買いたいものを検索してください

安心して磨ける!赤ちゃん用歯ブラシおすすめランキングTOP8

赤ちゃんに歯が生え始めてきたら、そろそろ歯磨き?と思う方も多いですよね。
実際には生え始めてすぐには本格的に歯磨きはしませんので慌てなくて大丈夫です。
市や区の健診でも上下の歯が8本ほど生え揃う頃から本格的な歯磨きをしましょうとの指導があります。
ただ、いきなり歯磨きをはじめるのも赤ちゃんはびっくりしてしまいます。
我が家は歯が生え始めた7ヶ月頃から寝る前に赤ちゃん用の歯ブラシをカミカミさせて慣れさせていました。おかげで歯磨きは全然嫌がらなかったです!(個人差があります。)
小さい赤ちゃんは何でも口にいれてしまいますし、子どもや大人が使う歯ブラシでは柄が長いため危険です。
赤ちゃん用の歯ブラシは赤ちゃんが使っても安全なように作られているものが多いので赤ちゃん用の歯ブラシを選んであげるのがおすすめ!
今回は赤ちゃん用の歯ブラシの人気商品やおすすめをご紹介します!

 

赤ちゃん用歯ブラシは普通の歯ブラシと何がちがうの?

赤ちゃんと歯ブラシ

赤ちゃん用の歯ブラシと子どもや大人が使う普通の歯ブラシはそもそも目的が違います。
子どもや大人が使う普通の歯ブラシは虫歯予防などのためにしっかりとブラッシングが出来ることが目的ですが
赤ちゃんの歯ブラシは安全に歯ブラシに慣れること、使えることが大切になってきます。
その為、普通の歯ブラシのように毛がいっぱいついているものではなく
シリコンであったり、ストッパーがついていたり安全に使えるよう工夫されているものがほとんどです。
赤ちゃんの口は小さく、歯茎や歯は柔らかいため安心安全なものを使うのがいいですね。

・赤ちゃんの口は小さく歯茎や歯が柔らかいので赤ちゃん専用のものが安心

・歯ブラシに慣れ、安全にかつ歯みがきを嫌がらないように楽しくできる

・ブラシがシリコンでできているもの、ストッパーがついていたり、安全に使えるものがおすすめ

 

どんなことに注意して選べばいい?赤ちゃん用歯ブラシの選び方のポイント

歯ブラシ

赤ちゃん用歯ブラシは種類が豊富です。成長に合わせてブラシを変えれるセットの商品もありますよ!
最初はどんな歯ブラシがいいのか?何を基準に変えていくのか?ポイントをまとめてみました。

 

歯の成長を追って種類を変える

初めはシリコンタイプ

赤ちゃんの歯が生え始めるのは大体6ヶ月前後です。ここはかなり個人差が大きいところなので月齢やまだ歯が生えてこない…と心配しなくて大丈夫です!
生後6ヶ月頃には離乳食を始めている赤ちゃんも多いので歯みがきに慣れていくタイミングとしてはいいかもしれません。
と言っても、離乳食で歯に汚れがつくというほどではないので歯ブラシに慣れることを目的にして、離乳食が終わったら歯ブラシを使うのもいいですね!
シリコンタイプは柔らかいので噛んでも安心ですし、歯茎などを傷つけにくいです。
また、喉の奥までいかないようにストッパーがついているものがおすすめです。赤ちゃんは加減が分からないので、ストッパーがないと喉を傷つけてしまうこともあります。
初めて使うならシリコン製・ストッパー付きがおすすめです。
この時期の仕上げ磨きは歯ブラシはほとんど必要なく水で濡らしたガーゼで歯を優しく拭うだけでOKです。

歯が生え揃ってきたらブラシに移行

歯が生え始め、大体上下4本ずつ計8本揃う頃にはブラシタイプへ変えましょう。もちろん4本、6本と生えてきたときにママが気になるようならブラシへ移行してもOKだと思います。その場合赤ちゃんの様子を見て嫌がらずに大丈夫そうならにしてみてくださいね!
大体歯が生え始めて来る頃に市や区の健診があると思うので歯みがきの仕方などを聞いてみたり参考にするのもいいですね!
ブラシタイプへ変えた場合でもストッパーはついていた方が安全です。
歯みがきをしている間、じっとしていられる赤ちゃんは中々いません。
食後、まだ椅子に座っている時にすぐ歯ブラシを渡して一緒に歯みがきをすると動き回る心配も危険も少ないです。

 

毛先が柔らかいものを選ぶ

赤ちゃんは力加減が分からないので強く磨いてしまったりカミカミすることも多いので、歯ブラシの毛先は柔らか目がおすすめです。
ただ、歯磨きをするというよりいつもカミカミしてしまう赤ちゃんの場合は歯ブラシの毛先が広がりやすくへたりやすくなってしまうので、固さは普通の歯ブラシがいいかもしれません。
歯ブラシは衛生用品なのでずっと同じものを使い続けるわけではありません。様子を見ながら、カミカミが多い場合は普通のに変えてみたり、ごしごし磨ける場合は柔らか目にしてみたりと臨機応変に変えてみるのもいいと思います。

 

口の小さい赤ちゃんのためにヘッドは小さいものを

赤ちゃんは口も歯も小さいため、ヘッドが大きいと磨きにくかったり、無理に磨いてしまって歯茎や口のなかを傷つけてしまうこともあります。
赤ちゃん用の歯ブラシでもヘッドの大きさは多少なりとも違いますよ。お店で見てみると分かりますが、1~3mm違うだけで磨きやすさに差が出ます。
また奥歯が生え始めてきたら、小さめヘッドがおすすめ!コンパクトなので小回りがきき、磨きにくい奥歯も磨きやすいですよ!

 

歯ブラシ習慣を身に付けたい!赤ちゃんが自分で歯を磨ける歯ブラシを!

赤ちゃん 歯ブラシ

歯は一生ものなので、小さいうちから健康のためにも歯ブラシ習慣を身に付けさせておきたいというママも多いのではないでしょうか?
歯磨きもママが全て行うのではなく、最初に赤ちゃんにさせてあげ、仕上げ磨きはママやパパがやるとOK!
赤ちゃんがちゃんと磨けなくても大丈夫、まずは歯磨きをする!という習慣身に付けさせたいですよね!

 

安全面は大事!柄が曲がる素材を重視!

落ち着いて座って歯磨きができるようになるまでは、歯ブラシにはストッパーがついているものがおすすめです。
ストッパーを嫌がる赤ちゃんの場合は歯ブラシの柄が曲がるタイプの歯ブラシがおすすめです。
万が一歩き回って転んでも歯ブラシの柄がぐにゃっと曲がるので喉を突かないので普通の歯ブラシよりは安全性が高いです。
ただ、曲がる歯ブラシだから大丈夫!ではなく、歯磨きするときは座ってするということを少しずつ伝えていくことも大切です。

 

握りやすいグリップ形状を重視

赤ちゃんの手は小さいためしっかり持てるグリップがおすすめ。太すぎたり細すぎても持ちにくいです。
グリップ部分が滑り止めがついていたり握りやすいように真ん中部分が少し膨らんでいたりするものもあります。
他にリング型になっている商品も多く、まだ握ることが難しい赤ちゃんには掴む感覚で持てるのでおすすめです。

 

仕上げ磨き歯ブラシを用意しよう!

赤ちゃんの歯磨きで大切になってくるのがママやパパが行う仕上げ磨きです。赤ちゃんはまだまだ丁寧に磨くなどができないのが当たり前。
なのでママやパパが最後に歯ブラシをしてあげる仕上げ磨きが大切です。
この仕上げ磨きは赤ちゃん用の歯ブラシとは別に用意しましょう。
ママやパパが持ちやすい用に柄が長いもの、赤ちゃんの小さい口や歯に合うようにコンパクトなヘッドのもの、毛先はふつうがおすすめです。
仕上げ磨き用の歯ブラシは赤ちゃんの手が届かないように使い終わったらすぐに片付けてくださいね!

 

赤ちゃん用歯ブラシおすすめランキングTOP8

第8位 エジソンのカミカミ歯ブラシDX

本体の長さ:ー
対象年齢:6ヶ月~
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:シリコーン
柄の材質:シリコーン
握りやすさ:○

多面歯ブラシだからカミカミしながら歯みがきに!

こちらはシリコーンゴム100%の歯ブラシで上下にシリコンのブラシがついているのでカミカミするだけで上下の歯が歯みがきできるという商品です。
シリコーンゴムなので歯固め感覚でカミカミさせられますね。また柄がないぶん喉突きなどの心配もありません。
煮沸消毒できるので、長く使えますよ!
私も子どもが赤ちゃんの頃に使ったことがありますが、持ち手部分をカミカミしていたり、ブラシ部分が歯茎に当たるためには親が誘導しなければいけなかったりしたので手間もありました。歯ブラシとして使うよりはおもちゃ感覚で歯が生え始める前に使うのがいいかなと思います。

 

第7位 ファインBABY シリコン歯ブラシ ぴから

出典: Amazon.co.jp

ファイン BABY シリコン歯ブラシ ぴから
ブランド
カテゴリ

本体の長さ:W80×D25×H255mm
対象年齢:6ヶ月~1歳半
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:シリコンゴム
柄の材質:ナイロン66、シリコンゴム
握りやすさ:◎

歯が生え始める前からも!歯固めにも!

こちらはシリコンゴムで作られた歯ブラシです。リング型にシリコンゴムの歯ブラシがついているので赤ちゃんは手が滑らずに持ちやすい形状です。
おしゃぶりにもなり、歯固めにもなる歯ブラシは赤ちゃんの歯が生え始める前のむずがゆい時期にもとてもおすすめ!
電子レンジ消毒はできませんが、煮沸消毒はOKなので歯が生え始める前から長く使えそうですね!

 

第6位 コンビ はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

出典: Amazon.co.jp

コンビ はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット
ブランド
カテゴリ

本体の長さ:ー
対象年齢:歯の本数により
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(STEP1)、ナイロン(STEP2・3)
柄の材質:ポリプロピレン
握りやすさ:◎

歯の本数を目安にするから替え時がわかりやすい!

こちらは月齢による目安ではなく、生えてきた歯の本数によってSTEP1~3が変わります。
月齢は高いけど歯はまだ少し…というママなど歯の生え方に個人差が多い赤ちゃんなので対応しやすいと思います。歯の本数で変えるのでわかりやすいですよね!
ただ、のど突き防止プレートがSTEP1の歯の本数1~6本までにしか対応していないのがやや不安。
その為このランキングです。

 

第5位 クリニカKid’s ハブラシ

出典: Amazon.co.jp

クリニカKid’s ハブラシ
ブランド
カテゴリ

本体の長さ:ー
対象年齢:0~2歳
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:ー
柄の材質:ー
握りやすさ:○

動き回る赤ちゃんにはこれ!曲がるハブラシ

こちらの歯ブラシは赤ちゃんや子どもが転倒したときに喉突きなどの口の怪我など軽減する曲がる・折れない歯ブラシです。
私も発売当初、とても気になって子どもに購入したことがあります。柄の部分は曲がらず、口に入る部分が曲がります。ぐにゃぐにゃしているわけではなく、大人が軽く力を入れて触ると曲がるのが簡単にわかりますが、子どもが使っていた分には磨きにくそうということもなかったです。
0~2歳用と3~5歳用もあります。

 

第4位 Ciベビー originalベビー歯ブラシ

出典: 楽天市場

Ciベビー originalベビー歯ブラシ

本体の長さ:ー
対象年齢:5ヶ月~3歳
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:ナイロン
柄の材質:ポリプロピレン
握りやすさ:◎

可愛い&赤ちゃんが持ちやすい!

リング型の歯ブラシでどこからでも赤ちゃんが持ちやすい形状です。
私も子ども達に使ったことがありますが、リング部分を歯固めみたいにカミカミしていたりも。赤ちゃんの時は自分で持たせても歯ブラシ部分をうまく口に入れられないので、私が持ち方を変えてブラシを口に入れたりしていました。
それが少し手間でしたが教えてあげていたら1歳頃には自分で分かっていたように思います。
1本ずつパッケージに入っているので衛生的に保管できます。

 

第3位 西松屋 Smart Angel(スマートエンジェル) トレーニング歯ブラシ4本セット

出典: 楽天市場

西松屋 Smart Angel(スマートエンジェル) トレーニング歯ブラシ4本セット

本体の長さー
対象年齢:5~16ヶ月
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:ナイロン
柄の材質:ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
握りやすさ:◎

4本セットでプチプラ!

西松屋のオリジナルブランド、スマートエンジェルの歯ブラシセットです。ご紹介した商品は4本セットですが、他に月齢によって2本セットの商品も販売されていますよ!
5ヶ月頃、ちょうど離乳食が始まる頃に合わせて使い始めるのもいいですね!
STEP1は5~8ヶ月
STEP2は8~12ヶ月
STEP3は12~18ヶ月
STEP1と2にはのど突き防止プレートがつけられます。STEP1は歯ブラシのブラシ部分すぐ下にプレートをつけられ安全面も◎!
STEP2はSTEP1より少し間隔があいてプレートを付けられるので奥歯まで届きます。
子どもの口のこともよく考えて作られています。
STEP3の歯ブラシが2本ついているのでお得感がありますよ。
凸凹したグリップも赤ちゃんは握りやすいです。

 

第2位 リッチェル ミッフィー乳歯歯ブラシセット

出典: Amazon.co.jp

リッチェル ミッフィー乳歯歯ブラシセット
ブランド
カテゴリ

本体の長さ:ー
対象年齢:8ヶ月から用、12ヶ月から用
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:エラストマー、ナイロン
柄の材質:ポリプロピレン、エラストマー
握りやすさ:◎

ミッフィーデザインが可愛い!持ち運べるケース付き

柄の先にミッフィーがついているのがさりげなくてとても可愛いです!キャラものが好きじゃないママもこちらなら思わず手に取りたくなるかも!?
2本セットで最初に使う歯ブラシが8ヶ月から用なので、歯が生えてくるのがゆっくりなお子さんにはこちらもおすすめ!
のど突き防止プレートもついていますし、持ち運びケースもついていますよ!
実家への帰省や旅行が多い方はケース付きが便利ですね!
柄も滑り止めグリップなので赤ちゃんでもしっかり握れます。

 

第1位 ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯歯ブラシセット

出典: Amazon.co.jp

ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯歯ブラシセット
ブランド
カテゴリ

本体の長さ:ー
対象年齢:6~1歳半
毛先の柔らかさ:◎
毛の材質:水添型スチレンイソプレン共重合樹脂(レッスン1・2)、飽和ポリエステル樹脂(レッスン3)
柄の材質:水添型スチレンイソプレン共重合樹脂
握りやすさ:◎

成長に合わせて使えるセット!

子どもの成長・月齢に合わせて歯ブラシを変えられます。
レッスン段階1…6~8ヶ月(お口の中に歯ブラシを入れる練習)
レッスン段階2…8~12ヶ月(磨く感覚と動作の練習)
レッスン段階3…12ヶ月~1歳半頃(奥歯まで磨く練習)
と大体分かれていて、忙しいママには単品で購入しなくともいいので楽チンですし、コスパも◎!
安全プレート(ストッパー)がついています!
私も子ども達2人の最初の歯磨きにはこちらのセットを使っていました。
子どもの小さな手でも握りやすく、安全プレートも余程のことがない限り簡単には外れなかったです。間違えて踏んでしまった時にはプレートは外れましたが子どもが触る分には簡単には取れません。

 

子ども用歯ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、子ども用歯ブラシの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

赤ちゃん用の歯ブラシで歯磨き習慣を身に付けよう!

赤ちゃん

いかがでしたか?
個人的にはやはり、最初はセットのものがお得ですしパッケージに月齢が書かれていますので変えやすいかな?と思います。
私の子どもは6歳と3歳になりますが、まだまだ子どもだけでは歯磨きは難しく仕上げ磨きは必須です。
また子ども達は歯磨きしながら立とうとしたりすることもしょっちゅうあります。
怒ってしまうことも多々ありますが、歯の大切さを伝えていくために頑張っていますよ!
3歳の子どもにはおかあさんといっしょの『はみがきじょうずかな』を歌いながら仕上げ磨きをしたり、鏡を持たせて見せたりしています。
育児に奮闘中のママパパ、一緒に頑張りましょう!

記事内で紹介されている商品

エジソンのカミカミ歯ブラシDX

サイトを見る

ファイン BABY シリコン歯ブラシ ぴから

サイトを見る

コンビ はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

サイトを見る

クリニカKid’s ハブラシ

サイトを見る

Ciベビー originalベビー歯ブラシ

サイトを見る

西松屋 Smart Angel(スマートエンジェル) …

サイトを見る

リッチェル ミッフィー乳歯歯ブラシセット

サイトを見る

ピジョン 親子で乳歯ケア 乳歯歯ブラシセ…

サイトを見る

関連記事