育児奮闘中ママが教える☆赤ちゃん用洗濯洗剤おすすめ&気になる人気ランキング

赤ちゃんがいる生活って、生まれてくるまでは本当に未知ですよね!

私も初めての出産を目前にして、ベビーカーを買ったりオムツを用意したりとワクワクしながら生まれてくる準備をしました。

中でも、赤ちゃんが長く身に付ける肌着を選ぶために、今までほとんど見ることもなかった成分表示を真剣に確認してから購入したことは、とても新鮮な体験でした。
衣類は赤ちゃんが着る前に水通し(=新品の衣類に付着している洗濯のりなどを取ること)をすると聞いていたので、出産前にお洗濯をすることにしました。

いざ洗おう!としたときに、ふと思ったことが『あれ?お洗濯の洗剤はそのままでいいんだっけ?』ということでした。

 

【ベビー用】と表記されているものをたくさん準備していた中で、赤ちゃん自身を洗うせっけんには気を配ってはいたものの、衣類を洗う洗濯洗剤については『お洗濯はみんな一緒でしょ?』という感覚でいました。

 

しかし、これも赤ちゃん用のものがあるんです!それにはちゃんとした理由があったことも、このとき初めて知りました。
これから赤ちゃんをお迎えするプレママのみなさんは、是非こちらで赤ちゃん用の洗濯洗剤について理解を深めていただきたいです♪

 

赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃん用洗剤は必要なのか?

赤ちゃんの皮膚は非常に薄く敏感なので、わずかな刺激に対しても過敏に反応してしまいます。

生まれてくるまでの間、ママのお腹の中で守られていた赤ちゃんは、外界の刺激から守るべく皮膚をまとって生まれてきますが、その皮膚がまだ未発達なことも事実です。
赤ちゃんの皮膚は一見するとつるんとしてスベスベですが、大人と比べると角質層を形成する水分・天然保湿因子・皮脂量が低いことが分かっています。

また、汗やよだれ、涙が多く、これらを拭き取る摩擦でも皮膚は刺激を受けていきます。
これだけ高敏感な肌なので、それに合わせた低刺激なものを使っていく必要があります。

 

赤ちゃん用洗剤の種類や含まれる成分について

赤ちゃん用の洗濯洗剤は、基本的に『石けん』で出来ているものが多いです。

汚れを落とすためには、必ず界面活性剤が必要です。その中でも、石けんは植物・食物由来の成分で出来ている天然の界面活性剤です。安全性が高い上に分解も早いので環境にもやさしいところが特徴的です。
また『蛍光増白剤』が入っていないことも、赤ちゃん用洗濯洗剤にはとても重要です。

蛍光増白剤とは、汚れを落とすのではなく、光の屈折度合いによって『白く見せる』という効果があります。化学物質なので、肌への刺激もあります。もちろん、洗濯洗剤に使用される蛍光増白剤は低刺激のものではありますが、赤ちゃんにとっては必要のないものであり、むしろ肌トラブルを引き起こす原因になります。

また赤ちゃん用の洗濯洗剤には、うんち汚れという排泄物による汚れが多く、黄ばみにつながります。クエン酸が配合されていえるとこういった黄ばみをきれいにしてくれます!

 

赤ちゃん用洗剤を選ぶ時のポイント・注意点!

赤ちゃんのときは汚れ物が多いので、ついつい汚れ落ちを気にしてしまうと思います。
ですが、よくよく考えてみると赤ちゃんがつける汚れの多くはよだれ、涙、汗、食べこぼしです。中でも赤ちゃんの最初の6ヶ月なんて赤ちゃんが口にするものは母乳かミルクです。排泄物も母乳かミルクによって作られたものだと考えると、然程汚いものではないのかな?とも思えてきませんか?

たしかに、汚れが落としきれていないものを身に付けることで皮膚かぶれを起こすかもしれませんが、石けん洗剤を規定量使っていれば最低限の汚れは落ちるものです。なので、あまり気負わずにシンプルな洗濯洗剤を選ぶようにしましょう!

また、自分の生活エリアで購入可能な洗濯洗剤にすることも大事です。そうでないと、いざ手持ちが切れてしまったときに大慌てしてしまったり、すぐに買い足せないと余計な不安が募ります。
ネット販売で購入できるものであれば、必ずストックを欠かさないようにしましょう!

また赤ちゃん用ではないけど、『昔からある洗剤だし汚れ落ちも凄いって書いてあるし!』と思っていても、合成界面活性剤を使っていたり蛍光増白剤が入っていたりすることは、とても多いです!

最低でも、最初の数ヵ月は赤ちゃんのものと大人のものは分けて洗うようにしましょう。もしくは、大人のものも赤ちゃん用洗濯洗剤に切り替えることもいい方法かもしれません♪

 

私が選ぶ赤ちゃん用洗剤おすすめ商品

私が愛用していた洗濯洗剤はこちらです!

我が家では、産後退院してから布おむつ育児をしてきました。なので、毎日大量の布おむつを洗う必要があり、尚且つ普通の衣類に比べて汚れの量も多かったので、『赤ちゃん用洗濯洗剤の中でも汚れ落ちのいいものはないかな?』と探したところ、こちらにたどりつきました!

こちらは、黄ばみに働く天然植物成分のクエン酸が配合されており、うんち汚れもしっかり落としてくれるという点が特徴的です!

(必ずつけおき洗いをすることが大事です!)
もちろん、赤ちゃん用洗濯洗剤なので無着色・無漂白剤・無リン・無蛍光剤と無添加です。
使用されている界面活性剤も非イオン型のもので、皮膚刺激がとても弱いとされているので安心して使えました。

 

赤ちゃん用洗剤おすすめランキング

7位 ミヨシ お肌のための洗濯用液体せっけん

ベビー用との表記はありませんが、赤ちゃん用洗濯洗剤と遜色のないアイテムです。

蛍光増白剤や漂白剤はもちろん、香料や着色料、防腐剤が不使用な無添加洗濯洗剤で、肌への刺激を少なくした作りになっています。1200mlと大容量も嬉しいところです!

 

6位 ベビーファーファ

洗浄成分の70%以上に石けんを使用しており、ふんわりとした仕上がりが特徴的です。

ミルク由来の天然保湿成分のセラミドとリラックス効果の高い天然ベルガモット精油が配合されており肌へのやさしさを考えた設計です。

 

5位 パックスベビー 洗濯せっけん

高濃度純石けん洗浄成分と洗浄補助剤のムクロジエキスが配合されており、手肌に優しいマカダミアナッツ油などの植物油脂を原料にしている洗濯洗剤です。

買い物の手間を少しでも軽くなる1200mlと大容量!

 

4位 ピジョン 赤ちゃんの洗たく用洗剤

『育児グッズ』といえば必ず名前が上がるほど、有名なピジョンが発売している洗濯洗剤です。

洗い上がりと生地の風合いには定評があり口コミでも人気が高いアイテムです。

 

3位 ベビーの肌着洗いせっけん

成分は弱アルカリ性の純石けん分だけの、シンプルな洗濯洗剤です。ボトルがキャップ計量ではないので、液こぼしがなく手早く支えます!質の良い石けんを作り続けているブランドで、私はベビーシャンプーを愛用していましたが、子供にも合っていたのか肌トラブルなく過ごすことができました。

800mlと大きめ容量です!

 

2位 アラウベビー

植物原料の無添加せっけんと天然ハーブが合わさった洗濯洗剤です。ラベンダーとスペアミントの天然ハーブオイルを配合しており、すっきりとした香りが特徴的で部屋干ししても嫌なにおいがしにくいのも嬉しいポイントです。アロエの天然エキスも配合で、手肌にも優しい洗剤です。

合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・着色料・香料・保存料などが無添加です。

800gと容量も大きめです!

 

1位 さらさ

あらゆる育児雑誌で登場する人気のアイテムです!

蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加な上に、黄ばみに強いクエン酸や高活性オーガニック酵素が配合されているので、より汚れ落ちを高めてくれます!

原産国が日本というもの安心材料のひとつかもしれません。850gと大きめな容量も嬉しいポイントです!

 

まとめ

赤ちゃんのときの洗濯洗剤の必要性について、少しでも理解していただけましたでしょうか?
まだまだ未熟な赤ちゃんを気遣うことはとても大事ですが、神経質にならないことも大事です。

正直面倒なこともたくさんあります。それこそ私は洗い分けを面倒に感じたので、家族全員のものを赤ちゃん用洗濯洗剤を使いました。
赤ちゃんだけを特別扱いするのではなく、赤ちゃんのいる生活が自分の今までの生活に溶け込んでいけるように工夫していくことで、少しでも育児の負担を減らしていけるといいですね♪

記事内で紹介されている商品

ピジョン 赤ちゃんの洗たく用洗剤 ピュア

サイトを見る

ミヨシ お肌のための洗濯用液体せっけん

サイトを見る

ベビーファーファ

サイトを見る

パックスベビー 洗濯せっけん

サイトを見る

ピジョン 赤ちゃんの洗たく用洗剤

サイトを見る

ベビーの肌着洗いせっけん

サイトを見る

関連記事