気軽に持ち運べるおすすめの外付けブルーレイ/DVDポータブルドライブ4選

ここ最近発売されているPC製品は薄型化が進み、モバイル性が増してきている傾向にあります。

データ保存もオンラインストレージの普及や内蔵HDD・SSDの大容量化に伴い、データを保存する媒体なしで送受信するようなケースも増えてきていますね。

このような背景から、PCによっては薄型・軽量化がゆえ、Blu-rayドライブやDVDドライブを搭載していない商品も発売されています。特に筆者が愛用しているようなMacBookではその傾向が顕著です。

しかしながら、これまでデータ媒体として活躍しているBlu-rayやDVDを介してデータを取り扱う機会もまだまだ多いです。

今回は、ディスクドライブ非搭載のPCでもUSB接続するだけでBlu-rayやDVDが使用できるポータブルドライブのおすすめを紹介します!

 

薄型PCにはディスクドライブが搭載されていない!?

「PCにディスク読み込みや書き込みするようのドライブがない」

ディスクドライブを搭載していないPCは、ディスクドライブ分の厚みが必要なくなるので、PCとしては薄型化されるメリットがあります。

それが故、MacBookをはじめとして人気のラップトップでは、このディスクドライブをそもそも搭載していない商品も多く有ります。

これまで使っていた主力ディスクが使えなくなるわけですから、これからPCを購入しようかと検討している人の中には、「ディスクドライブ」を搭載していないが使い勝手は問題ないのだろうか!?」と選ぶ際にもかなり気になるポイントにはなってくると思います。

しかし、実際にはディスクを介してデータのやり取りいたり、PCでディスクのコンテンツを再生する機会もまだまだありますよね。特に映像分野に置いては、Blu-rayディスクやDVDはまだまだ主力媒体です。

そこでおすすめしたい商品が、PCにUSB接続するだけで簡単にディスクドライブとして活躍してくれる「ポータブルディスクドライブ」です。

 

ポータブルディスクドライブの選び方

一言でポータブルディスクドライブといっても性能はさまざま。ここでは、ポータブルディスクドライブを選ぶ上で抑えておきたいポイントを紹介します。

 

取扱えるメディアの種類

ポータブルディスクドライブによって、使うことができるディスクが仕様上定められています。

データ媒体としてのディスクといえば、今でも一般的に使われているのは「DVD」が主力。

レンタルビデオ店にいってもほとんどの映像作品がDVDに収録されレンタルされていますよね。ポータブルディスクドライブはまずこのDVDに対応している商品がほとんどです。

さらに「Blu-rayディスク」対応かどうかもポイントになります。

Blu-rayディスクはDVDディスクよりも記録容量が大きいので、例えば映像作品ではDVDより高画質な映像を再生し、楽しむことができます。

最近ではBlu-rayディスク対応のポータブルディスクドライブ価格も安くなってきているので、余裕がある人は、Blu-rayディスク対応のドライブを選択すると活躍の幅が広がります。

 

読み込みや書き込み

ポータブルディスクドライブによっては、ディスクの「読み込み」にしか対応していない商品があります。

データや映像作品を読み込んで再生するだけであれば、その分安価な読み込みのみ対応のドライブでも良いですが、PC上でデータの書き込みも行う場合は、「読み込み/書き込み」対応のポータブルディスクドライブを選択する必要があります。

 

読み込み/書き込みの速度

ポータブルディスクドライブに挿入したディスクの読み込みや書き込みの速度は、作業する上では重要です。

一般的に「読み込み○○倍速/書き込み●●倍速」という表記が仕様に記載されています。数字が大きくなるほど高速に読み込み/書き込みが可能となり、再生時間も短縮され効率的に作業できます。

この読み込み/書き込み速度は、USB接続方式にも左右され、「USB3.0」という高速通信規格ではより速い速度での読み込み/書き込みができます。

 

外部電源の有無

PCのUSB接続によって供給される電力でディスクドライブを可動(バスパワー駆動)させますが、中にはUSBからの電源ではもの足りず、外部コンセントからのAC電源が必要になる商品もあります。

外部電源を必要とするディスクドライブでは、読み込みや書き込み速度が向上しますが、持ち運ぶというポータブル性を考えると不便なので注意しましょう。

 

大きさ・サイズ

せっかくのポータブルディスクドライブも、その物理的な大きさがかさばってしまっては携帯製において面倒なことも。

ノートPCと一緒にポータブルディスクドライブを持ち運ぶことを考慮すると、なるべく薄いサイズで軽い商品を選択することをオススメします。

 

耐久製

PCアクセサリーとて長期的に愛用したいですね。

常にディスクドライブがむき出しになっているので、本体の素材や形状からなる耐久製も考慮に入れ、なるべく壊れにくいような商品が最適です。

 

筆者おすすめのポータブルBlu-ray/DVDドライブ「ロジテック ブルーレイドライブ LBD-PUB6U3MSVW」

 

NINOのイチオシ!

PCアクセサリーメーカーとして高品質な製品を多く輩出しているロジテック製品です。
Blu-rayやDVDにも対応していることはもちろん、大容量データが取り扱える新企画の「BDXL」に対応しているので、100GBのデータを取り扱うことができます。

USB3.0に対応しているので、読み込み/書き込み速度も高速。最大6倍速での書き込みが可能です。
9.5mmの超薄型ドライブを採用しているので本体筐体厚みは14mmと薄型。持ち運ぶのにも全く気にならないサイズです。
電源はバスパワー駆動なので外部電源要らずのPCとのUSB接続のみ完結します。
本体は、シルバー塗装と光沢パネルが採用されたデザインなので、ぼくの愛用PCであるMacBookとも調和がとれています。

現在は、後継の新機種として「LBDW-PUD6U3MSV」が販売されています。

 

他にもまだある!おすすめのBlu-ray/DVDドライブ

 

I-O DATA ブルーレイドライブ EX-BD03K

データ媒体のアクセサリー製品に強いI-O DATA製のディスクドライブです。

USB3.0に対応しているので、PC接続時に高速で読み込み書き込みが可能。書き込みでも最大6倍速で取り扱うことができます。

この商品の対応OSはWindows/Macの両方なので、OSを選ぶことなく利用できます。

電源もバスパワー駆動でPCとスッキリ接続し、薄型ドライブのポータブル性を発揮してくれます。

 

 

Pioneer クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-AD07

ブルーレイとDVDに対応してポータブルディスクドライブ。信頼のパイオニア製であることも安心感があるポイントです。

トレー引き出し式ではないクラムシェル型なので、ディスク取扱い時もコンパクトに出し入れ可能です。

本体は230gの軽量設計なので持ち運びにも便利。また、ネットでは作動音も静かという声が上がっています。

対応OSはWindows/Mac両方なので、幅広いユーザーが利用できる商品です。

 

出典: Amazon.co.jp

Pioneer クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-AD07

 

BUFFALO  ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U3

こちらもPCアクセサリーメーカーとしては有名なBUFFALO製品。

USB3.0対応のポータブルドライブなので高速でブルーレイディスクやDVDの読み込み/書き込みが可能です。もちろんWindowsにもMacにも対応。

重さはわずか220gと軽く厚さは14.4mmとコンパクト。PCと一緒に持ち運ぶには最適なサイズと軽さです。

「お知らせLED」というインジケータが搭載され、電源供給が弱いPC接続の場合には赤色ランプでお知らせ。標準USBケーブル以外にもう1本付属しているBoostケーブルを差し込めば、安定した電源供給で可動させることができます。

 

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO  ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U3

 

まとめ

薄型PCの弱点でもあるディスクドライブ非搭載製品であっても、ポータブルディスクドライブを持っていれば何も心配は要りません。

ポータブルディスクドライブの製品によっては、WindowsやMacで読み込みや書き込み編集ができるソフトやアプリも付属されているので、お得な商品もたくさんありますよ!

記事内で紹介されている商品

I-O DATA ブルーレイドライブ EX-BD03K

サイトを見る

Pioneer クラムシェル型ポータブルブルー…

サイトを見る

BUFFALO  ポータブルブルーレイドライブ B…

サイトを見る

関連記事