買いたいものを検索してください

パソコン好き直伝!!富士通ノートパソコンおすすめ8選

 

もともとデスクトップパソコンや、ガラケーのメーカーとしてもお世話になっていたのが富士通でした。その時は同じメーカーゆえの信頼度を優先して購入しましたが、ノートパソコンであっても、使い始めて良かったと思えたんです。

内蔵ソフトのアップデートに限界が生じたり、本体の経年劣化で破損しない限りは使い続けたい。そんな富士通ノートパソコンの魅力を今回がお伝えします。

 

富士通ってどんなメーカー?

ノートパソコンとUSB

 

そもそもメーカーである富士通とはどんな会社なのでしょうか。富士通はパソコンメーカーとしては老舗に入る企業で、開発から製造、販売に至るまでの工程を全て日本国内で行っているのが特徴。細かい部品を含めても、メイドインジャパンのパソコンばかりなので、IT機器も国産重視という方にはおすすめです。

またパソコンのみならず、周辺機器や無線ランルータ、デジカメやエアコンなど様々な電化製品を扱っているのも特徴。IT機器に関しては、個人だけでなく法人向けの商品も多いです。

 

富士通ノートパソコンを選ぶ時の大切なこと

ノートパソコンのキーボード

 

メーカーを富士通と決めても、様々なノートパソコンがあるため、色々見てから自分に合うものを探しましょう。私は特に、以下の点に注意して選んでいます。

 

シリーズごとの特徴は把握しておく

富士通のノートパソコンは最上位と言われるAHシリーズを始め、いくつかのシリーズに分かれています。パソコンごとの特徴まで詳しく見られればベストですが、たくさんあるので1つ1つをじっくり見ていくのもなかなか大変。

そこで最低限、シリーズの特徴を把握しておき、気に入ったシリーズの中で個々の違いを比べるのがおすすめ。軽さにこだわるならUH、画質や音声にこだわるならFHシリーズなど、公私問わず様々な状況に向けて展開しています。

 

オフィスソフトの有無やOSのバージョンなど初期設定時の中身

個々のノートパソコンを比べる際は、私の場合初期設定で入っているOSのバーションやソフトを重視します。OSは最新になっていることも多いですが、Windowsなら10にせずとも8.1で十分という方もいるでしょう。

またソフトの場合、MicrosoftOfficeのようなオフィスソフトの内蔵を特に気にします。仕事柄使うことが多いので、できれば自分でインストールするよりも、最初から入っている方が望ましいんです。

別に用意すると、パソコン自体の値段は安くてもソフトの費用との合計で見たときに、インストール済みのパソコンより高くなってしまうことも理由ですね。

 

ソフトやデータを保存できる容量

もし動画や写真の撮影を頻繁に行っている人、映画などはダウンロードタイプを購入している人なら、容量もチェック。こちらは外付けHDDなどで増やすことも可能なので、最重要というほどではありませんが、最初から多いに越したことはありません。

ソフトも外からインストールする必要があるものが多い場合は、やはり容量の大きさは気になりますよね。画像などのデータとソフトとでは、保存先のHDDが異なるケースも多いので、それぞれの確認をお忘れなく。

 

アウトレットやカスタマイズもおすすめ

ノート型に限らず、パソコンは日々進化しているようなもの。OSのバージョンでも触れましたが、さほど最新さにこだわらなくても良さそうだなと思ったら、アウトレットPCで探してみるのも一理あります。

値段は安く、バージョンこそ古いものの新品もたくさん。初期状態のバージョンが気に入らない場合はアップグレードにも対応しています。アップグレードは有料であることも多いですが、必要なソフトだけしか最新版にしない分、全て最新の機種を選ぶよりコスパは抑えられますよ。

またアウトレットに限らず、カスタマイズが可能な商品も多数。オプションで様々な機能が付けられるので、カスタマイズモデルがあるノートパソコンが気になるなら、何が可能か見ておきましょう。

 

実際に使ってよかった富士通のノートパソコンおすすめ商品

ノートパソコンを操作する人

 

 LIFEBOOK UH75/J サテンレッド

出典: Amazon.co.jp

LIFEBOOK UH75/J サテンレッド
ブランド

個人的なおすすめは、UHシリーズの75/J。2012年のものなので、最新なら2017年の90/B1や75/B1も良いと思います。MicrosoftOffice内蔵で、USBポートが2つセット。画面が14インチと大型なのも魅力です。

CPUはIntel Core i5で、容量はRAMが4GBでHDDには500GBまで保存可能。デザインはシルバーとレッドで2種類ずつ、計4種類あるので、好きな色の方にはたまりません。

 

気になる富士通のノートパソコン8選

ノートパソコンを使う人

最後に上記以外での、富士通のおすすめノートパソコンをピックアップ。シリーズも複数あげているので、気になったシリーズがある人もぜひチェックしてみてください。

 

FMV LIFEBOOK AH42/C2

1つ目は2018年夏モデル。実は発売日が2018年6月21日となっており、閲覧日によってはまだ予約の可能性もある最新版です。

画面は15.6型ワイドと大きく、容量は4GBと1TB。CPUはインテル Celeron 3865Uです。MicrosoftOfficeが入っているほか、DVDドライブもあるため、公私問わず様々な場面でお役立ち。高機能のAHシリーズらしい商品ですね。

 

arrows Tab QHシリーズ WQ2/C1

出典: Amazon.co.jp

arrows Tab QHシリーズ WQ2/C1

続いてはタブレットとしての機能がメインのQHシリーズ。キーボードがついているなど、富士通の公式ショップでのみ利用できる限定モデルです。

画面は10.1と小さめですが、防水や防塵効果が備わっているなど耐性はバッチリ。CPUはAtom™ x5-Z8550。容量は4GBと128GBで、持ち歩きによる利便性に特化しているイメージですね。MicrosoftOfficeもセットになっています。

 

FMV LIFEBOOK  SHシリーズ WS1/B3

出典: Amazon.co.jp

FMV LIFEBOOK SHシリーズ WS1/B3

こちらはSHシリーズ。WQ2/C1と同じく、富士通公式ショップでのみ得られる限定モデルです。画面サイズは13.3とA4に収まるサイズで、カバンなどへの収納に便利。容量は4GBと256GBです。CPUはIntel Core i5ですが、場合によってはi7も選択可能。

バッテリーだけで10時間以上持つエネルギー効率の良さも魅力ですね。またモバイル・マルチペイによって、DVDドライブやバッテリー、HDDなど様々な機能の入れ替えが可能。一部がオプション機能ですが、1台で何役もこなせます。

 

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/B3

出典: Amazon.co.jp

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/B3

1kg未満の軽量さが魅力のUHシリーズからはWU2/B3をおすすめします。画面サイズは13.3型でCPUはIntel Core i5と、SHシリーズのおすすめに同じ。ただバッテリが最大で約17時間も保つ点でより魅力的です。

容量も8GBと256GBなので、ソフトの内蔵に関してはおすすめ。パソコンの大きさよりも重さがネックという人にぴったりです。MicrosoftOfficeも初期装備。

 

FMV LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2

出典: Amazon.co.jp

FMV LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2

最後はAHシリーズから。画面サイズは15.6型と大きめで、重さも2kg以上あるため、自宅用あるいは勤務先に置きっぱなしとして使いたいタイプ。

ただUSBが最新の3.1だけでなく、3.0や2.0も使えるので、古い周辺機器を持っている方には便利です。CPUはIntel Core i5、容量は8GBと1TBと最新機種にも劣らないので、容量重視の方にもおすすめです。

 

FMV LIFEBOOK SHシリーズ WS1/C2

出典: Amazon.co.jp

FMV LIFEBOOK SHシリーズ WS1/C2
ブランド

DVDドライブの着脱ができるws1/c2

ws1/c2は、富士通のLIFEBOOK、SHシリーズに属するノートパソコンです。OSはWindows10。CPUはインテルのCOREi5もしくは7。i7の場合は8世代目がインストールされ、中身が最新スペックということもあり、動作はサクサクと軽快です。

容量はいくつかの種類から選ぶことができ、メモリであれば4GB・8GB・12GB・20GBの4種類から、ストレージの方は128GB・256GB・512GBの3つから選べます。メーカーではカスタマイズモデルも販売していますから、既製品で好みの組み合わせがない場合は利用するのも手ですね。

ウェブカメラやUSBなど外部機器の利用に役立つ機能も充実。特にCD・DVDドライブは着脱が可能で、普段使わないなら外してもOK。13.3インチの画面で軽さはありますが、持ち運びにおいて重さを感じる場合にも便利な機能です。

 

LIFEBOOK WU2/C2

公式サイトをチェック!

鮮やかな赤デザインが魅力のwu2/c2

続いてのwu2/c2は、UHシリーズに属するノートパソコン。内部のスペックや容量はws1/c2と共通していますが、CPUにおいてCOREi3から選ぶこともできます。さほど最新版にはこだわらないという人におすすめ。

またws1 c2において着脱式だったCD・DVDドライブは、wu2/c2においては外付けタイプに変更されています。内蔵ではないため着脱は容易ですが、パソコンと一緒に持ち運ぶにはやや不便。自宅など、特定の場所で使う場合に適しています。

加えてデザインにも幅があり、黒と白のみのws1/c2に対し、wu2/c2は赤も存在。赤が好きな方や、鮮やかな見た目にこだわる方にもおすすめです。

 

 

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C3

出典: Amazon.co.jp

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C3
ブランド

より軽いwu2/c3

最後のwu2/c3も、wu2/c2と同じくUHシリーズのノートパソコンです。

軽量モデル・世界最軽量モデルと呼ばれる種類があり、3つの中でも重さが特徴。1kg前後の上2つに対し、wu2/c3は軽量モデルでも700gほど。最軽量モデルともなれば、700gすら下回ります。

スペックにおいては、OSはWindows10で、CPUはインテルのCOREi5もしくは7。容量はメモリが4GBか8GB、16GBとやや少なめですが、ストレージは128GB・256GB・512GBに加えて1TBも選べます。モデルによって選べる範囲はやや異なりますが、データ保存用に適したパソコンです。

wu2/c2同様にDVDドライブは外付けタイプ。またデザインも軽量モデルは黒、白、赤がありますが、世界最軽量モデルは黒のみとなっています。

 

富士通ノートパソコンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、富士通ノートパソコンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

ノートパソコン

様々なシリーズを擁することで、仕事からプライベートまで、色んな人の要望に応えやすい富士通のノートパソコン。最新でない機種はアウトレット対応されることもあり、機能はそのままにコスパの節約も可能です。

次の買い替えは富士通から選んでみてはいかがですか?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

LIFEBOOK UH75/J サテンレッド

サイトを見る

arrows Tab QHシリーズ WQ2/C1

サイトを見る

FMV LIFEBOOK SHシリーズ WS1/B3

サイトを見る

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/B3

サイトを見る

FMV LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2

サイトを見る

FMV LIFEBOOK SHシリーズ WS1/C2

サイトを見る

FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C3

サイトを見る

関連記事