買いたいものを検索してください

おしゃれで機能性の高い商品をご紹介!ワインオープナーのおすすめ8選

ワインをよく家で飲まれる方は、ワインオープナーを使っていると思いますが、どういうタイプのワインオープナーを持っておられますか?

私はずっと昔ながらの「T字スクリュータイプ」のワインオープナーを使っていましたが、失敗することがあまりに多いので最近になって新しいワインオープナーを買いました。

近年では、私のように力が無い女性でも、失敗せずにコルク栓を抜けるワインオープナーが沢山出ているので、ワインをより手軽に楽しめるようになったと思います。

しかも、見た目もお洒落なワインオープナーが多いのですよ!

ここでは、お洒落で機能的なワインオープナーの魅力について紹介していきます。

ワインオープナー写真;ライター撮影

ワインオープナーでスマートにワインを楽しみたい

ワインを用意していて、いざ開けて飲もう、という時に、「ワインオープナーが無い!」という経験はありませんか。

屋外時のキャンプなどでは、ワインは用意してもワインオープナーまで気が回らなかったりするものです。

仕方が無いので、スプーンでこじ開けた結果、コルク栓がボロボロになって瓶の底に沈めて飲んだ、なんてことも。

また、ホームパーティーの時などに、お土産でいただいたワインを飲もうと思って開栓しようとしたものの、T字スクリュータイプのワインオープナーを使っていたため、上手くコルク栓が取れずに、悪戦苦闘の末にようやくワインが飲める、なんて失敗もよくあることです。

簡単に使えて、見た目もお洒落なワインオープナーがあれば、便利で良いですよね。

機能性に優れたワインオープナーがあれば、ホームパーティーの時などにも颯爽と使うことが出来、スマートにワインを楽しむことが出来るので、ワインが好きな方にはおすすめですよ。

コルク栓抜き写真;ライター撮影

ワインオープナーのタイプ

ワインオープナーと言っても、色々な種類があります。

ここでは、タイプごとに、どういう特徴を持ったオープナーなのかを簡単に説明していきます。

T字型スクリュータイプ

最も知られているタイプのワインオープナーではないかと思います。

シンプルなT字の形をしており、昔から使われているのですが、慣れないと上手く使うことが出来ないワインオープナーです。

スクリュー部分をコルク栓にねじ込んでいき、真っすぐに引き抜くという使い方をします。

簡単な様ですが、コツと力が必要になるので、力の無い女性にはハードルが高いかもしれません。

T字スクリュータイプ写真;ライター撮影

スクリュープル

初心者でも簡単に使えるワインオープナーです。

力が無い方や女性の方でも失敗が無くワインのコルク栓が抜ける仕様になっているので、人気があります。

使い方も簡単。スクリューをコルク栓に差し込み、レバーをクルクルと廻していきます。

廻していくとコルク栓が自然に上がってくるので、そのまま廻し続けます。

コルク栓が抜けたら、コルク栓と一緒にスクリュープルをはずします。

絶対に失敗したくない、という方におススメのワインオープナーです。

 

ウイング式オープナー

比較的簡単に使えるタイプのワインオープナーです。

デザインも素敵な商品が多く、使っている方も多いワインオープナーです。

ワインボトルにセットしてから、ハンドルを廻すと両側についている柄が上にあがってくるようになっています。

テコの力を応用しているタイプのワインオープナーなので、力が無い方でも使うことが出来ます。

しかし、コルク栓を引き上げる時に力が入ってしまうと、コルク栓を粉々にしてしまう可能性もあります。

コルク栓への手応えを把握出来る方には良いのですが、初心者向けとは言えません。

ウイング写真;ライター撮影

電動式オープナー

電動式タイプのワインオープナーを使う場合には、まず失敗することはありません。

使い方も一番簡単で、ワインボトルの口元にオープナーをセットしてボタンを押すだけでコルク栓が抜けるようになっています。

力を入れる必要も無いですし、複数本のワインボトルのコルク栓を抜く場合に大活躍してくれます。

電動式なので、電源となる乾電池等が必要になります。充電が必要な商品もあります。

さらに、電動式オープナーはサイズも他のワインオープナーと比べると大きく、重さもあるため、購入前に収納場所を用意しておくと良いでしょう。

 

エアー式オープナー

ガスや空気による圧力を利用することで、コルク栓を抜いていくワインオープナーです。

エアー式オープナーも失敗することはほとんど無いと思われるため、初心者の方や、絶対に失敗出来ないパーティーの時のコルク抜きとして最適です。

使い方もシンプルで簡単です。

針をコルク栓に刺し、ワインボトルにセットして、ガス(空気)を注入すると、自動的にコルク栓が上にあがってきてくれる仕掛けになっています。

ただ、コルク栓が劣化しているものだと、隙間が出来てしまい、ガスの圧力をかけることが出来なくなるので、コルク栓が上がってこないケースもあります。

また、ガスを使うオープナーだとガスカートリッジが必要になってくるため、コストがかかるというデメリットがあります。

 

レバー式オープナー

レバー式のワインオープナーは、レバーを上下させるだけで、コルク栓がスパッと抜けてくれるという優れもの。

スクリューを挿す角度を全く気にせずに、レバーを上下させるだけで良いこともあり、プロやワイン愛好家の間でも評判になっているタイプのワインオープナーです。

スタイリッシュな外観も魅力的です。

簡単に使えますが、サイズが大き目になるので収納場所をあらかじめ用意しておいた方が良さそうです。

 

〇私はウイング式のワインオープナーをよく使っているのですが、力を必要としないので、力の無い方におススメですよ。

しかも、嵩張らないので、キャンプなど屋外でワインを飲むシーンにも持っていくことが出来て便利に使えます。

以前は、T字型スクリュータイプを使っていたのですが、引き抜く力が無いこともあり、失敗が続いてしまっていたので、現在では使っていません。

T字型スクリュータイプは、ある程度の力がある、上級者の方なら上手く使えるのですけれどね。

 

本格派さんにはソムリエナイフもおすすめ

レストランでは、ソムリエがソムリエナイフを使って、美しい動作でワインのコルク栓を開けてくれますね。

ソムリエナイフ写真;ライター撮影

そのスマートさを見て、「私もやってみたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。

ソムリエはソムリエナイフを使って、キャップシールを綺麗に剥がしてくれますね。

キャップシールを綺麗にはがせるアイテムとしても、ソムリエナイフは重宝します。

ソムリエナイフの使い方は、慣れると案外と簡単に感じられるものです。

使い方をざっと書いておきますね。

<ソムリエナイフの使い方>

1.ナイフ部分で、ボトルの口を被っているキャップシールに切れ目を入れます。

切れ目を入れる部分は、凸凹した部分の下側です。

2.ナイフをくるっと一周させてキャップシールに切れ目を入れます。

この時に、ワインボトルの底に沈んでいる澱が広がらないようにするため、ボトル本体は回してはいけません。

3.キャップシールを切り取ります。手早く、美しく、スマートな動作が求められます。

4.スクリュー部分をコルク栓の中心に突き刺します。スクリューを横向きに寝かせて、先端の尖った部分をコルク栓の中心に突き刺します。

突き刺したら、スクリューを垂直に起こします。

5.スクリューを廻しながら、垂直にまっすぐに刺し込んでいきます。

6.ソムリエナイフのテコの部分をボトルの口元に引っ掛けます。

ソムリエナイフはテコの原理を使うので、力を入れずに簡単にコルク栓を抜くことが出来ます。

7.コルクをまっすぐに垂直方向に引き上げるように抜きます。

8.コルク栓が上がってきたら、手で引き抜きます。

ソムリエナイフを上手く使えるようになれば、どんなコルク栓でも抜けるようになります。

キャップシールを綺麗に剥がすところからの一連の作業が、ソムリエナイフを使えば楽に出来るようになるのも良いですね。

それに、ソムリエナイフは携帯性にも優れており、収納の場所をとらないところも嬉しいです。

屋外でワインを飲む機会に、ソムリエナイフで颯爽とワインのコルク栓を抜くことが出来れば、もう拍手喝采間違いなしですよ。

スマートにワインを楽しみたい、という方にはうってつけのワインオープナーがソムリエナイフではないかと思います。

ただ、慣れるまでには何本かのワインを開けて慣れる必要があるので、すぐに上手く使えるようにはならないというデメリットがあります。

 

おすすめのワインオープナー8選

8位:ルクルーゼ  テーブルモデル TM100

出典: Amazon.co.jp

ルクルーゼ テーブルモデル TM100 ワインオープナー ブラック 59993-01-10
ブランド
カテゴリ

ルクルーゼの大人気ワインオープナーです。

最小限の力でコルク栓をいかに簡単に抜くか、をテーマに、何と25年前石油発掘用ボーリング機をヒントに「発明」されたスクリュープルの元祖オリジナルモデル。

時計回りにハンドルを廻すだけでコルク栓が自動的に引きあがる「セルフ・プリング式」はこのモデルから生み出されたというから、これは期待出来そうですね。

美しいデザインも魅力の1つで、飽きの来ないフォルムが特徴的です。

スクリュープルタイプなので、初心者の方でも失敗無く使えるのでとても良いと思います。

サイズは14.5cm×7.5cm×2.5cmと、どこにでも収納出来る大きさが嬉しいですね。

重量も50gと軽量で、どこへでも持ち運びできる点も良いと思います。

アウトドア時にもあると便利に使えそうですね。

カラー展開は、ブラックの他、チェリーレッドがあります。

価格帯もルクルーゼというブランドの割にはリーズナブルなので、お買い得感があります。

 

7位:メトロケイン バーティカルラビット

出典: Amazon.co.jp

メトロケイン バーティカルラビット ワインオープナー 赤色
ブランド
カテゴリ

メトロケインの有名なワインオープナーです。

通称「ラビット」と呼ばれており、これはウサギの耳のような形をしたレバーがついていることによります。

ワインの口をしっかりと固定してスクリューを刺し込んでいき、コルク栓を抜く、という仕組みになっています。

若干力を入れる必要があるものの、レバーを上下させるだけで簡単にコルク栓が抜ける逸品です。

かなり前からワイン愛好家の間では使いやすいと定評がある商品で、レバー式オープナーとしては大人気商品です。

デザインが可愛らしくレッドのカラーも見栄えがするので、テーブルの上に置いておいても素敵ですね。

フォイルカッターも付いているので、キャップシールをカットすることも出来るのも嬉しいです。

サイズは15cm×14cm×5cmと、ワインオープナーとしては大き目ですが、使い勝手の良さ、デザイン性の高さが魅力的な商品です。

価格帯は、ワインオープナーとしては若干高めですが、楽にコルク栓を開けたいという方にはおススメのワインオープナーです。

 

6位:Decdeal ワインオープナー バキュームポンプ

出典: Amazon.co.jp

Decdeal ワインオープナー バキュームポンプ 手動 栓抜き ポアラー フォイルカッター付き 真空ストッパー
ブランド
カテゴリ

Decdealのエアー式のワインオープナーです。

ポンプ式でワインボトルの中に空気を注入して、空気の力でコルク栓を開けるようになっています。

力が弱い方や女性でも、簡単にスムーズにコルク栓を開けることが出来ます。

パーティーなどで何本も開けないといけない時でも、どんどんと開栓出来る便利なアイテムです。

フォイルカッターが付いているので、キャップシールをキレイに剥がすことが出来、ソムリエナイフ顔負けの仕事をしてくれます。

ポアラーが付いているので、意図的にワインを空気に触れさせ、まろやかで美味しい風味を引き出すことも可能になります。

飲み残したワインを保存するのに便利な真空キャップも付属でついてきます。

良いワインを飲む時に、こういう失敗が無いワインオープナーがあると快適に過ごせますね。

トータルで見て、ワインオープナー以上の機能が楽しめるので、自宅用はもちろん、プレゼント用としても喜ばれると思います。

価格帯もリーズナブルなので、ワインのコルク栓を抜くのに失敗をよくするという方におすすめです。

 

5位:電動ワインオープナー 充電式

出典: Amazon.co.jp

電動ワインオープナー 充電式 フォイルカッター付き 真空ボトルストッパー 搭載 コルクスクリュー 栓抜き ワインコルク抜き

iheyfillの電動タイプのワインオープナーです。

ボトル上部にセットしてボタンの上部を押すだけで、自動でコルク栓を引き抜いてくれます。

また、ボタンの下部を押すとコルク栓が自動で外れます。

握力が無い女性でも、簡単にコルク栓を抜くことが出来るので、ワインを今まで以上にもっと楽しむことが出来るようになります。

コルクを刺すスクリュー部分は透明のカバーになっているので、コルクの状態がよく見えて確認出来るため、安心感があって使いやすいです。

充電式タイプで、セットには充電器がついてきます。

また、LEDライトが内蔵されており、ボタン上部を押すと赤いライトが、ボタン下部を押すと青いライトが点灯します。

フォイルカッターが付いているので、キャップシールもキレイに剥がせます。

ボトルストッパーも付いているのは嬉しいですね。

ただ、サイズがとても大きく、高さ23 cmもの高さがあるので収納場所を予め考えておくと良いでしょう。

価格帯も非常にリーズナブルなので、買いやすいところも良いと思います。

ワインをよく飲むけれど、コルク栓を抜くのによく失敗する、という方におすすめの商品です。

 

4位:recolte イージーワイン オープナー ボルドー

レコルトの電動式オープナーです。

手動のコルク抜きと違って力を入れる必要が無いので、女性でも簡単にコルク栓を抜くことが出来ます。

フォイルカッターが付いており、スクリューと一体型になっているので、すっきりとしたデザインです。

コルク栓を刺す部分が透明になっていて、コルク栓の状態がわかりやすいのも良いと思います。

スイッチを押すだけの簡単操作なので、取扱説明書などを読む必要もまずありません。

本体をワインボトルにセットしたら、下側のボタンをプッシュします。するとコルク栓が抜けるので、上側のスイッチを押してコルク栓を取り出すだけの簡単さ。

単三電池4本で動きます。重さはありますが、これなら屋外でも気軽に使えますね。

レコルトの電動式オープナーは、デザインもカラーもとても可愛らしく、使っていると女子力が高いと思われそうな感じが良いと思います。

本体サイズは、直径5.0cm×高さ26.2cm と大き目のサイズなので、収納場所は考えておく必要がありそうです。

このワインオープナーはボルドーレッドですが、オリーブグリーンのカラーもあります。

ホームパーティーなどでも大活躍してくれると思うので、お洒落なワインオープナーを探している方におススメです。

保証期間が1年間ついているのも安心感があります。

価格帯は若干高めの3,000円台ですが、ワインのコルク栓に苦戦している方には、大助かりのアイテムとなるので妥当ではないかと思います。

 

3位:Sugoiti ソムリエナイフ ステンレス ワインオープナー

出典: Amazon.co.jp

Sugoiti ソムリエナイフ ステンレス ワインオープナー コルク抜き コルクスクリュー 多機能ナイフ
ブランド
カテゴリ

Sugoitiのソムリエナイフです。

2段階式デザインで、長いコルク栓も簡単に抜栓することが出来る、人気のソムリエナイフで、ワインにだけでなく、ビールの栓抜きとしても使える優れ物です。

フォイルカッター機能も付いています。

サイズは12 cm×3cm×1.5 cm(収納時)とコンパクトに折り畳むことが出来、素材はステンレスなので耐久性が期待出来ます。

持ち手部分は、木製になっており、デザインもとても素敵です。

専用布ケース、黒い紙ケースがついているので、ワイン好きの方へのちょっとしたプレゼントにも良いですね。

価格帯もとても買いやすいところが嬉しいです。

ソムリエナイフを使ってみたい、というソムリエナイフ初心者の方にもおススメの商品です。

 

2位:IPOW ウイング ワインコルク抜き

出典: Amazon.co.jp

IPOW ウイング ワインコルク抜き オープナー
ブランド
カテゴリ

IPOWのウイング式のワインオープナーです。

頑丈な亜鉛合金の細工がされていて、耐久性に優れています。スクリューはコルク栓に入って行きやすいようになっています。

また、ゴムのウイングアームで、滑り止めて使い安定性が高く設計されています。

色々なコルク栓に対応出来る点が便利だと思います。

ワインのコルク栓はもちろん、瓶ビールの栓抜きにも使えるので、持っていると重宝しそうなワインオープナーです。

手動のタイプとしては失敗が少ないとの口コミが多く、携帯性にも優れているので、屋外でワインやビールを飲むシーンでも実力を発揮してくれます。

デザインもキレイですし、ワインのコルク抜きに慣れていない初心者の方でも気軽に使えそうです。

今まで、T字スクリュータイプ等のワインオープナーで失敗が多かった方におすすめです。

価格帯もとてもお手頃感がありますし、品質の割にお値打ちの商品ではないかと思います。

 

1位:バキュバン コルクスクリュー ツイスター

バキュバンのワインオープナーです。

バキュバンは、個性的で美しいデザインと高い機能性を兼ね備えたワイングッズで有名な、オランダ発の会社です。

スクリュープルタイプのワインオープナーで、ボトルを挟み込んでグリップを回すだけでコルク栓を簡単に抜くことが出来ます。

二か所に設置されたゴムがワインボトルをがっちりと押さえるため、女性や年配の方でも余計な力を使うことなく開栓することが出来る仕様になっています。

デザインも画期的で、魚のようなユニークなフォルムが魅力的です。

レストラン向け業務用商品という位置づけですが、便利なので家庭でもどんどん使っていきたいものですね。

注ぎ口の径が違うワインボトルでも不自由なく扱えるのが特徴的。

サイズは200mm程度で、ポケットにも入る大きさです。

重量はわずか80g と軽く、携帯性にも優れています。

アウトドアでも重宝するので、持っていて損は無い商品だと思います。

amazonの口コミでも概ね高評価なのも信頼出来ます。

価格帯もとても安く買いやすいので、ワインのコルク栓を上手く抜くためのワインオープナーを探しているのなら、こちらを試してみるのも良さそうです。

 

まとめ

ワインオープナーには色々なタイプがあって、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりました。

数あるワインオープナーの中から、どのタイプを選んでいくと、自分のワインライフがより充実するのかを考えていくと良いと思います。

ランキングにある商品は、一般的に人気があるワインオープナーを選んでみました。

ワインがお好きな方は、すでにお持ちの方も多いかもしれませんね。

ワインを味わうための名脇役であるワインオープナーも、お気に入りの商品を使うとさらに楽しいヒトトキが過ごせるようになるでしょう。

この記事が少しでも、貴方のワインライフを豊かにする手助けになれば幸いです。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ルクルーゼ テーブルモデル TM100 ワイン…

サイトを見る

メトロケイン バーティカルラビット ワ…

サイトを見る

Decdeal ワインオープナー バキュームポン…

サイトを見る

電動ワインオープナー 充電式 フォイルカ…

サイトを見る

récolte イージーワイン オープナー

サイトを見る

Sugoiti ソムリエナイフ ステンレス ワイ…

サイトを見る

IPOW ウイング ワインコルク抜き オープ…

サイトを見る

バキュバン コルクスクリュー ツイスター

サイトを見る

関連記事