買いたいものを検索してください

あらゆる食材に対応できる!三徳包丁おすすめランキングTOP8

包丁にはいくつもの種類があります。

包丁を購入しようと思い探してみるとその現実を初めて知るという方も多いのではないでしょうか。刺身包丁やパン切り包丁など専用包丁は自分の思っている包丁ではないと分かりますが、牛刀や出刃包丁など家庭で見慣れている一般的な包丁と同じような形をしている包丁はどれにしようか、どれがいいのか迷ってしまうものです。

普通の包丁が欲しい、何でも切る事のできる包丁が欲しいという時には、万能包丁と言われている三徳包丁がおすすめです。

 

三徳包丁とは?

2本の三徳包丁

 

包丁には色々な種類がありますが、包丁売り場を見てみると、圧倒的に多いのが三徳包丁です。金物屋などの専門店でなく、包丁売り場が狭ければ三徳包丁しかおいていないお店もあるかもしれません。いまや、『包丁』とだけ言えば、三徳包丁を指すと言っても過言ではないと思います。

包丁は、切る素材により刃の付け方や形が違いそれぞれ専用包丁がありますが、三徳包丁はあらゆる素材に対応しています。

三徳包丁の「三徳」とは、三つの用途を意味しています。包丁を使う食材を大きく分けると、肉・魚・野菜となると思いますが、その3つに対応している包丁が三徳包丁です。

三徳包丁は、日本で生まれた洋包丁です。日本は元々、魚や野菜を中心とした和食文化の国なので、和包丁の四角い菜切包丁が主流でしたが、明治以降外国の食文化が日本に伝わり、肉も食べるようになったとともに外国の牛刀も伝わってきました。

野菜や魚だけではなく、牛刀のように肉を切るのにも適した包丁ということで、菜切包丁の切っ先にカーブを作るとともに尖らせ背の部分を丸めたもの三徳包丁が出来上がったと言われています。

三徳包丁の特徴は、刃付けは両刃で、刃の部分が直線に近く、切っ先の尖りがゆるやかです。そして刃渡りは15cm~21cmの物が多くなっています。

 

三徳包丁の刃の素材にこだわろう

包丁の先端

 

三徳包丁に限らず、包丁選びで一番大事なのは刃の素材です。

包丁の刃使われている素材は鋼・ステンレス・セラミックです。素材により、切れ味や切れ味の持ち、また重さや耐久性など変わってくるので、包丁それぞれの使い方や使用になる方の使いやすさなどによりどの素材が良いのか変わってきます。

 

鋼は丈夫で切れ味が鋭いのが特徴です。そして、切れ味が落ちてきても研ぎ直しができるので、品質の優れている物でしたら一生物の包丁となります。プロの方など切れ味にこだわる方が多く使っています。

ただ、丈夫な分、重さがあります。そして、包丁や刃が錆びやすいので、きちんとしたお手入れが必要になります。

 

ステンレス

ステンレスは軽くて錆びにくいのでお手入れが簡単な包丁です。その為、多くのご家庭で好まれて使用されています。ただ、脆いとまでは言いませんが、丈夫ではないので歯が欠けたり折たりする心配があり、切れ味の落ちも早いです。

切れ味の落ちが早いのは考えものですが、ステンレスは家庭で簡単に研ぎ直しができるので購入時に気にしなくてもよいと思います。

 

セラミック

セラミックは包丁の材質としてはあまり一般的ではありませんが、白い素材で、軽くて切れ味が良く、そして切れ味の持ちがよいのが特徴の包丁です。

デメリットは切れ味は良いのですが、丈夫ではないので刃が欠けやすくいです。そして、専用シャープナーでしか研ぎ直しができないので、基本的には切れ味が落ちたら購入のし直しをするしかありません。

鉄製品ではないので錆びる心配がなく、そして軽いので、お手入れは簡単です。お子さんに包丁を使用させたりするのにセラミックの包丁を購入する方を見ることが多いように思います。

 

三徳包丁選びのポイントをご紹介!

包丁の背

 

包丁の刃の素材についてはお話ししましたが、三徳包丁を選ぶ際に注意したいポイントは他にもいくつかありますのでご紹介します。

 

刃渡り

三徳包丁のような万能包丁はどれも同じ長さの刃渡りに見えますが、商品により長さが違います。

三徳包丁の使いやすい長さとしてよく言われているのが、15cm~18cmです。少々短めのような気がしますが、キッチンの広さや包丁の収納場所を考えるとちょうど良い長さになります。実際食材を切るときに使う長さとしては、15cmだとキャベツなど大きな食材と切るときに不便になりますので18cmくらいはあると良いと思います。

また、キッチンの作業台に余裕があり、大きめのまな板を使用しているのであれば21cmほどの長さが良いかと思います。三徳包丁の刃渡りは短くても長くても使いづらさがあるので、自分が使いやすいピッタリのサイズを考えるのであれば、普段使うまな板の大きさに合わせて購入するのがおすすめです。

 

重さ

包丁は刃渡りの長さや素材により重さに違いがあります。

多くの三徳包丁は100g~300gの間になります。使うときにあまり重いものだと手が疲れたり痛くなったりしてしまうので、持ったときに重いと感じるものは避けるようにしましょう。

また、軽ければ良いということもありません。包丁の重みにより食材が切れやすくなるからです。また、ある程度の重さがないと手元が安定しないので、怪我をする危険も高まります。

それなので、150g~200g前後の三徳包丁が多くの方に使いやすい重さではないかと思います。

 

柄の握りやすさ

包丁により、柄の太さや形が違います。商品によっては手の形に合わせて湾曲しているものもあります。

包丁はしっかり柄を握れる事で、手元が安定し力が入りやすくなるので、実際に握ってみて、ご自分がしっくりくるものを選ぶのが一番よいと思います。

 

オールステンレス

三徳包丁の刃の部分と柄の部分が違う素材で出来ているものと、同じ素材でできている一体型のものがあります。

ステンレス製の三徳包丁では柄の部分まで継ぎ目がない一体型のオールステンレスのものも多く販売されています。オールステンレスの利点はなんといってもお手入れが楽ということです。

ステンレスなので錆びる心配がなく、刃先から柄の部分まで継ぎ目がないので雑菌が入り込む隙間がないため衛生的に保管することができます。

 

三徳包丁のおすすめブランドをご紹介!

イチゴと包丁

三徳包丁は一般的によく使われる包丁なので、さまざまなメーカーから発売されています。

それなので、どのメーカーが良いのか購入するときに迷ってしまわれる方も多いと思いますので、おすすめのブランドをいくつかご紹介します。

 

ヘンケルス

ヘンケルスは、ドイツのメーカー「ツヴィリング J.A. ヘンケルス」の大衆向け調理器具ブランドです。

ツヴィリング J.A. ヘンケルスは、1731年に創業されて以来、高品質・高機能な包丁を中心としたモノ作りで知られており、世界中で人気のあるメーカーです。

包丁の製造過程で独自開発した熱処理工程を使い分け製造しているので、切れ味や切れ味の持続性、そして耐蝕性に優れています。

また、オールステンレスを製品をはじめとして美しいシルエットでデザイン性にも定評があり人気の一端を担っています。

 

吉田金属工業

吉田金属工業は、日本を代表する刃物メーカーで、その中でもグローバルブランドは、日本だけでなく世界中で人気があります。

グローバルブランドには色々なシリーズが展開されていて、「Global-Ist 」シリーズなどは、刃付けはメーカーオリジナルの新しい刃付け「エクストラエッジ」を採用し、日本向けに特化されたシリーズです。

エクストラエッジは、和包丁の刃付けに使用する細粒度の水砥石と革砥仕上げを施し、刃先を滑らかに仕上げることで鋭い切れ味と優れた耐久性を実現させた刃付けです。持ち手も使いやすく設計されており、刃先全体をカーブさせ、押し切りもスムーズに出来る仕様になっていたりと、三徳包丁ならではの万能性にマッチした包丁を多く販売しています。

お値段は高めですが、抜群の切れ味と切りやすさが魅力のブランドです。

 

藤次郎

藤次郎は、刃物の産地として有名な新潟県燕市の包丁メーカーで、その歴史は60年以上あり、全国で5指に入る出荷数を誇ります。

藤次郎の包丁は一丁一丁手作業で仕上げるこだわりの刃付なのが特徴で、ステンレス素材ですが切れ味や切れ味の持ちがよいと定評があります。

調理人などプロの方は、切れ味や切れ味の持ちの良さからお手入れが大変でも鋼の包丁を好む方が多いのですが、藤次郎のステンレス包丁の切れ味の良さは、プロの料理人の方にも愛用されている方が多いそうです。

その切れ味を家庭用にもということで、さまざまなシリーズと価格帯の包丁があります。

 

to buy インフルエンサーおすすめの三徳包丁もご紹介!

GLOBAL 三徳3点セット

手作りハムと一緒に♡

#ストーンプレート
#クチポール
#カッティングボード
#アレテレニョ
#グローバル包丁

 

三徳包丁おすすめランキングTOP8

8位 下村工業 ネオヴェルダン

切れ味の持ちが良い

下村工業のネオヴェルダンブランドから販売されている三徳包丁になります。

全長30cm、刃渡り16.5cm、重さ155g。ステンレス鋼の刃と柄の部分が一体型の包丁ですが、刃身には切れ味の持ちが良いモリブデン鋼が使用されています。

刃渡りは少し短めですが、握りやすい柄で力が入りやすく、そしてお手入れのしやすいオールステンレス。食洗機にも対応しています。ステンレスの包丁は切れ味の持ちに不安がありますが、刃身にモリブデン鋼が使用されているので、切れ味がすぐに落ちるということはありません。

お値段は2200円ほどになります。刃渡りが短めで重さも軽めなので、手軽に取り出して使うことができます。

 

7位 京セラ セラミック 三徳包丁

セラミック製ならこれ!

京セラから販売されているセラミックの三徳包丁になります。

全長29cm、刃渡り16cm、重さ98g。セラミック製なので、切れ味がよくそしてとても軽い包丁です。柄の部分は握りやすいカーブで、食洗機での使用もできます。

漂白することもできるので、衛生的に使い続けることができ、1枚だけですが研ぎ直しクーポン付きなので数年使うことができる包丁です。

価格は4300円ほどになります。セラミック包丁をお探しでしたらこちらの三徳包丁をおすすめします。

 

6位 安田刃物 関虎徹

飾り切りもできる

全長30.5cm、刃渡り18cm、重さ150g。岐阜県にある包丁メーカーの関虎徹ブランドの三徳包丁になります。

ステンレス鋼の包丁ですが、ただの鋼ではなくV金10号というコバルト、モリブデン・バナジウムを含む材質を使っているので、刃が硬く切れ味もよく、そして切れ味の持ちもよい三徳包丁です。

また、三徳包丁は切っ先があまり尖っていないのが主流ですが、この商品は切っ先が尖っているので、細かい作業をするのにも重宝します。

お値段は5500円ほどになります。凝ったお料理を作りたい方におすすめの包丁です。

 

5位 貝印 関孫六 ダマスカス

一生物になるかも!

全長29.3cm、刃渡り16.5cm、重さ158g。貝印が展開する関孫六ブランドの三徳包丁になります。関孫六ブランドは、プロ用の上位ブランドから一般家庭用の大衆向けシリーズまで揃っています。ダマスカスシリーズは、その中でも品質や製造にこだわっているので、一生物になりうる三徳包丁です。

刃の部分は、特殊ステンレス刃物鋼を使用しているの切れ味や切れ味の持ちが抜群によく、柄の部分は強化木とステンレスを組み合わせ、逆三角の形をしているので作業がしやすい包丁です。

価格は7500円ほどになります。本格的な三徳包丁をお探しの方におすすめです。

 

4位 ミソノ モリブデン鋼三徳庖丁

性能抜群のステンレス製

全長27cm、刃渡り16cm、重さ140g。Misonoのモリブデン鋼シリーズの三徳包丁になります。Misonoは刃物の街、関市発で、主にプロ用包丁を手掛けていることで知られているブランドです。

モリブデン鋼シリーズは、普及価格帯のシリーズなので家庭用として人気のある包丁で、刃にはモリブデンとバナジウムが入ったハイカーボンの高級ステンレスを使用し、ステンレス製ながら切れ味が良く、切れ味の持続も良い、そして錆びにくい特徴もあります。

価格は7300円ほどになります。性能に優れたステンレス包丁をお探しの方におすすめです。

 

3位 藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込

切れ味抜群!

全長29.5cm、刃渡り17cm、重さ98g。藤次郎のプロ DPコバルト合金鋼割込シリーズの三徳包丁になります。

藤次郎の中でもプロ DPコバルト合金鋼割込シリーズは、職人による本刃付け仕上げなので切れ味がよく、切れ味の持ちも良く、そして研ぎ直しも簡単にできる、本格派ながら家庭でも使いやすい包丁と人気があります。

柄の部分は、握りやすく滑りにくいので手が水で濡れていたりしても作業がしやすいです。

価格は9200円ほどになります。切れ味にこだわる方におすすめの包丁になります。

 

2位 ヘンケルス HIスタイル エリート MOCOMICHI HAYAMI モデル 三徳包丁

おしゃれな三徳包丁

刃渡り18cm。ヘンケルスから発売されている俳優の速水もこみちさんがプロデュースしたHIスタイル エリートシリーズの三徳包丁です。

刃の部分は特殊ステンレス刃物鋼なので切れ味がよく、冷硬特殊焼入処理を施しているので、ひずみ・割れを防いでくれ耐久性が抜群です。柄の部分は人間工学に基いたエルゴノミックデザインを採用しているので、抜群の握りやすさを実現しています。それなので、長時間握って作業をしていても、疲れにくいい仕様になっています。

価格は4000円ほどになります。デザイン性にすぐれているので自分用はもちろん贈り物にも最適な三徳包丁です。

 

1位 グローバル 三徳

性能・使いやすさが抜群!

全長30cm、刃渡り18cm、重さ170g。吉田金属工業のグローバルブランドの三徳包丁になります。

グローバルの三徳包丁は、モリブデン・バナジウム入りの超硬質ステンレスを使用した刃で、1000度以上の高温での焼き入れと急冷をすることで、とても丈夫なステンレスになっています。

切れ味が良いだけでなく、刃に緩やかなカーブを持たせたデザインにより食材の刃離れがよく使いやすさにこだわりのある三徳包丁です。

価格は9900円ほどになります。切れ味がよく使いやすく、そしてオールステンレスなのでお手入れも簡単なので、三徳包丁を購入するときにこの商品を選べば間違いがないと言える商品です。

 

三徳包丁の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、三徳包丁の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

三徳包丁は料理の必需品

キッチン用品
aki

三徳包丁についてご紹介しました。気になる商品はありましたでしょうか?

三徳包丁はどれも同じように見えますが、それぞれ刃の長さや重さ、そして柄の部分の形が違います。そして刃に使われる素材が違います。

家庭用の三徳包丁の刃の素材の多くはステンレスを使用していますが、そのステンレスの中でも強度に長けているものや持続性に長けているものなどそれぞれなので、商品1つ1つ違いがあります。

日本の有名刃物メーカーの包丁ですと、1本1本職人による刃付けがおこなわれている物が多いので、切れ味もよく切れ味の持ちも良くその製品の品質が良いものが多いように思います。

料理をするのであれば包丁は必ずと言っていいほど必要になるものです。そしてそれは長い期間使うことになるので、お値段だけを気にするのではなく、その品質や性能に重点をおいて選ぶことをおすすめします。

 

記事内で紹介されている商品

GLOBAL 包丁 日本製 三徳3点セット 【今な…

サイトを見る

下村工業 ネオヴェルダン

サイトを見る

京セラ セラミック 三徳包丁

サイトを見る

安田刃物 関虎徹

サイトを見る

貝印 関孫六 ダマスカス

サイトを見る

ミソノ モリブデン鋼三徳庖丁

サイトを見る

藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込

サイトを見る

ヘンケルス HIスタイル エリート MOCOMICH…

サイトを見る

関連記事