買いたいものを検索してください

写真も動画も音楽も!今買いたいSDカードおすすめ7選

SDカードはデジタルカメラ、ビデオカメラ、携帯電話などの携帯機器やテレビなどの家電機器まで幅広く利用されているメモリーカードです。

ただ一言にSDカードと言っても、メーカーも沢山ある上に、種類や容量、最低処理速度、スピードクラスなども多岐に渡っているので、いざ買おうとした時にどれを買えばいいのか悩む方も多いではないかと思います。

そこで初心者向けにSDカードとは何か?というところから、オススメのSDカードまでご紹介していきたいと思います。

 

そもそもSDカードって?

SDカード
出典: NINO

SDカードは正式には「SDメモリーカード」と呼ばれるもので、東芝、松下電器産業、SanDiskによって共同開発されたカード型の記憶装置の規格で、画像や動画、音楽データなどの保存媒体として欠かせない存在です。

小型でデータの書き換えが可能なメモリーカードの規格の一種で、著作権保護規格であるCPRM機能が搭載されており、音楽配信システムなどで要求されるセキュリティレベルであるSDMI規格にもに準拠しています。

SDメモリーカードを小型化した規格としてminiSD、さらに小型化した規格としてmicroSDがあり、どちらもアダプタを利用することで、SDメモリーカードのスロットで利用することができます。

SDメモリーカードの容量の上限は2GBなのですが、その後2006年1月の発表されたSDメモリーカードの上位規格であるSDHCカードは最大32GBまでの大容量まで可能となり、さらに2009年8月にSDXCカードという64GB仕様の新規格のカードが登場し、最大2TBまで利用することが可能です。

つまり簡単に言うと記憶容量の大きさによりSDカード、SDHCカード、SDXCカードがあり、カードのサイズによりSDカード、miniSDカード、microSDカードという3つの規格がありますが、ほとんどの方は上記すべてを略してSDカードと呼んでいると思います。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラでは、撮影した静止画や動画の保存に利用することができます。

また携帯電話やAndroidスマートフォンでは、SDカードを利用することでデータ容量を拡張することができる為、本体ストレージ容量が少ない場合もSDカードを使うことで写真や動画、音楽データはもちろん、アプリを沢山入れることも可能になります。

ご存知の方も多いかとは思いますが、SDカードとはそもそもどんなもので、SDカードをどんな時に用いるか等、使い時やその機種(ビデオカメラ・携帯など)についても解説いただければと思います。

 

SDカードの果たす役割

スマホ IPhone
出典: 伊藤 浩一

スマートフォンでSDカードを利用されていない方は是非今すぐにでも使うことをオススメしたいです。

SDカードを利用することでデータ容量を拡張できるということは先ほど説明しました。

 

本体ストレージを気にしなくていい

SDカードを使っていない場合、本体ストレージ容量がいっぱいになってしまうと、古い画像や動画を消さないと新しく撮影することができなくなってしまいますが、データ容量の大きいSDカードを利用すれば本体ストレージ容量を気にすることなく沢山写真や動画を保存しておくことができます。

私自身本体ストレージ容量がもともとあまり多くはない格安スマホを利用している為、SDカードを利用していなかった時はすぐに容量不足になってしまったのですが、SDカードを利用することで容量不足を気にする必要がなくなり、今までは新しいアプリを入れるのにあまり使わないアプリを削除したりしていたのですが、SDカードのお陰で沢山アプリをダウンロードしても大丈夫になりとても助かっています。

 

スマホの動きが速くなる

また基本データをSDカードに保存するようにして端末の内部容量を軽くしたら、スマホの挙動も速くなり、とてもサクサクで快適になりました。

SDカードにデータを保存しておけばパソコンなどの他の媒体でデータを読み取ることもできるのでとても便利ですし、万が一スマートフォンが故障してしまった時もSDカードにデータがあれば慌てる必要がないので本当に便利なアイテムだと思います。

 

SDカードのサイズの違い・特徴

さまざまなサイズのSDカード

SDカードは大きく分けて3種類のサイズが存在します。利用する媒体の差込口を確認し、適したサイズのSDカードを使いましょう。

 

SDカード

まず1番大きいSDカードは、サイズが24×32×2.1mm。1番最初に開発されたSDメモリーカードゆえ、名前は総称と同じSDカードと言います。パソコンやデジカメに使われることが多いです。1999年に開発・発表されました。

以降のサイズも含めてSDカードはサイドに小さなつまみがあり、データのロックが可能です。つまみを戻せばロックが解除となるので防犯には向きませんが、大事なデータを間違って上書きしてしまわないよう、ロックをかけておくといった使い方ができます。

 

miniSDカード

中間サイズのminiSDカードは、ミニの名のとおり20×21.5×1.4mmとSDカードに比べて小さく、パソコンやゲーム機などに使われやすいです。

もともとは携帯(ガラケー)向けのカードサイズでしたが、スマホが主流になった現在ではSDカードや次のmicroSDカードに比べて販売は少なくなりました。メーカーによってはSDとmicroの2パターンのみというケースもあります。

SDカードはmini以下のサイズのカードスロットに差し込むことはできませんが、miniSDカードはアダプタを使うことでSDカードとして使うことも可能。気に入った容量やメーカーでSDカードがない場合は、miniSDカードをチェックしてアダプタを活用するのもありです。

 

microSDカード

現状最も小さいのが、15×11×1mmのmicroSDカード。スマホなど、省スペースを求められる小型の媒体で採用されています。ドライブレコーダーや防犯カメラも、microSDカードに録画していることが多いですね。媒体はどんど小型化・軽量化していることもあり、SDカードの中でもmicroが最も扱われやすくなっています。

mini同様、アダプタを使えば、より大きいサイズのSDカードの代用に使えます。

 

SDカードの容量の違い・特徴

SDHCカード

SDカードはカードごとに容量も違います。数値が変わるとともに、ロゴも変化している点に注目です。媒体によってはこのロゴによって対象外になるSDカードもあるので注意しましょう。

 

2GB以下対応のSD

容量においてSDカードと言った場合は、2GB未満の商品を指します。画像や文書ファイルなど、保管するデータ自体もファイルが小さい方におすすめです。ちなみに2GBであれば、画像だけでも200枚以上は保管することができます(画質にもよる)。

 

SDHCは32GBまで

SDカードより1つ上の規格がSDHCです。SDHCカードは2GBから最大32GBまで存在。カード表面のロゴもHCが追加されています。32GBとなれば、動画の撮影にもおすすめ。フルHD画質の動画でも、32GBあれば1時間分は保存することができます。

ただ4K動画など、より高品質の動画を保存しようと思ったら、次のSDXCの方がよいでしょう。

 

TB単位での利用が可能なSDXC

もう1つ上のSDXCカードは、一気に対象範囲が大きくなり、32GBから最大2TBまで保存できる商品が登場しています。64GBほどで、4K動画1時間分が撮影できますから、2TBもあれば30本近くは保存可能。テレビ番組録画用に、ハードディスクではなくメモリーカードで済ませることもできそうです。

 

もはやハードディスクレベルのSDUC

また発表があったばかりで、2019年11月時点における発売はまだないのですが、より上位のSDUCカードも登場予定です。SDUCカードになると最低が2TB、上限は128TBと言われています。個人どころか法人で必要そうな容量ですよね。

ゆえに1人で使うとなれば、仕事にプライベートに、全てのデータを1枚のSDカードにまとめてしまうことも不可能ではありません。

 

SDカードの選びのポイント

SDカード
出典: NINO

先ほどもご説明した通り、SDカードには大きく分けてSDカード、SDHCカード、SDXCカードの3種類がありますが、使用機器によっては使えないカードがありますので、カード挿入口などに書かれている使用できるカードの種類を必ず事前に確認するようにしてください。

その上で選ぶポイントは「容量」「転送速度」「価格」「メーカー」!

 

容量

容量は保存するものによって選ぶと良いと思います。画質や大きさなどによっても違いますが、1Gで500万画素の写真を400枚程度保存することができますので、写真を撮る分には2GBのSDカードでも十分です。フルHD動画を撮影する場合は4Gで30分程度しか撮影ができないので、32Gぐらいはあると安心かなと思います。

 

転送速度(スピードクラス)

動画の撮影やデジタルカメラでの連写機能などを使う場合、「転送速度」が重要になります。SDカードには「スピードクラス」という最低転送速度をあらわす規格が記載されているのですが、この転送速度が遅いと動画の場合は書き込みが追い付かずにコマ落ちしたり録画が中断してしまったり、デジカメの場合は連写枚数が少なくなってしまったり、次に撮影するまでに時間がかかってしまったりということが起きてしまいます。

スピードクラスは基本的に最大のClass10のものを選ぶようにしましょう。

またSDHCカード及びSDXCカードには「UHSスピードクラス」という規格があり、さらに速度を求めたい場合や4K動画撮影をする場合はUHSスピードクラス3以上が安心と言われています。

さらに最高転送速度は数値で表されています。静止画の連写や動画撮影するのに最大読み込み転送速度、最大書き込み転送速度が速いものの方が良いので、連写や動画撮影の用途であれば最大転送速度も確認すると良いですよ。

 

価格

容量が大きく、そしてスピードも速いスペックの高いSDカード、さらに国内メーカーとなるとやはりお値段も高くなりますので、お値段と相談しながら用途によって使い分けると良いと思います。

私の場合は一眼レフのデジタルカメラは連写する際に書き込みが遅くて止まってしまったり、撮った画像を確認するにも時間がかかったり、というのが嫌だったので、32Gでスピードクラスが上位のものを選び、スマホはただ容量がUPできればいいという感覚だったので、あまり高スペックは望まず価格重視で選びました。

 

メーカー

あまり無名の会社のものだと、すぐに故障したりエラーになってしまい大事なデータが消えてしまった!というようなことにもなり兼ねませんので、名の知れたメーカーのものを購入した方が安心です。

 

用途で選ぶ

どんな目的で使うかによっても、適したSDカードは変わってきます。具体的なサイズや容量を言われてもピンとこないという方は、以下を目安に選んでみてください。

 

音楽用

オーディオプレーヤーなど、音楽データの保存にSDカードを使うなら、容量は32GB以上のSDカードにしましょう。ハイレゾなど高品質の音源でも、100曲前後は収録することができます。MP3など低容量の音楽であれば数千曲もの保存が可能です。

曲の保存可能数は、平均的な4分前後を1曲と計算した場合です。1曲が長いものが多い方は、余裕を持ってより容量の大きいSDカードを選んでおくと保存しきれないリスクも回避できます。

 

写真用

静止画の撮影であれば、画質にもよりますが16GBあるSDカードでも、100枚、1000枚単位で記録することができます。同じSDカードに保存も行う場合は、上限問わず、64GBないし128GBぐらいのSDカードを持っておくと安心です。

加えて昨今はカメラだけでなくスマホで写真を撮影する方も増えてきました。しかし写真用とアプリやそのほかのデータ用でスマホのSDカードを分ける方は少ないでしょうから、スマホでの撮影をする方も、ほかのデータ分を加味して64GB以上のSDカードをおすすめします。

 

動画用

動画は、撮影用であれば64GB以上がおすすめ。高画質の動画も、64GBあれば1時間前後撮影し続けることができます。一方撮影のみならず保存用も兼ねるのであれば、容量は多いほどよく、写真用・音楽用と同じく最低128GBは欲しいです。

また写真もそうですが、撮影時のスムーズさや、パソコンなどへの転送の手間を考え、スピードクラスの高いSDカードを選ぶのも手です。スピードクラスであれば10、もしくはUHSスピードクラス1と表記のあるSDカードなら、1秒あたり10MBのペースで処理をしてくれます。

より速度の速いビデオスピードクラスや、スマホ向けのアプリケーションパフォーマンスクラスなども存在します。

 

ドライブレコーダー用

ドライブレコーダーは、1回の撮影時に特にトラブルがなければ、新しいデータは上書きしてもよいでしょう。ゆえにSDカードや容量が少ないものでも使いやすいです。ただ動画なので、最低でも32GBは欲しいところ。SDカードの最大レベルか、SDHCカードから探しましょう。

 

SDカードのおすすめメーカー

SDカード

SDカードはIT機器を扱うメーカーを中心に、様々な企業から発売されていますが、ブランド重視で選ぶなら、まず以下の3メーカーからチェックしてみてください。

 

Toshibaならコスパも安心

まずはToshiba(東芝)。ToshibaのSDカードは他社製品に比べると安価でコスト重視の方に適しています。独自の機能としては、Wi-Fi内蔵のSDカードなどがあり、デジカメでの写真データの転送に便利。SDカードをいちいちパソコンなどに付けなおす手間が省けます。デジカメ用のSDカードを探している方にもToshibaはおすすめです。

 

トラブル耐性のあるPanasonic

続いてのPanasonic(パナソニック)は、SDカード各種の中でも大容量の扱いがあり、動画など1つのデータが大きい場合や、たくさんのデータ保存が必要な時に重宝します。

またSDカードが衝撃などに耐性を持っており、物理的な要因によるデータ破損が起こりにくいのも特徴。基本的には大事に扱うでしょうが、うっかり落としてしまうなんてことが多い方にはPanasonicが向いているかもしれません。

 

最高品質ならSanDisk

最後のSanDisk(サンディスク)は海外のメーカーですが、品質ではSDカードの中でもトップクラスと言われています。初めてSDカードを使う方や、複数のSDカードで迷ったら、とりあえずSanDiskにしておけばリスクはないとされるほどです。国内産にこだわりがないなら、SanDiskのSDカードを選びましょう。

 

SDカードの使用注意点

SDカードとケース

SDカードは、通常パソコンやスマホなど使用する媒体に入れていると思いますが、本体及びデータの破損や紛失を防ぐために、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

持ち歩きはカードケースに入れて

複数のSDカードを持ち歩く場合は、専用のカードケースを用意しましょう。むき出しでカバンの中に入れてしまうと、SDカードはその小ささゆえに、あっという間に見えなくなってしまいます。服のポケットに入れて、うっかり洗濯してしまうケースも少なくありません。

カードケースに入れておけば、目立ちますし紛失の心配もなく、またケースがガードの役割を果たしてくれるのでSDカードが壊れることもありません。最低限必要な枚数分収納できるケースでコンパクトさを重視するもよし、大きいカードケースでより紛失を避けるのもよしです。

ただケースもSDカードのサイズごとに適したものがあるので、特にSDカードなのにケースがminiやmicro向けのものを買わないよう注意してください。逆の場合はアダプタごと収納すればカバーできます。

 

パソコンに入れるときは、カードリーダーが必要

パソコンにSDカードを使う際は、専用スロットがあるかをきちんと確かめましょう。昨今はパソコンも小型化や最低限の機能優先のため、SDカードスロットが設けられていない機種も多いです。

しかしSDカードスロットのないパソコンでもUSB端子は設置されているため、USBケーブルのついたカードリーダーを介せばSDカードも利用できます。カードリーダーもやはり、SDカードの大きさに応じたスロットが用意されているため、使うSDカードに適したスロットのあるカードリーダーを探しましょう。

 

to buy インフルエンサーおすすめのSDカードケースをご紹介!

PCの周辺機器メーカー大手であるエレコム製の製品です。

通常サイズのSDカードを8枚とmicroSDカードを8枚保管できる大容量なSDカードケース。

本体は耐衝撃性のあるハードタイプのしっかりとしたケースなので、万が一の落下や衝撃等によるSDカードへの影響も最小限に抑えられるので安心です。

ケースサイズはコンパクトに設計されているので、かばんに入れておくのはもちろん、ポケットに入れて持ち運べます。

ケースのふた密着部には、シリコン製のパッキンが使われているので、ケースを締めるとホコリや水気をシャットアウトし、あらゆる状況下であってもしっかりとSDカードを保護してくれます。

比較的、普段から写真を撮る枚数が多く5枚以上のSDカードを持ち歩きたいと考えているようなユーザーにはおすすめです!

 

私が選んでよかった!おすすめのSDカードはこれ!

SDカードの価格はピンキリで、安いものであれば1,000円未満~、高いものだと数万円するものまでありますので、スペック、品質、保証、価格、口コミなども確認しながら購入するようにしているのですが、私が実際に気に入って使っているSDカードをご紹介します。

 

サンディスク Extreme Pro

SandiskのSDカードはともかく品質が高くて有名。Sandiskで壊れたというのを聞いたことがありません。こちらのSDカードはUHSスピードクラス4K動画撮影でもOK。最大書き込み速度90MB/秒でともかく速くデジタル一眼レフカメラ、デジタルビデオカメラにオススメ。

32Gで2,300円前後の安価な海外パッケージ版なので国内のサポートはありませんが、私は今までサポートが必要だったことがなく、こちらの海外パッケージ版で十分です!サポートが必要な方は価格は上がりますが国内正規版もあります。

 

Transcend SDHCカード

TranscendのSDカードは安価ながらも無期限保証がつくSDカードです。Class10 UHS-I、32GBで2,000円未満という圧倒的な安さはとても魅力。16GBなら1,000円前後で購入できます。4K動画を撮るのでなければこのクラスのSDカードで全く問題なく快適に利用できると思います。

口コミを見ていると当たりはずれがあるらしく、エラーが起きてしまうカードもあるようなのですが、私は数枚利用していてエラーになったことはないので、こちらはデジカメで愛用させていただいています。

 

気になるSDカード7選!

ここからは売れ筋ランキング上位のSDカードや評判の良いSDカードなどをご紹介していきたいと思います。

 

Transcend SDHCカード 32GB Class10

Amazon.co.jpの売れ筋ランキングで常に1位のこちらのSDカード。無期限保障つきながらもSandiskより安く、最大転送速度も90MB/sもと申し分ないスペック。コスパもかなり優れている優秀なSDカードです。

 

TOSHIBA SDHCカード 32GB Class10

国内メーカーにこだわる方にオススメ、安心の東芝製のSDカードで5年保証付きの国内正規版です。最大読み込み速度40MB/sと平均的なので速さを求める方には不向きかもしれませんが、普通に使う分には問題ないと思います。8GBであれば500円前後で購入できます。

 

TOSHIBA EXCERIA SDHC UHS-I U3

東芝製、最大読込速度90MB/s 、UHS Speed Class 3 、class 10という高スペックながらも逆輸入盤のため安価です。並行輸入盤のため残念ながら国内サポートはありませんが、日本メーカーにこだわりがある方には良いのではないかと思います。

 

Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10

出典: Amazon.co.jp

Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10
ブランド
カテゴリ

microSDカードでAmazonの売り上げ第1位なのがこちらのSDカード。最大読み出し速度95MB/s、最大書き込み速度20MB/sでフルハイビジョン撮影、スマートフォン、デジタルビデオカメラ、Nintendo Switchなど幅広く利用可能です。microSDカードを買うならSamsungがイチオシです。

 

TOSHIBA microSDHCカード 16GB Class10

スマホ用に使うのにそんなに容量はいらないよ!という方は東芝のこちらの16GBのmicroSDカードがオススメ。1,000円未満で購入できる上に安心の東芝製で5年保証つき。SamsungのmicroSDカードは32GB~しかないので容量が少なくていい方はこちらで十分だと思います。

 

TOSHIBA FlashAir W-04 国内版 バルク

出典: Amazon.co.jp

TOSHIBA FlashAir W-04 国内版 バルク

無線LAN搭載 SDメモリカード、第4世代FlashAir W-04。デジカメで撮った写真を共有したり、気に入った写真をスマートフォンに転送するなどメモリカードに入っているデータをワイヤレスで転送することが可能。私が今一番欲しいSDカードのひとつです。

 

Panasonic 16GB SDHCメモリーカード CLASS10

最大読み込み速度20MB/sとスペック的にはとても平凡ですが、安心高品質のパナソニック製で、防水・耐静電気・耐磁石・耐X線・耐衝撃・耐温度・ヒューズ内臓という7つの安心機能つき。お値段はお高いですが、パナソニック品質で安心して使えると思います。

 

SDカードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、SDカードの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

気になるものは見つかりましたか?

以前に比べて、SDカードはよりハイスペックになってるにも関わず、だいぶ買いやすいお値段になってきています。大事なデータをきちんと保存できるように容量、速度、コスパ、そしてメーカーを吟味して用途にあった1枚を選んでみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

エレコム メモリーカードケース SD8枚 CMC…

サイトを見る

サンディスク Extreme Pro

サイトを見る

Transcend SDHCカード

サイトを見る

Transcend SDHCカード 32GB Class10

サイトを見る

TOSHIBA SDHCカード 32GB Class10

サイトを見る

TOSHIBA EXCERIA SDHC UHS-I U3

サイトを見る

Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus C…

サイトを見る

TOSHIBA microSDHCカード 16GB Class10

サイトを見る

TOSHIBA FlashAir W-04 国内版 バルク

サイトを見る

Panasonic 16GB SDHCメモリーカード CLASS…

サイトを見る

関連記事