値段で決める?それとも寝心地?こだわりのベッドマットレスおすすめランキング!

寝具はいろいろありますが、とても便利なのがベッドです。ベッドがあれば毎日布団を上げ下げする必要はありません。それから、アパートであれば結露などで床にお布団を敷くと湿気でびじょびじょになることもあります。

床に直接敷くよりもベッドにして床から高さをつくると埃なども寝てるときに吸い込みにくくハウスダストアレルギーなどをお持ちの方にも安心だそうです。

その時に、こだわりたいのがベッドマットレスです。

ベッドマットレスは一見同じようですが、使われている素材によって寝心地や身体の負担が変わってくるのをごぞんじですか?新生活のはじまる春にベッドを購入したい方も多いと思います。今回は、深い眠りに誘うベットマットレスについてお話します。

 

ベッドマットレスの重要性

たくさんのベッドマットレスが販売されていますが、眠り心地はそれぞれ違います。わかりやすいのが、安いビジネスホテルと高級リゾートホテル、それからファミリー向けのホテルなどにベッドがある場合、それぞれ寝心地が全然違いますよね。眠る瞬間もそうですが、朝起きた後の疲れ具合なども違ってくると思います。

それから、夜に何度も目覚めてしまったり、朝起きて腰痛が悪化したような気がするかたもいるのではないでしょうか。

逆に、とても深い睡眠をとることができて、身体の軽い感じがする時もあると思います。誰しもが体験したことのある旅でのベッドでもわかるようにベッドマットレスによって睡眠の質は変わってくるものなんです。

 

ベッドマットレスを選ぶポイント

ベッドを買う時に展示品などを見るとマットレス持ついているものが多いと思います。こちらについては、標準的なものをセット品として販売している形です。

ベッドマットレスは自分の身体に合うもの、好みに合うものを選ぶことができます。夫が、住宅関係の仕事をしているのですが、その時にベッドを新しく新築の際に購入される方は、マットレスにこだわる方がとても多いようです。

どのように選べばいいのか実際にベッドも販売することのある夫の実体験や意見も聞いてお話します。

 

こだわりたいのはマットレスの硬さ

マットレスで1番重視したいのは、硬さです。

腰痛のある方は硬めのものが的しています。柔らかいものだと腰が沈み込んで痛みを助長する可能性があります。マットレスの要である硬さについては、のちほどベッドマットレスの種類の項目で素材について詳しくご紹介します。

 

サイズは自分の生活スタイルにあわせて

サイズについては、マットレスから選ぶ方の場合は、シングルは身体の幅プラス30cmが目安になります。自分の横幅の左右に15cmずつですね。

でも、この辺は、家具を扱う仕事をしている夫に聞いたところ、あまりにも体重がすごい大きな人でない限りシングルサイズが入らないということはないのでそこまで気にしている人は見ないということでした。それよりも、自分の好みですね。

おひとりで寝るときも広くゆったり寝たいとか夫婦で眠ることを考えたり、お子さんが一緒にときどき寝ることを考えたり、恋人がくることなども考えられます。寝具に関しては、それぞれの今の生活スタイルで自由に選ぶのが今の時代のようです。

 

ベッドから選ぶ人は

デザインに一目ぼれして、ベッドから選ばれる方もいらっしゃると思います。その場合、ベットのサイズに合わせることがもちろん前提です。

シングル、セミダブル、ダブル、キング、クイーンなどの使われている、またはお使いになる予定のベッドのサイズと合わせてベッドマットレスを選びましょう。

サイズに関しては、共通だとは思うんですが、念のため寸法をしっかり測ってベッドに合うかどうか確かめて買う必要があります。

もし、微妙でわからない場合などは、ベッドメーカーにベッドマットレスのメーカーや品番を確認してあるかどうか問い合わせするのも安心かなと思います。その他にも素材やデザイン、それから通気性や独自のこだわりなどもそれぞれ違いますので、自分の悩みや好みにあったものを探しましょう。

 

忘れてはならない自分の部屋のサイズ!!

住宅関係の仕事をしている夫からのアドバイスですが、忘れてはならないのが自分の部屋のサイズです。ベッドマットレスを見ていると大きくて立派な心地いいものがほしくなるものです。

ベッド販売店などで見ると広い展示場で見るので実際より小さく見えるんですよね。自分の部屋に置いてみたら、なにもできないほどベッドが占領してしまうということは多々あるそうです。

よくあるのが、ふくよかな方が「体が大きいので大きなベッドのほうがいい」というものです。これに関しては、もちろんベッドのことにだけ関すると大きい方が寝心地がいいのですが、部屋の広さを考えてないことが多く運び入れて後悔している人も割と多いようです。

寝心地や好みだけでなく部屋のサイズやイメージも忘れないようにしましょう。

 

ベッドマットレスの種類とは?

ベッドマットレスの寝心地はマットレスの素材による違いがとても大きいです。どんな素材が使われているのか、またどんな方におすすめなのかお話します。素材の特徴を理解して選ぶと、より自分の好みのベッドマットレスに出会えると思います。

 

ボンネルコイル

ボンネルコイルとはコイルを上下左右に連結した構造になります。

身体をのせるなど力を加えると全体が沈み込む作りです。沈み込み方が緩やかなので身体にほどよくフィットして一点に負荷がかからないのでベッド自体の耐久性も高くなります。寝心地は良いのですが、身体を面で支える特性から寝姿勢をまっすぐ整えることができません。

その観点から腰痛持ちの方などには無理な体勢になったまま固まる可能性もあるのであまりおすすめはできません。でも、価格が比較的安いので1人暮らしなどで使用する方が多いものでもあります。寝るための普通のベッドというところでしょうか。

 

高度スプリング

高度スプリングは、ビジネスホテルなどで主に使われている素材ですね。

ボンネットマットレスの1.5倍ほどのコイルを使用しているマットレスです。特徴は硬めで沈み込みが少ないということです。体重が重い方などはしっかりと身体を支えベッドマットレスが沈みこんだりへたりにくいのでおすすめの素材になります。

寝心地をよくしたクッション性の高いものも発売されていますが、最も硬めのものです。男性には、良いと思いますが女性は慣れるまで少し違和感を感じるかもしれません。ただし、姿勢は正しく保てますので腰痛持ちの方も安心です。

 

ポケットコイル

ポケットコイルは、コイルが独立しているので身体を点で支えることができるのが特徴です。

腰や頭など重いところだけピンポイントに沈み込むので身体に負担がかかりにくいです。包み込まれるような寝心地で高級マットレスなどによく使われるものですね。高級ホテルなどでもこの仕組みを使われているベッドマットレスが多いです。なので、価格が高くなります。

でも、大切に生涯使うベッドとしては最適なのかもしれません。新築で家を建てるときにベッドを一緒に買われる方もこちらのタイプを選ぶ方が多いそうです。ダブルなど、お二人で寝る場合なども独立型のポケットコイルなら、寝がえりをしても振動が相手に伝わりません。ご夫婦で使われるならこちらがおすすめです。

 

低反発

低反発材が使われたマットレスは押し返す力が控えめで吸い込まれるような寝心地です。腰回りや頭など重いところが深く沈みこみふくらはぎや腕などは浅く沈みこむようなかんじですね。低反発の枕やクッションのようなものと考え方は一緒で、身体が包み込まれるような心地良さが特徴です。

女性や子供など硬いベッドでは、寝付けないという方におすすめです。ただ、深く沈みこむ性質からコイル系に比べると耐久性が短めです。長く使い続けると沈み込んだままのへこみが出てくる場合があります。その場合は交換が必要です。低反発のものでも長く使えるように工夫しているメーカーもあります。

 

高反発

高反発マットレスは適度に弾力があり綺麗な姿勢を保って眠ることができます。腰痛のある方や体重が重めの方には高反発のものがおすすめです。体重がかかる頭や腰の部分も沈みこみにくく、寝返りも打ちやすいです。

ただ、こちらもコイル系のものよりは耐久性が低くはなります。低反発と同じように2、3年が交換の目安というところでしょうか。反発力がなくなってきたときは交換を考えましょう。口コミなども参考にするといいですね。

 

私おすすめのベッドマットレス高価なもの1点と安価なもの1点

ベッドも販売している住宅販売系の仕事をしている夫からは、新築で人気のブランドの高価なベッドマットレスを、そして昨年の春から大学進学で1人暮らしをしている息子の安価なベッドマットレスつきベッドをご紹介したいと思います。

 

シモンズ ゴールデンバリューピロートップ シングル 6.5インチ AB1701A-S

参考価格137700円。新築を建てるときに家具を見にきてベッドで1番人気なのはなんといってもシモンズだそうです。

寝心地が最高にいいと評判であるシモンズは、新居でぜひベッドも特別に大事に使いたいという方がご夫婦用にマットレスはシモンズで買いたいという方が多いようです。シモンズを知らなかった方も比べてみるうちにやはりこのブランドにしようと決める方も多いと言っていました。

品質の高さが誇る世界に選ばれてきたシモンズ は、国内でも大人気です。有名高級ホテルなどでも使われています。こだわりのポケットコイル式ですね。

通気性も良く硬めで寝返りも打ちやすく姿勢も正しいまま眠ることができるので腰痛がある方も安心です。こだわって寝たいというかたにおすすめなのがシモンズです。価格帯についてはやはり高ければ高いほど寝心地がいいというのがベッドマットレスということだそうです。

5、6万円くらいからシングルだとあるようですが、満足の寝心地として考えるなら10万円以上のものがおすすめです。シモンズについてはもっと高価なものも、もちろんありますがこれくらいの価格帯だとほとんどの方が大満足で眠るのが楽しみになる仕様ですね。

新築で新しいベッドを買うときもだいたいシングルなら10万円前後のものが売れ筋でその後の満足度も高いものだと夫も言っていました。眠りを極上にしたいとこだわる方はこのくらいの価格を目安にしてください。

 

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレスベッド シングル 脚長 15cm ボンネルコイル

参考価格10990円。 こちらは大学2年生になる息子の為に進学と同時に買ったものですね。

ベッドと一体型になってるボンネットマットレスです。うちの息子はハウスダストアレルギーがあるので床に布団は敷かないほうがいいのではないかと思いまして購入しました。

いろいろみたのですが、場所のないので一体型にしたんですね。こちらは、マットレスに直接、ベッドの足をはめ込むタイプです。すごくしっかりしていて厚いマットレスですね。私も寝てみたんですけど硬めで沈むこむことがないベッドですね。

6畳くらいの狭い部屋なのでベッドが占領していますが、沈みこまないため普段はそこをソファーのように座ってテレビとかゲームとかもしているようです。本人も買って良かったといっています。

色はブラウンを息子は選びましたがデザインもスタイリッシュなのでいいみたいですね。友達が遊びにきたときもかっこいいと何度か褒められたようです。

後2人私には子供がいますが、その子たちが進学で1人暮らしをするとしたら、また買いたいくらい良かったと思います。学生時代の簡易ベッドとするならしっかりしているし使いやすいのではないでしょうか。

それから、3月末から4月最初まではどうしてもベッドの販売や引っ越しが多いので配送が未定とか遅くなる場合があります。うちの息子も配送は未定で4月末くらいになっていまして、入学してから届きましたね。

それから、ベッドマットレスの場合ネット販売で注意したいのが、配送についてです。

エレベーターがついているかついていないか、マンションの前までドア前まで追加料金のありなしなど、会社によってちがいますのでチェックしておかないとあとで後悔します。ちなみに息子はマンションの2階エレベーター付きで一緒に手伝うなら部屋前まで配送無料でした。

 

おすすめベッドマットレスランキング

ベッドマットレスは、たくさんの種類のものがあります。とくにネット販売では、さまざまな価格帯で販売されています。ベットマットレスはお値段が高いほど寝心地がいいというふうに思ってもらうといいと思います。

寝心地でこだわるなら少し高価なものを学生さんや単身赴任、または新生活などでは、引っ越しや買い換えることを考えれば、お得なお値段のものでもいいかもしれません。

自分の生活スタイルとどこにこだわるかを頭の中で整理しつつ、ベットマットレスを選びましょう。ネット販売をされている中で、とても人気があったり口コミが良いものをランキング形式でご紹介します。

 

5位 タンスのゲン ポケットコイルマットレス 極厚18cm シングル

参考価格:6980円。(タンスのゲンはセールが多いため価格は変動しやすいです。)こちらは、長男のマットレスベッドをおすすめとして紹介したお店のものですね。

お値段が安いのにポケットコイル式だということと厚みがあることで人気のものですね。実際の口コミなどを見るとやや柔らかめということが書いてありました。

高級マットレスによく使われているポケットコイル式にもランクがあります。こちらは簡易で家庭用にさらに使いやすいものと入れるでしょう。ただ、このお値段は敷布団と変わらないくらいマットレスとしては安い金額です。

高級ホテルのようなマットレスのイメージを持つとがっかりするかもしれませんが、18cmの厚みがあってこのお値段ならお買い得なのではないでしょうか。

マットレスを選ぶ際に価格を抑えたいけど厚みのあるものが欲しいという方におすすめのマットレスです。

寝心地にこだわるならマットレスは最低は5万円前後だと思ったほうがいいので、大学生や単身赴任に方など数年ベットを使用する予定の方にはおすすめします。床に敷き布団を直に敷くよりは寝心地も良いのは確実です。

 

4位 マニフレックス 三つ折り マットレス 高反発 メッシュ・ウィング ミッドブルー セミダブル

参考価格46332円。イタリア製でアスリートの方や腰痛を持っている方に人気のマニフレックス独自開発ものですね。こちらは、イタリアのマニフレックス社が日本人のライフスタイルに合わせて開発した国内限定モデルです。

マニフレックス独自開発の高反発フォーム・エリオセルを使用しています。引っ越しの多い日本人に合わせて折り畳めて運べて狭い部屋でも収納しやすくベッドにも床にもソファーにも使えて、側地は外して洗えるようにどこまでも日本人の好みに合わせて作られています。

畳むとキャリーハンドルが付いているので、折りたたんだ際の持ち運びが楽にできます。収納にも便利ですね。厚み11cmです。

マニフレックスのマットレスは、ドイツの工業規格LGA-GERMANYの過酷な耐久試験をクリアして高い耐久性の認定を受けています。製品を50%にまで圧縮し元に戻す工程を1分間に60回、これを繰り返し8万回行うことで弾性や復元性の劣化を確認しています。こちらは10年保証もついています。

高反発なので腰痛のある方や体重の重い方も安心して長く使えると思います。

 

3位 フランスベッド 高密度・高耐久性マルチラススプリングマットレス シングル(S)サイズ XA-241

参考価格29700円。フランスベッドは、フランスではなく日本の寝具メーカーです。国内の有名ホテルなどで使われているマットレスを扱っている老舗メーカーです。

こちらは、高密度連続スプリング「マルチラススプリング」を使用しています。スプリング数は810個 です。フランスベッドのマットレスは高いものが主流なのですが、こちらは比較的お値段を抑えてあるので家庭用とても使いやすいと思います。

程よい硬さで寝心地がいいというレビューも多くありました。日本人好みの清潔にこだわった衛生マットレスで防ダニ、防臭、抗菌加工もされています。

老舗メーカーのものだとお買い得な値段なものでも寝心地や素材にはこだわっているので予算以上のものに出会える場合もあるので必ずチェックはするべきでしょう。

 

2位 エアウィーヴ ベッドマットレス スマートEX シングル 高反発 洗える 厚さ27cm

参考価格172800円。エアウィーヴは日本の繊維製品メーカーです。 ベッドマットレスの素材の肌にあたる素材はとくにこだわっています。

こちらは 人気の高いシングル エアウィーヴ ベッドマットレス スマートシリーズの中のより硬めのベッドマットレスです。ここで注目したいのが丸洗い可能であることですね。ベッドマットレスは洗えないと思っている方も多いと思います。実際に洗えないものの方が多いです。

でも、こちらは、「洗えるベッドマットレス」としてカバーは、簡単に外すことができ洗濯機で洗うことができます。それからベットマットレス自体はシャワーで汚れを洗い流せます。すごいですよね。

蒸し暑い季節になると、気になるのがダニ・カビ対策です。お布団は丸洗いできるのにベッドマットレスは洗えないけど仕方がないという常識を覆した商品です。

こちらは、これまでのスプリングやウレタンタイプと違い、樹脂繊維を使って空気を編むようにしてつくられた「エアファイバー」という素材でできているので丸洗いができます。

通気性もよくて、寝返りもしやすいので、これからの季節も快適に眠れますよね。この洗える清潔感は見逃せないですよね。新しいマットレスの常識になりそうです。

 

1位 東京西川 エアーSI ベッドマットレス シングル レギュラー

参考価格123120円。こちらは 多くのアスリートの方が使用している東京西川エアーのベットマットレスタイプです。人気のオーソドックスなマットレスのものにウレタンボトムを50mmプラスしていて単体でベットマットレスとして使えるものですね。

1人暮らしをしている男性を中心にとても人気があります。自分の身体大切にして筋トレなども行っているモテる男性が使うイメージがありますね。

よくSNSでもお部屋の中のお写真などでも拝見します。アスリート仕様の特殊立体クロススリット構造は、敷き寝具に求められる体圧分散、寝姿勢保持の条件を満たすことで、快眠をサポートし、質の高い睡眠に導きます。

腰痛持ちの方にもおすすめです。こちらのスマートでスタイリッシュなデザインは世界のデザイン賞も多く受賞しているものです。1人暮らしだとベッドも来客の目につきやすいので見た目も大事ですよね。

体を動かす仕事をしているアスリートの方やミュージカル俳優さんなども愛用しているこのシリーズは、寝ているときにもしっかりと身体のメンテナンスを整えることができるものです。

毎日寝ることは、明日頑張れることにつながります。朝の満員通勤電車や車の大渋滞に耐えながらがんばる会社員の方も、そしてありえない坂道を登りながら登校する大学生の皆さんもある意味アスリートだと私は思います。身体を酷使する人専用のベットマットレスはぜひ使ってみたいものですよね。

 

まとめ

新しく生活スタイルが変わるときに、ベッドも変えたくなりますよね。

ベッドのデザインも気になるところですが、寝心地を考えてマットレスからまず選ぶという方が最近は増えているそうです。お値段もお安いものから高いものまでたくさんあるマットレス。

新しい生活だからこそ良いものを使いたいとか新しい生活でお金がかかってしまうからなるべく安くおさえたいとかいろいろな考えでベッドは選ばれると思います。

でも、共通するのは部屋に新しいベットマットレスが届いた初日の感動ですよね。真新しいマットレスではじめて寝る瞬間が頭にずっと記憶に残っている方も多いと思います。

特に、はじめて1人暮らしをした方、結婚でパートナーができた方など生活がガラリと変わるときにベッドマットレスも変わる。ベッドマットレスを新しくしたいなと思うときは、将来を楽しみに心がうきうきしている状態だということは間違いはないでしょう。

眠ることは人間にとって大事なことです。

良きパートナーであるベッドマットレス、あなたはどんな眠りのパートナーを選びますか?

記事内で紹介されている商品

シモンズ ゴールデンバリューピロートップ…

サイトを見る

タンスのゲン 一体型 脚付きマットレスベ…

サイトを見る

タンスのゲン ポケットコイルマットレス …

サイトを見る

マニフレックス 三つ折り マットレス 高反…

サイトを見る

フランスベッド 高密度・高耐久性マルチ…

サイトを見る

エアウィーヴ ベッドマットレス スマートE…

サイトを見る

東京西川 エアーSI ベッドマットレス シン…

サイトを見る

関連記事