安心の音質!ソニー製BluetoothイヤホンおすすめランキングTOP5選

ソニーWF-1000X

スマートフォンが普及するにつれて、イヤホンへの需要が高まっています。中でも、ワイヤレスで利用できるBluetoothイヤホンは人気です。オーディオメーカーとして実績のあるソニー製Bluetoothイヤホンを紹介します。

 

音楽を楽しむ上で欠かせないイヤホン

音楽を日常的に楽しんでいる方は多くいます。古くは、ラジオ、レコードなどで楽しむ形でしたが、ウォークマンの登場でカセットテープに録音した音楽を移動中に楽しめるようになりました。その後、iPodなどのデジタル音楽再生機となり、今は、スマートフォンにて保存してある音楽や、ネットストリーミングによる音楽を楽しむ形に変化してきています。

このような音楽を楽しむ形は変化してきていますが、いつの時代にも、欠かせないのがイヤホンです。スマートフォンで再生する音楽を聴く場合、移動中に聴く機会が多いため、スピーカーで再生ではなく、イヤホンの再生となります。

イヤホンは、性能や大きさなど、種類は様々です。音質を重視したい方は、昔ながらの密閉型のヘッドフォンを利用する方もいるでしょう。しかし、移動中に便利なのは、小さなイヤホンのスタイルです。

移動中に利用するイヤホンは、何と言ってもワイヤレスで利用できるBluetoothイヤホンが便利です。ケーブルの絡みを気にすることなく、すぐに利用することができます。また、眼鏡やマスクなどを利用している際にも、ワイヤレスの方がケーブルを気にすることなく利用ができます。

 

ソニー製Bluetoothイヤホンの魅力

ソニー製のイヤホンは、オーディオメーカーであるソニーの技術が集約されている製品の一つです。オーディオメーカーは、メーカー毎に音響技術を豊富に持っており、いわゆる「ソニーらしい」サウンドを作り上げています。

筆者自身もオーディオコンポ―ネットを組む場合に、各社の音響製品を使いますが、コアとなるアンプ部分は、ソニー製品を選択することが多くなっています。これはユーザーの嗜好性による部分が多いのですが、ソニーはクラシックからロックまで幅広く音像を描写する力に優れていると感じるからです。他メーカーのような尖った特徴はない分、オールマイティに聴きやすい音作りに優れています。

ソニー製のイヤホンの音響に関しても「ソニーらしい」音作りが反映されている商品で、音楽をニュートラルに楽しむことができます。そして、価格の高いハイエンド製品になればなるほど、音響の再現性は高くなり、フルの性能を引き出すには、イヤホンだけでなく再生機もハイエンド機種が必要となってきます。スマートフォンなどで、ライトに音楽を楽しむ分には、ハイエンド機種では機能を発揮できないので、ミドルレンジ程度のイヤホンで十分でしょう。

そして、ワイヤレスによるBluetoothイヤホンに関しては、ワイヤレスによる音響の劣化を感じさせない技術により、音楽ファンも十分に楽しめる製品になっています。また、昨今は、左右が独立している完全イヤホンがトレンドですが、ソニーでも多くの機種をリリースしています。

 

ソニー製Bluetoothイヤホンの機能

ソニー製Bluetoothイヤホンにおける機能の特徴を紹介します。機種毎に特徴のある性能を搭載しています。

 

ノイズキャンセリング

Bluetoothイヤホンでノイズキャンセル機能を搭載している機種は少ないですが、ソニーでは、多くの機種にノイズキャンセリング機能を搭載しています。その中でも、「WF-1000X」は、左右独立型ワイヤレスヘッドホン市場最高クラスのノイズキャンセリング性能で高音質になっています。

スマートフォンアプリによるノイズキャンセル機能利用の例

 

アンビエントサウンド(外音取り込み)モード

ソニー製Bluetoothイヤホンの中には、「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載している機種があります。周囲の音を取り込むことで、音楽を楽しみながら周囲の音も聞く事が可能となります。便利な機能として、「ボイスモード」があり、人の声以外をノイズキャンセルするため、駅や空港などのにぎやかな場所でも、アナウンスに気付くことができます。

 

音質モード

ソニー製Bluetoothイヤホンの中には、「音質モード」の切り替えが可能な機種があります。「音質優先モード」と「接続優先モード」を切り替えることで、用途に合わせて利用ができます。

 

ハイレゾ対応

ソニー製Bluetoothイヤホンの中には、ハイレゾ相当の機種があります。LDAC990kbpsにてハイレゾ音源を転送します。

 

ソニー製Bluetoothイヤホンの種類

インイヤー型

カナル式で、耳の穴に固定するスタイルです。首にかけるタイプとレシーバータイプがあります。

 

オーバーヘッド型

ヘッドフォン型で密閉性に優れているタイプです。

 

完全独立型

左右のイヤホンのケーブルがない形で、左右もワイヤレスになっています。

完全独立型の例(ソニーWF-1000X)

 

用途別ソニー製Bluetoothイヤホンの使い道

ソニー製Bluetoothイヤホンは、各用途に合わせて機種の選択が可能になっています。

 

スポーツ向け

防塵防滴機能を持ち、軽量に作られており、ランニングなどで利用がしやすいスタイルになっています。

 

通勤向け

満員電車でもケーブルの絡みがないように、「完全独立型」がお勧めになっています。

 

音楽リスニング向け

音楽への没入感が高い「ノイズキャンセル機能」を搭載した機種がおすすめです。

 

ソニー製Bluetoothイヤホンを選ぶポイント

 

ハイレゾ対応かどうか

音楽の音質に関しては、再生機(主にスマートフォン)で高音質に再生する機能が充実していますので、日常で使う分には、ハイレゾ対応にこだわる必要はないかと思います。また、ハイレゾ音源を準備する手間もかかってしまいます。

 

イヤホンの利用時間・充電時間

Bluetoothイヤホンで気になるのが、バッテリーの持ちとなります。最低でも、2~3時間の利用ができた方が便利です。また、充電時間も1時間程度で充電できると便利でしょう。

 

イヤホンの充電方法

汎用なUSBケーブルで充電できると便利でしょう。完全独立型の場合は、ケースに充電をしておき、ケースにイヤホンを入れると充電できるスタイルが使いやすくなります。

ソニーWF-1000Xの充電ケース

 

機能面のチェック

外出先で利用する機会の多いユーザーは、電車車内やカフェなどで音楽に集中できる「ノイズキャンセル機能」を搭載した機種がおすすめです。

 

ソニー製Bluetoothイヤホンおすすめ5選

ソニー製Bluetoothイヤホンの中でお勧めの機種です。

 

WF-1000X

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N

完全独立型でノイズキャンセル機能を搭載しています。学生や会社員が、通勤やカフェの作業で利用するには、お勧めとなります。完全独立型のため、満員電車などで、ケーブルが絡む危険がありません。春先の花粉症対策や冬場の風邪対策でマスクを多用する方にも、完全独立型はお勧めです。

 

WF-SP700N

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

完全独立型のスポーツモデル。汗や水しぶき、雨などからヘッドホンを守る防滴性能を持ちます。迫力の重低音「EXTRA BASS sound」機能を搭載しています。

 

WI-SP500

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-SP500 PQ : Bluetooth対応 NFC接続対応 防滴仕様 2018年モデル ピンク

環境音も聞きやすい開放型イヤホンです。汗や水しぶき、雨などからヘッドホンを守る防滴性能を持っており、高い装着性で運動中も快適に利用ができます。最大8時間の長時間の利用が可能です。

 

SBH90C

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH90CJP : ステレオ/Bluetooth/USB-typeC接続/ハイレゾ対応(USB接続時) カナル型 2018年モデル ブラック SBH90CJP B

Bluetooth接続だけでなく、USB Type-C接続による高音質な音楽再生が可能な機種です。USBオーディオ デジタル出力によるハイレゾ・オーディオ再生が可能で、192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応した、高音質D/Aコンバーターを内蔵しています。また、スマートフォンで充電しながら、音楽を再生できます。

 

WH-CH500

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH500 : Bluetooth対応 最大20時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブルー WH-CH500 LC

イヤホンではなく、ヘッドフォンスタイルの機種。折りたためるので可搬性が高くなっています。最大20時間の長時間ワイヤレスリスニングとなります。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのBluetoothイヤホンをご紹介!

Sudio VASA Bla Bluetoothイヤホン カナル型 ブラック

れぽすけのイチオシ!

Bluetoothで繋がるタイプのワイヤレスイヤホンです?
今までiPhoneの付属のイヤホンしか使ったことがなかったのですがワイヤレスイヤホンの便利さに気付かされた商品です?
自分はブラックとゴールドの配色の物を使っていますが首に垂らしているだけでもかっこいいです!!

 

Sudio Bluetooth イヤフォン VASA Bla aptX Black SD-0015X

提供品

e r iのイチオシ!

ワイヤレスなので家事をしながらでも使え便利です♩
1度充電すればいい9時間も使えるので
頻繁に充電する手間も少ないのも嬉しいです!

操作も1度覚えたら簡単で
機械オンチな私でも使えます◎ちなみに、私はiPhoneで聴いてますよ♩

 

Sudio TRE Bluetoothワイヤレスイヤホン ピンク SD-0034

提供品

ロコンのイチオシ!

Sudio最新作のTREはスポーツ用のBluetoothイヤホン。
で運動してもイヤホンが落ちない仕様☝️
これまで使ってたイヤホンは、
ちょっと走ったりするとポロっと落ちて
かなりストレス?
こちらは耳の内側に引っ掛けるタイプで、凄いフィット感に衝撃を受けます❣️
音質も格段に良くて毎日快適?

 

Sudio VASA Bla Bluetoothイヤホン

提供品

ayakoのイチオシ!

スウェーデン??のブランド
北欧デザインだから可憐だし、
高音質!
ワイヤレスだからコードが絡まらないのが嬉しい!
Bluetooth対応

 

Bluetoothイヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ソニー製Bluetoothイヤホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分に合ったBluetoothイヤホンを見つけて通勤通学の音楽鑑賞を快適に!

ソニー製Bluetoothイヤホンは、機種毎に様々な機能が搭載されており、用途に合わせて選択が可能です。

自分にあったBluetoothイヤホンに出会えれば、毎日の音楽鑑賞が特別なものになるでしょう!

記事内で紹介されている商品

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャン…

サイトを見る

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャン…

サイトを見る

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-SP500…

サイトを見る

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH90CJP…

サイトを見る

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH5…

サイトを見る

関連記事