買いたいものを検索してください

5000円以下防水イヤホンおすすめランキング【安くても高性能!】

運動中や入浴中の使用に最適な防水イヤホン。有線タイプのイヤホンだけでなく、最近はワイヤレスタイプも増えてきました。

防水イヤホンに求めるものはコスパ・音質・防水性・付け心地など、人ぞれそれですよね。そのため、種類や機能は商品ごとに様々です。最近は、iPhoneやAndroidなどのスマホで使うことを目的に商品もあります。

今回は、防水イヤホンの中でも特に5000円以下の安価な商品に注目し、選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。安くても高音質で機能の充実している商品を多数ご紹介しますので、購入する際はぜひ参考にしてくださいね。

 

防水イヤホンの選び方

ここでは、防水イヤホンの選び方のポイントをご紹介します。

 

種類で選ぶ

防水イヤホンは、大きく有線タイプワイヤレスタイプの2種類に分けられます。2つの違いは、主に音質と使い勝手にあります。

音質の違い

まずは音質の違いについて、ご説明しましょう。

 

有線タイプ

音楽データをそのままイヤホンに伝えるため、音質の劣化がなく音質が良いと一般的に言われています。

 

 

ワイヤレスタイプ

音楽データを圧縮してイヤホンに送り、イヤホン側では音楽データを復元してから音を発します。そのため、ワイヤレスタイプでは原理上音質の劣化や遅延が必ず発生します。

 

このような仕組みについて知ると、有線のほうが良いように思えますよね。しかし、最近は技術の進化が早く、実際に使ってみると人の耳ではほとんど違いに気が付かないかもしれません。

使い勝手

次に使い勝手について、ご説明します。有線タイプはコードがありますが、ワイヤレスタイプはその名の通りコードがありません。単純に言えばコードが無くなるだけですが、実際にワイヤレスの恩恵は大きいです。コードがないだけで、とにかく楽。イヤホンをしたままで、家事をしたり、移動したり、着替えることもできます。

 

用途で選ぶ

防水イヤホンを選ぶ際に重要なのが、使用用途です。ランニングなどのスポーツをしているときに使うイヤホンと、お風呂などで使うイヤホンでは当然選び方が異なってきます。

スポーツ時は汗や急な雨などに耐える防水イヤホン

スポーツで使うのなら、汗や急な雨などに耐える防水イヤホンを選ぶことが大切です。多少の汗ならIPX2程度の防水性能、汗や雨が気になるならIPX4以上の防水性能の商品がおすすめです。

お風呂の時はIPX7以上の防水性能がおすすめ

お風呂で使いたいなら、水没しても壊れない強い耐水性のあるイヤホンを選びましょう。IPX7以上の防水性能を持つ商品を選びましょう。

 

防水性の高さをチェック

防水イヤホンに必ずついているのが、「IPX」という表記です。これは、IP(International Protection)コードと呼ばれ、2003年に国際電気標準会議で定められた、精密機器の保護性能を表しています。

防水性にはレベルがあり、IPコードはそのレベルを示します。IPコードの数字が大きいほうが、水に対する保護が強力です。

 

IPX0:特に防水面の保護がされていないことを示します。

IPX1~4:水滴や水しぶきに耐えられます。

IPX5/6:シャワーなど動きのある水にも耐えられます。

IPX7/8:水没しても大丈夫です。

 

一般に防水イヤホンと言われる商品の防水性能は、IPX2以上です。多少の汗や水滴による故障を防ぎたいのなら、IPX2以上の防水性能があれば大きな問題ないでしょう。頻繁に濡れる場合は、よりIPコードの数値が高い防水性能の商品を選んでおくと安心です。水没による故障防止や汚れた時に水洗いしたいのなら、強い防水性能を持つIPX7以上の商品を選びましょう。

 

バッテリーの持ちをチェック

ワイヤレスタイプのイヤホンは、充電する必要があります。長時間使うためには、バッテリーの持ちが重要です。ほとんどのワイヤレスイヤホンには、連続再生時間が表記されているので、購入する際には確認してみてください。

商品によっても差がありますが、一般的に小型のイヤホンのほうが、バッテリー容量が小さいことが多いです。

ワイヤレスイヤホンには、充電機能の付いたバッテリー内蔵ケースが付属しています。イヤホンを使用しないときはケースに収納しながら充電ができ、急速充電できるものもあります。バッテリーの持ちを確認する際は、本体だけでなくケースの仕様もチェックしてみてください。

 

その他の機能もチェック

対応コーデックをチェック

ワイヤレスイヤホンで音質を重視するなら、対応コーデックをチェックしましょう。コーデックとは、スマホなど音楽再生機器からイヤホンに音を無線で送る際に使うデータ圧縮規格のことです。規格ごとに、圧縮方法や圧縮率が異なり、イヤホンで再生される音質に違いが生まれます。代表的なコーデックとして、SBC・AAC・aptX・aptX HD・aptX LL・LDACがあります。

 

SBCは標準コーデックで、どのワイヤレスイヤホンでも対応しています。

AACはiPhoneなどのiOSデバイス向け、aptXはAndroid機器向けです。

 

それぞれのコーデックでサンプリングレートや遅延が異なるため、実際に聴いてみると微妙な音質の違いに気が付くかもしれません。音質が気になる方は、ぜひ試聴して比較してみてください。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能があれば、周囲がうるさくても周囲の音を気にせずに音楽鑑賞や通話をすることができます。

マイク機能

マイク機能があれば、電話やオンライン会議などでハンズフリー通話することができます。

リモコン

リモコンがついているかどうかも、重要です。リモコンがあれば、スマホなどの音楽再生機器を取り出すことなく、音楽の再生や選択が可能です。マイク機能があれば、かかってきた電話に出たり、電話を切ったり、リダイヤルすることもできますよ。

 

【ワイヤレスタイプ】5000円以下防水イヤホンおすすめランキングTOP5

ここでは、ワイヤレスタイプの防水イヤホンのおすすめ商品をご紹介します。

 

第5位 JVC HA-F15BT

種類 ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大約6.5時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX2)

圧迫感が少なく、長時間使いやすい

ファッションのアクセントにもなる、レトロカラーを配色したツートーンデザインのワイヤレスイヤホンです。ファッションと合わせやすいデザインで、ベーシックな服装からスポーツファッションまで、いろんな服とのコーディネートが楽しめます。

デザインだけでなく、フィット感が良く耳への圧迫感がない使い心地で、長時間使いやすいことも魅力。周囲の音を聴きやすい開放型なので、スポーツや通勤通学の時にも安全に使えます。ケーブルの被覆部分に微細な溝を入れたグルーヴケーブルを採用しているので、ケーブルの摩擦が起きにくく絡みにくいこともメリットです。

 

第4位 SONY WI-SP500

種類 ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大約8時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX4)、マルチペアリング対応、自動電源ON機能、自動電源OFF機能

ソニーのスポーツ向けワイヤレスイヤホン

ビハインドネックスタイルのスポーツ向けワイヤレスイヤホンです。開放型で耳の穴を完全にはふさがないため、開放感があり環境音も聞きやすいです。安全のため周囲に気を配る必要があるランニングや、周囲の人とコミュニケーションを取りながら運動するときに便利です。

IPX4の防滴性能を誇り、汗や雨からイヤホンを守ってくれます。スポーツ時に使用することを想定されて作られており、耳に合わせた形状で装着性が高いことも魅力。激しい運動をして、外れにくいです。

 

第3位 AIR by MPOW X6.2J

種類 ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大5時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX4)、マルチペアリング対応、自動電源ON機能、自動電源OFF機能

日本人向けチューニングで、クリアで透明感のある音質

経験豊富なサウンドエンジニアにより日本人向けチューニングされたカナル型のイヤホンです。目を引くボディーカラーは、藍・深葉、茜の合計3色。3色ともに、日本の伝統色にインスパイアされた「Japan プレミアムカラー」です。まさに、日本人のための高品質ワイヤレスイヤホンですね。

ワイヤレスイヤホンで一番多いトラブルである落下や紛失を防ぐため、本体の軽量化と耳へのフィット感の向上が図られています。イヤホン片耳分1個は、なんと約4.5gです。

 

第2位 オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS330XBT

種類 ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大約20時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX2)、マルチペアリング対応

最大約20時間連続再生可能なロングバッテリー

約2時間のフル充電で最大約20時間の連続再生が可能なネックバンド型のイヤホンです。約10分の充電で約2時間再生できるので、聴こうと思ったときにすぐに聴くことができます。ついつい充電を忘れがちな方にピッタリです。

スマホやタブレットでゲームや動画をするときに気になる音の遅延も、こちらのイヤホンなら問題なし。音と映像のずれを抑える低遅延モードが搭載されています。

複数のBluetooth機器とのペアリングを記憶できるマルチペアリングにも対応しています。ペアリング済のデバイスを切り替えようとすると、 なかなかうまくいかないものですよね。このイヤホンなら、そんな心配をする必要はありません。

 

第1位 ANKER Soundcore Life P2 A3919011

No.1

出典: Amazon.co.jp

種類 ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大7時間(付属の充電ケースと合わせて使うと、最大40時間)
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、ノイズキャンセリング、防水防滴(IPX7)、自動電源ON機能、自動電源OFF機能

洗練されたサウンドで、高音質な音楽を楽しめる

サウンドにこだわったカナル型のワイヤレスイヤホンです。Soundcore独自のBassUpテクノロジーが低周波音域をリアルタイムで分析し、低音を最大43%増幅させます。Qualcomm aptX audio対応で、遅延が少なく高音質な音楽を楽しめます。

通話中のノイズ除去機能として、cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載しています。マイクが周囲のノイズを除去してくれるので、クリアな音声を相手に届けることができますよ。

イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、付属の充電ケースを併せて使うと最大40時間の連続再生が可能です。充電が早いことも魅力。10分間の充電で、約1時間の音楽再生が可能です。

 

【ワイヤレスタイプ】5000円以下防水イヤホンの比較表もチェック!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 ANKER Soundcore Life P2 A3919011 オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS330XBT AIR by MPOW X6.2J SONY WI-SP500 JVC HA-F15BT
種類 ワイヤレスタイプ ワイヤレスタイプ ワイヤレスタイプ ワイヤレスタイプ ワイヤレスタイプ
連続再生時間 最大7時間(付属の充電ケースと合わせて使うと、最大40時間) 最大約20時間 最大5時間 最大約8時間 最大約6.5時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、ノイズキャンセリング、防水防滴(IPX7)、自動電源ON機能、自動電源OFF機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX2)、マルチペアリング対応 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX4)、マルチペアリング対応、自動電源ON機能、自動電源OFF機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX4)、マルチペアリング対応、自動電源ON機能、自動電源OFF機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX2)
リンク AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【有線タイプ】5000円以下防水イヤホンおすすめランキングTOP5

ここでは、有線タイプの5000円以下防水イヤホンのおすすめ商品をご紹介します。

 

第5位 JVC HA-EB75

種類 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 防水防滴(lPX2)

耳に合わせて調整できるスライドイヤーフック

JVCのスポーツ用イヤホンです。耳の大きさによってフックの位置を調整できるスライドイヤーフックを採用し、フィット感が良く外れにくいことが特徴です。

音響機器で有名なJVCの商品だけあり、音質にもこだわった商品です。耳の奥に効率よく音を伝える構造のバスブーストイヤーピースを採用しており、パワフルな高音質サウンドを楽しむことができます。

運動中に揺れて気になるコードには、コードのこすれ音を抑える専用クリップが付いており、ランニングなどをしてもコードがふらつかず、こすれにくいです。

 

第4位 パイオニア SE-E5T

種類 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 防水防滴(IPX4)

特許技術で耳から外れにくい!

特許技術の「3D Active Fit」構造を採用し、とにかく耳から外れにくいイヤホンです。使う人の耳の形状や耳穴の角度に合わせてインナー部の角度が変わるため、激しい動きでも外れにくく安定した装着感。さらに、耳のサイズに合わせた3サイズのイヤホンチップから好みのものを選べば、最適なフィット感で耳への負担も軽減されるはずです。

イヤーフック部分が取り外しでき、セキュアイヤーフィンに変更することも可能な2WAYスタイルのイヤホンです。運動時は外れにくいイヤーフック、普段はセキュアイヤーフィンをといった感じで、使うシーンに応じて装着感を選ぶことができます。

 

第3位 SONY MDR-XB510AS

種類 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX5/7相当)

水洗いも可能な防水スポーツイヤホン

防水イヤホンを買う理由に、「汗や汚れをさっと水で洗いたいから。」と答える方も少なくないと思います。防水防滴イヤホンは数多く販売されていますが、水洗いできる安価な商品はそんなに多くありません。こちらは、水洗いでき3000円程度で買えるイヤホンです。IPX5/7相当の防水仕様で、水で洗っても壊れることなく使うことができます。

スポーツ用イヤホンとして購入される方が多い商品です。防水性だけでなく音質にもこだわった商品です。EXTRA BASS(TM)soundで、迫力の重低音を楽しむことができます。

買いやすい価格と防水性で、スポーツ用としてだけでなく日常生活用としても人気のある商品です。

 

第2位 SONY MDR-AS210

種類 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 防水防滴

ループハンガーを採用したオープンエア型イヤホン

運動中にイヤホンをする方が気にするのが、外れにくさですよね。耳に入れて使うイヤホンより、イヤーフックで耳にかけて使うタイプを好む人も多いです。そんな方にチェックしてもらいたいのが、こちらのループハンガーを採用したソニーのイヤホンです。

フィット感と外れにくさにこだわった商品で、独自形状のループハンガーだけでなく、耳への負担を軽減するエラストマー樹脂が採用されています。

コードには、細かい溝があり絡みにくいセレーションケーブルが採用され、付属のクリップで運動中はウェアに止めておけば、邪魔に感じることなく運動を楽しめます。

 

第1位 JBL ENDURANCE RUN

種類 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX5)

IPX5対応の格安イヤホン

1500円くらいで買えるイヤホンです。インイヤー式と耳掛け式の2WAYタイプです。音場豊かな8.2mmダイナミックドライバーを搭載し、JBLのパワフルサウンドを楽しめます。値段の割に高機能な商品です。

商品名からもわかるように、スポーツ中の使用を想定して作られた商品です。イヤチップには、独自の構造「ツイストロックテクノロジー」が採用され、快適なフィット感で長時間使うことができます。ランニングなどでも、快適に使えますよ。

イヤホン部にはマグネットが内蔵されており、左右のイヤホンを止めることができます。移動中にわざわざイヤホンをバックにしまわなくても、マグネットで固定されているので、そのまま首に掛けたまま移動することができます。

 

【有線タイプ】5000円以下防水イヤホンの比較表もチェック!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 JBL ENDURANCE RUN SONY MDR-AS210 SONY MDR-XB510AS パイオニア SE-E5T JVC HA-EB75
種類 有線タイプ 有線タイプ 有線タイプ 有線タイプ 有線タイプ
連続再生時間
イヤーフック
その他機能 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX5) 防水防滴 マイク搭載、リモコン、防水防滴(IPX5/7相当) 防水防滴(IPX4) 防水防滴(lPX2)
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

安くても満足度の高い防水リモコンを!

さまざまな商品が発売されている防水イヤホン。防水性能があるので、汗や雨に濡れても心配なし。音楽好きな人の中には、肌身離さず毎日持ち歩いている人も少なくないのではないでしょうか。

最近では、値段が安くても高品質な防水イヤホンが増えてきました。5000円以下と侮ることなかれ、有線・ワイヤレス問わず、高音質と安さを両立したコスパの高いイヤホンがたくさんありますよ。

ぜひ、この記事を参考にお気に入りの1台を見つけてみてくださいね。値段・機能・デザインのバランスを考慮すれば、満足度の高い防水イヤホンが選べるはずです。

 

記事内で紹介されている商品

関連記事