お風呂あがりの足元が快適になる!バスマットおすすめランキング6選

こんにちは!子育て主婦ライターのaiです。

皆さん、バスマットはどんなものを使われていますか?

バスマットって、地味なアイテムかもしれませんが、すごく重要アイテムだと 私は思います。

皆さんは、お風呂上がりに 誰かが使った後のビショビショなバスマットを使って、気分が下がった経験はありませんか?

私はあります…あの、説明しようのないガッカリな気分…

せっかくお風呂に入って気分もスッキリ!なはずなのに、バスマットがこれじゃあ気分も下がりますよね…

バスマットが 足元がサラッと快適であれば、気分も爽快!

バスマットが快適であれば、お風呂に入ってスッキリした後、更に気持ちよく過ごせますよね。

今回は、気分を上げてくれるバスマットを、ランキングでご紹介致します!

きっと、お気に入りの一枚が見つかりますよ♫

 

目次

機能性にすぐれたバスマットでお風呂上りの足元を快適に!

バスマット

私がバスマットにこだわりを持っているのは、やはりお風呂上がりの爽快感を大切にしているからです。

お風呂上がりに、水切れがよく、吸水性の高いバスマットを使用することで  お風呂上がりのベトベト感を 足元からスッキリさせることができます。

我が家の子供の場合ですが、小さな子供がいる我が家では、お風呂上がりに体を拭くだけの短時間でも嫌がる程、子供達がじっとしていません!(笑)

すぐ動き回るので、そこら中に滴の足跡が…それを拭いて回るのも、すごく面倒くさい!(笑)

そこで、我が家がバスマットに求めるものは、吸水性の高さが一番!

たくさん水分を吸収してくれるバスマットは 足の裏がすぐにサラッとするので、すぐに床に足をつけても濡れません。

子供達がすぐに走り回っても安心なんです!

子供だけでなく、すぐにサラッと快適なバスマットは 大人にもメリットがたくさんですよね!

 

バスマットにはどんなタイプがある?

ここでは、バスマットにはどんなタイプがあるのかを見ていきましょう。

使い方のタイプ

バスマットには、紙などの素材で出来ている使い捨てタイプ、マイクロファイバーや綿などの素材でできている洗濯タイプ、そして珪藻土のように洗濯をしないタイプのバスマットがあります。

使い捨てタイプのメリットは、洗濯をしなくて良いこと、衛生的であることなどが挙げられます。

その反面、コストがかかる、環境に優しくない、使い心地が良くない…などがデメリットとして挙げられます。

洗濯タイプは、自分好みの素材を選べば、使い心地や肌触りが良く、毎日お気に入りのものを使用できます。

とはいえ、汚れたら洗濯をしなくてはいけません。

でも、普段の洗濯物とは別に洗うのは面倒。

そこで、比較的薄いものを選べば かさばることもなく、毎日の洗濯物に入れるだけで良いので 洗濯も楽に出来ます。

毎日洗濯したい方は洗い替えを用意しておかなければいけませんし、毎日洗濯しない方は、濡れたバスマットの保管場所を確保しておく必要があります。

珪藻土などの 洗濯不要のタイプは、毎日の洗濯がいらないのでとても楽ですよね!

しかし、定期的なメンテナンスは必要です。

吸水性が悪くなってきたな、と感じたら天日干しをしたり、中には汚れが気になった時には付属のヤスリでヤスリがけをすることを推奨している商品もあります。

この手間をどう感じるかは人それぞれですが、毎日の洗濯の手間を考えると、定期的にお手入れをする方が楽かもしれませんね。

様々なタイプがありますが、それぞれのご家庭のライフスタイルに合ったタイプを選んでみてくださいね!

 

素材のタイプ

バスマットの素材にも、様々なタイプがあります。

マイクロファイバー、綿、リネン、パイル生地、珪藻土などです。

肌触りの良いものから、吸水性、速乾性に優れているものまで、何を重視して選ぶかによりますが、お好みの素材を見つけてみて下さい。

 

サイズ

バスマットのサイズも様々です。

サイズ選びは意外と重要で、小さすぎると水滴を受け止めきれず、バスマットの周りに水滴がたくさん滴ってしまいます。

一般的なシングルサイズは、普通の体格の方には良いかもしれませんが、体格の大きい方や 広々と使いたい方は、ダブルサイズのような大きめのサイズを選びましょう。

また、使う場所の大きさに合ったものを選ぶことも大切です。

バスマットを購入する前に、バスマットを使用する場所のサイズを測っておきましょう。

 

バスマットの選び方

では、そんなたくさんの種類の中から どんな風にバスマットを選べば良いか、以下の例を参考に見ていきましょう。

 

肌ざわりで選ぶ

肌ざわりの良い、天然素材の綿やリネン。

綿は肌触りがよく 吸水性に優れており、リネンは速乾性と、何度洗濯してもへこたれない耐久性があります。

どちらも、バスマットにはピッタリの素材。毎日使う物なので、肌触りにもこだわりたいですよね。

ただ、これらの素材には滑り止め加工がされていない商品が多いので、小さいお子様や高齢者の方がいらっしゃるご家庭は、滑り止めシートを敷くなど、滑りにくくする対策が必要かもしれません。

サラッとした使い心地を好まれる方にオススメなのが、マイクロファイバーや珪藻土。

マイクロファイバーは、吸水性に優れ、珪藻土は速乾性に優れています。

どちらもサラッとした使い心地なので、サラサラの使い心地を好む方には本当にオススメです!

 

吸水性で選ぶ

お風呂上がりには、体からたくさんの水分が滴り落ちます。

その水分を全て吸収しなくてはいけないのがバスマット。

相当な水分を吸収するためには、吸水性が高いということは一番注目すべき点かもしれません。

吸水性が高い素材といえば、何度もお話しているように マイクロファイバーがオススメ!

吸水性と速乾性が高く、洗濯しても あっという間に乾くので、梅雨時期や冬場でも安心◎

また、珪藻土も吸水性が高い素材としてはオススメな素材。

吸水性だけでなく、速乾性にも非常に優れている珪藻土は、家族が入った後でも ベタつきを気にせず、常にサラッとした気持ちの良さを感じることが出来るので 人数が多い家族にもオススメ!

 

機能性で選ぶ

滑りやすい水回りで使うバスマットは、滑りにくさも重要です。

特に、小さいお子様や高齢者がいらっしゃるご家庭では、安全面にも注意したいですよね。

そこで、滑り止めが付いているバスマットはとても安心。

滑り止めが付いていない商品でも、滑り止めシートを貼って使用すると良いでしょう。

シートを貼ったまま洗濯可能な商品もあるので、チェックしてみて下さいね。

 

デザイン・カラーで選ぶ

毎日使うものだから、デザインにもこだわりたいもの。

自分がお気に入りの色やデザインだと、毎日のバスタイムが楽しくなりますよね!

バスマットは、生活用品の中でも 特に生活感が出やすい商品ですが、デザインにこだわって 生活感が出ないように、高級感にこだわるのも良し、バスルームのインテリアに合った商品を選ぶのも良し。

お気に入りを選ぶのも、楽しいですね。

 

価格帯で選ぶ

毎日使うものなので、へたってくるのも早いバスマットは、あまり高価なものを使うのも気が引けますよね。

天然素材やマイクロファイバーなどの素材は、比較的安価な商品です。

珪藻土は高価な商品も多いですが、毎日のメンテナンスをする手間を考えると、とてもオススメです。

 

最近の流行り「珪藻土バスマット」が人気な理由

珪藻土とは何?

珪藻土は、植物プランクトンの死んだ殻が沈殿して化石になった土のことです。

珪藻土は火に強く、昔から、七輪やコンロなどの原料として使用されてきました。

また、吸水性が高いという機能だけでなく、断熱性・吸音性も高く、伝統的に幅広く活用されている素材です。

原料は土なので、自然のものであるという面でも安心・安全な素材であるという点から、近年注目が集まり、機能性も抜群で お手入れも楽であることから、珪藻土を使用した商品が瞬く間に流行しました。

 

珪藻土のメリット

上記でも述べましたが、吸水性、速乾性に優れ、脱臭効果もあるため、バスマットには最適な素材です。

また、私が使用して感じていることは、布で出来たバスマットより劣化しにくいということです。

長く使えて、お手入れも楽だなんて、最高ですよね。

 

どんな人におすすめ?

私も、まさに珪藻土のバスマットを使っていますが、お手入れが楽なので 家事を減らしたい方、面倒くさがりの方には非常にオススメです!

何といっても 洗わなくて良いので、洗濯の心配をする必要がありません。天気が悪い日や、梅雨時期にも安心ですよね。

 

足の感触は?

珪藻土のバスマットを使用している私が、これが一番難点だと感じていることかもしれません。

やはり、足の感触は マイクロファイバーや綿、リネンのように柔らかく ふんわりとはしていません。

土が固まって出来たものなので、とても硬く、どちらかといえばひんやりしています。

こんなものだ!と慣れてしまえば大丈夫なのですが、実際冬場に使用すると、少し冷えを感じます。

しかし夏場は、布製品のように足にまとわりつく感触もなく、ひんやりしていて使い心地は最適です。

珪藻土のバスマットを検討されている方は、この点に注意して検討してみてくださいね。

 

手入れ方法は?

吸水性が低下してきたな…と感じる場合には、珪藻土の細孔部分に、皮脂や汚れなどが詰まりっている状態です。

それを取り除くために、紙やすりで表面を軽く削り、乾いた布で削った後の粉を拭き取ると吸水機能が復活します。

また、定期的に日光に当てて、中に溜まっている水分を蒸発させることも大切です。

これをしないと、吸収率が悪くなり カビの原因になってしまいます。

基本的には何もしなくて大丈夫ですが、少しのメンテナンスで長く使えるので、定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

ちなみに我が家のバスマットは、2年程使用していますが、吸水性が落ちてきたな…と感じることは今までありません。

なので、ヤスリがけをしたことはなく、たまに晴れた日に外に干す程度で 問題なく使えています。

使用するバスマットや環境にもよりますが、本当にメンテナンスは楽です!

 

肌ざわり・吸水力を求めるなら「マイクロファイバーのバスマット」がおすすめ

マイクロファイバーとは?

マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維のこと。

マイクロファイバーの最大の特徴は、その細さにあります。何と、髪の毛の100分の1以下という細さ!

マイクロファイバーは、この極細繊維にさらに加工をほどこして吸水性や通気性、速乾性、保温性を持たせています。

また、繊維が細いため、肌触りも良く 気持ちいい。

天然繊維に比べて、吸水性と速乾性に優れているため、洗濯後はすぐに乾くという特徴があります。

毎日使うものなので、あっという間に乾いてくれるのは嬉しいですよね。

 

マイクロファイバーのバスマットを使うことのメリット

マイクロファイバーのバスマットのメリットは、ずばり吸水性と速乾性にあります!

吸水性が高いので、お風呂上がりに体から滴る水分をすぐに吸収してくれます。

これで、お風呂上がりはいつでもサラサラ!

更に、速乾性にも優れているため、前の人が使った後のバスマットはビチョビチョ…という心配もありません!

人数が多いご家族でも、最後の人までサラサラが続きます。

途中でバスマットを交換しなくて良いのは、洗濯物も減らせるので すごく助かりますよね!

また、珪藻土に比べて肌触りが良いので、ふんわりした肌触りが良い方にはオススメです。

 

どんな人におすすめ?

バスマットを毎日、または定期的に洗濯して、清潔を保ちたい方、吸水性・速乾性は求めるけれど、珪藻土のように硬い触覚ではなく、優しい肌触りのものが良い方には、マイクロファイバーの商品がオススメです!

 

お風呂の時間をもっと快適に♡to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめ入浴剤6選

クナイプ バスソルト グーテルフトパイン

♡まぃまぃ♡のイチオシ!

お風呂で読書するのが趣味なので、長湯が楽しめる入浴剤を愛用しています。

中でもお気に入りは、クナイプのグリーン!

木々のオイル配合で香りも清々しく、森林浴気分が楽しめます。マイナスイオンを浴びたような癒しの香りで、リラックスしたバスタイムが送れますよ〜♡

 

Soaptopia バスソルト

エマちゃんのイチオシ!

オーガニック素材にこだわった、岩塩のバスソルト。
Ron Hermanにも置いています。渋谷の東急で見つけました。

大きいサイズもあるのですが、いろんな香りを使いたいので、小袋サイズをよく買います。

 

ヴェレダ バスミルク ミニセット

久保居 亜由美のイチオシ!

ヴェレダのバスミルクが好きで以前から使っていたのですが
ミニボトルのセットをいただいて使ってみて
これは出産祝いなどにもピッタリだなと思ったアイテム。

ミニボトルと言っても1本で2回分入っているので
セットだと結構使えます。

香りも使い心地もとてもよいのでプレゼントに喜ばれると思います。

 

クナイプ バスソルト オレンジ・リンデンバウムの香り

annaのイチオシ!

暖まり方が他より早いし、肌から汗ばむ?しっとり内側から温まる感じがする。

 

アース製薬 温素 入浴剤 琥珀の湯

Arisaのイチオシ!

アルカリ温泉成分配合の入浴剤。温泉好きの私にはたまらない入浴剤( ^ω^ )琥珀色で香りも良く、とろとろの湯になります☺️
そして入ったあとはツルツルに?大好きでもう何本もリピートしてます☺️もう一つの白華の湯もオススメです!

 

薬用バース 中性重炭酸入浴剤

久保居 亜由美のイチオシ!

疲れたときにはこれを使っています。
赤ちゃんと一緒に入るときには入浴剤を使わないようにしているのですが
着色料・香料などが一切使われていないのでこれならOK。

余計なもの配合せず、中性重炭酸泉のパワーをぎゅっと凝縮させた入浴剤です。

 

バスマット好きが厳選!バスマットおすすめランキング6選

第6位 北欧デザイン・バスマット

出典: Amazon.co.jp

北欧デザイン バスマット

北欧デザインのバスマット。すごくオシャレなデザインなので、新築やリフォームのお祝いにもピッタリ!

カラーはグレー、ブルー、ベージュの三色展開になっており、インテリアの雰囲気に合ったものを選べます。

オシャレだけではなく、裏には滑り止めが付いているので 機能性もバッチリ!

小さなお子様や高齢者がいるご家族には安心ですよね。

 

第5位 EVELTEK バスマット

出典: Amazon.co.jp

EVELTEK バスマット

40×60cmのコンパクトなサイズのバスマット。

表面はマイクロファイバーであるサンゴフリース繊維を使用しているので、いつでもサラサラです。

また、低反発のウレタンが中材に使われているので、優しくふわふわの触感が、足を包み込んでくれます。

驚くのは、その吸水性!瞬間吸水で、1秒でサラサラに◎

裏面の滑り止めや、丸洗いオッケーなど、機能面も充実しています。

 

第4位 ブルーム 今治タオル バスマット

出典: Amazon.co.jp

ブルーム 今治タオル バスマット

今治認定商品の、 今治タオルブランドタグ付きのバスマット。

こちらは、約80×67 cmという ビッグサイズ!なかなか他のバスマットにはないサイズが人気の秘密です。

ある程度しっかりとした硬めの生地で、マイクロファイバーのようなふわっと感はないものの、吸水性は抜群!

大きなサイズなので、広い面積で水分を受け止めてくれるので、体格が大きな方にもオススメ。

カラーは、シックな5カラーから選べます。また、白タオルはもちろん、 カラータオルも 蛍光染料不使用。

肌へ触れるものとしての確かな品質を確保しています。

第3位 soil 珪藻土 バスマット ライト

言わずと知れた、soilのバスマット。珪藻土とパルプ繊維を混ぜて作られています。

重さは、片手で持てる約1.8kg、厚さは約1cm、薄いのに割れにくい丈夫さが魅力の商品です。

足の裏の水分を、吸い付くようにすばやく吸い取り、乾燥させます。

自然素材でできているので皮膚の弱い方にも安心。

正直、値段が…と思うかもしれませんが、やはり値段相応のしっかりとした作り、そして丈夫さに機能性。

全てが一級品であるからこその値段なのです。

 

第2位 レック サラサラ 瞬間吸水 バスマット

 

レックは、大ヒットシリーズ「激落ちくん」をはじめとする有名メーカー。

そのレックから、バスマットが発売されてから、不動の人気であるこちらの商品。

マイクロファイバーの極細繊維の束毛細管現象により、ぐんぐん水分を吸収。

この形状がポイント!毛足が短いので、中にゴミが溜まる心配もなく、洗濯をすれば汚れが綺麗に取れます。(洗濯時は、ネットに入れることが推奨されています)

裏側にも、滑り止め加工がされており、安全面でも安心。

また、これだけよく水分を吸うのに、お値段以上だと言う声が多数!コスパは最高だと思います。

私の実家がこちらのバスマットを使用していますが、本当に何人か入っても 足元はサラサラで快適。

カラーは、ブルー、グリーン、ブラウン、ピンクの4色展開。非常にオススメです!

 

第1位 Tenswall 珪藻土バスマット

出典: Amazon.co.jp

Tenswall 珪藻土バスマット

珪藻土のバスマットでも、リーズナブルな価格とシンプルなデザインで人気のこちら。

お手入れも簡単で、汚れたらさっと洗うだけで大丈夫。

一週間に一回程度、日光にあてて乾燥させると 速乾性ぎ長持ちします。

それでも、使っていくうちに 吸水性が悪くなってくると、付属のヤスリで表面を削れば、吸水性が復活します!

 

バスマットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バスマットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

いかがでしたか?どれも、厳選した機能性抜群のバスマットばかりです。

自宅で使うのはもちろん、新築やリフォーム、結婚などのお祝いにも喜ばれますよね!

それぞれの素材のメリット、デメリットを確認し、自分にピッタリなバスマットを見つけて下さい!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

北欧デザイン バスマット

サイトを見る

EVELTEK バスマット

サイトを見る

ブルーム 今治タオル バスマット

サイトを見る

soil 珪藻土 バスマット ライト

サイトを見る

レック サラサラ 瞬間吸水 バスマット

サイトを見る

Tenswall 珪藻土バスマット

サイトを見る

関連記事