買いたいものを検索してください

【今が買い時】最新機能搭載!難しくないカーナビおすすめランキングTOP8

今や旅先でのドライブの必需品ともいえるカーナビ。以前からある車メーカーの純正カーナビ以外に、現在ではさまざまな機種が揃うのをご存知でしょうか?カーナビって難しそうと思われている方や、これからカーナビを選ぶ方に向けて、最新のカーナビのタイプや性能、魅力について解説します。

「2DIN」「インダッシュ」「SSD」など、普段の生活では聞きなれないカーナビ用語は、いったい何のこと?カーナビの選び方のポイントは何?低価格化が進み、魅力的なカーナビが次々と登場している今は、まさにカーナビの買い時。もう道には迷わない!2020年のおすすめカーナビTOP8も。

 

カーナビにはどんなタイプがあるの?

ここでは、「インダッシュ」「2DIN」「ポータブル」の3つのタイプについて、それぞれの特徴について説明していきます。

 

インダッシュか、オンダッシュか

「インダッシュタイプ」は、ダッシュボード内に収まるサイズのカーナビのこと。サイズは、「1DIN」または「2DIN」があり、「1DIN」は、縦5cm×横18cm、「2DIN」は、縦10cm×横18cmのもの。「2DIN」のスペースがあれば、どちらでも取り付けOK。現在は、「2DIN」タイプが主流です。

ダッシュボード上に設置する「オンダッシュタイプ」には、現在ではポータブルタイプも含まれ、ダッシュボードの上の好きなスペースに取り付けるものです。

 

2DINタイプは、ダッシュボードにはめ込むタイプ

2DINタイプとは、カーナビ本体とモニターが一緒になっているタイプのカーナビのこと。「一体型」や「インダッシュタイプ」とも呼ばれています。ダッシュボード内にすっきり収まるのが特徴です。ダッシュボードにピッタリ収まるサイズは、縦10cm×横18cmの7インチ型。

2DINタイプは、配線等もダッシュボードの中に収納されるため、車内に配線が見えることがない点もポイントです。2DINタイプには、7インチ型よりも大きなワイドタイプも販売されていますので、ダッシュボードのサイズとカーナビのサイズが合うかどうかを確認することも必要です。

 

ポータブルタイプは、着脱可能

ポータブルタイプは、ダッシュボード上に吸盤等で取り付けて、取り外しが簡単にできるタイプです。ダッシュボードに専用ホルダーで固定することから、オンダッシュタイプのカーナビゲーションとも呼ばれます。着脱可能なので、簡単に取り外しや持ち運びができ、他の複数の車への取り付けや、車から持ち出して観光地を調べながら歩くことも出来るという特徴があります。

吸盤などで手軽に設置できることから、取り付けが簡単。運転席から見やすい位置に、配置が可能なことなどからも人気に。機種によっては低価格な商品が充実していることで、選ばれることも多くなっています。

 

記録媒体は主に2種類ある

以前のカーナビでは、記憶や保存の記録媒体として、「HDD」「DVD」「CD」などがありましたが、現在購入できるものにはほとんど存在しません。現在のカーナビでは、「SDメモリーカード」や「SSD」のフラッシュメモリーが主流となっています。

 

メモリータイプはSDカードに記録

メモリータイプは、地図データなどをSDカードに記録させ、カーナビで再生することが出来るタイプ。パソコンで取り込んだ地図データや音楽データをSDカードに移し、簡単に車に持ち込みが出来る利点も。カードの入れ替えも容易。現在ではSDカードの容量が大きくなり、評価が高まっています。地図データの更新も、自宅のパソコンで簡単に行えます。

 

SSDタイプはカーナビに内蔵

SSD(ソリッドステートドライブ)は、カードタイプではなく、半導体メモリを使用したもの。持ち運びできるポータブルタイプのカーナビに内蔵されているもので、記録媒体として使われています。起動時間やデータ処理が速いのがメリットです。HDDと同じような働きをするものですが、HDDに比べて壊れにくいこともポイント。パナソニックのゴリラシリーズなどに使われています。

 

カーナビの選び方のポイント

こちらではカーナビの選び方のポイントについて説明していきましょう。

 

ポイント①:運転目線が安全か

カーナビは主に運転者が使用するもの。カーナビが運転席から見やすい位置に配置できているかは、安全面からも重要なポイントです。ダッシュボード内に取り付ける2DINタイプか、ダッシュボードの上に取り付けるポータブルタイプかは、車種によって、運転目線がどうなるかも考えながら選びたいですね。

 

ポイント②:画面のサイズはポイント

カーナビのサイズは、ダッシュボードにすっぽりと収まる7インチ型が基本的なサイズといわれますが、最近では8インチ型、9インチ型といった大画面のカーナビも増えてきています。

画面が大きいカーナビは、地図や文字なども見やすいため、目の悪い方やご年配の方にはうれしいポイント。大きなモニターを選ぶか、または持ち運びも出来るコンパクトなモニターを選ぶかは、どのような使い方をするかで選びましょう。

Bluetooth対応でスマホやタブレットと接続できる機種や、音声操作が可能で運転中のハンズフリー使用なども便利です。

 

ポイント③:記録媒体で選ぶ

SDメモリーカードかSSDタイプかの選択も、ポイントのひとつ。以前は、「HDD」「DVD」「CD」などの記録媒体がありましたが、現在では「SDメモリーカード」「SSD」といったフラッシュメモリーが主流となっています。

以前は、SDメモリーカードナビが購入しやすい価格でしたが、現在ではSSDタイプも価格が下がり、価格で選ぶよりも、どのような使い方をするかで選択することが重要になってきています。

 

カーナビおすすめランキングTOP8

第8位 KENWOOD ケンウッド カーナビ 7インチ 180mm 彩速ナビ HD MDV M906HD

出典: Amazon.co.jp

KENWOOD ケンウッド カーナビ 7インチ 180mm 彩速ナビ HD MDV M906HD
ブランド
設置タイプ 2DIN 記録媒体 SDメモリー

明るく鮮やかな高画質

ケンウッドのAVナビゲーションシステム「彩速ナビ」シリーズの、最新2019年モデル。7V型HDパネル搭載で、明るく鮮やかな地図描写や映像を楽しめます。広視野角HDパネルなので、従来モデルとの大きさ比較は約1.3倍、上下左右は170°のワイドな視野角。ハイレゾ音源対応、地上デジタルTVチューナー、Bluetooth内蔵。「高画質」と「高速レスポンス」を追求する彩速ナビのテクノロジーを実現。Android iPhone 対応。

 

第7位 デンソーテン イクリプス(ECLIPSE) カーナビ AVN-R10 7型

出典: Amazon.co.jp

デンソーテン イクリプス(ECLIPSE) カーナビ AVN-R10 7型
ブランド
設置タイプ 2DIN 記録媒体 SDメモリー

トヨタ・ダイハツにはこれ

大手自動車メーカーにも純正ナビを供給している、カーエレクトロニクスメーカー「デンソーテン」。そのデンソーテンが展開する高品質カーAVブランドが「ECLIPSE(イクリプス)」。トヨタ・ダイハツ車には、「トヨタ・ダイハツ用電源配線」が同梱されていて便利。トヨタナビレディパッケージにも対応し、ダイレクト接続で画像もきれい。

更にWifi接続による自動地図更新機能も搭載。ECLIPSE の地図供給元は、地図情報の品質をきめ細かく追求する「トヨタマップマスター」で安心。Bluetooth対応。地図データの更新もスマホで出来るのがうれしいポイント。

 

第6位 カロッツェリア(パイオニア)  楽ナビ AVIC-RZ710 7型 カーナビ フルセグ

出典: Amazon.co.jp

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ AVIC-RZ710 7型 カーナビ フルセグ
ブランド
設置タイプ 2DIN 記録媒体 SDメモリー

地図更新 最大1年分付

「パッと見て必要な情報がわかること」をモットーに、使いやすさを追求した、カロッツェリア「楽ナビ」の7インチ型。ドライブ専用の見やすい地図モデル。音質もパイオニア製なだけあり良好。高画質で見やすく美しい。わかりやすく使いやすくがポイント。地図更新は、最大1年分付(年2回配信) 。付属品は、GPSアンテナや地上デジタルTV(12セグ用)フィルムアンテナ。

 

第5位 カロッツェリア(パイオニア)  楽ナビ AVIC-RQ903 9型 カーナビ フルセグ

出典: Amazon.co.jp

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ AVIC-RQ903 9型 カーナビ フルセグ
ブランド
設置タイプ 2DIN 記録媒体 SDメモリー

地図更新最大3年分付の大画面

カロッツェリアのカーナビ、楽ナビの9インチ型HDディスプレイ。地図更新は、3年間分付(発売から2022年10月まで)。付属品は、GPSアンテナ(置型)、地上デジタルTV放送専用フィルムアンテナ、ハンズフリー用マイク等と充実。Bluetooth対応の携帯電話を使って、「ハンズフリー通話」が可能。オーディオ一体型ナビ。大きなモニター画面なので使い勝手が良いと好評。ダッシュボードのサイズ確認が必要。

 

第4位 ユピテル ユピテル 5.0型 ワンセグチューナー内蔵 ポータブルナビゲーション

出典: Amazon.co.jp

ユピテル ユピテル 5.0型 ワンセグチューナー内蔵 ポータブルナビゲーション
ブランド
設置タイプ ポータブル 記録媒体 マイクロSDメモリー

4カ国語で音声案内と地図表示

ユピテルの大人気ポータブルナビゲーション「MOGGY」シリーズのカーナビ。ディスプレイのサイズは5インチ型。日本語・英語・韓国語・中国語の4ヵ国語に対応しています。ワンセグ搭載。最新の地図データ、2019年春版「まっぷるナビPro3」を搭載。うっかり違反抑止ナビや、安全運転アシスト機能が充実しています。感圧式タッチパネル。わかりやすい地図案内で、運転をしっかりサポートしてくれるのもうれしいポイント。

 

第3位 パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G730D

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G730D
ブランド
設置タイプ ポータブル 記録媒体 SSD

ナビ画面を2画面にするならこれ

パナソニックのポータブルカーナビ7インチ型が「CN-G730D」。GPSの受信状況が良好で、ワンセグチューナー内蔵なので、TV放送の受信もOK。画面が大きいので、ナビ画面を2画面にして使用可能。見落としやすい道路標識や、危険な場所をアイコンと音声でお知らせ。ゴリラなら、慣れない道や初めての道でも安心。ナビ本体に音楽などを保存できる機能も充実。

 

第2位 パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RE06WD

設置タイプ 2DIN 記録媒体 SDメモリー

ワイドサイズのパネルならこれ

panasonic CN-RE06WDのカーナビは、横幅20.5㎝なので、ワイドサイズのパネルに。ワイドサイズでない型はRE06Dを。3Dリアル交差点など、3D地図や一般道方面看板を採用することで、見やすくわかりやすい案内を実現。VICS WIDE、Bluetooth対応。前後2カメラ、ドライブレコーダーCA-DR03TDと連携可能。感圧式タッチパネルなので、操作もストレスフリー。SDメモリーカード対応。

 

第1位 パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G530D 5インチ

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G530D 5インチ
ブランド
設置タイプ ポータブル 記録媒体 SSD

ポータブルカーナビならこれ!

最新の2019年版、業界トップクラスのパナソニック。ゼンリン地図を搭載の5インチ型が「CN-G530D」。コンパクトなので、場所を選ばない取り付けが可能。誘導カラーレーンがリアルに表示されるなど、交差点拡大図がさらに見やすく改良。標識の見落としを、音とアイコンで知らせる「安全・安心サポート」付き。見やすく高品質な地図データは、ドライブ時にストレスフリー。文字が大き目な点は、幅広い年代にうれしいポイント。GPS衛星、ロシア衛星、日本の衛星から受信する地図データ。高精細・高視野角。

 

カーナビの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カーナビの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

今がカーナビの買い時

いかがでしたか?カーナビは、メーカーや商品が数多くありますので、どれを選んで良いのか迷うことがあると思いますが、実際に選ぶ際のひとつの参考にしてくださいね。また、そもそもカーナビを使っていなかった方も、一昔前のカーナビとは、機能や価格がまったく違っているので、今がカーナビ購入のチャンスかも。

新しいカーナビを使って、ドライブをさらに快適にしてみてはいかがでしょうか。目的地にストレスなく連れて行ってくれるカーナビと共に、ドライブを楽しんでくださいね。

記事内で紹介されている商品

KENWOOD ケンウッド カーナビ 7インチ 180…

サイトを見る

デンソーテン イクリプス(ECLIPSE) カーナ…

サイトを見る

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ AVIC…

サイトを見る

カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ AVIC…

サイトを見る

ユピテル ユピテル 5.0型 ワンセグチュー…

サイトを見る

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ …

サイトを見る

パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RE0…

サイトを見る

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ …

サイトを見る

関連記事