出産後には必須!出産祝いにもぴったりなベビーカーシートおすすめランキング5選

こんにちは!ひろみです。お友達の出産祝いをいつも悩んでしまうのですが、ベビーカーシートはおすすめですよ!

ベビーカーシートを、出産準備グッズとして自分では用意していない方も多いようです。

なぜなら出産準備物リストの中には、ベビーカーシートは載っていないようです。

私は友人からのリクエストで、プレゼントしたのがきっかけでベビーカーシートを知りました。

初めは、そんなに必要な物なのかしらと思っていたのですが、友人曰くとても便利だそうです。

夏はアスファルトから照り返しによって、ベビーカー内が高温になることがありますが、ベビーカーシートがあれば、赤ちゃんの汗を吸い取ってくれたり、保冷剤を入れられるような商品であれば、赤ちゃんが快適に過ごすことができ、冬には保温機能付きの商品もあったりと、季節に合わせて使い分けることもできますよ!

 

ベビーカーシートの素材

ガーゼ素材

ガーゼ素材は赤ちゃんのお肌に優しく、吸湿性にも優れているので、汗っかきな赤ちゃんには最適ですね。

また通気性もよく、乾きやすいのも特徴です。

赤ちゃん用の商品でも一番よく見かける素材だと思いますよ。

メッシュ素材

メッシュ素材は、通気性が優れています。

通気性に優れており、伸縮性が小さいのがメッシュの特徴です。使いこんだり、洗濯などによるへたりは少ないと思いますよ。夏場には特におすすめですが、赤ちゃんは体温が高いので冬場でも使用できますよ。

 

パイル素材

パイル生地はタオル生地と呼ばれることもあります。タオルをイメージするとわかりやすいのですが、吸水性が高く保温性が優れています。

毛が長いほどふんわりして暖かさや柔らかさがありますよ。

ガーゼと並んで赤ちゃん用品にはよく使われる素材ですね!

原材料

ガーゼ、メッシュ、パイルのお話をしましたが、赤ちゃんが使うものなので、それらが作られる原料にもこだわりたいところです。

天然繊維といわれよく見かけるのは、綿・麻・絹・毛ですね。商品に縫い付けられているタグに何から作られているのか書いてあるので是非見てみてくださいね。

天然繊維の話だけすると、綿・麻・絹・毛の表記の商品もあるのですが、綿はコットン、麻はヘンプ、絹はシルク、毛は羊毛、ウールと書き方が違うものもあるので押さえておきたいポイントです!

 

ベビーカーシートを選ぶ際の注意点

サイズ

ベビーカーに合うサイズの商品を選びましょう。

そしてもう一つ気を付けたいポイントは、赤ちゃんや子どもさんの大きさに合わせるのも考えたいところです。

例えば、子どもさんは、膝裏にも汗をかきやすいため、足のふくらはぎ部分まで長さがあるものだとより快適ですね。

お子さんの成長に合わせて選ぶのも良いかもしれませんね。対象年齢が表記してある商品などもありますよ!

 

ベビーカー以外でも使えるかどうか

ベビーカーシートは、ベビーカーに装着して使う商品なのでベビーカーに着けたままにしておくのも良いのですが、赤ちゃんがご機嫌でベビーカーに乗ってくれる時だけではないですよね。

赤ちゃんがベビーカーに慣れない最初の頃や、抱っこの方が好きな赤ちゃんのために外出時に抱っこ紐もベビーカーと一緒に併用される方も多いはず。

ベビーカーだけでなく、チャイルドシートや抱っこ紐でも使えるシートやおむつ替えにも使えるシートもあるので、お子さまやライフスタイルに合わせて選ぶのも良いかと思いますよ。

 

ベビーカーシートのお手入れ

ベビーカーシートはおうちのお外で、赤ちゃんや小さな子どもが使う物だからこそ、いつも清潔に保っておきたいですよね。

汚れたからきれいにしようかなーとお母さんのタイミングでのお手入れの時ならば、さほど気にならないと思うのですが、赤ちゃんは、汗やよだれに食べこぼし、ベビーカーは外出の時に使うので外出時に、おむつ交換する場所やタイミングを逃してしまって漏れがあったり、机の上にあるものをバーンと触ったりして飲み物がこぼれたり、たべものが吹き飛んだりとお母さんはあるあるだと思います。

少し大きくなると色々なことに興味が出るのでお砂だらけになったりでベビーカーシートまで変えなくっちゃなんてことも。そんな時にお手入れが面倒だとげんなりしちゃいますよね。

ここでは、知っておくと便利なお手入れの仕方を紹介しますね!

ベビーカーシートは、水拭きや洗濯機でお手入れ簡単となっている商品が多いです!念のため商品タグを確認してくださいね。

大きなシミや汚れがひどい時は、事前にそこだけ洗剤をつけて、手もみやブラシでこすってから洗濯機に入れると、よりキレイに汚れを落とせると思いますよ。

手洗い表記のみの時は、ぬるま湯に洗剤を溶かして押し洗いとすすぎを繰り返し、日陰で風通しのよい場所で干すと良いようです。
でも、子育て中のお母さんはなかなかできないと思います。そんな時は、洗濯機のおうちクリーニング や手洗い 、ソフトコース などの設定があれば、ネットに入れてオシャレ着洗剤などで洗うという手もあるようですよ!

ここでワンポイントですが、濡れた状態で除菌効果のある消臭スプレーをかけておくと、臭いとカビを予防してくれるそうなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

商品を選ぶポイント

数ある商品の中でどのような物を選べばいいのか、ご自分に合うのはどのような商品なのか、項目ごとに分けてお話させていただきますね。

 

機能で選ぶ

ベビーカーシートに最も期待する機能は、保温機能と保冷機能だと思います。

保温のみの商品、保冷のみの商品もありますが、保温と保冷機能両方備わっている商品もあります。

保温のみ、保冷のみの商品の特徴はシート自体が触れたときに温かさを感じる、冷たさを感じるような素材で作られている商品が多いです。保温のみの場合はベビーカーシートのポケットに入れて使う保温剤が、保冷のみの場合は保冷剤がついている商品もあります。お値段やメーカーによっても違いますが機能を絞ることでより保温や保冷が期待できるのではないでしょうか。

一方で保温と保冷両方の機能を備えているベビーカーシートもあります。実はこちらのほうが人気だそうです。

こちらも、ベビーカーシートのポケットに入れる保温保冷剤が付いてくるのもが多いのですが、保温剤と保冷剤がついてくる商品と、冷やすと保冷剤に温めると保温剤になるジェルパット(ジェルパック)が付いてくる商品があるようです。

保冷剤、保温剤やジェルパットは繰り返し使えるものがほとんどですよ。

注意したいのが、環境によっても差はあると思うのですが、持続時間が若干違いがあることです。

成長して大きくなるにつれてお出かけ時間が少しずつ長くなると思うので、お外の時間がどのくらいになるのかによっても選びたいところですね。

そして、保温保冷剤やジェルパットの冷やし方、温め方も違いがあります。 お水で冷やすもの、冷蔵庫で冷やすもの、冷凍庫で冷やすもの。お湯で温めるもの、レンジで温めるものなど。 ここも確認しておきたいポイントですね。

 

使いやすさで選ぶ

ベビーカーシートは、汚れるたびに洗うものなので、取り付けも取り外しも簡単ですぐにできるものが良いと思います。

簡単に着脱可能なら子どもさんを待たせる時間も少しで済みますね。

また、代えのものを常に持ち歩くのは、ただでさえ大荷物になりがちな子連れでのお出かけでは、避けたいところですよね。 軽量のものや折りたたんでコンパクトになるような商品だと安心ですね。

取り付け、取り外しについては、紐で固定するものが一般的なのですが紐の本数が異なります。勿論、紐の数が多いほど使用中ずれの心配はありません。また、ベルト穴に通すタイプの商品は五点式ベルトに対応、三点式ベルトに対応などの表記もあるので気を付けておきたいポイントです。

 

デザインで選ぶ

機能性はもちろんですが、どうせなら気に入ったデザインの物を使いたいですよね。

最近の商品は、すごくおしゃれでファッショナブルなものが増えていますよ。

見ているだけでもうっとりするような可愛らしい商品や、男女どちらでも違和感なく使用できる商品もありますし、キャラクターのデザインもあります。

お子さまが小さいうちは、ご自身の好みに合った商品を見つけるのも楽しいと思いますし、少し大きくなったらお子さまが好きな柄を選ぶのも良いですね。お子さまが好きな柄にしてあげることで、ベビーカーに乗るのが楽しくなるかもしれませんね!

 

価格で選ぶ

ベビー用品は基本的に高額な物が多いですが、ベビーカーシートは価格幅が広く安い物なら1000円以下、高い物だと10000円近い物もあります。

使われている素材や、保冷剤がセットになっているか否か、人気の高い商品かどうかなどで価格が変わってくるようです。

このように選ぶ基準はたくさんありますが、その中で最も重視する部分は、やはり最初に挙げた保冷機能がついているかどうかだと思います。(リクエストも保冷機能が・・・とのことでした)

私の友人の住んでいる地域は夏場は全国的にも特に暑さが厳しいと言われている所であることと、10kg以上ある子どもさんを真夏に抱っこ紐で抱くと、少しの距離の移動でも子どもさんもお母さんも汗が大変だそうです。

そんな時、保冷機能付きの商品を利用すれば、子どもさんの背中や頭をひんやり冷やしてくれる為とても快適だったようで、子どもさんはベビーカーの中でスヤスヤとよく眠ってくれるみたいですよ。

 

実際に愛用している商品

私がプレゼントしたのは、赤ちゃん本舗で取り扱っている『 ベビーカー用空気のひえひえマット クールマックス(R)』です。

こちらの商品は、吸湿速乾のクールマックス(R)という生地が採用されていて、とにかくサラッとした触り心地になっています。

空気層が約95%の3Dメッシュ構造で通気性抜群のため、熱気や湿気がこもりにくく、暑い夏でも子どもが嫌がらずにベビーカーに乗ってくれているそうです。 付属品として入っている専用の保冷剤は凍らせても柔らかいままで冷たくなるので、赤ちゃんの背中や頭に当たっても痛くありません。

そしてこの専用保冷剤、冷却効果はかなり長続きする方だと思うのですが、外出先でぬるくなってしまった時でも、数分間水に浸せばひんやり感が復活するというところもすばらしいです。 今はメーカーの在庫切れのためネットでの販売は行っていないようですが、店舗によっては一部在庫商品のみ取り扱いがあるようですよ。

シート保冷剤

 

合わせて欲しい♡to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめベビーグッズ5選

リトルプリンセス ベビードレス ベビーフローラ

kikopapaのイチオシ!

ふんわり広がるチュールスカートに花びらをいっぱい包み込んで、花束のように華やかでキュートなベビードレス。
結婚式やお祝い事などに着せました☻

 

ベビートゥースアルバム

TPMMのイチオシ!

娘の抜けた乳歯はこのアルバムに保管しています。蓋をスライドしてそれぞれの場所に歯を収納できます。
入れてしまえば落ちる心配も、歯が混ざってしまう心配もなく、歯が抜けるのが楽しみになる可愛いアルバムです。色違いで男の子用のデザインもあります★ #乳歯ケース #乳歯入れ

 

エルバビーバ ベビーバター

Arisaのイチオシ!

子供用の保湿剤。こればかり使ってます!余計な物が入っていなくアトピー体質の娘にも大丈夫でした?‍♀️たまに私も肌の乾燥がひどい時使ってます( ^ω^ )

 

エルゴベビー 抱っこ紐 収納カバー

提供品

いちママのイチオシ!

エルゴの抱っこ紐は、収納できるところがなく、いつもダラーンとしていて…それを解消してくれるのがこの抱っこ紐♡デザインも可愛いものばかりで、オススメ!他の抱っこ紐にも使えます♡♡

 

ファムズベビー

提供品

yuiのイチオシ!

母子手帳の副読本にも記載されている、今大人気のファムズベビー!!
化粧する前や、お風呂上がりに化粧水の上から使ってます♡
ファムズベビー使いはじめてから化粧のノリが良くなった気がしてます❤︎
一度塗ると、何度手を洗っても、汗をかいてもバリア効果が8時間は続いて、保湿と保護してくれるよ^ ^
1番気に入ってるのは、娘と一緒に使えるところ♡
娘もふわもちの泡が気持ち〜〜♡と毎日楽しそうに塗ってます^ ^

 

ベビーカーシートおすすめランキング5選

第5位 ファルスカ マルチクッション

象とバナナの組み合わせの柄がとてもかわいい商品ですね。

ファルスカのスクロールチェア用の商品ですが、スクロースチェアはハイチェアでもロッキングにもなるので、その時にもジャストサイズで使えます。勿論、ファルスカ以外のメーカーのハイチェア、ベビーカーにも使えますよ!

表はプリント生地、裏はパイル生地のリバーシブルなので気分に合わせて用途に合わせて使うことができますね!洗濯可能な商品なのでお手入れが簡単です。

オールシーズン使えますが、メインでベビーカーシートの商品ではないので真夏や真冬だと心配な方もいらっしゃるかもしれませんね。

保冷剤や保温剤も単体でも沢山販売してありますので気になる方は組み合わせてご使用になるのも良いかと思いますよ!

 

第4位 ベビーキャリー 保冷保温シート

出典: Amazon.co.jp

ベビーキャリー 保冷保温シート

オールシーズン使えるベビーカーシートです。暑い夏や寒い冬にお出かけのベビーカーやチャイルドシートに簡単に取り付けでき、 ヘッド部を取り外せばベビーキャリーにも使うことができます。

保温保冷剤が付いてきますが、保温の際は湯煎で、保冷の際は冷凍庫もしくは氷水です。他にも可愛らしい花柄もありましたよ!

 

第3位 DORACO 保冷ジェル付き ベビーカーシート

出典: Amazon.co.jp

DORACO 保冷ジェル付き ベビーカーシート

現役ママと企画・開発された ベビーカーシートだそうです。凍らせても硬くならずにソフトな 保冷ジェルが4個付いてきます。保温ジェルを入れるポケットがベビーカーシートに何個かあるのでお好きなところに入れて冷やすことができます。

パイル素材なので、肌触りが良いです。シンプルなデザインで飽きがこず、いろいろなシーンに使えそうですね。

ベビーカーシートとしてのみではなく、チャイルドシート、子ども乗せ自転車にも使用できますので 長く使用できそうですね。

 

第2位 BABYHOPPER ベビーキャリア&ベビーカー兼用

出典: Amazon.co.jp

BABYHOPPER ベビーキャリア&ベビーカー兼用

色がシックで可愛らしい星柄のベビーカーシートです。

付属のジェルパック繰り返し使用でき、環境にもよりますが、夏は25℃前後に3時間の保冷、冬は30℃前後に1.5時間の保温が可能です。

電子レンジも使えます。そして、洗濯機での洗濯が可能ですよ。シンプルな長方形でジェルパックを入れる場所が上下に2つあるので調節して使えるのでお勧めです。

そして、この形状が使いやすく、取り付け取り外しが簡単でベビーカーシート以外にも抱っこ紐、チャイルドシートにも使えますよ!

サイズが合わなかった、お持ちのベビーカーに取り付けられるか分からない、ベビーカー以外のシーンでも使う可能性が高い方はこの形状が良いのではないでしょうか。

 

第1位 丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート

出典: Amazon.co.jp

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート

保温と保冷機能が長続きするという点での評価がとても高い商品です。

夏場は最適な28℃以下の温度で5時間保冷し続け、冬場は専用ジェルを温めて使用することで35℃前後の温かさが5時間持続するようです。

特に汗をかきやすい背中には、大きな専用サイズの専用ジェルで、しっかり汗ムレを防いでくれます。

保温は電子レンジでできるので温めも簡単ですね。パイル生地で肌触りが良いです。

お洗濯も可能でお手入れも簡単ですね。ベストセラー商品でレビュー数も多く全体的に高評価で人気の商品のようなので、皆さんもぜひチェックしてみてくださいね。

 

ベビーカーシートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーカーシートの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

ベビーカーシートは、あかちゃんの暑さを和らげたり、冷えを防いだりと持っていれば、とっても便利な商品です。

是非購入の際の参考になさってくださいね。

記事内で紹介されている商品

ファルスカ マルチクッション

サイトを見る

ベビーキャリー 保冷保温シート

サイトを見る

DORACO 保冷ジェル付き ベビーカーシート

サイトを見る

BABYHOPPER ベビーキャリア&ベビーカー兼用

サイトを見る

丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらか…

サイトを見る

関連記事