2018年安くて性能が良いのはどれ?一人暮らしからファミリー向けまで!冷蔵庫おすすめランキングTOP5

皆さんは、冷蔵庫はいつ買い替えていますか?

壊れたから、年数が経ったから、などなど、さまざまな理由で買い替えをされるかと思います。

わたしは、タイミングを逃し続けて、母から譲り受けた冷蔵庫を、なかなか買い替えられませんでした。

しかし、長く使い続けていたので、ドアの閉まりも悪くなり、何よりも、家族が増え、冷蔵庫の容量が足りなくなってきました。

そこで、ちょうど挙式記念日が近かったので、それにかこつけて、夫におねだりをして、プレゼント代わりに、冷蔵庫を新調してもらいました。

今回は、そんな我が家のニューフェイスの冷蔵庫も含め、本当に使える冷蔵庫TOP5をご紹介させていただきます!

 

新生活の冷蔵庫選びは重要!

ここでは、冷蔵庫選びの重要さを、簡単に解説していきたいと思います。

なぜ、新生活の冷蔵庫選びが重要なのかと言うと、食事は、生活の基本であり、その食事に必要となる、食材や料理を保管するのに大切なのが、冷蔵庫だからです。

冷蔵庫は、食材や料理を適切な温度で、腐らないよう、保管してくれます。

今は、たくさんの機能がつき、ただ冷やす、ただ冷凍するだけではなく、切りやすいかたさまで冷やしたり、野菜の鮮度や、お肉やお魚を、長持ちさせる機能もあります。

こちらの機能や性能などについては、また別の項目で、お話していきます。

その機能や性能も含め、サイズ、使用人数など、新生活では、部屋のサイズや、自分たちの生活にあった冷蔵庫を選ぶことが大切です。

 

冷蔵庫の選び方って?

ここでは、冷蔵庫を購入したいけれど、種類が多くてどれを選んだら良いか、どうやって選んだらいいかわからない、という方のために、最低限おさえておきたいポイントを見ていきます。

 

使用人数でサイズを選ぶ

まず、冷蔵庫のサイズの目安を元に、使用人数によって、サイズを選びます。

冷蔵庫のサイズの目安としては、70L×家族の人数+常備品100L+予備70Lが目安になります。

週末に、まとめ買いをしたりする方や、一人暮らしの方ですと、また容量が増減しますので、あくまでも、目安として考えて下さい。

 

どこに置くかで決める!ドアの開き方

ドアの開き方は、家の中の動線や、壁の位置に合わせて決めていきます。

ドアの開き方は、左開き、右開き、観音開き、両開きの4種類あり、以下のように、自分の家にあった開きを、選んでいきます。

・左側に壁がある→左開き

・右側に壁がある→右開き

・通路が狭い→観音開き

・引越しや転勤の可能性がある→両開き

 

使いやすさは?引き出しの配置が大事

一人暮らし用の小さい冷蔵庫や、昔の冷蔵庫は、冷凍室が上で、冷蔵室が下になっているものが多いです。

ファミリー用の大きめの冷蔵庫は、冷蔵室が上のものがほとんどですが、野菜室や冷凍室の位置は、メーカーによってまちまちです。

わたしは、一番下が野菜室の冷蔵庫をずっと使っていたので、一番上が冷蔵室、真ん中が冷凍室、一番下が野菜室の冷蔵庫を選択しました。

料理を作る都合や、自身の使う姿をイメージしながら、冷蔵庫のどこに何があると使いやすいかを、考えましょう。

 

必要な性能は?

冷蔵庫に、どんな性能を求めるかによって、選択するメーカーも変わります。

選択できる性能の例は、以下の通り、多くあります。

・お肉やお刺身が切れやすい、瞬間冷凍

・お肉やお魚を生のまま鮮度長持ちさせる

・野菜の鮮度を長持ちさせる

・常備菜を長持ちさせる

・冷蔵庫の容量をAIが把握して、節電をする

・片手でも開けられる、タッチオープン機能

この中から、自分や家族に一番必要な機能を選んで、冷蔵庫選択のポイントにしましょう。

 

冷蔵庫のサイズの違い

冷蔵庫

 

一人暮らしにオススメ!100L台

一人暮らしのお部屋は、家具や家電の配置、サイズが限られています。

その中でも、コンパクトに置けるのが、こちらの100L台のサイズです。

1ドアの冷蔵室と冷凍室が、同じドアの中にある冷蔵庫から、2ドアの冷蔵庫と冷凍室が、分かれている冷蔵庫までありますので、使いたい用途で、購入を決めましょう。

また、一人暮らし用の冷蔵庫は、上に電子レンジやトースターなどを置けるように、加工されている商品もありますので、省スペースで済みます。

200L以上の商品に比べて、鮮度保持等の機能が少ないのが、難点ではありますが、容量が少なく、まとめ買いをすることも、あまり無いかとは思うので、この点は気にならないかと思います。

 

新婚生活にピッタリ!200L〜300L台

一人暮らしのときは、100L台でも充分でしたが、二人暮らしとなると、少し容量が少ないですよね。

また一人暮らしの方でも、料理をする方にとっては、100L台の冷蔵庫では、容量が足りないと思います。

でも、まだ家も建ててないし、あまり大きいのは・・・という方におすすめなのが、こちらの200L〜300L台です。

3ドアの商品が多く販売されており、100L台にはなかった、野菜室も増え、鮮度保持の機能や、冷凍商品を簡単に切れる機能などが搭載された商品も、選ぶことができます。

コンパクトサイズで、容量が多いのがこちらの商品のメリットですが、観音開きや両開きタイプがほとんどないのが、デメリットです。

 

家族が増えたら!400L台

200L〜300L台は、お子さんが1人なら、生まれて間もないうちは、充分な大きさですが、幼稚園児くらいになると、食べる量も増え、だんだんに容量不足になります。

そこで、おすすめなのが400L台です。

このあたりの容量になると、収納できる量がグンと増え、機能も複数搭載され、両開き、観音開きの商品も多いので、使いやすさも抜群です。

マンションやアパートで、使用するにも、こちらの容量が、玄関ドアから運び入れられる、MAXのサイズかと思います。

我が家でも、こちらのサイズを購入し、玄関ドアから、ギリギリ入る大きさでした。

 

家族の多い方にオススメ!500L以上

500L以上のサイズは、一軒家の持ち家かつ、大家族の方におすすめな大容量サイズです。

大きくても、コンパクトサイズの冷蔵庫が多いので、大容量でも設置場所を思ったよりも、取らずに済みます。

大家族ですと、冷蔵庫の中に入れる食材も、かなり多くなると思うので、鮮度保持は、必須の機能です。

しかし、賃貸物件の方には、運び入れることが難しいサイズなので、おすすめできないサイズです。

 

冷蔵庫の定番ブランドメーカーの目玉機能って?

冷蔵庫

冷蔵庫の定番ブランドメーカーについて、特にコレは!と思う、各社の目玉機能を紹介していきます。

 

まとめ買いでも、冷凍不要!Panasonicの冷蔵庫

みなさん、安く手に入れた食材を、冷蔵庫でどのように保存していますか?

小分けして冷凍したり、その日のうちに使い切ったり・・・さまざまかとは思います。

しかし、冷凍して保存すると、味が落ちてしまうし、その日のうちに使い切ると、作りすぎて食べきれない、なんてこともおこりますよね。

そこで、Panasonicの微凍結パーシャルが、便利なんです。

微凍結パーシャルは、チルドと冷凍のいいとこ取りをした、食品の細胞のまわりを、少しだけ凍らす機能です。

チルドよりも、鮮度が長持ちし、変色もせず、冷凍のように、解凍が不要なので、ドリップが出ず、旨みが逃げ出すこともありません。

作り置きや、下ごしらえした食品も長持ちさせられるので、主婦の方や料理好きな方にピッタリの機能です。

 

ラップをしなくてもOK!HITACHIの冷蔵庫

食事の準備をして、サラダや冷やして食べたい、とりあえず置いておきたい食品を、いつもどのように保存していますか?

わたしは、ラップをして、食べる直前まで、冷蔵庫の中で保存しています。

でも、このラップ、少しの時間だけなのに、もったいないなぁといつも思っていました。

しかし、HITACHIの冷蔵庫では、このちょっとだけ置いておきたい食品は、ラップ不要なんです。

それは、HITACHIのうるおい低音冷蔵という機能により、可能になりました。

冷蔵庫内の、湿度低下を防ぐ冷却方法により、水分を多く含んだ冷気を出し、食品の乾燥を防ぎます。

サラダや冷たいおかずを、ちょっとだけ冷やすことが多い方、その時間だけのラップがもったいないと思っていた方に、ラップいらずのHITACHIの冷蔵庫がおすすめです。

 

買ったときより、野菜が美味しい?!MITSUBISHIの冷蔵庫

冷蔵庫の中に入れるだけで、野菜が美味しくなる、そんな夢の機能が、MITSUBISHIの朝どれ野菜室です。

青、赤、緑の3色LEDが搭載され、その光が野菜室内に、一日の光の変化のサイクルを作り出し、光合成の仕組みで、野菜の栄養素を増やします。

このことにより、保存している間に、ビタミンCや糖質が増え、野菜が美味しくなる仕組みです。

緑化促進もされるので、味だけでなく、見た目の新鮮さも増します。

野菜好きの方、野菜をまとめ買いする方に、おすすめのメーカーです。

 

選べる冷凍で、美味しさそのまま!TOSHIBAの冷蔵庫

TOSHIBAの冷凍室は、冷凍のスピードを変えられる、切り替え冷凍室という機能があります。

野菜はゆっくり凍らせて、細胞を壊れづらくし、美味しさや栄養を、そのまま冷凍してくれます。

野菜を切って、そのまま冷凍し、そのまま調理できるので、忙しいときには、時短につながります。

また、水分が通る温度帯を、一気に通過させることにより、お肉などのドリップも少なく冷凍でき、炊きたてのご飯などの熱いものも、そのまま美味しく冷凍できます。

水分を減らす、ドライモードで野菜を冷凍すれば、野菜の煮物や揚げ物も、旨みが増して美味しくなります。

冷凍して、うまく時短調理をしたい方に、おすすめのメーカーです。

 

冷蔵庫おすすめランキングTOP5

わたしが、実際に買った冷蔵庫、買わなかったけれど、購入を検討した冷蔵庫など、ランキング形式で紹介していきます。

 

第5位 日立 R-HW52J XW

面倒なそのひと手間を無くす!

サラダを、ラップをせずそのまま冷蔵庫に、温かいものをそのまま入れても、まわりの食品への影響も抑えてくれる、それがHITACHIのうるおい低温冷蔵です。

ラップをしてから入れるのも、温かいものを冷たくなるまで冷やしてから入れるのも、時間がないときには、本当に手間に感じてしまいますが、この冷蔵庫ならその手間がいらないんです。

他にも、温かいご飯をそのまま冷凍しても、センサーが温度感知をして、すばやく冷凍してくれたり、お肉や野菜の旨みを逃がさず冷凍できる、デリシャス冷凍機能がついています。

こちらの機能がついている冷蔵庫が、520Lと600Lの2種類の容量からしか選択できないため、容量選択の幅の狭さから、5位になりました。

 

第4位 三菱 MR-CX37D-BR

新婚さんにも料理をする一人暮らしの方にもおすすめ!

300L台だと、ただ冷蔵する、ただ冷凍するというだけで、特別な機能が備わっていないことが、多々あります。

しかし、MITSUBISHIのCXシリーズは、お肉やお魚の専用ルーム、氷点下ストッカーかついています。

氷点下なのに、凍らせないという、過冷却技術で、鮮度が長持ちし、変色も抑え、美味しく保存できます。

また、どこをつかんでも開けられる、フリーアクセスデザインで、見た目もオシャレなので、新婚生活や一人暮らしの方にも、ぴったりの冷蔵庫です。

こちらのシリーズの冷蔵庫は、272L〜365Lの容量までありますので、一人暮らしの方から〜二人暮らしの方までにぴったりなサイズです。

やはり、2人以上の世帯の方には、使いづらいため、4位になりました。

 

第3位 東芝 GR-M470GW

冷凍室をうまく活用したい!

こちらのTOSHIBAの冷蔵庫は、名前の通り野菜室の機能は、もちろんのこと、冷凍室の機能にも長けているんです。

スピードを切り替えて、美味しく冷凍できる切り替え冷凍室、水道水でも、美味しい氷ができるクリーン製氷室、お肉やお魚への霜付きを、自動で抑えてくれるオートパワフル冷凍室などです。

冷凍室内に、仕切り板もついているので、収納もキレイにできます。

こちらの機能が搭載された冷蔵庫は、411L〜601Lまで、幅広くラインナップされています。

機能も、コンパクトさも2位の冷蔵庫とは、大差ありませんが、野菜室、製氷室など、冷蔵庫の配置の使いづらさから、3位になりました。

 

第2位 三菱 MR-B46D-W

コンパクトで大容量だけど、機能も充実!

第2位は、朝どれ野菜機能が、搭載されているMITSUBISHIの冷蔵庫です。

野菜をまるごとまとめ買いできる上に、うるおいたっぷりで、ビタミンCまでアップ、野菜が最後まで美味しく使いきれる野菜室は、やはり魅力的ですよね。

こちらの朝どれ野菜機能が搭載された商品は、455L〜700Lまで、幅広くラインナップされています。

その中でも、こちらのBシリーズは、455Lの容量をもちながら、幅は60cmと非常にコンパクトです。

また、野菜室以外も、お肉やお魚を生のまま美味しく保存できる、氷点下ストッカーや、解凍なしで使える切れちゃう、瞬冷凍などの機能も搭載されています。

野菜室以外の機能が、1位と比べると少し劣るため、この順位にしました。

 

第1位 パナソニック NR-F554HPX-W

常備菜をよく作る方におすすめ!

堂々の第1位は、Panasonicの微凍結パーシャル機能がついた、こちらの冷蔵庫で、わたしが購入した商品の、容量大きめバージョンとなります。

常備菜や作り置き、お子さんがいらっしゃる方も、共働きの方も、今や必須アイテムですよね。

この常備菜が、微凍結パーシャルでは、1週間もたせることができるんです。

しかも、こんにゃくやお豆腐なども、冷凍と違って食感が変わらず、煮物なども必要な分だけすくえるので、お弁当作りや、お夕飯の1品に出すときも、とても便利です。

今まで、お夕飯のおかずの残りを詰めていた方も、この機能があれば、常備菜を休日にまとめて作れるので、お夕飯とお弁当のおかずがかぶることも少なくなります。

こちらの機能がついた商品は、406L〜665Lまであります。

その中でも、HPXシリーズは、冷蔵室の微凍結パーシャル以外の野菜室の機能も、優れています。

野菜室には、ほかのシリーズでも、モイスチャーコントロールフィルターがついており、湿度を調整してくれるので、1週間シャキシャキの野菜が食べられます。

HPXシリーズは、それにプラスしてナノイー搭載なので、ポリフェノールやビタミンAなどの栄養も増え、また、低温障害も抑制してくれるので、野菜の変色もありません。

わたしの買った冷蔵庫も、微凍結パーシャルはついているのですが、ナノイーは搭載されていないサイズなので、部屋に入るならば、ぜひ、こちらのナノイー搭載商品が欲しかったです。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめの冷蔵庫もご紹介!

無印良品 電気冷蔵庫

yuiのイチオシ!

角ばったボディ、スタイリッシュなバーの取っ手、容量は大きいのに、シンプルにミニマムにまとまった理想的な冷蔵庫です。
我が家はオープンキッチンなのですが、この冷蔵庫なら見た目もすっきりと生活感が出すぎず、インテリアの雰囲気を損ねません。

 

冷蔵庫の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、冷蔵庫の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

生活に欠かせない家電、冷蔵庫

冷蔵庫

わたしは、いつ冷蔵庫を買い替えるべきか、悩んで悩んで、まだ壊れていないしなぁ・・・と、気付いたら数年経ってしまいましたが、今回買い替えて、大正解でした。

何が一番って、前の冷蔵庫よりも、容量が大きな商品を選んだので、当たり前ですが、余裕で食品が保存できるんです。

今までは、安い食品があっても、冷蔵庫が小さかったので、購入を諦めていましたが、大きい冷蔵庫を購入して、食品選択の幅が広がりました。

なんでもっと早く、冷蔵庫を買い替えなかったのだろうと、心底思いました。

常備菜も、微凍結パーシャルのおかげで長持ちさせられるし、冷凍室にストック食品を多く作り置くことができ、赤ちゃんが寝ているうちに、たくさんの料理を常備することができます。

冷蔵庫の購入を迷っている方、ぜひ今すぐ買い替えをおすすめします!

冷蔵庫の容量を変えるだけで、時間の有効活用ができ、生活がより豊かになりますよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

パナソニック NR-F554HPX-W

サイトを見る

無印良品 電気冷蔵庫 355L

サイトを見る

関連記事