マグネットor木製?お子さんに選ぶポイントは?おままごとセットおすすめランキング7選

お子さんが産まれたらたくさんのおもちゃを買ってあげたくなります。なぜなら、子供は遊ぶことで学ぶからです。さまざまな知育を目的としたおもちゃが販売されていますが、昔ながら子供たちに遊び続けられているおもちゃというのも見逃せません。その中でとくに人気なのがおままごとセットです。

おままごとは女の子の遊びというイメージが以前はありましたが、最近は男女関係なく人気があります。それは時代が変わって男女平等になったということもありますし、子供の情操教育としても見逃せない部分がおままごとにはあるからだと思います。3人のこどもを育てている私が、ぜひお子さんが産まれたら一緒に遊んでほしいおままごとセットについてご紹介します。

 

おままごとセットとは?

おままごとセット

おままごとセットとは、たくさんの野菜や果物、お肉などの食材を模倣した玩具や包丁やフライパンなどの調理器具などがたくさん入ったお子さん用のおもちゃのことです。

簡単に遊べる商品から本格的に遊べる商品までメーカーや価格帯によって種類も多彩です。ただ、お料理をつくる真似をするというよりは、ママやパパ、それから家族のいつも行っていることをお子さんが真似をして遊んだり、自分の頭の中でイメージした家族を作ってみたりと遊び方に決まりはありません。

一人で遊ぶこともあれば、ママやパパ、それからおばあちゃんおじいちゃん、ご兄弟、友人などと遊ぶこともあります。ご家庭だけではなく保育園や幼稚園、それから託児施設などにも必ずありますね。昔ながらのおもちゃでありながら変わらず長く人気のお子さん用のおもちゃです。

 

おままごとセットで学べること

おままごとセット

 

おままごとセットはぜひ小さいうちに遊ばせておきたい遊びと言われています。いわゆる知育としておままごと遊びを推奨されているということです。でも、はじめてのおこさんだとなぜおままごとセットが知育になるのか疑問に感じる方も多いと思います。

今回はおままごとセットから学べること、実際に私が3人の子供たちを育てる上でおままごとセットが保育専門家などがなぜ勧めるのかということが、子育てをしてきて気づいたことがありますのでお話したいと思います。

 

おままごとセットはママが生活のことや日常の危険を教えることができる

実はおままごとセットは他のおもちゃと同じように使い方の説明書などはほとんどありません。たとえば、遊び方の上で危ないとか包丁で切る遊びなどは切り方などの説明は簡単に書いてありますが、どういうふうに遊べばいいかということは書いてないです。それで、子供が遊べるかというと遊べません。

まずはママが遊び方を教えてあげるということが大事です。包丁で食材はこうやって切るんだよとか危ないから手を切らないようにしようねとか、実際は本物ではないので危なくないのですが、本物のように遊ぶことで暮らしの中の危険がわかるわけです。お鍋を使えば火がでるのでやけどするなどもおままごとを通じて感覚で教えられます。

そうなると普段の夕食などのママの準備の時に包丁や火を使う場面で子供は自ら危ないということがわかってきます。危険なことは学ばないと子供はわかりません。好奇心のほうが強いからですね。まず、模倣で教えることがとても大事だと私は思います。

 

みんなと遊ぶと協調性を学べる

赤ちゃんは、自己中心的です。これは当たり前のことで自分がほしいものはほしいというのは人間として当たり前の反応です。それを、だんだん人とのかかわりの中で学んでいくわけですね。お子さんが大きくなると育児サークルなどでママと一緒に同じくらいの年齢のお子さんを遊ぶことがありますよね。そこによくあるのがおままごとセットです。

でも、あちらこちらでけんかや泣き声で遊びどころではなくなっていることも多いです。そして、ママたちもおこさんにやめなさいとか周りのママたちにすみませんとか誤ったり怒ったりしていることが多くあります。子供は人にゆずるということが最初はできません。なので当たり前のことなんですよね。

力が強いとか気が強いお子さんはみんなのおもちゃを取り上げてママに怒られていたり、華奢で気が弱いお子さんはおもちゃと取られて泣いています。その場合はあやまられてばかりになりますのでそれはそれで家でママにどうしてちゃんと遊べないのかとまた怒られるわけです。だけどその経験は全く悪いことではありません。

ママたちはそれぞれ辛かったりするのですが、ママに怒られたり周りとの関係の中で子供は学んでいきます。力の強い子はゆずること、力の弱い子は勇気を持って貸してもらうことなどだんだん学んでいきます。お子さんにも性格があるのですぐには治らないとしてもおままごとセットのようなみんなでシェアして遊ぶというおもちゃでなるべく小さいうちからママと一緒に遊んでいるといいですね。

なぜなら、保育園や幼稚園に入ってママがいない時に、経験があるので上手く遊べるようになるのが早いです。ぜひ、親子遊びで早めに遊んでいてほしいなと思います。

 

語彙が増える

言葉の数が増えるということはとても利点があります。なぜなら、ママと離れたときに大人や友達に自分の心の中を言葉で伝えることができるからです。言葉は自然に覚えるといいますが、そうではありません。よく問題視されているのが、語彙が少ないために手が出るということです。言葉で伝えられないのでたたいたり蹴ったり物を投げたりとするお子さんが多いのは、テレビやDVDの影響とも言われています。

一見良さそうですが、実は言葉は一方的に聞くだけではうまく使えないようです。実際に会話として使って語彙が発達します。3歳になると3歳児検診があります。そこで言葉の発達などを調べる項目があります。耳の聞こえや発音を調べるというのが主な目的のようですが、中には知っている言葉がとても少ないというお子さんもいるようです。

当たり前のことですが、犬がいるとして誰かが「わんわん」とか「いぬだよ」とかきちんと教えないと子供はわからないということになります。おままごとにはたくさんの食材や調理器具はありますし、いろいろな色もついています。コミュニケーションをしながら遊ぶことで、ありがとうとかごめんなさいなどの日常の言葉なども組み入れているといいですね。

おままごとで一人遊びをするというのはママとおままごとでたくさん遊んで学んだことを一人で復習して遊んでいるということです。おままごとだけ渡してもこどもはうまく遊べません。実際に見てさわって言葉の数を増やせるというのが最大の利点だと私は思います。ママの愛情をプラスしながらお子さんが一人でも社会でやっていけるように語彙を増やしましょう。

 

おままごとセットのタイプ

おままごとセットと探してみるとたくさんの種類があるのがわかります。素材によってお値段や使いやすさも変わってきます。今回はどのような種類があるのかご紹介します。

 

プラスチック製

比較的安価で昔からあるタイプがプラスチック製ですね。軽くて汚れてもすぐ拭けたり、洗えたりするのでお手入れも楽です。カラーも色とりどりです。基本的に小さなお子さんは口におもちゃを入れる癖があります。とくにおままごとは食材遊びのために本当に食べなくても食べているふりをして遊ぶのでつい口に入れてしまうんですね。

以前は染色の部分があまり身体によくないという問題もあったのですが、最近は口に入れても安全な染料を使っている商品が増えてきました。でも、海外製などで中には安全性がよくわからない商品もあるので、口に入れてしまうような小さなお子さんの場合は染料などの素材にもちょっと注意しておいたほうがいいかもしれません。3歳くらいになれば口に入れるということも減ってくるのでそこまで気にしなくてもいいかなと私の経験からは思います。

 

木製

安全性にこだわるとすれば木製がいいかなと思います。木のさわったときの優しい感じや安全性などで木のおままごとセットはとても人気があります。ただ、お値段が少し高めです。それから重さがあります。プラスチック製のものは軽いのでもしお子さんが投げてお友達にぶつけてもひどいけがをするようなことはないですが、木は重いのでかなり痛いと思います。木のおままごとセットで小さなお子さんが遊ぶ時は、大人の方がついていたほうがいいと思いますね。

それから、素材状濡れると乾きにくいです。カビなども生えてしまう場合もありますので、乾燥させることに気をつけてお手入れもこまめにしておくことも大事です。ただ、やはりプラスチックのように凹んだり劣化をしにくいので大事につかえば長く使えます。

 

マグネット式

マグネット式とは、お野菜などを包丁で切るタイプの商品ですね。最近は、ほとんどのおままごとセットに野菜を切れるセットは付いているような気がしますね。なぜなら、おままごとでおもしろいナンバーワンが包丁で野菜を切るということだからです。マグネットがついていて包丁のおもちゃで切ると離れるということです。すぐマグネットでくっつけるとまるごと野菜になりますので何度も遊べます。

マグネットは簡単なので小さなお子さんでも自分でまるごと野菜にもどすことができますし、お友達同士でも遊ぶときも切ったりくっつけたりとおもしろいと思います。

 

マジックテープ式

昔ながらの包丁で切るセットはマジックテープ式が多いですね。布のマジックテープがついています。利点といえば、なんといっても価格が安いことです。大容量で安いプラスチック製のおままごとセットによく採用されています。ただ、布製のマジックテープ式は糸ボコリなどがつきやすいです。

使い続けていると劣化することもあります。お子さんのスニーカーのマジックテープと似たような感じですね。長年たくさん使うとくっつかなくなることもありますが、小さな時だけ遊ぶと思えばこれでも充分だという方もいます。最初に包丁で切るセットが出たときからずっとあるのがマジックテープ式です。

 

おままごとセットの選び方のポイント5つ

おままごとセットと子ども

初めてのお子さんが産まれておままごとセットを購入したいと思ったときに調べてみると商品がたくさんあってどれを選んだら良いかわからないという方も多いと思います。おままごとセットはネットでも売れ筋の商品なので日本国内だけでなく海外の商品まで多く出品されています。

どうしても写真のイメージで決めてしまいがちですが、大切なお子さんのためのおもちゃということで選ぶときにぜひ考えてほしいポイントというのがあります。今回はおままごとセットを選ぶときに、まずチェックしておきたいポイントを6つご紹介します。

 

1番は安全性!口に入れても大丈夫な素材か

赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます。手で持てるようになると手でとってその後に口の中に入れるというかんじですね。私の3人の子供たちも口の中で感触や味などを確かめているような気がしました。ママがダメよといっても必ずしてしまいます。赤ちゃんの本能ではないのかなと思いますね。

おままごとは低年齢で遊ぶことを想定していますので、まだお口に入れてしまいがちです。色がついている商品も多いですが、染色料についても安全な商品を選ぶことも大事です。お口に入れても安心というような説明などが書いてある商品だとわかりやすいと思います。それから天然木などの自然素材を使っている商品も安心です。ただ、木の商品は濡れたままになるとカビがつくのでしっかり乾かすことは大事です。

 

大きさや形や仕組みなど一人で遊んでも危険はなく安全に使えるかどうか

こちらも安全面で気をつけていたいことです。とくに大きさと形には注意が必要です。なぜなら、赤ちゃんの頃からの本能で子供はお口に物をいれる癖があります。ほとんどの子供があると思います。入れるというのは舐めるということに近いです。

大人のように口に入れて噛んで飲みこむということではなく、口の中に入れて舐めたり歯で噛んで間食を楽しむというようなことですね。なので、そのまま飲みこもうとはしないのですが、口の中にすっぽりと入ってしまったり小さなパーツがある商品は何かの拍子に飲みこんでしまう可能性があります。とても危険です。

小さなパーツだとそのまま喉の奥に使って窒息してしまうということもこわいことですが、実際に事故では多くあります。それから、うちの子もそうですが、鼻の中に入れてしまうということもあります。耳の中という子もいます。その場合は耳鼻咽喉科へ行くと小さなものでは機械でとってもらえますが、大変苦しいです。

鼻や耳ならまだしも、喉であると最も危険で命を落とすこともあります。とがっているパーツなども目にささることもあります。大人なら大丈夫な商品でもお子さんにとっては大変危険であるということもあります。小さすぎる商品やパーツがとれたり、当たると怪我をするようなとがった部分がある商品はリアルでも避けましょう。

 

収納スペースや収納方法

これはお子さんではなくママの問題ですね。おままごとセットはたくさんのおもちゃで成り立っています。全部出して全部しまうのが繰り返しの商品です。そこで大事なのが収納スペースです。おままごとセット自体が収納できる商品もありますし、箱やビニールから出して使うという商品もあります。

収納ケースが使いやすい商品なら問題ないですが、自宅で使うなら箱型などそのまま取りだしてそのままポンポン入れて収納できると片付けもしやすく、ママのストレスにもなりません。おままごとセットは1セットではなくたくさんのセットを買ってさらにパワーアップさせるという方も多くいると思います。そういう場合もまとめて収納できるように工夫したり、収納できる範囲の商品を選ぶなども大切です。

片付けの部分だけでなくお気に入りにパーツがなくなったりするとお子さんも遊べなくなりますので、収納しやすい商品であるかどうかというのも重要です。こどもは気に入ったおもちゃをどこでも持っていきたいという子も多いのでその場合は、持ち運べる商品なども便利だと思います。

 

対象年齢の確認

これはおままごとセットに限らず、お子さんのおもちゃを選ぶのに最も重要です。小学生くらいになったときの対象年齢は能力にあわせてということもありますが、小さなおこさんについては年齢に対して危なくない商品ということを保証しているということにもなります。

たとえば遊んでいて事故が起きてしまったとします。普通の遊びをしているのに事故が起きることもあります。その場合は防ぎようがないこともありますが、対象年齢よりも低い年齢の場合は、メーカーなどを訴えることもできません。守ってくれないということですね。対象年齢でないのに遊んだからというように法律は守ってくれません。

もちろん事故はあってほしくないですが、このことは頭に入れて置くことがとても大事だとおもいます。いざというときに何も助けてくれない状況にはしたくないですよね。これはママと一緒に遊んでいても同じことです。それから、見逃しがちなのが下に弟や妹がいる場合も注意です。上の子が使っていると真似をしたがります。

それから親も上の子が使っているから大丈夫と思ってしまいますが、大変危険なことが多いです。私の経験からするとおもちゃの大きさとかおもちゃのしくみで手を挟んだりと怪我をする可能性があるという商品が多いように思います。児童館などお子さんが遊ぶ場所ではさまざまな年齢の子のおもちゃがありますので、注意が必要です。

おままごとセットも少し大きくなったお子さん向けに複雑でリアルな仕組みの商品も多くあります。おもしろいですが、年齢を確認して大きくなるまで楽しみにとっておくなど約束を守ることはとても大事です。

 

兄弟が多いなら、大容量セットか2セット

兄弟姉妹がいるとおもちゃの取り合いになります。おままごとセットも、もれなく取りあいになります。譲り合いといっても友達同士より兄弟姉妹のほうが難しいです。上の子に我慢させるのもかわいそうですし、下の子が上の子にいつも取られて遊べないという場合もあります。おままごとセットがけんかの元になることも多々あります。

ママが家事をしている間に兄弟で仲良く遊んでくれるといいなと思って買っていたとしたら全く逆になっていたということもあります。その場合は、なるべく大容量の種類が多いおままごとセットを選ぶといいです。一人は包丁でずっと切っているとか一人はずっとおなべで野菜を煮て料理しているなんてこともセットの種類が多ければバラバラに遊ぶことも多いです。

でも、たとえば姉妹だとすると同セットを2つがいいかもしれません。私は男の子2人と女の子1人ですが、女の子は男の子よりも自我が育つのが早い気がします。ママ友の姉妹を持つ人などはおもちゃは2つずつある場合もありましたね。お姉ちゃんだけずるいとか妹だけずるいということが女子同士は起こりやすいようです。

もちろん、譲り合いも大事なことですが、毎回けんかをしているような場合は、家で遊ぶ商品に関してはそれぞれ持たせておくというのもいいかもしれません。私は3人子供がいますので、反省点をすればやはり長男がいつも我慢していたことですね。それから女の子がやはり強いのでまた末っ子の男の子が我慢するところです。

性格なのでなかなか注意してもなおりませんし注意ばかりされている子はいつも自分だけ怒られるのがくやしくなって余計見てないとこで意地悪をします。みんなで遊ぶということはなかなかむずかしいので兄弟の性格などを見てママが判断するというのも賢い子育ての方法かなとも思います。

 

男の子もぜひママと一緒にままごと遊びを

私には3人の子供がいます。男の子2人と女の子1人ですね。おままごとと言えば女の子の遊びというのは、もう時代遅れです。今は小学校高学年になると家庭科の授業があり女子も男子も料理から裁縫まで同じように学びます。中学に入ってもそうです。その逆に女子も技術があるので男子と同じように学校によって違うとはいえ男性が作るイメージの本棚なども作るようになります。

今の時代は男女区別なく協力してやるというのが当たり前になってきました。ご家庭でもパパがお料理をするという方も増えていると思いますし、大学生で一人暮らしをしたときに毎日コンビニでは健康にもよくないですよね。男性も女性と同じく食事をつくれるようになっていたほうが絶対にいいと思います。

なにもできない男性は大人になると今の時代モテません。男の子であってもままごと遊びは大事だなと思います。それから男の子は剣などの武器が好きなんですね。ままごとには包丁がついています。ままごと遊びをしたことがなければ、振り回したりお友達を包丁のおもちゃでたたいたりなど平気でしてしまうのが男の子です。

きちんと、ママといっしょに包丁を使い方をままごとを使って勉強しておくことは優しい男性に育つために女性である母親が教えられることだと思います。たまにおもちゃに包丁で指を切って痛い真似などをするのもいいですね。危ないということを遊びの中で教えるということはとても大事かなと自分の経験から思います。

 

おままごとセットおすすめランキング7選

ネットにはたくさんのお子さん向けの商品が販売されています。おままごとセットは実店舗ではあまり種類が多く置いてありませんが、ネットで探すと安い商品からこだわりの高級品まで御自宅用やプレゼント用などに関しても多くのバリエーションがあるのでおすすめです。

今回はネットで人気のおままごとセットの中から3人の子供のままである私が使いやすく安全な商品を厳選してランキング方式でご紹介します。

 

7位 ボーネルンド(BorneLund) ダントーイ おままごとセット

出典: Amazon.co.jp

ボーネルンド(BorneLund) ダントーイ おままごとセット

朝ご飯の準備をママといっしょに

忙しい朝にママといっしょに朝食を作っているようにも遊べるままごとセットです。デンマーク製ですね。対象年齢は2歳頃からです。2歳ごろになると子供は早起きになります。朝早く起きてすぐ遊びたくなるんですね。とくに寝て欲しい忙しい朝に限ってすぐ起きます。おとなしくしておいてもらうといいですが、そうはいきません。

そんなときはお子さんにもリビングで朝食を作ってもらいましょう。セット内容 はフライパン×1、お皿×2、ティーカップ×2、ソーサー×2、カップ×2、ティーポット×1、フォーク×2、ナイフ×2、ティースプーン×2、フライ返し×1、ヘラ×1、調味料入れ×1、目玉焼き×2、パン×2、チーズ×2、トマト×2です。

大人と同じものを使いたいという少し大きく賢くなった2歳くらいのお子さんが頭を使いながら楽しく遊べるおままごとセットです。ママも間でもカラーや作りにこだわりがあり落ちついた感じの色合いがかわいいと人気のおままごとセットです。

 

6位 AOOM おままごと 寿司 野菜 果物 ハンバーグ キッチン お料理しましょう!

出典: Amazon.co.jp

AOOM おままごと 寿司 野菜 果物 ハンバーグ キッチン お料理しましょう!

リュック収納でお出かけするときも持っていける

こちらはプラスチック製のおもちゃが42点入っている豪華なおままごとセットです。プラスチックのため軽くて安全にお子さんが使うことができます。お値段も安価ですね。包丁でや野菜や果物もたくさん切ることができます。

マジックテープ式です。ナイフは薄くてザクザクと切った感じが楽しめます。大きなリュック式の収納ケースもついていて持ち運びやすく工夫されています。置き入りのおままごとセットを持ってお友達の家やおじいちゃんおばあちゃんの家に持っていくこともできます。

おもしろいのがお野菜や果物だけでなくお寿司やホットドックなど、子供が好きなメニューも多彩というところですね。ソフトクリームやピザなどもついています。色とりどりの染色も綺麗です。こちらのカラーは環境保護材を使っていて80度の熱湯でも色落ちしないように工夫されています。お口に入れても染料が溶けることもなく安心です。手軽にたくさんの食材で遊べるおままごとセットです。

 

5位 SONi おままごと

持ち手あり!動ける大容量収納ボックスつき

こちらの商品は40点のおもちゃが入っている大容量のおままごとセットですね。しっかり収納できる箱型の透明ボックスつきです。持ち手もありボックスにタイヤがついているのでガラガラ引くこともできます。ポンポンと終わったら収納ボックスに入れることもできるので片付けも楽です。

包丁も2本ついているのでご兄弟やお友達と包丁のとりあいでけんかすることなく楽しく遊べます。野菜や果物をさくさく切って遊ぶことができます。お魚のタイなどは身をそぐようにファスナー式になっていたりと仕組みもおもしろいです。

セット内容はガス・ストーブx1、 まないたx2、鍋x2、ほうちょうx2ペッパーx1、お皿x2、キッチンセットx1、オムレツx2、クッキーx6、パンx1、フライドポテトx2、ピサx1、にくx1、魚x1、タマネギx1、チリペッパーx1、ブロッコリーx1、キャベツx2、ジャガイモx1、キノコx1、ピーマンx1、ニンジンx1、レーモンx1、ブドウx1、いちごx1、バナナx1です。食材から出来上がった料理などいろいろな遊びが1度にできるおままごとセットです。

 

4位 Ansoro おままごとセット

色鮮やかな木のおままごとセット

こちらの商品は、木製です。木製でありながら綺麗な染色を施してありかわいらしいおままごとセットですよね。商品数は37個です。野菜と果物中心でお子さんの好きなオヤツや豪華なステーキ肉などもセットについています。やはりこだわりは天然荷の木を採用しているところです。

セット内容は、にんじん X1 エンドウ X1 トウモロコシ X1 キノコ X1 だいこん X1 茄子 X1 赤キャベツ X1 玉ねぎ X1 パプリカ X1 唐辛子 X1 バナナ X1 アップル X1 キウイ X1 スイカ X1 パイナップル X1 さくらんぼう X1 レモン X1 スターフルーツ X1 ブルーフィッシュ X1 カニ X1 お肉 X1 たまご X1 鍋 X1 スープレードル X1 ピーラー X1 お皿 X2 木箱 X1 包丁 X1 フルーツナイフ X1 まな板 X1 調味料 X1 お箸 X1 ビスケット X1 ロリポップ X1 チョコレート X1です。

形は本物に近い、細かな作りで耐用性があり、軽くて持ちやすいように工夫されています。表面は子供に対してやさしい水性の漆を採用して、無毒で無害な染料を使っています。マグネット式で繰り返し使っても劣化しにくいです。果物や野菜の切り口の断面にもこだわっています。お子さんへのプレゼントとしても人気のある木製のおままごとセットです。

 

3位 Duter 木製 おままごと セット

出典: Amazon.co.jp

Duter 木製 おままごと セット

見た目もかわいい!女の子が喜ぶかわいいデザイン

こちらの商品は、女の子向けのおままごとセットですね。もちろん男の子にもおすすめのおままごとセットですが、女の子のお子さん向けならかわいいデザインや色を使った商品を選んであげるとさらに喜びます。ピンクのフライパンもかわいいですね。男の子だとリアルな食材のほうが喜びますね。こちらの商品は、魚やかに、それからバナナなどにもかわいい顔があります。

女の子は、食材に○○さんといって擬人化しながらおままごとで遊ぶということも多いです。もちろん、魚やかにやバナナは切れるようになっていますが、人のように主人公にして魚に「お魚さん、いちご食べましょうね」とか「みかんどうぞ」などの遊び方もできるのでお人形遊びが好きな女の子のお子さんにもぴったりと思います。

36個セットですね。セット内容はまな板  お玉  包丁 x 2  収納木箱 フライパン  カニ揚げた  魚  スイカ x 2  バナナ  レモン  トマト ミカン  リンゴ  イチゴ  ナス  大根  アスパラガス ビスケット  アスパラガス  えび  しいたけ トウモロコシ  えびのむき身  ピ—マン  にんじん きゆうり  トレー x 2   ピーラー  調味料x3です。ピーらーもあるところがいまどきだなと思います。天然木を使用していてすべての商品の角を丸くして安全に使えるように工夫されたかわいらしいおままごとセットです。

 

2位 WTOR おままごと

出典: Amazon.co.jp

WTOR おままごとセット

お値段も安くて大容量!手軽におままごとセットがほしいなら

こちらの商品はなんといっても価格が安くて大容量なところに注目ですね。おうちで使っているという方ももちろんいますが、おじいちゃんおばあちゃんが孫のために購入したという方も多いです。近所におじいちゃんおばあちゃんがいるという方だけでなく、盆や正月にしか祖父母宅へ行かないという方にもこちらのプラスチックのおままごとセットはあると便利だと思います。

ほとんど行かないとなるとわざわざ子供のおもちゃを置いておくのもと思うかもしれないですが、子供のおもちゃのない祖父母宅では子供がたいくつでぐずります。でも、遠方だとおもちゃを持参するのも大変ですよね。そういう場合は祖父母宅にパパやママが買って置きおもちゃとしておままごとセットを置いておいてもらうのもありだと思います。

このくらいの価格なら負担にならないと思います。おばあちゃんおじいちゃんが買っておくのもおすすめです。39点のセットです。収納バッグ付きではありますが、価格が安いため簡易なビニールケースなのでできれば、他に収納ケースを買ったり段ボールなどで収納ケースを手作りしておくほうが片付け安いかなと思います。

セット内容はピザX3 ハンバーグX1 ホットドッグハンバーグX1,パンX1 とりのももの唐扬げX1、フルーツジュースX1  牛角パンX1  アイスクリームX1、カニX2  寿司X7 魚X1 寿司まな板X1 寿司刀X1 エビX1 マグロX1、キャベツX1 なすびX1   すいかX1 とうもろこしX1 ぶどうX1、ニンジンX1 バナナX1 トマトX1 レモンX1 パイナップルX1、果物まな板X1 果物刀X1 野菜刀X1 スプーンX1 フォークX1です。価格を安くおさえて大容量のおままごとセットが欲しい方におすすめです。

 

1位 ウッディプッディ はじめてのおままごと サラダセット 木箱入り

出典: Amazon.co.jp

ウッディプッディ はじめてのおままごと サラダセット 木箱入り

じっくりと遊ぶことができる!木製こだわりのおままごとセット

こちらのセットははじめておままごとをするお子さんにおすすめのセットです。それからお子さんとじっくり向かい合って使いたいママにもおすすめです。木製のおままごとセットは少し高めであるといえ、人気のある商品なので安価で作りが簡易な商品も増えています。

でも、こちらはどこまでもこだわった木製のおままごとセットです。3歳ごろの少しいろいろなことがわかるようになってきた年代のお子さんにママがおままごとを通じて食材のことやお料理のことを教えるにもぴったりなセットです。こだわりは大きさにもあります。

少し大きめなのはお子様の手になじむように考えられているからです。しっかりと持って切ることができます。天然木とマグネット式なので簡単に切ることもでき切り口のデザインも本物そっくりにつくってあります。このシリーズは大変人気で サラダセット 20万セット販売記念モデルとして限定セットも販売されています。

通常セットは、トマト、なす、レモン、だいこん、にんじん、きゅうりと食卓で使うことも多いや差うを中心に包丁とまな板、ピーラーもついています。半分からしか切ることができないという商品も多い中、きゅうり以外は全部3分割できるというこだわりもあります。木製の野菜箱みたいな収納ボックスもかわいく、インテリアをしてリビングに置いていてもかわいいということも人気もあります。切るということに特化したこだわりのおままごとセットです。

 

おじいちゃん、おばあちゃんのおうちにも買っておくのもおすすめ!

おままごとセットは、コミュニケーションツールでもあります。普段におうちでママやパパや兄弟と遊んでいるとお友達がたくさんいるところでも上手く遊べるようになります。保育園や幼稚園に行ってもお友達と譲り合って使うことができれば、お友達もたくさんできます。

それから、普段に、御主人の実家に行かないという方も多いと思います。盆や正月に久しぶりに夫の実家へ行くと祖父母に慣れず泣きわめいてお嫁さんであるママが気まずいことになるというのもよくある話です。おままごとセットを祖父母のうちへ置いておいてもらうと久しぶりに祖父母にあって人見知りをお子さんがしていてもおままごとセットを通じておじいちゃんやおばあちゃんといつのまにか仲良しで遊べているということもあります。

普段から遊んでいるのと同じおままごとセットを置いていれば馴染みも早いですし、違う商品を置いておくと祖父母宅が楽しみになったりもします。おままごとならおばあちゃんは絶対にしたことがあるので懐かしさもあってお孫さんと遊ぶのも楽しみになるかもしれません。最新のおもしろいおもちゃもたくさんありますが、昔ながらのおままごとセットはどの世代の人でも遊ぶことができるのでとても便利です。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ボーネルンド(BorneLund) ダントーイ お…

サイトを見る

AOOM おままごと 寿司 野菜 果物 ハンバー…

サイトを見る

Ansoro おままごとセット

サイトを見る

Duter 木製 おままごと セット

サイトを見る

WTOR おままごとセット

サイトを見る

ウッディプッディ はじめてのおままごと …

サイトを見る

関連記事