スポーツや旅行での撮影にも最適!おすすめのアクションカメラ4選

一眼レフカメラやビデオカメラではなかなか収めることができないようなシーンに出くわしたことはないでしょうか。

特に、自転車やマラソンといったスポーツ、サーフィンやスノーボードといったアクションの激しいスポーツでは、プレイヤー自身ならでは視点が最高に輝く瞬間です。

また、旅行に行った時にも、一眼レフカメラやビデオカメラではなく、旅行者自身の目線ならではの景色というものも存在し、そんな素敵な1シーンを撮影できたら嬉しいですよね。

このような場面で活躍するのがアクションカメラです。

今回はアクションカメラのおすすめを紹介します。

 

アクションカメラのメリット

撮影に用いる一般的なツールである、一眼レフカメラやビデオカメラ。これと対峙するのがアクションカメラの存在です。

一眼レフカメラやビデオカメラは、高性能で専門的な撮影ができる一方で、本体サイズがどうしても大きくなってしまいがちです。その一方でアクションカメラは専門的な撮影とまではいきませんが、十分な高画質撮影ができるコンパクトな仕上がりとなっています。そのコンパクトさは、一眼レフカメラやビデオカメラと比べると圧倒的に小さく、手の平にのるほど小さな筐体です。

また、アクションカメラは、一般的な一眼レフカメラやビデオカメラと違って、耐久製に優れているものも多く取扱いがあります。水周りの環境にも強い耐水性や、万が一落下してしまっても壊れにくいような耐性をもっているものもあります。

このように、アクションカメラは、本体のコンパクトさと耐久製が最大の特徴であります。

これらの特徴を最大限に活かすため、スポーツシーンでは多く使われているカメラといえるでしょう。サーフィンやスノーボード、サイクリングといった動きの激しいスポーツであってもキレイに動画や写真を撮影できます。

アクションカメラの設置性の良さも特徴の1つ。本体に付属するアタッチメントを使用すると、あらゆる場所に取り付けできるようになります。

ヘルメットに固定したり、自転車のハンドル部分に設置したり、ガラス面に貼り付けて使用できるような製品もあります。

設置場所の多様性があるので、シーンを限定することなく、あらゆる場面で活躍できますね。

 

アクションカメラの選び方

キレイに撮影したいなら画質は重要

アクションカメラの撮影画質は最も重要な項目です。

主に1080pのフルハイビジョンに対応したものと、その上位モデルでは4K画質に対応したものもあります。最近では4K画質に対応しているアクションカメラのモデルも多くなっています。

撮影したデータをどのように楽しむかによっても異なりますが、4K画質に対応したテレビやディスプレイを使っているのであれば、4K画質で撮影したデータを楽しめるので、より高画質でおすすめです。

反対に、撮影した後のデータの出力機器として4K対応の製品をもっていないのであれば、動画を撮影するカメラ自体も4K対応までいかなくてもよいと思います。フルハイビジョンであっても、4Kと比較しなければかなり良い写りを実感できると思いますし、4K対応でないアクションカメラであれば、その分、アクションカメラ本体のコストを抑えることもできるからです。

より高画質を求め映像出力をする画面が4K対応であれば、4K対応のアクションカメラを選ぶ、そうでなければフルハイビジョン対応で。という認識でよいと思います。

 

設置できる場所は!?

アクションカメラには、別名でウェアラブルカメラという名前があるように、ユーザーが手に持って撮影するというよりは、何かしらに固定設置して撮影するという使い方が適しています。

例えば、自転車に乗ってサイクリングをするとき、サイクリングで見た景色を撮影するのであれば、自転車のハンドル部分にカメラを固定したり、保護装具としてかぶっているヘルメットに固定するという設置方法ができます。

それ以外にもセルカ棒に固定すれば、旅先での撮影にもピッタリです。

車のフロントガラスに貼り付けて設置すれば、簡単なドライブレコーダーにもなります。

アクションカメラを使うシーンによって、設置出来る場所があるかどうか事前に確認しておくとよいでしょう。

 

手ぶれ補正機能

アクションカメラは小さなカメラであるがゆえ、動画撮影時に手ぶれによる振動の影響を大きく受けるカメラです。

アクションカメラ自体に手ブレ補正機能がついていることにより、ブレの少ない滑らかな動画を撮影できるようになります。

スポーツシーンでアクションカメラを利用するなら、よりカメラ自体に振動が加わることになるので、手ブレ補正機能があった方が無難です。

 

防塵防水性能は!?

海やプールなど、水周りで使用するにはアクションカメラ自体の耐水性能が重要となります。しっかりとした防水性能を搭載することにより、万が一アクションカメラに水がかかってしまった場合や、水の中に落としてしまったという思わぬトラブルに仕様面で対処可能です。

ほかにも屋外で使用するシーンが多くなると思うので、チリやホコリを除去してくれる防塵性能があるとなおさら便利です。

 

稼働時間はどれくらい!?

出先で使用するアクションカメラは、本体の電池スタミナも考慮しておきたいポイントです。

高画質性能が撮影できるカメラを求めるあまり、電池持ちがあまり良くないアクションカメラを選んでしまうと、またとないシーンを撮影できていたとしても、撮影が途中で中断してしまうことになります。

最低でも日中はずっと使える6時間くらいの電池持ちがあるほうが良いと思われます。

 

筆者おすすめのアクションカメラ「MUSON MC2 Pro1」

 

NINO

NINOのイチオシ!

アクションカメラの入門機としてもおすすめなMUSONブランドの製品です。
ハイビジョンだけでなく、さらにその上をいく4K高画質にも対応したアクションカメラです。
高感度のCMOSセンサーを搭載していて、撮影データもノイズの少なく鮮明に記録でき、キメ細やかな動画が撮れます。
アクションカメラを利用する時には、動きの激しいシーンが多いのが難点。自転車や車のフロントガラスに設置したとしても、路面から受ける細かな振動でカメラは常に揺れますよね。
MUSON MC2 Pro1は手ブレ補正機能に対応しているので、このようなシーンでもブレの少ない滑らかな映像を残すことができます。
本体はバッテリー駆動で、1200mAhのバッテリーパックがデフォルトで2個付属。常に2つともフル充電にしておけば、1つの電池が切れてしまっても予備バッテリーが使えるので安心です。
耐水製も優れていて、付属の防水ケースを装着すると、水深30mまでの防水に対応。プールや海といった水周りでの撮影もできますね。
外部マイク端子にも対応し、本体だけではなかなか広いにくい音声も専門的なマイクで拾え、より臨場感ある撮影が可能となります。

 

他にもまだある!おすすめのアクションカメラ

GoPro HERO6

アクションカメラといえば、やはりGoPro。絶対的な地位を築いているブランドです。

4K画質の動画が撮影でき、静止画も1200万画素で記録できます。

より強力となった電子式手ブレ補正がきくようになり、動きの激しいシーンでも高度に滑らかな映像を残せます。

2インチのタッチディスプレイを搭載し、コンパクトな本体でも細かな設定や操作も可能です。

 

Panasonic  ウェアラブルカメラ

身体に装着して撮影することを前提としたPanasonic製のウェアラブルカメラ。

撮影は4K画質に対応しフレームレートは30fpsまで対応。

本体の操作を担う液晶モニター部分と、ヘッドマウント可能なカメラ部分が分かれている二対型を採用しています。

付属のヘッドマウント器具を頭部に装着すれば、目線高さにカメラを設置できるので、見たままの世界を映像に記録でき、より臨場感ある撮影が可能です。

 

RICOH 防水アクションカメラ WG-M2

アウトドアでの使用に最適なRICOH製のアクションカメラ。

水深20mmまでの防水性能と高さ2mからの落下耐性を備えている本格派。撮影環境を問わず、あらゆるシーンで活用することができます。

カメラは超広角の204°に対応していて、他機種と比較しても画角の広いことから、目の前に広がる大パノラマな景色も収めることができます。

 

まとめ

アクションカメラはお出かけや旅行をした際のカメラとしてはもちろん、スポーツシーンにおいても活躍できる万能なカメラです。

より臨場感ある撮影をしたい人にはおすすめです!ぜひともお気に入りのウェアラブルカメラを探してみてください!

記事内で紹介されている商品

Panasonic ウェアラブルカメラ  

サイトを見る

RICOH 防水アクションカメラ WG-M2 

サイトを見る

関連記事