ママさんライター厳選!安全で乗り心地がいい自転車用チャイルドシートおすすめランキング6選

ママさんライター厳選!安全で乗り心地がいい自転車用チャイルドシート選びのコツ伝授

子供が産まれるとライフスタイルが変わります。子供がいないときには、全く自転車に乗ることがなかったのですが、子供が産まれてからは自転車が大活躍!保育園の送り迎えだけでなく、近所の公園やプレイスポットにお出かけするには車よりも自転車の方が便利なので、大人用自転車すべてに自転車用チャイルドシートをつけています。

そんな毎日利用している筆者が選んだ自転車用チャイルドシートの購入ポイントをまとめてみました。

自転車用チャイルドシート

 

自転車用チャイルドシートの安全性

筆者が子供のころに比べると、自転車の後ろに子供を乗せたママさんが増えましたよね。今は子供乗り心地まで考えられた、クッション性が高く、安全性が高い自転車チャイルドシートが登場しています。一度決めてしまったら、長期間使い続けることになるので、失敗のない買い物をするために、チャイルドシート購入時のポイントをお伝えします。

自転車用チャイルドシートの種類

自転車用チャイルドシートは前乗せと後ろ乗せの2パターンがあります。

1~3歳の子どもの場合は、前乗せチャイルドシートの利用がおすすめです。

前に重心が偏るとハンドルがふらつくという難点がありますが、子供の様子がよく見えるので、一人で座るのに慣れていない乳児にはおすすめ度が高いです。

2~5歳の子どもの場合は、後ろ乗せチャイルドシートの利用がおすすめです。

長期間使用できるのが特徴で、しっかり基準を守り、シートベルト&ヘルメットをしておけば安全に利用できます。

 

機能(ヘッドレスト、レインカバー、クッション、防寒機能など)

ひとえに自転車用チャイルドシートといっても、機能はいっぱい!代表的に機能をご紹介していきます。

ヘッドレスト・・・後ろ載せチャイルドシートの頭部分を覆う形のことを指します。自転車に乗ったまま寝てしまう子は乳児は前のめりで寝ますが、大きくなると横にこっくり倒れかかるので、ヘッドレスト付きにすると安全です。

レインカバー・・・ちょっとの小雨ならレインカバーでチャイルドシートを覆い、運転できます。前乗せチャイルドシート、後ろ乗せチャイルドシートの両方で販売されているので、チャイルドシート購入時に買うとよいです。ポイントは、子供が濡れないように、覆えるもの、子供の顔や様子が見やすいもの、最後に一番肝心なのは、乗り降りが簡単なもの。乗り降りが面倒だと使わなくなってしまうので、乗り降りしやすいかの確認をお勧めします。

クッション・・・自転車用チャイルドシートに後付けで設置できるクッションも発売しています。最近はクッション性が高いシートやクッション性を高めるための設計もされているので、自転車用チャイルドシート購入後、子供が痛がる場合にのみ購入検討をお勧めします。

防寒機能・・・自転車用の防寒マフですっぽり覆う製品や自転車専用ブランケットが発売されています。そんな製品を使うのも便利ですが、ママ友の間では、レインカバー+小さいブランケットで代用することも可能。こちらも自転車用チャイルドシート購入後に必要に応じて、購入することをお勧めします。

 

日本製品・海外製品

まずは日本製の自転車用チャイルドシートをご紹介していきます。

日本製のシートでおすすめなのが、SGマークを取得しているものを基準に選ぶのがよいです。

SGマークというのは、「一般財団法人 製品安全協会」が委託した検査機関による審査を通過した製品に表示することが許されるマークです。高い安全性を保証すると共に、製品の欠陥による事故が起きた場合には1億円を限度として保障もなされます。

 

ブリジストン

国内2大チャイルドシートメーカーの一つがブリヂストンです。最も人気が高いのが、ルビーデラックスシリーズ。

前乗せタイプと後ろ乗せタイプの両方を発売しています。前乗せタイプはハンドル部に簡単に取り付け可能です。簡易な作りになりがちな前乗せタイプでも、しっかりとしたクッション性があるので乗り心地も安心です。後ろ乗せタイプは、ヘッドレスト付きで、乗り心地がよく、安全性も高いです。バックルが子供には外しにくい仕様になっており、子供がのらない時には荷物を乗せられるように、荷物ガードが付いているのも使いやすいです。

 

OGK

国内2大チャイルドシートメーカーのもう一つがOGKです。こちらも前乗せタイプと後ろ乗せタイプの両方を発売しています。前乗せタイプは他社製品に比べるとお手頃価格のものも販売しています。お手頃価格でも、もちろんSGマーク付きで、2点ベルトとずり落ち防止シートでしっかり対策されています。

後ろ乗せタイプは、ヘッドレストありとなしの両方とも人気です。衝撃吸収クッションが抜群で、安全面を重視された5点止めベルト、大きなヘッドレストのあるタイプは、万が一転倒しても、ケガを防いでくれます。ヘッドレストとステップ部分の高さ調整ができるも人気の理由です。

他にもYAMAHA、Panasonicなど人気の自転車のメーカーからも発売されており、自転車にあったデザインになっています。購入した自転車のメーカーのチャイルドシートをチェックしてみてもよいと思います。

 

ここからは海外製の自転車用チャイルドシートをご紹介していきます。

安全性とデザイン重視で購入するにあたり、選んだ3ブランドです!

 

HAMAX(ハマックス)

北欧らしいデザインとカラーリングで知られるHAMAX。ノルウェーのブランドです。

我が家の自転車の1台にもHAMAXを装着しています。

最も安全性の高いカレスというシリーズは、リクライニング機能の導入によって座り心地を重視した設計です。

最も人気の高いキスというシリーズは、インナークッションの高さがあり、アームレストは自然に握りやすい設計になっています。足乗せは成長に合わせて4段階に高さ調整できます。

 

TOPEAK(トピーク)

古い時代の日本では金属製の子ども乗せが主流でしたが、ハイバック式のチャイルドシートブームを起こしたのがこのブランドです。現在もこの流れを受け継ぎ、安全性と快適性を兼ね備えた自転車用チャイルドシートが多く開発されるようになりました。

最も有名なベビーシートというシリーズは、キャリアとシートの間にサスペンションを設けることで、振動を軽減します。

足乗せの調整機能も搭載しているため、ディスクブレーキの自転車にも、安心して自転車用チャイルドシートを設置できるます。

 

bobike(ボバイク)

オランダ発のポップなデザインのブランドです。オランダ王室のベアブリックス王女も愛用されている一品です。デザインだけでなく、安全性も高く、どのモデルもシート部分は2枚合わせ構造となっていて、運転中だけでなく、万が一転倒したときでも、衝撃吸収するような設計になっています。

 

自転車用チャイルドシートの購入ポイント

自転車用チャイルドシートを購入したいが、たくさんあってどれを選んでいいかわからない!という方もいらっしゃると思います。そんな方はまずは、子供の年齢から前用・後ろ用を選びます。その際に、代表的なメーカーから好みのデザインをチョイス、ヘッドレスト機能、クッション性などを中心に好みの自転車用チャイルドシートを選びます。

 

チャイルドシートを使用する上での注意点

日本製のチャイルドシートブリジストン、HAMAXを所有しています。自分で取り付けることも可能ですが、安全性を最優先にし、自転車販売店で取り付けしてもらいました。通販で購入しても、自転車販売店で取り付けしてもらえることが多いので、自信がない場合にはお任せしましょう。

買い替えは、子供の年齢にあわせて、2歳を超えたあたりから、前乗せタイプから後ろ乗せタイプへの変更を検討してもよいと思います。運転中はしっかりとヘルメットを装着し、ベルトがぴったりフィットしていることを確認して子供をのせるようにしています。

 

ママライターが選ぶ!自転車用チャイルドシートおすすめランキング6選

第1位 BRIDGESTONE ルラビーデラックス2

出典: Amazon.co.jp

BRIDGESTONE(ブリヂストン) チャイルドシート ルラビーデラックス2 リヤ用 RCS-LD4 A551521KBR

後ろ乗せ用のシートです。2歳ごろから使えます。カラーが豊富で、ベルトやバックルの調節もとてもスムース。ヘッドレスト部分もしっかりしており安全性も高く安心して使えます。対応するレインカバーの種類も多いのもよいです。取っ手の下の部分、高さ10センチくらいの柵を左右に広げると簡易のカゴになのも便利です。安全性も乗り心地もよい1品です。

第2位 OGK 後ろ子供のせ RBC-009S3

後ろ乗せ用のシートです。2歳ごろから6歳まで使えます。低価格が魅力的で、1万円台のものが多い中で、こちらの自転車用チャイルドシートは5000円弱。価格メリットが非常にあります。3点式シートベルトを採用

。巻き込み防止する大型ステップです。メーカー付属品のレインカバーはありませんが、荷物台代わりにシートを利用することもできるので、短時間の利用にはちょうどよいシートです。

第3位 OGK ヘッドレスト付カジュアルうしろ子供のせ

出典: Amazon.co.jp

OGK ヘッドレスト付カジュアルうしろ子供のせ RBC-015DX 黒/黒

後ろ乗せ用のシートです。2歳ごろから6歳まで使えます。ヘッドレスト付きは、1万円台のものが多い中で、こちらの自転車用チャイルドシートは7500円。価格メリットが非常にあります。5点式シートベルトを採用。アジャスタブルステップは2段階高さ調整可能です。メーカー付属品のレインカバーもあり、他社のレインカバーも装着可能です。

第4位 BRIDGESTONE ルラビーDX フロント用

出典: Amazon.co.jp

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ルラビーDX フロント用 ブラック SG FCS-LD2

前乗せ用のシートです。1歳ごろ4歳まで使えます。こちらもカラーが豊富で、ベルトやバックルの調節もとてもスムース。

乗車時、運転者のかかとがあたりにくいフットレスト形状です。ハンドルフックから座面レストまでパイプ一体型なので、安定感も抜群です。安全性も乗り心地もよい1品です。

第5位 OGK ヘッドレスト付コンフォート 前子供のせ

出典: Amazon.co.jp

OGK ヘッドレスト付コンフォート 前子供のせ FBC-011DX3 適応車種:24-27型のシティ車(婦人車、軽快車)適応年齢:1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満のお子様

前乗せ用のシートです。1歳ごろ4歳まで使えます。こちらもカラーが豊富で、ハンドルの支柱に部品を設置します。しっかり固定でき、5点式シートベルトなのも安全性が高いです。前乗せ用ではめずらしく、ヘッドレストもついています。レインカバー等もどの製品でも問題なくつけられるので、汎用性も高いです。

No.6 HAMAX カレス

出典: Amazon.co.jp

HAMAX(ハマックス) カレス(キャリアータイプ/リア用) グレー/ホワイト/ブラック

後ろ乗せ用のシートです。1歳ごろ6歳まで使えます。3点式シートベルトでフットレストもついています。レインカバー等もどの製品でも問題なくつけられるますが、海外製品のため、SGマーク対応ではありません。

筆者も同じものをもっていますが、他の人とかぶることも少ないので、個性を求める方にはちょうどよい1品です。また、取り外し可能なので、必要なときにだけ設置することができるのもいいところです。

座席のクッション性はありませんが、サスペンションのクッション性があり、振動を吸収してくれます。パーツ等も含めると2万円ほどしますが、十分に満足できる一品です。

まとめ

筆者も自転車用チャイルドシート購入の際には、安全性、機能性、デザイン等を基準にいろいろと調べて納得のいく一品を購入しました。筆者の経験が少しでもお役に立てると幸いです。

記事内で紹介されている商品

BRIDGESTONE(ブリヂストン) チャイルドシ…

サイトを見る

OGK 後ろ子供のせ RBC-009S3 こげ茶

サイトを見る

OGK ヘッドレスト付カジュアルうしろ子供…

サイトを見る

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ルラビーDX フ…

サイトを見る

OGK ヘッドレスト付コンフォート 前子供の…

サイトを見る

HAMAX(ハマックス) カレス(キャリアータイ…

サイトを見る

関連記事