音楽を気軽にダイナミックに楽しもう!おすすめのスマホ用スピーカー4選

音楽を再生する機器と言えば何を使いますか?

数年前までは、MP3プレイヤーやiPodといった専用の音楽再生機器を持ち歩き、そこに保存された音楽ファイルを再生するというスタイルが一般的でした。

しかし、iPhoneを初めとしてiOSやAndroidを搭載したスマートフォンが普及してから、スマートフォンから直接音楽を再生して楽しむというスタイルの方が主流ですよね。スマートフォン本体に保存された音楽ファイルや、YouTubeなどのオンライン動画を再生しながら音楽を聴くというスタイルの方が多いと思います。

いつでもどこでも便利に音楽を再生できるスマートフォンですが、スマートフォン本体に付属しているスピーカーでは、その小ささから満足のいくものではありません。

Bluetooth接続などにより、専用のスピーカーを通すことにより、より大音量でより高音質な音楽を楽しむことができます。

今回はスマホ用スピーカーのおすすめ製品を紹介します!!

 

スマホ用スピーカーを使うメリット

スマートフォンの利用用途は、音楽や動画といったエンタメコンテンツを再生するには、ベストな機器です。さらに、最近ではスマートフォン自体のスピーカー性能も大きく向上し、ステレオ再生で低温がはっきりと出るモノや、高音域の音まで再現性が高いものなど様々に進化しています。

しかし、スマートフォンに搭載されているスピーカーを使って、音楽を全力で楽しもうとするには、やはりもの足りない点もありますよね。

普段は、スマートフォンのスピーカーを使って音楽再生している人や、イヤホンやヘッドホンを使って音楽を聴いている人でも、自宅などプライベートな空間では、スマホ用スピーカーから音を楽しむことにより臨場感がぐっと増し、より開放的に音楽を楽しめます

 

スマホ用スピーカーの選び方

 

サイズ

外付けのスピーカーには大きなものから小さなものまで様々。まずは利用シーンを考えることが重要です。

外出先に持ち運ぶようなモバイル性を重視するのであれば、なるべくサイズの小さいコンパクトなものを選んだ方がよいですよね。

反対に、自宅での利用がメインで、音質にもこだわりたいという人で有れば、ある程度大きなスピーカーの方がよりキレイに音を再現できます。

 

接続方法

スピーカーとスマートフォン本体の接続方法も考慮する必要があります。

3.5mmステレオジャックから物理的にコードで有線接続を行うものや、最近ではBluetooth規格を利用し、無線通信でスマートフォンとスピーカーを接続できるものも多く増えています。

 

音質

スピーカーを語る上ではずせないのが、スピーカー自身がもつ性能である音質です。

低音域を大きく響かせるもの、高音域がクリアで透明感のある音が出るようなもの、音量出力がかなり大きく野外など音が響きにくいような場所でも、十分パワフルにパフォーマンスを発揮してくれるもの。

スマートフォン搭載のスピーカーで満足がいかない場合は、安易に安価なものを選ぶのではなく、ある程度音質性能があるスピーカーを選んだ方が良いと思います。

 

携帯性

スマートフォンを使って音楽を楽しむ場合、利用シーンを問わず音を奏でられると便利。例えば、ホームパーティで利用するときや、BBQなど外出先で利用することもあるかもしれません。

持ち出すことを想定すると、なるべくコンパクトなサイズのスピーカーを選ぶとベスト。

また、重さも軽いモノを選ぶと、普段から持ち運ぶ際にも気になりません。

 

防水性

外出先で使用すると、防水性の有無も重要になってきます。

各スピーカーの仕様には、「IP●●」という等級で、その製品自体の防水性が表記されています。

さすがに水の中につけてまで使用するということはないと思いますが、海やプールなど、水まわりで使用する場合や、屋外で使用している場合の天候による影響を考慮する場合は、ある程度防水性のあるスピーカーを選ぶと良いでしょう。

 

電池性能

スマホ用スピーカーは基本的にスピーカー自体を充電することによって稼働させます。

パワフルな音量が出るモノはその分出力も大きいので電力を消費します。

BGMとしてずっとスピーカーを使用するという人は、電池性能が弱いと都度充電が必要になるので少し不便かもしれません。

最低でも5時間程度稼働するモデルを選ぶようにしましょう。

また、機種によってはUSB充電を挿したまま利用できるようなモデルもあるので、据え置き型とし使えるようなモデルを探すのも良いかもしれません。

 

筆者のおすすめするスマホ用スピーカーはコレ!「Bose SoundLink Mini II」

 

NINO

NINOのイチオシ!

音響の長けた老舗メーカーとして有名なBOSE製品です。

価格帯としては2万円台のポータブルスピーカー。持ち運びできる手軽なスピーカーという面では、決して安くはない価格帯ですが、その性能は価格以上のパフォーマンスを提供してくれます。

まず、Bose SoundLink Mini IIを前にして感じるのが本体のコンパクトさです。小さな筐体であり、まさにポータブルスピーカーというような見た目をしているのですが、そのコンパクトな印象は音を奏でると一瞬で変わります。

小さな筐体から出力される音には、圧倒的な迫力と厚みのあるサウンドが再生され、音楽本来の良さを十二分に再現してくれるほど解像度の高い音質です。特に低音域が響くようなサウンドが出力され、音が響きにくような外出先であっても、満足いくほどのダイナミックな音を出力してくれます。

重さは680g。ペットボトルより少し重いくらいの重さですが、持ち運ぶには十分なポータブル性です。

バッテリー性能も長けていて、一度の満充電で10時間の再生が可能。日中ずっと使っているような使い方でも充電要らずで十分に楽しめます。

 

 

他にもまだある!おすすめのスマホ用スピーカー

 

Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker

BOSEクオリティがさらにコンパクトなポータブルスピーカーになった製品です。

持ち運びにも便利なシリコン製ストラップがついていて、自転車やバックパックなど、どこにでも簡単に取り付けることができます。

超小型スピーカーながら十分な音量と迫力の音を奏でることができるので、スマホ用のスピーカーとして大活躍してくれます。

そして、もう1つの特徴が防水性能と耐久性です。

IPX7規格の防水性能でプールや海に落としてしまっても、性能には問題なく利用できます。

本体自体もシリコン素材が使われているので、日常的な衝撃や傷が生じても十分に本体を保護することができます。

場所を選ばず、特にスポーツシーンやアウトドアシーンで使うなら絶対的におすすめなスピーカーです。

 

 

Beats Pill+ ポータブルスピーカー

音質やデザインに富んだBeats by Dr.Dreの製品です。

洗練されたデザインが何ともオシャレなポータブルスピーカー。シンプルでスッキリとした見た目は、使い勝手もよく、使用する場所を選びません。

もちろん、音質もお墨付きで、パワフルで解像度の高い音を奏でることが可能なスピーカーです。プロ仕様のレコーディングスタジオで使われる音響システムを採用したウーハーとツイーターで、高音域から低音域まで魅力的な音を再生できます。

バッテリー性能は12時間稼働させることができ、1日の大半を使って音楽を聴いていても、持つほどのスタミナがあります。充電はiPhoneでお馴染みのLightningケーブルを使用します。もちろんiPhoneを持っていない場合でもLightningケーブルは本体に付属するので心配無用。

また、本体にはスマホへの給電機能も搭載しているので、簡単なモバイルバッテリーとしても利用する用途があります。

Appleの公式アクセサリーとしても取扱いされているので、注目のアイテムです。

 

 

Anker プレミアムステレオスピーカー

モバイルバッテリーブランドとしてAmazonでも人気となっているAnker製品です。

とにかくコストパフォーマンスに優れたスピーカー。スマホ用のポータブルスピーカーとしては5,000円前後で購入できるアイテムです。

10Wのデュアルドライバーを採用し、20Wの高出力を誇ります。小さな本体ながら、伸びのあるベース音やクリアな高音など、迫力のあるサウンドや上質な音を奏でることが可能です。

連続再生時間は8時間あるので、一度充電すれば日中の利用であれば十分に活躍してくれるはず。

スマホ用スピーカーをはじめて購入するという人にもおすすめできるポータブルスピーカーです。

 

 

まとめ

いつでもどこでも本体に保存された音楽や、オンライン上の動画コンテンツを再生して楽しめるのがスマホの利点。

スマホ用のポータブルスピーカーを利用することにより、再生している音楽を120%魅力あるものに変えてくれるので、スマホでの音楽再生がもっと楽しくなります!

気軽に持ち運べて、音質もキレイなあなたのスマホ用ポータブルスピーカーのお気に入りをぜひとも探してみてください!

記事内で紹介されている商品

Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker

サイトを見る

Beats by Dr.Dre ワイヤレススピーカー Pi…

サイトを見る

Anker プレミアムステレオスピーカー

サイトを見る

関連記事