突然のタイヤのパンクに!パンク修理キットおすすめランキング6選

普段日常的に無くてはならない存在である車。

車に乗られる方は誰でも一度は”パンク”に悩まされた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

突然出先でパンクしてしまった‥という備えとして、「パンク修理キット」という商品が様々なメーカーから発売されているのをご存じでしょうか。

この記事では、「パンク修理キット」についてご紹介させていただきたいと思います。

 

パンク修理キットの目的

そもそも、パンク修理キットを使用する目的は何なのか、ということについてご紹介したいと思います。

パンクキットとは、パンクしてしまった後、車を安全なところに移動させ、パンク修理キットを使用して応急処置を行なうための商品です。

 

パンクの修理方法

パンクの処理には、主に内側からふさぐ方法と外側からふさぐ方法の2通りのやり方があります。

内側からふさぐ場合は、タイヤをホイールから外してからパンク穴と内側の修理を行なう方法のこと、外側からふさぐ場合は、タイヤをホイールから外さずにパンク穴をふさぐ方法のことです。

パンクしてしまったタイヤによって処理は異なりますが、内側から修理する方法のほうが無難であるとされていますよ。

 

タイヤのチューブとは?

パンクキットを探していて、パンク等について調べていると、”チューブ”と言葉が出てくるかと思います。

そこで、タイヤのチューブとはどういったものなのか、どんな役割をしているものなのか、チューブレスタイヤとチューブのあるタイヤではどのような点が違うのか、ということについてご紹介しますね。

チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは、空気の抜けやすさといわれています。

チューブタイヤだと、バイクのツーリングのように長時間走る場合には向いているとされていますが、釘などがチューブに刺さると、空気がすぐに抜けてしまい、パンクの原因となってしまいます。

一方、今現在の車は、チューブレスタイヤが大半とされていますが、チューブレスだと空気がすぐに抜けないとされています。

空気圧によってパンクする可能性がありますが、チューブレスタイヤの方がパンクしにくい可能性が高いというところがチューブレスタイヤのメリットなんですよ。

チューブレスタイヤなのか、チューブタイヤなのか、ということは確認していただきたいポイントの一つです。

 

パンク修理キットの違い

パンク修理キットというのは、主に自転車用、バイク用、車用で発売されています。その商品の特長について、下記項目にて述べたいと思います。

 

自転車用

自転車がパンクしてしまった場合、タイヤパッチを貼りつけて行なうケースが大半です。

自転車は、よくパンクしやすくて自転車屋さんにてわざわざ頼まなければならないと思うのですが、キットを使うと簡単に修理することが出来るのでおすすめですよ。

 

バイク用

バイクがパンクしてしまった場合、自転車と同様、タイヤパッチを貼りつけて行うケースが大半とされています。

ただ、自転車と比べるとバイクは車のようにガソリンを用いて動くスピードが出る乗り物であるということもあり、自転車用よりも強度の高いタイヤパッチやドライバーや六角ペンチ等、DIYで用いるような商品が+@して入っているケースが多いです。

 

車用

車(ここでは普通自動車等を指します)がパンクしてしまった場合なのですが、車はバイクよりも大きいということもあり、自転車やバイクのパンク時の対処法に使用されていたようなタイヤパッチではなくてセメントのような接着剤をするケースが多いとされています。

使い方が複雑な商品も多く販売されておりますので、使いやすそうな商品を選ぶべきですよ。

 

パンク修理キットの選び方

パンク修理キットを車用品専門店やAmazonを含むインターネットショッピングについて調べてみると、様々な商品が販売されています。まだパンク修理キットを購入したことが無い方の為に考慮した方が良い点について以下の項目にて述べたいと思います。

 

外側から修理する方法か内側から修理する方法か

上記の項目で述べたように、修理キットによって行なう方法が異なっていますので、一番気を付けた方が良いです。

 

使用する車の種類

使用する車によって修理方法が異なっています。自動車に使えるけどバイクに使えない等といったことが記載されていますので、注意しておいた方が良いでしょう。

 

取扱説明書について

商品によって変わってくるかと思うのですが、商品によっては日本語にて記載されているのではなく、英語など海外のインポート物の商品という場合もあります。日本語の取扱説明書が入っているか確認はしたほうが良いかと思います。

 

 

パンク修理キットを登場させないために、、、

パンク修理キットは値段がお高めであるし、一度パンク修理キットで治してしまったのならば、その次はタイヤ交換となってしまので、コスパ的にはあまりよろしくないです。

そうは言っても、どうしても車を動かさなければならない時や車屋さんが近くにないという時等に向いています。

そもそも、パンクを未然に防げれば、このような商品の必要がありません。

その為にはどうすればよいのか、ということについて私自身は考えた結果、以下のような結論が出ました。

  • 運転中に道路に釘などが落ちているとわかっているのならば、避けた方が良い。
  • 砂利道のようなところは通らず、舗装されている道路を通ること。
  • 何よりも、安全運転を心掛けること。

この3点は守っておいた方が未然にパンクは防げると個人的には思います。

 

パンク修理キットおすすめランキング6選

パンクを未然に防ぐように心掛けてはいても、やはりパンクする時はしてしまうかと思います。なので、突然パンクして車が動かなくなってしまう思いをするよりは、万一の為に所持していた方が良いのではないでしょうか。なので、私自身がおすすめな商品についてご紹介しますね。

 

6位 OUTERDO パンク修理キット バッグ付き タイヤインフレータ タイヤチューブパッチ

出典: Amazon.co.jp

OUTERDO パンク修理キット バッグ付き タイヤインフレータ タイヤチューブパッチ

こちらは、自転車がパンクしてしまった時におすすめなパンク修理キットとなっています。

自転車ってよくパンクしてしまいますよね。そんな時におすすめな商品がこちらなんですよ。

使い方が簡単だし、わざわざ自転車屋さんに行って治すという面倒な作業が無くなるので便利です。

気になる方は是非。

 

5位 SLIME スライム パンク修理キット スマートリペア 手動タイプ

出典: Amazon.co.jp

Holts ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド

こちらは、様々な車に対応が出来るパンク修理キットとなっています。

使い方は、そんなに難しくないので、初心者でも安心して使えます。

応急処置としてどうしても使わなければならないという方にはおすすめですよ。気になる方は是非。

 

4位 Holts ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド

出典: Amazon.co.jp

Holts(ホルツ) パンク修理剤 タイヤウェルド (軽自動車~1300ccまで) MH762 [HTRC2.1]

こちらは、大型車ではなく、軽自動車等の小型車にぴったりなパンク修理剤となっています。

どうしても車が必要で早急に治したいという場合にぴったりですよ。使い方も楽チンです。気になる方は是非。

 

3位 パークツール ParkTool パッチキット パンク修理用パッチキット ヤスリ付 VP-1C

出典: Amazon.co.jp

パークツール ParkTool パッチキット パンク修理用パッチキット ヤスリ付 VP-1C

パンクキットというと、車用品を取り扱っている店舗やAmazonなどで覗いてみると、結構高めの商品が多いですよね。

それなのに、こちらの商品は値段が安い、ということでこのランキングに入れさせていただきました。

どの車にも使えますが、自転車やバイクの修理におすすめですよ。気になる方は是非。

 

2位 Meltec メルテック パンク修理キット オートバイ~乗用車・4WD車まで 収納ケース付き ML-331

出典: Amazon.co.jp

Meltec メルテック パンク修理キット オートバイ~乗用車・4WD車まで 収納ケース付き ML-331

こちらは、車に使うことが出来るパンク修理キットとなっています。タイヤはチューブレスタイヤ用です。使い方が楽チンなので初心者でも安心して使えますよ。気になる方は是非。

 

1位 BAL 大橋産業 パンク修理キット パワーバルカシールタイプ 831 HTRC3

出典: Amazon.co.jp

BAL 大橋産業 パンク修理キット パワーバルカシールタイプ 831 HTRC3

こちらは、チューブレスタイヤ用のパンク修理キットとなっています。値段は1200円程度とそんなに高めではない上に、使いやすいので良いとされています。気になる方は是非。

 

まとめ

以前はこういったパンク修理キットの商品が存在していなかったということもあり、この記事を読んではじめて「こういった商品があるんだ」と思う方が多いかもしれません。

認知度がそんなに高くないパンク修理キットですが、手軽に簡単に治せる範囲内の商品もありますので、チェックしておいた方が良いかと思います。

これから遠方へ出かけられる方が多いかと思いますが、そんな楽しい時を過ごしている時に、パンクしまって動けなくなったから「○○に行けなくなった」、「今すぐ車修理しないと…」なんて思いはしたくないですよね。

現に、私自身は車関連のトラブルで残念な思い出となってしまったことがありますので…パンクによってせっかくの楽しい思い出が台無しになるということは、経験して欲しくないです。

そういった長期休暇の時は、特に、パンクした車がレッカー車によって運ばれるという光景を高速道路にて何度も見かけることが多いので、いつパンクしてしまうかわからないので、万一に備えて置いた方が良いのではないでしょうか。意外と役に立つかもしれませんよ。

記事内で紹介されている商品

OUTERDO パンク修理キット バッグ付き タ…

サイトを見る

Holts ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド

サイトを見る

Holts(ホルツ) パンク修理剤 タイヤウェル…

サイトを見る

パークツール ParkTool パッチキット パン…

サイトを見る

Meltec メルテック パンク修理キット オー…

サイトを見る

BAL 大橋産業 パンク修理キット パワーバ…

サイトを見る

関連記事