買いたいものを検索してください

トレーニングは足元から!サッカートレーニングシューズおすすめランキングTOP12

我が家は、年間チケットを買って毎週スタジアムに通うのが日課になっています。以前、「他人に自分の人生のっけてんじゃねえよ」と言った方がいましたが、思いっきり他人に自分の人生をのせて、熱く熱くチームの応援をしています。

気が付くと、試合だけでは物足りなくなり、予定が合うときは練習見学にも行くようになりました。練習場の周りでサッカーボールを蹴って遊んでいるお子様を見ると、関係ないのに「サッカーを始めるのかな?」と気になったりして・・・。

さて、サッカーを始めたいと思ったときに必要なのが、『サッカートレーニングシューズ』です。試合のときに履くスパイクとは違い、普段の練習で使用します。ただ、アディダスやナイキ、プーマ、ミズノ、アシックスなど有名スポーツメーカーから販売されているので、購入を考えたときに、どれにすればよいか悩んでしまうことも。

そこで今回は、サッカートレーニングシューズの基本情報や選び方、お手入れ方法などを紹介したいと思います。大人用と子供用に分けて、おすすめ商品のランキングも発表しますので、参考にしてみてください!

 

サッカートレーニングシューズとは?

サッカーボール

ここでは、サッカートレーニングシューズの基本情報を紹介したいと思います。

 

サッカートレーニングシューズはフットサル用とは違うの?

サッカートレーニングシューズは、足裏に小さな凸凹の突起物がついているのが特徴です。これにより、足裏全体で体重をとらえることができます。

最近、室内で気軽にできるということで、フットサルを行う人が増えています。フットサル用のシューズは足裏に突起物がなく、ゴム素材のものが多いです。平らな状態なので、足裏を使ったトリッキーなプレイができるのです。

サッカーとフットサルでは、プレイスタイルが違ってきます。そのため、同じシューズではなく、それぞれ専用のシューズを使うようにしましょう。

 

トレーニングシューズとスパイクは何が違うの?

次に、トレーニングシューズとスパイクの違いについて、説明したいと思います。繰り返しになりますが、サッカートレーニングシューズは、足裏に小さな凸凹の突起物がついています。

スパイクは、足裏にスタッドやポイントと呼ばれる、大きくて高さのある突起物がついています。この突起物が土のグランドや芝生に刺さることにより、しっかりと踏ん張ることができるのです。ただ、スパイクの方が足への衝撃が強いです。負担が大きいので、試合が終わったら速やかに履き替えるようにしましょう。

また、土踏まずが成長過程のお子様は足により衝撃を感じるので、スパイクではなくサッカートレーニングシューズを履くようにしましょう。

 

サッカートレーニングシューズの選び方

サッカーシューズ

ここでは、サッカートレーニングシューズの選び方とそのポイントについて、紹介したいと思います。

 

使用場所で選ぶ

人工芝や土などの屋外用

人工芝や土のグランドは、滑りやすいです。そのため、屋外で使用する場合は、小さな凸凹の突起物がついているサッカートレーニングシューズを選びましょう。

室内用

主に体育館などで使用する場合、屋外用のサッカートレーニングシューズをそのまま使うのはNGです。突起物があると床を傷つけてしまうので、足裏が平らでグリップ力の強いインドアシューズを使用するようにしましょう。

インドアシューズは、靴底が飴色や白色のものが多いです。その理由は、靴底で床を汚さないため。きちんとした理由があるので、屋外用と同じものでもよいとは考えずに、分けて使うようにしましょう。

 

素材・足のフィット感で選ぶ

サッカートレーニングシューズは、スニーカーや革靴などと同様に、メーカーによって微妙に大きさが違ってきます。同じサイズでもこちらは幅広、こちらは窮屈と足のフィット感には差があるので、必ず試着をするようにしましょう。

特に、日本人の足は幅広の方が多いです。一般的に外国のメーカーよりも国内のメーカーの方が、シューズの幅が広いといわれています。そのため、幅広の方は国内メーカーの商品から優先的に試してみてください。

素材は、大きく分けて人工皮革(合成皮革)と天然皮革があります。人工皮革の方が耐久性に優れているので、人気があります。また、人工皮革は伸びにくくて縮みにくいです。型崩れしにくいので、お手入れも簡単です。価格についても、天然皮革と比べるとお手ごろになります。

天然皮革は、やわらかくて足によく馴染むので、フィット感が大切という方におすすめです。ただ、その分型崩れしやすいです。水にも弱いので、人工皮革よりもしっかりとお手入れをする必要があります。

 

メーカーで選ぶ

アディダス

アディダスはドイツのスポーツメーカーで、サッカー日本代表のオフィシャルサプライヤーにもなっています。10番の背番号をつけるのはアディダスと契約している選手だけ!なんて都市伝説もあるくらい、サッカーとの関りは深いです。

アディダスのトレーニングシューズは、ボールをコントロールしたい、ドリブルで突破したいなど目的に合った種類があるので、プレイに合わせて選ぶのがよいと思います。

ナイキ

ナイキはアメリカのスポーツメーカーで、エアジョーダンやエアマックスなど、世界的なブームを巻き起こしたスニーカーが有名です。サッカーにも力を入れていて、Jリーグでは鹿島アントラーズや浦和レッズのユニフォームサプライヤーになっています。

ナイキのトレーニングシューズは、なんといってもデザインがよいです。スニーカーにも通じるところがありますが、ハイカットのモデルがあるのが特徴です。

ミズノ

ミズノは、1906年に水野兄弟商店として大阪で創業した総合スポーツ用品メーカーです。日本の会社ですが、スパイクはブラジル人サッカー選手の間で人気があります。2019年8月に惜しまれながら引退したフェルナンド・トーレス選手も、ミズノのスパイクを愛用していました。

そんなミズノのトレーニングシューズは、日本人の足に合う幅広の商品が多いです。さすが、国内メーカーだけありますね。トレーニングシューズはフィット感が大切なので、幅広というのは選ぶ際の大きなポイントになると思います。

アシックス

アシックスは、1949年に兵庫で創業した総合スポーツ用品メーカーで、ランニングシューズのブランド力が高いです。オニヅカタイガーも有名ですね。Jリーグではヴィッセル神戸のユニフォームサプライヤーで、あのアンドレス・イニエスタ選手とアドバイザリースタッフ契約をしています。

アシックスも国内メーカーということもあり、ミズノと同様にトレーニングシューズは幅が広めになっています。日本人の足に合いやすいデザインのものが多いのが特徴です。

 

軽さで選ぶ

サッカートレーニングシューズは毎日練習で履くものなので、足に負担のかからない軽量なものがおすすめです。ただ、軽量なだけだと、耐久性があまりよくないということがあります。それでは意味がないので、軽くて耐久性の高い商品を選ぶようにしましょう。

 

サッカートレーニングシューズのお手入れ方法

サッカー

 

できれば毎回

サッカートレーニングシューズは、日々のお手入れが大切です。用具係のホペイロがいるのは、プロのサッカーチームだけ。最高のパフォーマンスをするためにも、練習後は毎回しっかりとお手入れをしましょう。

 

人工皮革

使用後、まずは中敷きを外し、靴ひもを緩めます。その後、靴裏の汚れを、濡れた布巾などで取ります。土汚れが頑固な場合は、ブラシを使ってしっかりと取りましょう。

次に、上の部分の汚れを取ります。これも濡れた布巾やブラシを使うのですが、人工皮革が傷まないように、ブラシの場合は豚毛や馬毛を使ってくださいね。

それでも汚れが落ちないというときは、シューズクリーナーをつけて、乾いた布でぬぐい取るようにすると綺麗になりますよ。

 

天然皮革

中敷きを外して靴ひもを緩め、足裏や上の部分の汚れを取るまでは、人工皮革と同じです。縫い目の部分に汚れがたまりやすいので、縫い目に沿ってしっかりと落としましょう。

次に、シューズクリームを全体に塗っていきます。このとき、白いシューズなら白いクリームと、色を合わせるようにしましょう。難しい場合は、無色のクリームを使ってくださいね。

 

お手入れ後は?

人工皮革、天然皮革のどちらの場合も、お手入れ後は陰干しをして、中まで乾燥させましょう。風通しのよい日影がベストです。このときに、シューズキーパーを使うのもおすすめです。また、ニオイが気になるときは、消臭スプレーで取り除いてから保管をしてください。

 

サッカートレーニングシューズおすすめランキングTOP6

6位 ニューバランス MSCFT 442 TEAM TF

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

足馴染みのよいトレーニングシューズ!

ニューバランスは1906年にアメリカで誕生し、アーチサポートインソールや矯正靴を開発した経験から、ランニングシューズの製造を始めました。

この商品は、アッパーと呼ばれるシューズの上の部分に、ソフトフルグレインレザーを使っています。やわらかくて耐久性が高いので、足にストレスを与えません。足馴染みがよいので、履きやすいです。カラーは、ブラックとホワイトの2色。シンプルで落ち着いたデザインなので、年齢を問わずに使用することができると思います。

 

5位 プーマ クラシコ C II TT メンズ

出典: Amazon.co.jp

プーマ クラシコ C II TT メンズ
ブランド
カテゴリ
素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

安定性に優れたトレーニングシューズ

プーマは、1920年にドイツで兄のルドルフ・ダスラーと弟のアドルフ・ダスラーが創業しました。最初は兄弟で経営していましたが、意見の対立によって分裂。のちに弟のアドルフ・ダスラーが創業したのが、今のアディダスです。

この商品は、重心の低いアウトソール(靴底・本底のこと)を使っています。安定性が抜群なので、サッカー初心者の方におすすめです。カラーはプーマブラック、プーマホワイト、ゴールドの3色。一目見てプーマと分かるデザインなのも、嬉しいですね。ただ、少し足幅が狭いといわれているので、必ずフィッティングをするようにしましょう。

 

4位 ミズノ レビュラ V3 AS

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

幅が広めのトレーニングシューズ!

通常よりも横幅がワイドな設計になっているので、足の幅が広いという方におすすめのトレーニングシューズです。横幅があっても、甲にかけての部分は足に沿うデザインを採用しているので、しっかりとフィットします。インソールもシューズ内の横ずれを防いでくれるので、フィット感のよい商品です。こちらは、CTフレームという低反発アッパーを使用しています。繊細なボールタッチができるのが特徴です。

ミズノは、川崎フロンターレの中村健剛選手も愛用しています。このシューズを履けば、中村選手のようなボールコントロールできるかも!?

 

3位 ナイキ ファントム VSN アカデミー DF TF

出典: Amazon.co.jp

ナイキ ファントム VSN アカデミー DF TF
ブランド
素材 天然皮革
使用可能場所 人工芝、土

ハイカットなトレーニングシューズ!

ハイカットな見た目が特徴的な、トレーニングシューズです。流石ナイキというデザインですね。ハイカットはおしゃれなだけではなく、機能的にも考えられています。足全体に靴下のようにフィットするので、なめらかにボールを扱うことができます。

同じシリーズで、スパイクも販売されています。そちらは、イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・シティのデブライネ選手が愛用しています。あのパスの正確性は、多少はスパイクの影響もあるかも知れませんね。

 

2位 アシックス  DS LIGHT 2 TF SL

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

幅広、甲高の方におすすめのトレーニングシューズ!

前足の部分から甲にかけてワイドな設計になっているので、日本人に多い幅広、甲高の方におすすめのトレーニングシューズです。カラーもパールホワイト、ブラック、アシックスブルー、イエローなど豊富に揃っています。

私は、サッカーの試合ではシューズの色で選手を認識することがあるので、派手めなカラーがあるのは嬉しいです。ただ、幅広でも、サイズは他のアシックスの商品に比べるとやや小さめといわれているので、フィッテイングは忘れずに!

 

1位 アディダス コパ 19.3 TF

出典: Amazon.co.jp

アディダス コパ 19.3 TF
ブランド
カテゴリ
素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

素足感覚で履けるトレーニングシューズ!

足首の部分が包み込まれるようになっていて、フィット感やホールド感に優れているので、まるで素足のような感覚で履くことのできるトレーニングシューズです。ホールド感があることにより、脱いだり履いたりするのは慣れるまで少し面倒という声もありますが、履いてしまえば『やはりよい!』と感じてもらえると思います。

一目でアディダスと分かる、ベーシックなデザインもよいですね。ちょっと派手なソーラーイエローというカラーは、足元から目立ちたいという方におすすめです。

 

【ジュニア用】サッカートレーニングシューズおすすめランキングTOP6

6位 アンブロ ACR シーティー BL JR WIDE

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

着脱しやすいトレーニングシューズ!

アンブロは、1924年にイギリスで設立されたメーカーで、Jリーグではガンバ大阪やFC東京のユニフォームサプライヤーをしています。ガンバ大阪の遠藤保仁選手は、長年アンブロのスパイクを愛用していることでも有名です。

こちらのトレーニングシューズは、2本ベルトで着脱ができるようになっています。これなら、サッカーを始めたばかりの小さなお子様でも、1人でシューズを履いたり脱いだりすることができますね。中間部分にあるミッドソールのクッション性も高く、足への衝撃も考えられている商品です。

 

5位 プーマ クラシコ C II TT JR

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

普段使いもできるトレーニングシューズ!

このトレーニングシューズは、アウトソールの重心を重くしているのが特徴です。それにより、安定性のある履き心地になっています。デザインもシンプルですね。プーマらしいので、サッカーのトレーニングだけではなく、通学など普段使いにするのもおすすめです。

また、靴紐を結ぶタイプになっているので、自分の脚に合わせてしっかりとフィットすることができます。靴紐が自分では結べない小さなお子様の場合は、同じタイプでベルト使用のものがありますよ。

 

4位 アディダス ネメシス 19.3 TF J

出典: Amazon.co.jp

アディダス ネメシス 19.3 TF J
ブランド
素材 天然皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

アジリティプレーヤーのためのトレーニングシューズ!

アジリティとは、機敏さや俊敏さ、素早さなどの意味があり、現代サッカーにおいて重要なものになっています。リオネル・メッシ選手も体は決して大きくありませんが、アジリティを磨くことで世界トップの選手になりました。このトレーニングシューズは、そんなアジリティープレーヤーに向けた商品です。

抜群のフィット感により、素早いターンや相手を置き去りにするようなドリブルなんてプレーができるかも!?同じシリーズのスパイクは、リバプールに移籍した日本代表の南野選手も履いていますよ。

 

3位 ミズノ レビュラ 2 V3 Jr AS

出典: Amazon.co.jp

ミズノ レビュラ 2 V3 Jr AS
素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

甲周りが大きめのトレーニングシューズ!

甲周りのサイズが、通常よりも6ミリアップしているトレーニングシューズです。靴の幅の目安としてE、EE(2E)という表記を見たことはありませんか?それでいうと、この商品はEEE(3E)になるので、幅が広めということになります。

足囲は、足のフィット感につながります。幅が狭くて小指が痛い!なんてことがあると、よいプレーはできません。甲周りもフラットになっているので、より足にフィットしますよ。特に、お子様の場合はフィット感が重要です。普段のシューズがきついという方は、ぜひ試してみてください。

 

2位 ナイキ ジュニア ヴェイパー 13 クラブ TF

出典: Amazon.co.jp

ナイキ ジュニア ヴェイパー 13 クラブ TF
ブランド
素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝

動きやすさを追求したトレーニングシューズ!

サッカー選手の動きを分析してできたアウトソールを使っているので、滑りやすい人工芝でも動きやすいトレーニングシューズです。爽やかなブルーのカラーも素敵ですね。また、素材は人工皮革ですが、やわらかいものなので、足を優しく包み込んでくれますよ。しっかりとフィットするので、靴の中で足がずれてしまうということもありません。

ただ、海外メーカーのシューズということもより、少し幅は狭いといわれています。お子様の足はすぐに成長してしまうので、フィッティングをしてきちんと合うものを選びましょう。

 

1位 アシックス DS LIGHT 3 Jr TF

素材 人工皮革
使用可能場所 人工芝、天然芝、土

まさにジュニアのためのトレーニングシューズ!

1位で紹介するのは、ジュニアの足を考えて作られた、アシックスのトレーニングシューズです。ジュニア専用の足型を分析していて、足回りに少しゆとりを持たせているので、フィット感も抜群です。

特に土のグランドでの練習は、足への負担が大きいです。でも、このトレーニングシューズはクッション性が優れています。ミッドソールが入っているので、足の疲れを軽減してくれますよ。これなら練習大好きなお子様でも、思いっきりサッカーが楽しめると思います。

 

サッカートレーニングシューズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、サッカートレーニングシューズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

お気に入りのサッカートレーニングシューズで快適に練習を!

サッカーいかがでしたか?どんなによいトレーニングシューズを用意しても、足に合わなければ意味がありません。繰り返しになりますが、トレーニングシューズは必ず試し履きをするようにしましょう。

足は、夕方になるほどむくんできます。朝と夜では数ミリの違いがあるので、試着をするのはなるべく午後以降にしてくださいね。また、お子様の足は、ものすごい速さで成長していきます。もったいないからといって大きなサイズにしたり、きつくなっているのを履き続けたりするのはよくありません。

サッカー上達のためにも、お子様の足に合うサイズのトレーニングシューズを選んでください。最適なトレーニングシューズを見つけて、楽しく快適にサッカーをしましょう!

記事内で紹介されている商品

ニューバランス MSCFT 442 TEAM TF

サイトを見る

プーマ クラシコ C II TT メンズ

サイトを見る

ミズノ レビュラ V3 AS

サイトを見る

ナイキ ファントム VSN アカデミー DF TF

サイトを見る

アシックス DS LIGHT 2 TF SL

サイトを見る

アディダス コパ 19.3 TF

サイトを見る

アンブロ ACR シーティー BL JR WIDE

サイトを見る

プーマ クラシコ C II TT JR

サイトを見る

アディダス ネメシス 19.3 TF J

サイトを見る

ミズノ レビュラ 2 V3 Jr AS

サイトを見る

ナイキ ジュニア ヴェイパー 13 クラブ TF

サイトを見る

アシックス DS LIGHT 3 Jr TF

サイトを見る

関連記事