたキーボードと比べて使いやすいか、違和感はないかを見てください。

使いやすいMac用キーボードを見つけて、パソコン作業をより快適に行いましょう。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

バッファロー フルキーボード Macモデル B…

サイトを見る

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキー…

サイトを見る

エレコム キーボード TK-FBP100BK

サイトを見る

エレコム キーボード TK-SLP01BK

サイトを見る

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式

サイトを見る

アンカー ウルトラスリム Bluetooth ワイ…

サイトを見る

ロジクール ワイヤレスキーボード K380

サイトを見る

Apple Magic Keyboard テンキー付きUS

サイトを見る

Apple Magic Keyboard テンキー付きJIS

サイトを見る

Apple Magic Keyboard JIS

サイトを見る

関連記事