「本当に使える」と感じた!タオルおすすめランキング8選

毎日の生活の中で欠かせない物の1つがタオルです。特にこの暑い時期使用頻度が増えてきますね。私は小さいころからタオルが好きで必ず持ち歩いていました。

私たちの生活を見てもいたるところにタオルを使っていませんか?朝起きて顔や手を洗うときに使うフェイスタオル、お出かけや仕事に持ち歩くハンドタオル、子どもたちの部活やジムや運動時に使うスポーツタオルに入浴時のバスタオルと、身の回りにはタオルがいっぱいです。

子どもの頃はデザインと肌触りがいいものが好きで、年齢を重ねるにつれて次第に吸水性や速乾性など機能性を意識するようになりました。お風呂上りにしっかりと吸水してくれるものだと気持ちがいいし、髪の毛を乾かす時間がかなり変わってきますよね。寒い冬はなおさら早く乾いてほしい!

そして主婦になって感じたのが、赤ちゃんや小さい子がいる家庭は肌触りがよく刺激の少ない天然繊維のタオルが安心して使用でき重宝します。そして梅雨の時期にはどうしてもタオルの臭いが気になってしまうので、抗菌・防臭効果のあるタオルは助かります。

贈り物としてもらったり渡したりする機会も多いタオルですが、いざ自分でタオルを買おうと思うと日常的によく使うものなので、沢山市販されていて種類も豊富なのでどのタオルがいいのか迷ってしまいます。そんな欠かせない日用品のタオルを、選ぶときのポイントやチェックすべき点を挙げながらご紹介させていただきます。

 

タオル

 

タオルで求められるのは?

吸水性

タオルで一番気になるポイントというと、「吸水性」ですよね。私たちがタオルを使用するのは、手や顔を拭いたりお風呂上りに身体を拭くことがほとんどです。そのため雑菌が繁殖しやすくなるので衛生面や安全性を考えて、「抗菌加工」や「防臭加工」が施されているものがよりおすすめです。

 

UVカット加工

他には「UVカット加工」のタオルもこの時期は特に人気があります。紫外線量が増加傾向にあるので気にされる方も多いはず。スポーツタオルなどによく追加されている機能です。スポーツはもちろんお出かけや仕事、家事でも重宝する機能ですね。

 

速乾性

もう一つスポーツタオルに多い機能として、「速乾性」があります。汗をすぐに吸い取って乾きが早いといつでも気持ちよく使えます。過去最高の気温を記録するこの頃店頭で沢山見かける、水にぬらして気化熱の作用で肌をクールダウンさせてくれる「冷感」タオルもあります。

豊富な種類の中から今自分にとって必要な機能は何かをチェックして最適なタオルが見つかるといいですね。

 

タオルの素材はかなりたくさんある!

そんなタオルには素材も豊富です。代表的なものをいくつかご紹介します。

コットン(綿)

刺激がなく肌触りが良いので良く使用されています。吸水力が高く、吸い取った水分を外に排出する効果があるので汗のにおいなどがつきにくいです。

水を吸うことで丈夫になる繊維なので、洗濯しても型崩れしにくくて使いやすいです。

乳幼児のいる家庭やお肌に敏感な方は、より刺激が少ないオーガニックコットンのタオルがおすすめです。

リネン

コットンにくらべて吸水性は4倍もありサラッとした肌触りが特徴です。吸水力と速乾性があるので、カビや雑菌の繁殖を抑えてにおいがつきにくいです。

水に強く濡れると強度が増して洗濯を重ねるごとに柔らかく変化するのでタオルにおすすめの素材です。汚れにくく丈夫で長持ちするので経済的にもおすすめですね。

ガーゼ

ガーゼは、薄くてかさばらず、吸湿性、通気性があります。強力な吸水力があるので夏場はさらさら快適な使用感です。

使い込むほどに風合いが良く肌なじみがよくなります。速乾性に優れているので使用後や洗濯後の乾きが早く衛生的です。ただし乾燥機は避け、織り目が粗いので洗濯ネットなどに入れると生地が傷みにくいです。

化学繊維

 

 ポリエステルやナイロンといった化学繊維で作られたタオルの代表的なものがマイクロファイバーです。抜群の吸水力と速乾性、軽さを兼ね備えています。

ただし繊維がとがっているので赤ちゃんや肌の弱い方にはおすすめできません。

速乾性があるので洗濯してもすぐ乾きますが傷みやすいので注意が必要です。乾燥機にはかけずネットに入れて洗濯すると長持ちします。火が燃え移りやすいので気をつけてください。

ワッフル

スイーツのワッフルのような織り方のタオルで凸凹なので肌触りはサラっとして適度な弾力をもち、吸水性や乾きやすさもいいです。

毛羽が少なくてほつれにくいので実用性も高く、伸縮性のある綿で作られているものがおすすめです。洗濯の仕方は使われている素材に合わせて行ってください。

空気を糸に編み込んだような柔らかくふわふわで心地よい肌ざわりと速乾性に優れた「エアワッフル」という折り方が特に人気です。

 

タオルの生地の様々な特徴

肌触りのいいタオルは気持ちがいいですよね。選ぶときも肌触りを重視される方が多いのではないでしょうか。肌ざわりはタオル生地の織り方で変わってくるのでこちらに注目されて選んでみるのも面白いですよ。

 

ループパイル

多くのタオルに用いられている基本的な織り方で、ループ状の糸が織り込まれておりタオル特有のふわっとした肌触りや弾力性そして優れた吸水性を作り出します。

パイルの長さが短いものをショートパイル、長いものをロングパイルと言います。ショートパイルはパイルが抜けにくく、丈夫で洗濯をしても風合いを保ちやすいのが魅力です。短いので肌触りはやや硬めです。

ロングパイルはパイルが長いので、ふんわりとしたボリュームと柔らかな肌触りが特徴的です。ただしループが長いので飛び出たり毛羽落ちしやすいのでそこは注意が必要です。

 

シャーリング(カットパイル)

ループパイルの糸のループ部分をカットしたものです。カットした分毛先が引っかからず、滑らかな肌触りが特徴的です。ただしカットしている分、吸水性が多少落ちてしまいますが大きな問題はないでしょう。カットしているので毛羽落ちすることもあるので洗濯ネットに入れて洗濯するのがおすすめですよ。

 

無撚糸

繊維に撚(よ)りをかけずにつくられた糸で織り上げたタオルです。撚りをかけた糸で作った生地は洗濯で糸が引き締まって硬くなってしまうのですが、無撚糸は撚りをかけていないのでやわらかでやさしい風合いをキープすることができます。糸の隙間がたくさんあり抜群の吸水性と保温性が高く、空気を含みやすいのでふわふわとした肌ざわりが生まれます。

無撚糸も毛羽落ちすることがあるので洗濯ネットに入れて洗濯するのがおすすめですね。

他には先述したように、ガーゼやワッフル織りなどがあります。一般的な使い勝手のいいタオルがループパイルで、より滑らかで艶のあるタオルがよければシャーリング、赤ちゃんや肌の弱い人にはふんわりやわらかな風合いを維持しやすい無撚糸がおすすめです。

 

タオルメーカーといえば・・・

日本の三大タオルの産地をご存知ですか?

1つは日本最大のタオル産地の愛媛県今治市の「今治タオル」。こちらは有名でよく目にする方も多いのではないでしょうか。そして日本のタオル産業発祥の地である大阪泉州市の「泉州タオル」。関西では有名で今治タオルよりも歴史は古いんですよ。あと1つが百年愛される三重県津市の「おぼろタオル」。タオルに初めて(おぼろげな)模様を描いたのがおぼろタオルなんです。

 

今治タオル

明治初期に日本に入ってきたタオルが明治27年に今治まで伝わり製造が開始されました。もともと綿栽培が盛んだった今治は、タオルづくりに欠かせない良質な水が豊富に確保できるのでタオル作りに最適な環境でした。そこで技術革新を続けていくことでほかにない柔らかな風合いのタオルが生み出されました。

安価な海外タオルに押される中で「JAPANブランド」を実現するために「今治タオルプロジェクト」が実施され、国産の最高品質のタオルとして今治タオルの名前が広く知れ渡るようになりました。現在は国内だけではなく世界各地で愛用されるほどに有名なブランドになっています。

そんな今治タオルの特徴はやわらかい肌触りと吸水性の高さ。今治の天然の軟水で晒しを行っているので、あの繊細で柔らかな風合いが生まれます。そして驚くのが、タオル片が水中に沈み始めるまでの時間が5秒以内でないという徹底した品質基準。素早い吸水性を備えているので汗や水分をすぐに吸収してくれて気持ちよく使えます。

糸と生布の晒しや染め、織りの技術にこだわることで脱毛や色落ち痩せて固くなるといったことがないタオルに仕上げられています。これらのこだわりが今治ブランドの魅力であり広く愛されている所以なんですね。

 

泉州タオル

日本タオル産業発祥の地、泉州で生まれた歴史あるタオルです。後晒製法と呼ばれる独特な製法を一貫して守り通していて、その製法により吸水性に優れた肌ざわりの良いタオルが生まれたのです。おろしたてでもそのまま使用できるほど清潔で洗濯しても縮みにくいのが魅力です。心地良い肌ざわりふんわりとやさしい肌触りで、赤ちゃんや敏感肌の方もご満足いただけるタオルです。お値段もお手頃なので自宅用にあるとうれしいタオルです。

 

おぼろタオル

おぼろタオルは日本のお風呂文化にこだわり続け身体を洗うタオルとして最も適しており、薄手で軽く絞りやすいのが特徴です。細い番手の糸を使用してふっくらと作るので軽くて肌触りがよく、薄いので持ち運びにも便利です。細い糸の間に隙間が沢山できるので吸水性・保湿性も高く乾きが早いです。

おぼろタオルは一貫生産をする事ができる希少なタオルメーカーで、リピーターに長く愛されているタオルです。

 

今治

 

商品を購入する前に注意するべきこと4つ

実際にタオルを購入するときにチェックするといいと感じた点が4つあります。

 

タオルの素材はどうか

タオルの素材によって機能性や使い勝手が大きく変わります。吸水力と速乾性重視ならマイクロファイバーなどの化学繊維のタオルが人気ですが、丈夫さや洗濯のしやすさを考えるとコットンやリネンの方がおすすめです。買った後のお手入れのしやすさや長持ち度合いも違ってくるので、素材の特徴も頭に入れておくといいですね。

 

触り心地はどうか

タオルは普段よく使用し肌に直接触れるものなので、肌触りも重視したいものです。赤ちゃんのいる家庭や肌の弱い方にとってはタオル選びで特に重要なポイントです。心地よく使用するためにも、どなたが使用するのか考えて肌に刺激の少ないものを選んでいきましょう。

 

メーカー

ギフト用に購入する場合は、有名なメーカーを選ぶのもいいでしょう。先述したタオルの三大産地の今治タオルや泉州タオルなどは、ギフトとしても人気が高く品質もいいので、タオルにこだわりのある方にもおすすめです。自宅用には少し高いかもしれませんが、品質重視で選んでみるのもいいかもしれません。

 

厚み

用途によってタオルの厚みも違ってきます。温泉タオルなどは 薄くて絞りやすく乾きが早いものがおすすめです。旅行など持ち運びにも軽くて薄い方が便利です。しかし自宅で使用するタオルはふっくらと柔らかく、少し厚みのある方が気持ちよいのではないでしょうか。

タオルの重さは匁という単位で表します。何匁かその数字が大きければ厚く小さいと薄いタオルだと判断できます。

フェイスタオルの厚さを例にとってみると、160~180匁は温泉などで使われる薄いタオル。180匁~220匁が家庭で一般的に使われるタオル。200匁~260匁が美容室やエステなどで使用される少し厚みのあるタオル。260匁以上はホテルで使われるようなしっかりとした厚みのあるタオルだとイメージするといいかと思います。

 

タオルおすすめランキング8選

我が家ではお風呂上りもフェイスタオルを使用しています。フェイスタオルだとかさばらず、乾きやすくて手頃なサイズ感で、手を拭いたり顔を洗ったりするタオルとサイズをそろえておくと綺麗に収納できて気に入っています。今回は使用頻度の多いフェイスタオルのおすすめをご紹介させていただきます。

 

8位 白タオル 業務用 泉州フェイスタオル

カラー:白 サイズ:約34×94.5cm 本体重量:260匁約82g 素材:綿100%

和泉山脈の天然水で作られた昔ながらの薄手のタオル。泉州独自の後晒製法により不純物などが落とされて柔らかで吸水性と速乾性に優れています。薄めなので洗面所やキッチンでの手拭きや温泉に行くときにもっていくのにも便利です。

コスパがよく普段使いで使用するにはいいですが、厚みのタオルが好みの方や包み込まれるようなタオルがお好みの方にはおすすめできません。素朴な昔ながらのタオルといったイメージの商品です。

 

7位 hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 mist ミスト フェイスタオル

カラー:3色(ブルー、グレー、レッド) サイズ:約34×80cm 本体重量:約76g 素材:綿100%

細い糸でロングパイルなのでふんわりと軽く柔らかな肌触りのタオルです。少し薄手なので速乾性、吸水性に優れているので手拭きなど普段使いにおすすめです。

若干毛落ちがするので、ネットに入れて洗ったり、気になる方は単独で洗うことをおすすめします。軽めで柔らかいので顔を拭いたり、汗を拭いたりするときに使っています。落ち着いた爽やかなボーダー柄で使いやすいです。

出典: Amazon.co.jp

hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 mist ミスト フェイスタオル

 

6位 今治タオル フェイスタオル 雲ごこち

やわらか ふんわり 吸水 速乾 カラー:白 サイズ:約34×85cm 本体重量:約121g 素材:綿100%

今治の良質な天然水と技術によって生み出されたタオルです。毛足が長くシルクのような滑らかさを持つ幻のコットン「新彊綿」を使用し、ふんわりとまるで雲のようなしなやかさが特徴的です。今治タオルの持つ吸水性を備えているので、お風呂上りでも肌を包み込むように優しく水分を吸収してくれる感じです。

ふわふわなので肌に優しく、子どもたち用や顔を拭く用、枕に巻いて使用するととても気持ちがいいです。ふわふわ感を出すために撚りを少なめにかけてあるので、毛落ちがしないように洗濯時は注意した方がよいかと思います。

 

5位 今治タオル リゾートホテルスタイル フェイスタオル

カラー:5色(ホワイト、ブラウン、ブルー、ベージュ、ピンク)  サイズ:約33×85cm 本体重量:約110g 素材:綿100%

上質綿を使用しているので耐久性に優れやわらかな風合いが持続するタオルです。「細い糸使い」と「ロングパイル」が特徴のタオルで肌触りがよく、ホテル仕様で厚みがあるので、バスタオル代わりに使ってもしっかり水分を吸収してくれます。高級感がある包みこむような感じが気に入っています。

出典: Amazon.co.jp

今治タオル リゾートホテルスタイル フェイスタオル

 

4位 hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 ふわふわリブタオル フェイスタオル

カラー:7色(オフホワイト、アクア、ラベンダー、ライトブラウン、ナチュラル、モスピンク、ライムグリーン)  サイズ:約34×80cm 本体重量:100g程度 素材:綿100%

綿の中でも繊維長が長く、細い「超長綿」を使用しているので、シルクのような風合いと光沢感があります。軽くふんわりと撚りをかけた糸を使っているので、ふんわりとしています。無撚糸ほど毛落ちの心配がないので安心ですが、一応洗濯ネットに入れて洗濯しています。

カラーバリエーションは豊富ですが、蛍光染料を使用していないので安心です。耐久性や吸水性もしっかりしていて少し厚手なので、顔を合うときに使用したり身体や髪を拭いたりと気持ちよく使用できます。

出典: Amazon.co.jp

hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 ふわふわリブタオル フェイスタオル

 

3位 抗菌防臭 竹繊維 バンブーフェイスタオル

カラー:ホワイト サイズ:約33×89cm 本体重量:約110g 素材:竹繊維(バンブーレーヨン)65%、綿35%

抗菌作用のある竹繊維を65%使用しており、菌が繁殖しやすい季節でも安心して使用できます。少し光沢感があり滑らかな肌触りが特徴です。吸水力が綿の2倍もあるそうで、しっかりと水分を吸ってくれます。手拭きはもちろんですが、お風呂上りでもさらりと気持ちよく使用できます。

最初は表面がつるつるした感じだったのですが、洗うにつれてさらりとした肌触りに馴染んできました。生地も丈夫でしっかりとしています。洗濯物が乾きにくい梅雨の時期や今のような暑い時期汗をしっかり吸い取ってくれるのでおすすめです。

出典: Amazon.co.jp

抗菌防臭 竹繊維 バンブーフェイスタオル 5枚セット

 

2位 hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイルタオル フェイスタオル

カラー:18色(オフホワイト、ベージュ、モカ、ミストブルー、パウダーローズ、ライトグレー、アーモンド、ピーチブロッサム、ラベンダー、ティグリーン、ホテルブルー、アプリコット、シーグリーン、グラスグリーン、ブルーグレー、シトラス、ロゼ、アッシュライラック) サイズ:約34×86cm 本体重量:約127g 素材:綿100%

和泉山脈の天然水を使用し、後晒製法によりふんわりとした肌触りのタオルです。ラグジュアリーさを感じるホテル仕様で包み込まれるようなボリューム感が魅力です。従来の糸からコーマ糸という長い繊維だけそろえた糸にリニューアルしたので、毛羽が出にくくなり風合いと吸水性がアップしたそうです。

洗濯すると届いたときの2倍のボリュームになり、洗いつづけても生地がへたれることがありません。使うほどに毛落ちも全くなくなり、しっかりとした厚みと吸水性からお風呂上りにバスタオル代わりに使用しています。ふかふかの弾力ある肌触りが気持ちよく、厚めでしっかりしたタオルが好きな方におすすめです。

出典: Amazon.co.jp

hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイルタオル フェイスタオル

 

1位 hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイルタオル ミニバスタオル

カラー:18色(オフホワイト、ベージュ、モカ、ミストブルー、パウダーローズ、ライトグレー、アーモンド、ピーチブロッサム、ラベンダー、ティグリーン、ホテルブルー、アプリコット、シーグリーン、グラスグリーン、ブルーグレー、シトラス、ロゼ、アッシュライラック) サイズ:約40×100cm 本体重量:約178g 素材:綿100%

2位のタオルと全く同じタオルの大きいバージョンです。タオルの特徴は同様で、大きい分よりボリュームがありしっかりと水分を吸収してくれます。私はこれ1枚で身体だけでなく髪まで拭いてバスタオル代わりにしています。ロングヘアの方もこれで大丈夫なサイズ感です。

色味もきれいで、洗ってもしっかりボリュームと肌触りをキープしています。届いたときと洗い上がりのボリューム、ふんわり感の差に驚きました。これはバスタオルとしてぴったりです。バスタオルだと大きすぎるけどこのサイズなら洗濯もしやすく乾きもいいのでおすすめです。

出典: Amazon.co.jp

hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイルタオル ミニバスタオル

 

フェイスタオル

 

まとめ

普段私たちが何気なく、しかし毎日欠かさず使用しているタオル。そのタオルの中で一番使用頻度の高そうなフェイスタオルを今回はご紹介させていただきました。フェイスタオルは手拭きや顔拭きだけではなくバスタオル代わりに使えるなどと活用の幅も広く、我が家でも頻繁に使用しています。

タオルは価格だけではなく、直接肌に触れるものなので肌触りや機能性、厚さなど改めてみると気になるポイントも沢山あります。もらう機会も多いですが、いざ自分で買おうと思うと何を基準に買えばいいのか種類の豊富さに迷ってしまうこともあるでしょう。

少しでもタオル選びの参考にしていただけると嬉しいです。タオルの素材や特徴をみながら、自分のライフスタイルに合った好みのタオルが見つかるといいですね。

 

タオル

記事内で紹介されている商品

白タオル 業務用 泉州フェイスタオル

サイトを見る

hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 mist …

サイトを見る

今治タオル フェイスタオル 雲ごこち

サイトを見る

今治タオル リゾートホテルスタイル フェ…

サイトを見る

hiorie(ヒオリエ) 今治タオル 認定 ふわふ…

サイトを見る

抗菌防臭 竹繊維 バンブーフェイスタオル …

サイトを見る

hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイル…

サイトを見る

hiorie(ヒオリエ) 日本製 ホテルスタイル…

サイトを見る

関連記事