買いたいものを検索してください

【2020年最新版】8Kテレビおすすめランキング10選!価格や人気メーカーを徹底比較!

細かい描写やちょっとした色の違い、聞き取りやすさなど、テレビを観る際はやはりストレスなく観たいですよね。4Kテレビが高画質と話題になったのはつい最近のような気がしますが、世間では既に8Kテレビに注目が集まっています。4Kをしのぐほどの機能は、視聴している番組に迫力や臨場感を与えてくれ、現地にいるかのような感覚が楽しめます。

今回はそんな8Kテレビについて、改めてその特徴や魅力をご紹介。おすすめ8Kテレビもランキング形式にて挙げているので、購入予定の方もチェックしてみてください。

 

8Kテレビの魅力とは?

テレビを観る女性
出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3543678

8Kテレビの8Kは、簡単に言ってしまえば4Kの4倍(縦横に2倍ずつ)の解像度を持っています。またフルHDは2Kに該当するので、8Kテレビであれば2Kテレビの16倍。テレビのサイズが同じ場合は、フルHDに比べて16倍もの緻密さで映したものを表現できるんです。

ちなみにKは㎞などに代表されるように1000を意味しており、解像度の場合は横の数値で判断。8Kの場合は解像度が横7680×縦4320画素で、およそ8000画素に相当することから8Kと言われています。

反対に画像の密度が同じであれば、より広範囲の映像が映せるのも魅力です。2Kなら32型サイズの範囲しか表示できない密度でも、8Kになると85型まで広げることもできます。

 

8Kテレビの選び方のポイント

テレビの電源を入れる

8Kテレビは高画質であること以外にも、様々な特徴を持っています。自宅など設置場所に合わせたり、どんな作品を視聴するかなど、目的に合わせて選びましょう。

 

ディスプレイの種類で選ぶ

まずはディスプレイの種類。8Kテレビは液晶か、有機ELを採用した商品かに分かれていることが多いです。液晶テレビの場合は映像の見やすさと、電力を比較的消費しにくいのがメリット。コスパにこだわる方に向いています。

一方有機ELは色彩の鮮やかさが魅力です。また細かい、素早い動作でもしっかり反映してくれるのでアクションゲームやスポーツ観戦におすすめ。ただ液晶に比べると電気代はもちろん、テレビそのものの価格も高くなるので注意しましょう。

 

画面のサイズで選ぶ

8Kテレビは最低でも60型からと、大きい商品が並びます。画質や観やすさなどから、テレビは最短でも本体の高さの1.2倍、可能なら3倍に相当する位置から視聴するのがベスト。60型の場合は高さが80cmほどなので、約90cmから3mほど離れて観られるかがポイントとなります。

3mとなるとおよそ10畳の1辺に相当するので、狭い部屋だと8Kテレビそのものを置くのが難しくなる場合も。もちろん最低限、90cmほどあれば十分と捉えて6畳や8畳の部屋に置くことも可能ですが、距離が近くなる分目への負担がかかりやすくなる点には注意しましょう。

 

その他の機能で選ぶ

ビデオオンデマンドサービス(VOD)対応かどうか

付加機能として、例えばビデオオンデマンドサービス(VOD)に対応している8Kテレビを選ぶのも手です。また対応しているといっても、昨今は様々なVODがあり、テレビごとにどれが対応かも異なっています。今自分が加入している、あるいはこれから加入予定のサービスが対象の8Kテレビかを、予め確認しておきましょう。

 

チューナー内蔵かどうか

またチューナー内蔵であるかも要チェック。8Kテレビであってもチューナーを別途用意しなくてはいけない商品もあり、その場合は8K対応作品であっても、チューナーを用意しないと観られない・あるいは4K以下の解像度で視聴することになります。ことによってはアンテナの買い替えが求められるケースもあるので、こちらも併せて確認してください。

 

8Kテレビのおすすめ人気メーカー

 

テレビ

8Kテレビは、主に以下のメーカー製品が有名です。テレビメーカー、家電メーカーなど長年扱ってきた実績を8Kテレビにも活かしているところが多く、信頼やブランド重視の方などにおすすめ。またパナソニックや東芝など、現段階で発売こそありませんが、開発計画やモニターへのシステム導入など、準備を進めているメーカーも多いようです。

 

シャープ

まずはシャープ。テレビを含め家電メーカーで知られていますね。実は8Kテレビはシャープが初めて商品化しており、ある意味で老舗と呼べるメーカー。テレビはAQUOSシリーズとして展開しており、チューナー内蔵など手間やコスパを抑えた商品も多いです。

 

ソニー

続いてのソニーは、ゲーム機メーカーで知っている方も多いでしょう。8Kテレビとしては数が少ないものの、IMAXシアター対応や無線LANでのネット接続、映画館並みの高音質など、利便性の高い商品を展開しています。

 

LGエレクトロニクス

最後はLGエレクトロニクス。韓国のメーカーで、こちらもテレビや家電などを多く扱っています。有機パネルの開発も行っているメーカーで、8Kテレビは有機EL採用でも、自社開発ゆえに比較的安価というメリットを持っています。有機ELにこだわりたい方はチェックしてみましょう。

 

8KテレビおすすめランキングTOP10

テレビゲームをする子供たち

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/3405511

では最後に、8Kテレビおすすめランキングです。まだ数が少なく、2020年7月現在、ランキングがほぼ全ての商品と言っても過言ではないので、選び方が分からない方もまずは8Kテレビがどんなものか見てみましょう。

 

第10位 シャープ  AQUOS 8T-C80AX1

展開画面サイズ 80V型
消費電力量 382kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

困ったらAIにヘルプできる大画面テレビ

まず10位は、シャープのAQUOS80V型。8Kテレビの中でも最大級サイズで、広い部屋に置きたい方、家族など複数人数で観たい方におすすめです。その分値段もかなり高額になっていることや、狭い部屋などには向かないことから10位としていますが、機能は抜群。

代表的なのがAIによるココロビジョン。8Kテレビに搭載されたAIが、日々の視聴番組などから利用者の傾向を学習し、ライフスタイルに見合った提案をしてくれます。好きな芸能人が出演する番組を前もって教えてくれるなど、見逃がし対策にもなるのが便利です。

 

第9位 ソニー ブラビア KJ-85Z9H

展開画面サイズ 85V型
消費電力量 855kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

アレクサ対応でリモコン不要

9位はソニーのブラビア。こちらも85V型と、最大級どころか最大サイズの8Kテレビです。こちらの8Kテレビの特徴は、アレクサと連携できるところ。アレクサに頼めば電源のオンオフなど様々なサポートをしてくれるので、リモコン操作が面倒という方にはぴったりです。

加えてドルビーアトモスと呼ばれるスピーカー機能が魅力。テレビ本体のスピーカーながら、よりリアルな音声を流してくれるため、臨場感を味わえます。大きさだけでなく値段も最高額と言えますが、品質重視なら選ぶ価値は大きいです。

 

第8位 LG  65NANO99JNA

展開画面サイズ 65型
消費電力量 380kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

作品に合わせた映像や音を提供

8位はLGの最新機種です。65型と9位・10位に比べて小型なためか、価格も控えめになっています。一方でIPSパネル搭載の画面は、LGが独自に開発したNanoCellディスプレイ。8Kに見合う映像品質はもちろん、作品のジャンルによって映像や音の反映が変わるAI映像プロ及び、AIサウンドプロに対応しています。

単にスペックが上がっただけでなく、状況に応じて最適化をしてくれるので、様々なジャンルを観る方や、家族で好みが異なる場合におすすめです。また9位同様アレクサに対応しているので、音声認識が好みの方にも向いています。

 

第7位 LG OLED 77ZXPJA

展開画面サイズ 77型
消費電力量 457kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

壁掛けでスクリーンのような視聴も可能

7位もLGの最新版から選びました。こちらの8Kテレビは77型と8位より大きいサイズなので、広い部屋や複数人で視聴することが多いならおすすめ。同じLG製品というだけあって、機能は8位と似ていますからサイズで選び分けるとよいでしょう。

そのほかでは、77型の場合壁掛け用のブラケットを同梱しているのが特徴。テレビ台がない、あるいは大きすぎて置き場所に困る場合、壁面を利用して8Kテレビを設置することができます。スクリーンのように番組を楽しみたい方はぜひ。

 

第6位 シャープ AQUOS LC-70X500

展開画面サイズ 70V型
消費電力量 268kWh/年
チューナー内蔵 〇(非対応放送あり)
VOD対応

業界初の8K液晶テレビ

6位は2017年に発売された、テレビ業界初の液晶8Kです。2020年版なども多い昨今ですが、業界初という響きに興味がある方はチェックしてみてください。液晶ということもあってか、消費電力量は少なく価格も8Kテレビの中では安く設定されているので、最新機能にこだわらなくても良いという方にもおすすめです。

注意点としては、チューナー内蔵ではあるものの、BS及び110度CS放送の4K及び8K版には対応していないことが挙げられます。必要に応じて別途チューナーを用意しましょう。

 

第5位 シャープ AQUOS 8T-C70AX1

展開画面サイズ 70V型
消費電力量 343kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

情報や動きの遅れなし!

5位はシャープのAQUOSから、2018年の商品をピックアップ。70型とやや大きめですが、やはり液晶だけに消費電力や価格の低さが伺えます。一方で8K倍速駆動という機能を有しており、情報量の多さ・伝送スピードの速さが魅力。よりスムーズな動きを楽しみたいならおすすめです。

一方で4KやフルHDと言った8K未満の映像も表示可能。8Kのみではなく、普段は4Kや2K番組を楽しんでいる方も、適した品質で観ることができます。画面は低反射で、ライトなど照明が気にならないのも魅力ですね。

 

第4位 シャープ AQUOS 8T-C60AW1

展開画面サイズ 60V型
消費電力量 253kWh/年
チューナー内蔵 〇(一部非対応あり)
VOD対応

Googleアシスタントのサポートあり

4位もシャープの2018年版8Kテレビ。こちらは60V型なので、8Kの中で小型が好みならおすすめです。機能面では5位とほぼ共通しており低コスパ、8Kのスムーズな動きや情報量が遅れなく得られます。4Kや2Kにも対応し、画面の反射を気にせず視聴することも可能です。

またココロビジョンやGoogleアシスタントに対応しているため、音声での番組探しや出演者情報などを探れます。気になる芸能人の出演情報など、見逃がしを防ぎたい方にも役立つ機能です。

 

第3位 シャープ AQUOS 8T-C60AX1

展開画面サイズ 60V型
消費電力量 320kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

チューナーや音量制限なし

3位もシャープ。2018年の60V型と、4位と見た目も似ていますが、細かい機能に違いが見られます。例えば4位はチューナー内蔵であっても、BSやCS放送に一部制限がありますが、こちらの8Kテレビにはありません。また音声実用最大出力が4位の50Wに対して、こちらは70Wと大きく、70型などより大きなテレビに近い数値。迫力ある音声を求める方に向いています。

ちなみに消費電力量は4位より高くなっていますが、製品価格としてはこちらの方が低め。長期的なコスパなら4位、購入時の出費ならこちらの8Kテレビと選ぶのも手です。

 

第2位 シャープ AQUOS  8T-C60BW1

展開画面サイズ 60V型
消費電力量 290kWh/年
チューナー内蔵 ×
VOD対応

チューナー無しの低コスパ8K

2位もシャープの60V型です。こちらの8Kテレビは2019年発売と3位・4位に比べて新しいですが、8Kチューナーは非搭載である点が特徴。8K放送を受信するには、別途チューナーを購入する必要があります。

それもあってか、価格はランキング中でも最安値レベル。また液晶画面なこともあって消費電力量も低く、購入費用・利用におけるコスパ共によいのが魅力となっています。チューナーの価格次第ですが、8Kテレビでもお金はあまりかけたくないという方におすすめです。

ほかの機能は3位・4位とそん色ないものですから、安くなる分機能が劣化しているという心配は不要でしょう。

 

第1位 シャープ  AQUOS  8T-C60CX1

展開画面サイズ 60V型
消費電力量 346kWh/年
チューナー内蔵
VOD対応

Pure Colorパネルで本物さながらの臨場感を

8Kテレビおすすめランキング第1位は、シャープのAQUOS2020年版。2位以降の機能をベースにしつつ、さらに進化している8Kテレビです。最新型だけに価格はやや上がっていますが、品質を求めるなら要チェックです。

特に画面は、8KPure Colorパネルを採用。画像処理にMedalist Z1エンジンを搭載し、画面越しであるにもかかわらず、本物を直接見ているかのような臨場感、リアルさが味わえます。色合いならリッチカラーテクノロジープロ、スポーツ番組のような素早い動きには8Kスポーツビューなど、臨場感をサポートする機能も満載です。

 

8Kテレビの比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

商品名 シャープ 60V型 8K 4K チューナー内蔵 液晶テレビ AQUOS androidTV 8K Pure Colorパネル搭載 2020年モデル 8T-C60CX1 シャープ 60V型 8K対応 液晶 テレビ AQUOS Android TV 4Kチューナー内蔵 HDR対応 N-Blackパネル 8T-C60BW1 シャープ 60V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C60AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル シャープ 60V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C60AW1 8K対応 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル シャープ 70V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C70AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル シャープ 70V型 液晶 テレビ AQUOS LC-70X500 8K 2017年モデル LG 77型 8Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77ZXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル LG 65型 8Kチューナー内蔵 液晶 テレビ 65NANO99JNA IPSパネル Alexa 搭載 2020 年モデル ソニー SONY 85V型 液晶 テレビ ブラビア 4K 8K チューナー 内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2020年モデル KJ-85Z9H シャープ 80V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C80AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル
展開画面サイズ 60V型 60V型 60V型 60V型 70V型 70V型 77型 65型 85V型 80V型
消費電力量 346kWh/年 290kWh/年 320kWh/年 253kWh/年 343kWh/年 268kWh/年 457kWh/年 380kWh/年 855kWh/年 382kWh/年
チューナー内蔵 × 〇(一部非対応あり) 〇(非対応放送あり)
VOD対応
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

テレビの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、テレビの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分に合ったテレビを見つけたい方はこちら!

 

8Kテレビの臨場感で自宅でもライブや旅行気分を

ライブ映像を観る人

レジャーの季節を迎えても、未だ自宅での過ごし方を求められている昨今。せっかくの機会と捉え、8Kテレビのパワフルな画質と音声で、自宅にいながら観光地やアーティストのライブに出かけているような臨場感を楽しむのもおすすめです。とはいえ8Kテレビにもいくつか種類があるので、用途や目的にぴったりな商品をしっかり選ぶことも忘れずに。

8Kテレビで気分も楽しく上向きに変え、これからの日々も乗り切りましょう。

記事内で紹介されている商品

シャープ AQUOS 8T-C80AX1シャープ AQUO…

サイトを見る

ソニー ブラビア KJ-85Z9H

サイトを見る

シャープ AQUOS LC-70X500

サイトを見る

シャープ AQUOS 8T-C70AX1

サイトを見る

シャープ AQUOS 8T-C60AW1

サイトを見る

シャープ AQUOS 8T-C60AX1

サイトを見る

シャープ AQUOS 8T-C60BW1

サイトを見る

シャープ AQUOS 8T-C60CX1

サイトを見る

関連記事