買いたいものを検索してください

経験者が教える!一人暮らし用電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキング!

生活に欠かせない衣食住。特に食において活躍するのが電子レンジです。出来合い品の温めはもちろん、冷凍食品の解凍、また生野菜を温野菜にするなど、ちょっとした調理機器にもなってくれます。

少なくともチンしている間は離れていても問題ないため、コンロなど、目の前で見張っていないと行けない器具より便利。全て自分でこなさなくてはいけない1人暮らしさんにとっては、時短料理にもなるでしょう。

今回はそんな1人暮らし向けの電子レンジ、またオーブンレンジを紹介します。

 

電子レンジ・オーブンレンジの違いとは

オーブンレンジ

しかし電子レンジとオーブンレンジはどう違うのでしょうか?簡単に言ってしまうと、オーブン機能を備えたレンジがオーブンレンジであり、電子レンジにオーブン機能はありません。

ただ広義の電子レンジというカテゴリがあり、その中の小カテゴリとしてオーブンレンジが存在するケースもあるので、商品を探す際はお店やサイトの分類には注意です。

 

マイクロ波で温める電子レンジ

そもそも電子レンジは、名前の如く電子、マイクロ波の力で中に入れた食品を温めます。マイクロ波は食材中の水分を振動させ、生じる摩擦熱で温まる仕組み。

オレンジ色のライトが照射されていますが、ライト自体に熱があるというわけではないんです。

言い換えれば、水分が全くない食品の加熱は不可。ただ乾燥している食品でも水分が皆無というケースはほとんどないため、電子レンジで温められない食品を見かけないのも納得です。

ちなみに油は水分0ですが、もともと熱しやすい素材であり、電子レンジでも不可ではないそう。商品によって温まりやすさに差が生じるので、油単体だけでなく、油分の多い食品の加熱には注意しましょう。

 

熱源を使うオーブン

一方のオーブンは、火というより発熱する物体によって、食品を温めるのが特徴。オーブンレンジの場合は電気を熱源としています。

電気を使う点は同じでも、通常の温めモードとオーブンモードでは加熱の方法が違うんですね。

オーブンというとグリルやグラタン系、ケーキなどのスイーツ作りに役立ちますが、あまり料理をしない方でもオーブントースター機能を備えておくと便利。パンを焼くことができるので、温め機能ではできない、カリカリさを再現できます。

 

一人暮らしの人が見るべきポイント

電子レンジのメニュー

電子レンジやオーブンレンジを購入する際、1人暮らしの方はまずサイズを確認しましょう。家族との同居であれば、家もそれなりに広いはず。

しかし単身となると、最低限のスペースの部屋を借りている人も多いです。

また寝室の広さは気にしても、キッチンの広さはあまり考えないという人も。そんな場所に大きな電子レンジを置けるわけもありません。

問題ないサイズはどの程度なのか、把握しておきましょう。

そもそも温める量も1人分ですから、大きさはもとより重視しなくても良い項目。ただ電源への接続しやすさも考慮しなくてはいけないので、スペースはサイズだけでなく向きも踏まえて確認しましょう。

向きといえば、扉の開閉にも注目。左右なのか上下なのか、左右なら左に開くのか右に開くのか。開け方によっては周囲の家具の邪魔をしてしまいますから、問題ないタイプを見つけてください。

加えてオーブン機能を始め、各種調理メニューも不要なら備わっていない商品にするのも手。温めのみのシンプルな電子レンジであれば、比較的コストも抑えられます。

 

場所に困ったら冷蔵庫の上へ

もし置き場所に困っているなら、冷蔵庫の上がおすすめです。特に単身者向けの冷蔵庫であれば、高さもさほどなく、乗っけた状態で電子レンジが使えます。

冷蔵庫も電気を必要とするため、ちょうど後ろに電源が来ているはず。電源が2口以上あるなら、電子レンジもそこから電気を供給できます。

1口のみの場合は、電源タップなどで増やしても良いでしょう。

ただいずれの場合も、付近や乗せる面で発生する電子レンジの熱に注意してください。特にオーブン機能は、手で触れられない熱さになることも。

もし熱に弱い素材なら、使う時だけ移動させるか、強い素材でカバーするなどの対処が求められます。

 

電子レンジ・オーブンレンジを選ぶポイント

電子レンジのあたためボタン

既に1人暮らしとそうでない場合の違いとして、いくつかポイントを挙げていますが、ここでは生活環境に関係なく、電子レンジやオーブンレンジを選ぶ際の注意点を見てみます。

 

時短ならワット数も高めに

電子レンジは短時間で温められるのが魅力ですが、電力が強ければより短縮が可能です。おすすめは500W以上。

1000Wあれば理想ですが、コスパやサイズなども限られてくるので、惣菜や弁当を早く温める程度なら、700Wや800Wほどでも十分です。

 

インターネットでは東西の周波数に注意

電子レンジの中には、東日本用の50Hz、西日本用の60Hzにのみ対応した商品があります。ヘルツフリー、どちらの地域でも利用できるタイプなら問題ないのですが、いずれかでしか使えない方がコストは低め。

東から西、あるいは逆への引越し時に購入する場合や、インターネットなど東西問わず利用者が多い場所で選ぶ際は、使えない方にしないよう注意してください。

 

実際に使っている電子レンジ

電子レンジ

出典: Amazon.co.jp

シャープ オーブンレンジ&トースター RE-SD10-W

私が1人暮らしの時から利用しているのが、SHARPのRE-SD10-Wです。15lと電子レンジの中ではミニサイズですが、温め以外に様々な機能が付いていて便利。

オーブンやトースターとしても機能します。もう10年以上使っていますが、故障などもないため、最新機種はもうしばらくお預けでも良いかなと思ってます。

 

おすすめ一人暮らし用電子レンジ・オーブンレンジランキング4選

最新機種はまだ良いと思いつつも、新しい商品ほど魅力的な機能が出ていますね。最後はそんなおすすめの電子レンジ・オーブンレンジをランキングでまとめました。

 

第4位 山善 電子レンジMRB-207 5

出典: Amazon.co.jp

山善 電子レンジMRB-207 5

まずは山善の電子レンジ。内容量が17lとコンパクトサイズで、200W、500W、700Wの出力調整と、タイマーのみ搭載されたシンプルタイプです。

その分値段も安いのですが、こちらの場合は東日本での50Hz専用。西日本で使う場合は西日本用を選んでください。最大幅がおよそ31cm、横開きの扉である点にも注意。

 

第3位 Panasonic エレックオーブンレンジNE-T15A1-W

3位は15lとさらにコンパクトなPanasonic製オーブンレンジ。お弁当や冷凍食品の解凍、トーストなどのオーブン機能とメニューが充実しているのも良いですね。

操作はボタン式のため、タイマーや温度調整も自在に行えるのが魅力。本格的な調理もしたい人におすすめです。またお手入れメニューとして脱臭が用意されているので、大掃除や気になった時に使いましょう。

 

第2位 アイリスオーヤマ オーブンレンジVAL-16T-B

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ オーブンレンジVAL-16T-B

2位に選んだのはアイリスオーヤマのオーブンレンジです。容量は16l。3位同様ボタン操作によって細かい設定ができ、メニューも12種類と豊富。

パンに関しては発酵機能もついているので、トースターとしてだけでなく生地から作りたい人にぴったり。またヒーターが上下の2箇所にあることで、1回のトーストで両面焼きが可能です。パン好きの人向けのオーブンレンジと言えますね。

 

第1位 SHARP スチームオーブンレンジRE-V70A-W

出典: Amazon.co.jp

シャープ スチームオーブンレンジ 20L ホワイト RE-V70A-W
ブランド
カテゴリ

1番気になったのは、SHARPのオーブンレンジです。20lは個人向けとしてはやや大きいサイズ。メニュー選択及びタイマーはツマミを回しての操作ですが、基本はボタン式で細かい設定ができます。

自動メニューは13種類ですが、特に魅力的なのがスチーム機能を用いたノンフライ。プリンや茶碗蒸しなどの蒸し料理ができるほか、油不要の揚げ物も可能。カロリーが気になっている人におすすめです。

 

まとめ

ちょっとした解凍から本格調理まで、電子レンジはフライパンや鍋以上に役立ってくれます。毎日仕事や学業に忙しいなら、電子レンジやオーブンレンジの機能で時間に余裕を持たせましょう。

用意されているメニューで、普段とは違う料理を楽しむのも良いですよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

シャープ オーブンレンジ&トースター RE-S…

サイトを見る

山善 電子レンジMRB-207 5

サイトを見る

Panasonic エレックオーブンレンジNE-T15A…

サイトを見る

アイリスオーヤマ オーブンレンジVAL-16T-B

サイトを見る

シャープ スチームオーブンレンジ 20L ホ…

サイトを見る

関連記事