スマホと簡単接続で音楽を楽しめる、おすすめBluetoothヘッドホン!

突然ですが、スマートフォンを使って音楽を聴く時にどのようなものを使用していますか?

部屋の中で一人でいるときや周りに友人がいるような環境では、そのままスマートフォンのスピーカーを使用して流す。外出先で電車やバスといった公共の乗り物を利用している時はイヤホンやヘッドホンを使う。人それぞれの音楽再生の楽しみ方があると思います。

多様なスタイルの中から今回は「Bluetoothヘッドホン」に焦点を当て、Bluetooth対応のヘッドホンの音質や機能の注目した特徴やメリット、おすすめのBluetooth対応ヘッドホンをご紹介したいと思います!

 

Bluetoothヘッドホンの特徴

そもそも耳に装着して音楽を楽しむツールには、イヤホンとヘッドホンの2つが存在します。

前者のイヤホンは携帯製を最重視した形状。軽量な本体は持ち運びに非常に優れ、いつでも持ち歩き気軽に装着できるものが多い印象です。

後者のヘッドホンは、イヤホンよりは形状が大きくなりますが、大きさゆえに音の迫力や表現力があり音質を重視するユーザーには最適なアイテムです。

厳密にいえば、最近ではイヤホン・ヘッドホンともに技術的に優れた製品が多数展開されていて、音質面ではほぼ互角な製品も多くあります。

 

ワイヤレス接続できるBluetoothヘッドホン

では、「ヘッドホン」に話を絞ります。

「ヘッドホン」とは一言でいえども、いろいろな種類がありますよね。

ここでヘッドホンをさらに分類すると、スマホなどの音楽再生機器と接続するコード付きのヘッドホン、機器と接続する有線ケーブルが存在しないワイヤレスのヘッドホンがそれぞれあります。後者のコードがないヘッドホンが、俗にいう「Bluetoothヘッドホン」です。

Bluetoothのヘッドホンには、再生する機器と接続するケーブルが存在しません。端末との接続にはBluetoothというワイヤレス接続を行います。これがBluetoothヘッドホン最大のメリットです。

有線接続の場合だと物理的に再生機器とコード接続する必要があるため、接続したコードを煩わしく感じることも多くあるかと思います。特に移動中や外出先ではこのコードの取り回しが邪魔に感じた経験を一度はお持ちではないでしょうか。

Bluetooth接続すると音楽再生端末とは無線状態で接続できるので、物理的なコードが一切存在しません。何かにひっかかるようなこともなく、そのままの状態でワイヤレスに繋がっているので見た目がスッキリ。コードを煩わしく感じるようなことは一切ありません。

 

スマホ端末と離れていても接続可能

Bluetoothは無線方式の接続方法。よって、スマートフォンとBluetooth接続されたワイヤレスヘッドホンは多少の距離が離れていても大丈夫です。

機種や接続方式によって異なりますが、平均的に10m以内の範囲であればほぼ問題なく接続できるレベルです。

外出先でカバンの中に入れたまま、ワイヤレスで聞くこともできます。あるいは家で音楽を聞く場合にも便利。特に音楽再生端末を手に持つことなく、常に接続されて再生されているような状況です。お掃除や何かしながら音楽を聞く時にはコード長のことを考える必要がないので、大変便利な使い方です。

余談ですが、賃貸物件に住んでいる場合、大音量で迫力あるサウンドを楽しみたくても、近隣住民の方への配慮から、中々大音量では楽しめないという現状があります。そんな時にBluetooth接続したヘッドホンを使えば、臨場感ある音楽をワイヤレスで存分に楽しめますよ!

 

Bluetoothヘッドホンにはデメリットもある

一見、ワイヤレス接続であるヘッドホンは、有線接続にヘッドホンに比べ、便利な点が多いようにも感じます。しかし、Bluetoothヘッドホンにもデメリットはいくつか存在するので理解しておきましょう。

まずは、充電が必要ということ。

ワイヤレス接続なので単体ではどこからも電源供給されません。したがって、使用する前の段階でBluetoothヘッドホンを充電しておく必要があります。

製品にもよりますが、概ね一晩充電すれば20時間くらい使えるものが多いので、毎日寝るときにでも充電すれば十分です。

次に、安い価格帯のものは音質が有線接続対応のヘッドホンに比べ劣化してしまうこと。最近の技術規格では音の遅延や劣化が低減された製品が多く出てきていますので、有線接続とほぼ変わりない音質で楽しめるようになりました。

しかしながら、安い価格帯の製品では高品質伝送方式に対応していない製品があり、有線接続に比べ音質劣化は避けられないです。

最後にもう1点、使用環境によって制限がでること。

電波を発することが制限される環境、一番身近なものでは飛行機の機内ではBluetooth対応しておらず、利用できないことが多いです。飛行機での移動は基本的に長時間になることが多く、映像や音楽コンテンツをヘッドホンをつけて楽しむにはもってこいな環境なので、無線接続の制限はBluetoothヘッドホンにとっては致命的です。

ただし、最近では一部の機材を使った便でBluetooth接続による機器使用制限が緩和されていることもあり、使用できる場合もあります。

また、Bluetoothヘッドホンの機種によっては有線接続に切り替えられるモノも存在するので、そのような点を購入の際の考慮に入れても良いですね。

 

Bleutoothヘッドホンの選び方

 

ヘッドホンの便利な機能

Bluetoothヘッドホンはただ単にワイヤレスでコード接続がないというだけでなく、高級モデルでは便利な機能が搭載されています。

特に筆者が強調したいのは「ノイズキャンセリング機能」。周囲の雑音やノイズといった音をヘッドホンのハウジング部分に搭載した集音マイクで広い、逆位相の音をレシーバーから発することにより、強制的に周囲環境の音を消す機能です。

ノイズキャンセリング機能が活躍する代表的な場所は、飛行機での移動時。ジェットエンジンから繰り出される轟音が機内には響き渡りますが、ノイズキャンセリング機能をONにすると、この轟音を打ち消し飛行機の機内とは思えないような静寂な環境を生み出すことができます。飛行機まで大きい騒音ではないですが、電車の中でも十分に役に立つ機能です。

周囲の環境音がほぼゼロに等しい状況になるので、音量を上げて再生する必要もなく、最適な音量で純粋に音楽を楽しめます。

また「通話機能」もぜひともつけておきたい機能です。音楽再生もスマホで行う人も多いと思いますが、スマートフォンの本来は通信機の通話機能が搭載されているとBluetoothヘッドホンを装着したまま、音声通話ができます。

このノイズキャンセリング機能と通話機能にそのヘッドホン対応しているかどうかはぜひとも注目すべき点であるといえるでしょう。

音質を左右するコーデック

そもそもBluetoothで音楽を楽しむ場合、同じ音楽でも再生する音質が重要になってきます。

音楽ファイルの送信側である再生端末と受信側で音を出すBluetoothヘッドホンと両極に分かれますが、この双方では音楽ファイルデータの圧縮や展開をして情報をやりとりするコーデックと呼ばれる規格が存在します。

比較的安価な製品だと「SBC」というコーデックが採用されていますが、音質はやや劣化するのがデメリット。

反対に高音質なコーデックとして、「AAC」「aptX」対応のBluetoothヘッドホンもあります。

日本のスマートフォン市場でユーザーの多いiPhoneは前者のAACコーデックに対応しています。すなわちBluetoothヘッドホンの中でもAAC対応しているものを利用すれば、iPhoneを利用して高音質な音楽を聞くことができます。

 

インフルエンサーが愛用しているBluetoothヘッドホン

 

to buy編集部

to buy編集部

ここで、to buyに登録しているインフルエンサーが愛用しているBluetoothヘッドホンを紹介します!

 

NINO

NINOのイチオシ!

音楽アクセサリーとしては絶対外せないのがBOSE製品。音響老舗メーカーとして、高音質・迫力のあるサウンドが特徴的な同社の製品は、店舗での天吊りスピーカーでもよくみかけます。中でもBOSE製品のワイヤレスヘッドホンはノイズキャンセリング機能において技術的に優れている製品が数多く展開されています。
BOSE製のBleutoothヘッドホンでは、ノイズキャンセリング機能を搭載対応した「QuietComfort 35(QC35)」 がオススメです。

世界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載対応したQC35は周囲環境の不快な音をかき消し、スイッチ一つで静寂の世界へいざなってくれます。この消音機能により、音楽を静寂な環境で楽しむことができます。
さらに音質が全体的に彩り豊かで、重低音ではかなり迫力のある音がでます。
装着感も違和感なく、オーバーイヤータイプのワイヤレスヘッドホンが耳を優しく包み込んでくれます。
最高に静寂な環境で純粋な音楽を楽しみたい人にオススメのBluetoothヘッドホンです。
業界最高クラスのノイズキャンセリング機能
連続使用可能時間 20 時間
ケーブルの長さ 120 cm
形状 アラウンドイヤーヘッドホン
ワイヤレス対応 Bluetooth

 

NINO

NINOのイチオシ!

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。ノイズキャンセリング機能に対応しているので、周囲環境の騒音をかき消してくれます。
また機能性が非常に高く、特に片耳側のハウジングを手の平で覆うとノイズキャンセリング機能は継続しながらも人の声をとおりやすくする「クイックアテンション」というが発動。
電車内などで急に社内アナウンスが聞きたくなるような場合に大活躍する機能です。
周囲の音を拾いながら音楽を楽しめる「アンビエントサウンドモード」も搭載。アナウンスなどに注意しながらも音楽を聞きたい場合にはこれが役に立ちます。
また、ワイヤレス環境ながらハイレゾ音源を楽しめる「LDAC」コーデックにも対応。ハイレゾ音源に対応した端末で再生すれば、これまでの音質とはひと味ちがう広がり豊かな別格の音楽を聴くことができますよ。

機能性をBluetoothヘッドホンに求める方にはオススメです。
ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質
ノイズキャンセリング機能対応
連続使用可能時間 30 時間
ケーブルの長さ 150 cm
ワイヤレス対応 Bluetooth
10分充電で70分使用可能の高速充電対応
電車の車内放送など、瞬時に外音を取り込めるクイックアテンションモード搭載

 

おすすめのBluetoothヘッドホンはまだまだある!

 

Beats Studio3 Wireless オーバーイヤーヘッドホン

出典: Amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能対応
連続使用可能時間:40 時間
型式 :密閉型
ワイヤレス種別:Bluetooth

音質や機能性だけでなくデザイン性も非常に高いBeats製品です。今ではAppleの子会社となり、Apple公式サイトでもアクセサリーとして取り扱いされています。

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドホンは、「ピュアアタプティブノイズキャンセリング機能(Pure ANC)」とリアルタイムのサウンドキャリブレーションを搭載。ユーザーそれぞれの再生環境や曲に合わせて周囲ノイズをリアルタイムでカットします。これにより、楽曲本来の良さを十分に引き立てることが可能。

さらに、Apple W1チップと対応しているので、iPhoneやiPadといったApple製デバイスとの相性は抜群。曲送り/曲戻しや音量調整といった基本操作に対応しているだけでなく、音声アシスタントであるSiriも起動可能です。

iPhoneユーザーの人やデザインにこだわりたい人におすすめの一品。

 

JVC HA-SD70BT

出典: Amazon.co.jp

連続使用可能時間 20 時間
カラー ブラック
キレのある重低音サウンドを実現する、チタンコート振動板対応
快適な装着感と高音質を両立したソフトレザーイヤーパッド対応

JVC独自の高音質化技術である「K2 TECHNOLOGY」を搭載。Bluetoothヘッドホンでありながら高音質規格のハイレゾ音源の再生に対応。K2 TECHNOLOGYは、音楽ファイルのデジタル化や圧縮化によって失われた情報をサイド波形補正処理を行い、原曲を再現できる高音質化技術です。

40mmのドライバーユニットや、チタンコート振動板を採用。これによりキレのある低音やソリッドなサウンド、鮮やかな中高域の音を表現できます。

本体はメタル感が特徴的なデザインで、アルミオーナメントとステンレスハンガーといったシンプルさを演出しています。

 

JBL Bluetoothワイヤレスオンイヤーヘッドホン T450BT

出典: Amazon.co.jp

連続使用可能時間 11 時間
平均充電可能回数 11 時間
カラー ブラック
形状 オンイヤー
ワイヤレス対応 Bluetooth
折りたたみ可能

プロ仕様の製品も多いJBLブランドの製品です。これまで紹介したオーバーイヤータイプのものとは異なり、耳の上にのせるオンイヤータイプのヘッドホンなので、見た目もコンパクトでとてもスタイリッシュ。設計が軽量であることも特徴なので、持ち運びには最適です。基本性能を重視した製品なので、価格帯としては非常に安いモノ。ネット通販では5,000円程度でも購入可能なコスパの高い製品です。

 

まとめ

Bluetoothヘッドホンは、有線接続のモノとは異なり、ワイヤレス状態でコード接続やコード長といった制限から解放されるので、場所を選ばずに簡単に音楽を楽しむことができるアイテム。

少し前までは有線タイプに比べ音質が劣化するというようなイメージが強かったとは思いますが、最近では高音質化技術などにより、有線・ワイヤレスの状態問わず同じような音質で楽しめる製品が増えています。

特に高価格帯の製品では、周囲のノイズ音を消し静寂な環境で純粋な音を楽しめるノイズキャンセリング機能を搭載するなど、機能性が高い製品もあります。

Bluetoothヘッドホンは、一度購入したら長年使用していくものになると思いますので、価格には躊躇せずに、満足いく機能性で選ぶのがベスト!

ぜひ、お気に入りの1台を見つけてください!

記事内で紹介されている商品

JBL Bluetoothワイヤレスオンイヤーヘッド…

サイトを見る

関連記事