アクティブライターが教える!パナソニック電動アシスト自転車おすすめランキング6選

電動アシスト自転車ってどんなもの?

電動アシスト自転車

RIRIKA

RIRIKA

突然ですが、「電動アシスト自転車」と「電動自転車」は似て異なる商品だということを知ってましたか?
to buy編集部

to buy編集部

同じではないんですか?「アシスト」入るとどんな違いがあるんですか?
RIRIKA

RIRIKA

電動アシスト自転車は、免許不要の自転車です。搭乗者がペダルをこがなければ走行しないもので、モーターにより人力を補助する自転車です。
RIRIKA

RIRIKA

電動自転車は、原付免許が必要。搭乗者がこがなくても走行できるモーター式自転車で自賠責保険・ナンバー登録・法令に基づく安全装置(ブレーキランプ・方向指示器・警笛器・前照灯等)の装備が義務化されたものを指します。
to buy編集部

to buy編集部

「アシスト」が抜けるだけで、免許が必要になってしまうんですね!勉強になりました、、、
RIRIKA

RIRIKA

でも、実際「電動アシスト自転車」なのに「電動自転車」と明記されていることもありますから、購入時はキチンと確認をしてくださいね!

 

電動アシスト自転車のモデル

RIRIKA

RIRIKA

次に、電動アシスト自転車のモデルについて紹介します。電動アシスト自転車のモデルには、4モデルあります。
to buy編集部

to buy編集部

そんなにモデルの種類があるんですね!ママチャリのようなモデルしか知りませんでした、、
RIRIKA

RIRIKA

そうなんです。思っているよりも多くのモデル展開しているので、それぞれのモデルの特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

普段使いママチャリモデル

まずご紹介するモデルが、普段使いに最適なママチャリモデルの商品。

こちらのモデルは普通のママチャリからそのまま電動アシスト自転車になった、ママチャリモデルの電動アシスト自転車です。

普通自転車から買い換える場合は悩むことなくママチャリモデルへ移行して違和感はありません。

ままちゃりのような感覚で商品を使用したいという方は断然こちらのママチャリモデルの商品を選ぶことをおすすめします。

 

チャイルドシート搭載モデル

次にご紹介するモデルがこちらのチャイルドシート搭載モデル。

こちらのモデルはママチャリモデルよりタイヤが小さく太く、ハンドルや走行が安定しやすくなっているモデルとなっています。こちらのモデルの場合チャイルドシートは前側と後側にあります。もちろん前後両方につけられる商品が多いのがこのモデルの特徴です。

こちらのモデルの商品は、子どもと一緒に乗ることを想定しているので、タイヤのサイズが小さいですが、バッテリー容量が大きく走行可能距離が長いことが多いです。

お子さまの保育園送迎を自転車で行っているというご家族は、ほとんどがこちらのチャイルドシート搭載モデルの商品を使用していますね。

保育園の送迎を一般の自転車で行っているという方で、毎日の送迎が本当に大変だと感じている方はこちらのモデルの商品が断然おすすめです。

 

長距離対応通勤通学モデル

次にご紹介するモデルがこちらの長距離対応通勤通学モデルの商品。

こちらのモデルの商品であれば、毎日長距離に適していて乗って疲れない、籠もカバンを乗せられるくらい大きなものを乗せられるなどの魅力があります。

他のママチャリモデルの商品よりこちらのモデルのほうがアシスト力がパワフルになっています。移動距離が長いためバッテリー容量も大きく走行可能距離が長いことが特徴です。

毎日の移動が長距離でさすがにしんどい、という方に是非おすすめしたいのがこちらのモデルの商品になります。

 

スポーツモデル

最後にご紹介するモデルがスポーツモデルの商品。

こちらのモデルの商品は、モデルの名前に「スポーツ」とつくようにサイクリングなどに適した長距離対策、ギア変速を3~8まで様々な段階があるモデルの電動アシスト自転車となっています。こちらのモデルの商品であれば、ファッション性の高いモデルからスポーツ派も納得できるモデルまで登場中で、これからどんどんと注目されるモデルと言えます。

スタイリッシュな商品を購入したい方はぜひこちらのモデルの商品を検討していただきたい思います。

 

電動アシスト自転車を選ぶポイント

to buy編集部

to buy編集部

RIRIKAさん、ズバリ電動アシスト自転車を購入する時の一番のポイントはなんですか?
RIRIKA

RIRIKA

私が思うポイントは、バッテリー容量すなわち一回で走行できる距離です!

電動アシスト自転車を考える時のポイントは「走行可能距離(バッテリー容量)」です。自分が購入するときは何をポイントにするのか半年考えました。

電動アシスト自転車を購入したいと考えている人はファッション性より「安定感をもって楽に走れること」を考えているはずです。自分が電動アシスト自転車でどの位毎日使うのか、どの場面で使うのか等を考えて購入を考えましょう。

私は毎日5km程度こぐだけで遠くに行きませんが、毎日の充電が面倒なので週1回程度を目安に充電しています。ゆえにバッテリー容量が16.0Ahと比較的大きいものを選びました。こまめに充電できる人はバッテリー容量が小さくても良いと思いますよ。

 

おすすめパナソニック電動アシスト自転車ランキング

RIRIKA

RIRIKA

それでは、電動アシスト自転車を実際に持つ私がおすすめの商品をまとめて見ました。是非参考にしてみて下さいね。

 

6位:BP02 BE-ELZC63 電動アシスト自転車

出典: Amazon.co.jp

BP02 BE-ELZC63 電動アシスト自転車

こちらの商品もスポーティなイメージの電動自転車。

こちらの商品はビーチクルーザーのような美しい曲線のフォルムが特徴のサーフサイドスタイルです。電動自転車もオシャレにファッションのように扱いたい人向きの商品です。

こちらの商品のバッテリー容量は少し小さめ12.0Ahですが、走行可能距離は、バッテリ容量が上のものに引けをとらないぐらいです。そしてタイヤサイズは26インチと一般的。

内装3段変速で、スポーティーな商品ですが、主婦の私にとってみるとかごがないのがなかなかネックですので6位です。

 

5位:ジェッター BE-ELHC44/49 電動アシスト自転車

出典: Amazon.co.jp

ジェッター BE-ELHC44/49 電動アシスト自転車

次にご紹介するのがこちらの商品。

ロードバイク愛好家やスポーツ好きが注目しているのがジェッター。形もスポーティなイメージの新グラフィックで、従来の電動自転車のイメージが変わる商品だと思います。

こちらの商品はタイヤサイズが27インチと、タイヤがスポーツには太いかと思われますが、そこは電動自転車のアシスト力を確認するところ。軽くて細いタイヤが、太くて早いになるのです。

バッテリー容量の残量表示などに加え、走行速度表示機能も搭載、外装8段変速とスポーツ派を満足させてくれる商品だと思います。バッテリー容量は16.0Ah。

 

4位:ギュット・ミニ・DX BE-ELMD033 電動アシスト自転車

出典: Amazon.co.jp

ギュット・ミニ・DX BE-ELMD033 電動アシスト自転車

こちらの商品は前にチャイルドシートが付いているモデルの商品です。足踏み部分の形状を工夫され足が届きやすく なった上、パンクに強く走行抵抗も軽いタイヤを使用しています。

タイヤサイズは20インチ。こちらの商品もメーカー3年盗難補償付、バッテリー容量は16.0Ah!

機能性としては十分といえますね。

 

3位:ティモ・DX BE-ELDT753 電動アシスト自転車 16.0Ahリチウムイオンバッテリー

出典: Amazon.co.jp

ティモ・DX BE-ELDT753 電動アシスト自転車 16.0Ahリチウムイオンバッテリー

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は時間にゆとりをもたらしたい学生や社会人のための通勤通学のための電動自転車です。商品の見た目もクラシカルなデザインで浮くこともありません。坂道があってもアシスト力が強い商品のためで楽々登れ、タイヤサイズ27インチ、バッテリー容量も16.0Ahで、長距離走行も可能。カゴは通勤カバンを横にしてもそのままいれられる大型設計。

商品の価格も若干安いことに注目。この性能で10万を切ってくれるのはとても有り難いです。

 

2位:ギュットアニーズDX BE-ELMA032-V2 電動アシスト自転車

出典: Amazon.co.jp

ギュットアニーズDX BE-ELMA032-V2 電動アシスト自転車

第2位としてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品はチャイルドシートが前か後ろかに悩むと思いますが、こちらは後ろにチャイルドシートが搭乗されていて、チャイルドシートクッションの厚み約1.5倍の新デザインで子供が安定感をもって心地よく乗ってられるのです。

さらにテコの原理を応用し、低身長ママでも足が届きやすく軽く立てられます。タイヤサイズ20インチと、タイヤは小さくなったことから安定感が増します。付けるかどうか迷いがちになる盗難保険は、メーカー3年盗難補償付。バッテリー容量は16.0Ah。

 

1位:ビビ・DX BE-ELD633 電動アシスト自転車

出典: Amazon.co.jp

ビビ・DX BE-ELD633 電動アシスト自転車

第1位としてご紹介するのがこちらの商品!

私が購入した電動自転車の商品がこれになります。こちらの商品はフレームがU形なのでママちゃりに乗りなれている人が安定感をもって楽に移行できるデザインとなっています。

タイヤ幅も33mmタイヤサイズも26cmで安定度抜群な商品です。バッテリー容量は16.0Ahなので毎日のお買い物で充電は週1もしくは1週間に一度ですんでいます。充電は専用機が付いていて部屋のコンセントに充電器に設置し、夜に寝ている間にあっという間に充電できます。

アシスト力も申し分ありません。

実際に商品を愛用している私がおすすめしたこちらの商品。気になる方はぜひ検討していただけたらいいなと思います!

 

まとめ

今回はランキング形式でおすすめの商品をご紹介させていただきました。様々な特徴を持った商品が登場してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか?

私自身が電動アシスト自転車の商品を利用した感想は、平坦な道をスイスイというより「坂道で能力を発揮する」というのがこの自転車の目的だと思いました。スタートダッシュは早いけど平坦な道で自動車のようにあっというに進むというわけではありません。

しかし、苦労する坂道は、ペダルひと踏みのアシスト力が非常に大きいのです。今までハアハアとこいでいた自転車が、ペダルを踏むことによって走行を加速させてくれるのです。

そう考えると、おすすめしたいのは坂道に苦労しているあなたに是非、迷わず商品を使ってほしいと思います!

安い電動アシスト自転車もありますが、「安物買いの銭失い」の心配を考えると、パナソニックの電動アシスト自転車の商品を選んで、私は正解だったと思います。みなさん、後悔のない長く使える商品を選んでいただきたいと思います!

記事内で紹介されている商品

BP02 BE-ELZC63 電動アシスト自転車

サイトを見る

ジェッター BE-ELHC44/49 電動アシスト自…

サイトを見る

ギュット・ミニ・DX BE-ELMD033 電動アシ…

サイトを見る

ティモ・DX BE-ELDT753 電動アシスト自転…

サイトを見る

ギュットアニーズDX BE-ELMA032-V2 電動ア…

サイトを見る

ビビ・DX BE-ELD633 電動アシスト自転車

サイトを見る

関連記事