もう掃除機に戻れない!スチームクリーナーおすすめ6選

部屋の汚れの掃除は何で行いますか?掃除機?ホウキ?それとも雑巾がけ?もし徹底的に掃除で汚れを取り除きたいと思ったら、水蒸気で洗うスチームクリーナーがおすすめです。

高温水蒸気で洗うスチームクリーナーなら掃除機では取れない汚れもしっかり対処してくれますし、ハンディタイプなど持ち運びに便利なタイプの製品や床の汚れ掃除に強いモップタイプの製品もあります。

今回は強力な水蒸気で洗浄するスチームクリーナーの魅力にすっかりハマってしまったわたしの製品の使用方法や、おすすめ製品をご紹介します。

 

掃除機より便利なスチームクリーナー

汚れを掃除するときに吸い取って汚れを取り除くのが掃除機の特徴ですが、スチームクリーナーは水蒸気の水分によって汚れを浮かせて掃除します。そして水蒸気によって汚れを浮かせた後、付属のモップなどで汚れを拭き取って掃除することでキレイにしてくれるんです。

水蒸気は高温になっているため、洗剤が必要な汚れにも掃除しやすく、小さなお子さんやペットのいる家庭でも安心して掃除することができます。洗剤を誤って飲む心配がありません。

また掃除の際には高温水蒸気による除菌など、汚れをキレイにした後のケアまで行ってくれます。

汚れだけでなく、カビやニオイが気になる場所に強力な水蒸気で洗浄するスチームクリーナーを使用して掃除すれば、防カビ対策にもなりますよ。

 

スチームクリーナーで落とせる汚れの種類

スチームクリーナーの水蒸気を使用して汚れを掃除するなら、まずはシミ汚れの掃除がおすすめ。

特にソファなどの大きい家具を掃除するときは、洗濯して汚れを落とすこともできません。

かといって繊維に染み込んでいる汚れがある以上、掃除機で吸い取ることも不可能ですよね。

しかしスチームクリーナーで掃除すれば、水蒸気という水分によって汚れを落としやすくしてくれます。

温度が高い分、水拭きするだけよりもきちんとシミや汚れを浮かせて掃除してくれますよ。

またリビング以外の汚れ掃除にも便利です。

例えばコンロの汚れ掃除。毎日の料理でできた油汚れは水と洗剤での掃除でも落とせないことがあるほど厄介。しかしスチームクリーナーで高温の水蒸気を当てて汚れを掃除すれば、汚れを浮かせて落とすことができます。

そしてスチームクリーナーは、高温の水蒸気の除菌効果ゆえにカビ汚れが気になるところの掃除に良いとお話しましたが、お風呂汚れの掃除にもおすすめです。カビ汚れに高温水蒸気のスチームを当てて浮かし、拭き取ることで汚れ掃除が完了します。

コンロの汚れ掃除や浴室汚れの掃除の際にも、掃除中に磨いて傷つける可能性もなくなります。

ただいずれの場合も、高温水蒸気のスチームの威力で掃除時間や掃除の成果が左右されるのが特徴です。

スチームクリーナーには水蒸気を生み出すのにボイラー式タイプの製品とパネル式タイプの製品のいずれかを採用しています。

このうち威力がより高いのはボイラー式タイプの製品。より強力な汚れの威力を求めるのであればボイラー式タイプの製品を選択することをおすすめします。

製品の購入前に、製品がボイラー式タイプかパネル式タイプか、どちらのタイプで水蒸気を作るのかは確認しておきましょう。

 

スチームクリーナー2タイプの違いは?

スチームクリーナーには、ハンディタイプとキャニスタータイプの2種類が存在します。

購入する前には、ハンディタイプとキャニスタータイプのどちらが掃除に適しているのかを考えましょう。

 

コンパクトで高所の掃除も楽なハンディタイプ

ではまずハンディタイプについてご説明したいと思います。

ハンディタイプでの汚れ掃除は全体を手で持って使用するため、キャニスタータイプに比べて小型です。

ハンディタイプは小さいためかコストも低めで、とりあえず高温水蒸気のスチームクリーナーがどういうものか試してみたいという場合にも向いています。保管場所も困りません。

ただしハンディタイプのそのようなメリットがある反面1度に汚れ掃除できる面積も限られるため、床全体など広い場所の汚れ掃除には適しません。

そもそもハンディタイプの製品は水を貯めておけるタンクも他のタイプのタンクの水容量と比べて小型化しているため、高温水蒸気のスチームを噴射できる量もキャスタータイプの製品と比べると短めです。

 

様々な場所に使用したいならキャニスタータイプ

一方キャニスタータイプの製品は、掃除機のような形をしています。大きいので、保管場所を用意できるかが購入時のポイントになるでしょう。掃除機のように首部分は長めですが、伸ばしても掃除したい場所に届かない場所に使用する時は、本体の重さがネックになることも。

値段もハンディタイプに比べて高めですが、キャニスタータイプのタンクのの水容量がハンディタイプのタンクの水容量に比べて大きいので高温水蒸気のスチームの持続時間の長さやオプションのアタッチメントの豊富さなど、1つで様々な汚れ掃除の用途に使用することができます。オプションはハンディタイプでも備わっていることがありますが、キャスターの方が種類は豊富です。

 

スチームクリーナーおすすめランキング

では最後にわたしが特におすすめするスチームクリーナーの製品をご案内します。メーカーごとの製品によってどんな付属品を含めるか、製品の水蒸気の温度やタンクの水容量など製品によって細かい違いがあるので、製品情報の見落としに注意です。

 

第6位 アイリスオーヤマ スチームクリーナーコンパクトタイプ

出典: Amazon.co.jp

タイプ:ハンディタイプ
加熱方法:ボイラー式
連続使用可能時間目安:12分
スチーム温度:100度
商品重量:2kg
タンク容量:300ml

まずはこちらのボイラー式タイプの製品から。メジャーという意味では1番かもしれませんね。アイリスオーヤマのハンディタイプの製品です。

こちらのハンディタイプの製品は付属品が10種類ほどついていて、家の中の様々な場所の汚れ掃除に対応しやすいのがメリット。また収納ケースがセットになっているので、使用後の製品の管理も簡単なのが嬉しいです。

ただ上位の製品と比べてしまうと、水蒸気の温度や持続時間などでちょっと弱いです。

とはいえこちらも水蒸気がボイラー式タイプの製品で100℃など、スチームクリーナー全体で見れば高い方。

タンクの水容量は300mlとコンパクトタイプにしては魅力的かと思います。

ただ、タンクの水容量が多い分重いので注意が必要ですね。

トップの機能を追求するのでなければこちらの製品で汚れ掃除するので満足できる人も多いと思います。

アイリスオーヤマ発の製品ですのでメーカーへの安心度を求める方におすすめの製品です。

 

第5位 アイリスオーヤマ スティッスチームクリーナーホワイトSTP-201

出典: Amazon.co.jp

タイプ:モップタイプ
コードの長さ:約5m
商品重量:2.4kg
タンク容量:250ml

同じくアイリスオーヤマのスチームクリーナーの製品をもう1つご紹介したいと思います。

こちらの製品はモップタイプで、主に床の汚れ掃除に適しています。

製品の外見もそのままモップ、あるいはコードレス掃除機と言った感じなので、狭いスペースでも保管できるデザインの製品なのが魅力です。

また製品のタンクの水容量は250mlと、先ほどのハンディタイプと比べてもやや少なめ。そのタンクの水容量の分軽いとは思いますが、広範囲をいっぺんに掃除したい方には物足りないタンクの水容量かもしれませんね。

掃除場所のバリエーションという意味ではほかに劣りますが、床にこびりついた汚れ(油汚れやシミ汚れなど)を掃除によって落としたいならこちらの製品がおすすめです。

 

第4位 Ancii 強力洗浄タイプスチームクリーナー

出典: Amazon.co.jp

タイプ:ハンディタイプ
スチーム温度:100度
頑固な汚れを徹底洗浄したい方におすすめの多目的スチームクリーナー

キッチン周りの汚れ掃除に高温水蒸気で洗浄するスチームクリーナーの製品を使用したいなら、Anciiの強力洗浄タイプの製品がおすすめです。

こちらの製品なら油汚れと水垢汚れ、一見対処が異なりそうな2つの汚れにこれ1つで対応してくれます。

また、こちらの製品はノズルが2タイプと、窓掃除用のクリーナーなど付属アイテムも充実している製品なので、水回りの汚れ掃除以外の場所の汚れ掃除にも使用可能。

カーテンの汚れ掃除など、洗濯が難しい布製品の汚れ掃除にもうってつけです。さらに130℃の高温水蒸気は、ただ汚れ掃除してくれるだけではなく抗菌にも役立ってくれます。

 

第3位 ケルヒャースチームクリーナー1.512-010.0 SC2

出典: Amazon.co.jp

メーカー名:ケルヒャー
加熱方法:ボイラー式
連続噴射可能時間:約30分
重量:2.9kg
タイプ:キャニスタータイプ
温度:約143℃(内部)・約100℃(噴射口付近)

3位の製品はキャニスタータイプのクリーナーから。ケルヒャーのブランドから販売されているボイラー式タイプの製品をチョイスしました。

こちらのケルヒャー製品の最大の魅力は、30分も高温水蒸気のスチームの噴射が続くこと。

こちらのケルヒャー製品なら広い場所の汚れ掃除でも水切れになってしまう心配がなく、汚れ掃除の際補充の手間が省けます。

水蒸気の温度もボイラー式タイプの中では143℃にも達し、外に出しても100℃をキープするので、冬でも汚れへの対処はバッチリ。

こちらの製品はアクセサリーやその収納ケースなど、付属アイテムも充実していますよ。

 

第2位 Midas スチームクリーナー

出典: Amazon.co.jp

タイプ:ハンディタイプ
ボイラー温度:約120度~約130度
コード長さ:2.9m
家庭の様々な場所で使用可能。油分やホコリ、石鹸かすなど除去。衣服のしわも伸ばします。

多機能の中でもお風呂の汚れ掃除におすすめなのがMidasのスチームクリーナーの製品。

こちらの製品は油汚れやホコリなどのゴミ掃除に加え、石鹸カスや水垢の汚れを掃除によって落としてくれるのが特徴です。

ハンディタイプの製品なので持ちやすく、水蒸気は最大で20分ほど噴射し続けることができるのも魅力。

こちらの製品のコードは3mと長いので、電源を付け替えることなくいろんな場所を同時に汚れ掃除できます。

また付属品として9つのアイテムがセットになっています。

床用掃除、窓用掃除、布製品用掃除など掃除の用途ごとに使用を使い分けることで、これ1つで家中の汚れの掃除をすることも不可能ではありません。

 

第1位 iSiLER スチームクリーナーハンディタイプ

出典: Amazon.co.jp

タイプ:ハンディタイプ
タンク容量:350ml
重量:1.4kg
付属品数:13個
安全ロック&自動オフ機能: 機器が待機中の時は、安全ロックが働いて、子供やペットを事故から守ります。また、タンク内の水が空になったり、湯沸かし温度が142°C以上になると、自動的に電源がオフになる安全操作仕様。

1位に輝いたのはiSiLERのハンディタイプの製品。

こちらのハンディタイプの製品は小型ながら、ロングホースを始めとした13もの付属アイテムがついており、リビングの汚れ掃除やキッチンの汚れ掃除、車の汚れ掃除など、様々な場所の汚れ掃除に使用することができます。

油汚れ掃除ど落ちにくい汚れ掃除はもちろん、140℃まで上昇する高温水蒸気のスチームには殺菌効果もあるため、カビや臭いの気になる場所の掃除にもうってつけです。

またこちらの製品は水切れによる自動ロックなど、安全面での機能も充実。

そしてタンクの水容量も350mlと、今回ご紹介したハンディタイプの製品の中で最もタンクの水容量の面で優れていると言えます。

ただ、タンクの水容量分重みもあるので注意が必要ですね。

お子さんが誤って触れてしまうなどのリスクを軽減してくれます。

 

まとめ

ランキング上位にハンディタイプが多いのはわたしの好みの製品だからということもあるのですが、アタッチメントの少なさやキャスタータイプと比較した際の貯水タンクの容量の少なさと言った、デメリットを払拭する製品が多いのも理由です。

もちろん掃除の用途に応じてキャスタータイプの製品もおすすめ。

毎日の汚れ掃除だけでなく、年末の大掃除などにも、スチームクリーナーの製品を活用してみてはいかがでしょう?

 

記事内で紹介されている商品

アイリスオーヤマ スチームクリーナー コ…

サイトを見る

アイリスオーヤマ スティックスチームクリ…

サイトを見る

Ancii 強力洗浄タイプスチームクリーナー

サイトを見る

ケルヒャー スチームクリーナー 1.512-010…

サイトを見る

Midas スチームクリーナー

サイトを見る

iSiLER スチームクリーナーハンディタイプ

サイトを見る

関連記事