2人出産のママが教える!産後用ガードルのおすすめ8選!

10ヶ月もお腹にいた赤ちゃんとの念願のご対面である出産。

人生の大仕事を終えたママに待っているのは、かわいい赤ちゃんとの濃密な時間と寝不足の日々…だけではありません。

例えば、10ヶ月間も赤ちゃんを支えてきたお腹のたるみや骨盤の開き。

一人目の出産後、3キロ近くの赤ちゃんを出したにも関わらず凹まないお腹に衝撃を受けました。

あと二人目の出産後にしばらく悩まされたのは、お恥ずかしいのですが、尿もれ…

骨盤底筋を鍛える体操をしたり、骨盤を締めるベルトをつけたり。色々なことをやってみました。

今回はその時に助けられたアイテムのひとつ、産後用ガードルについてご紹介したいと思います。

 

産後用ガードルとは?

産後のママの体は満身創痍。

中でも赤ちゃんが産道を通りやすくするために緩んだ骨盤は、産後しばらく開いた状態が続くそうです。

私が出産した際、助産師さんに「骨盤矯正や体型戻しのチャンスは産後6ヶ月!!」とアドバイスを受けました。

その期間に骨盤ケアを怠り育児などで体に負担をかけていると、骨盤が開いた状態で定着してしまい、戻り辛くなるそうです。

開いた状態や歪んだ状態で固まってしまうと、尿もれだけではなく、内臓下垂や冷え症によって皮下脂肪がついたり、姿勢のゆがみ、腰痛など、ママの体にとって弊害はたくさん!

産後すぐは、骨盤ベルトやニッパーで骨盤の開きをもとに戻し、その後は産後用ガードルの力を借りて、崩れてしまったボディラインを元のきれいな状態に戻したいものですね!

 

産後用ガードルの使用期間

産後2週間頃までは子宮が回復していないため、下腹部まで強くしめる産後用ガードルはおすすめしません。悪露が落ち着いた1ヶ月頃以降からの使用がおすすめです。

(産後すぐは、骨盤を強くしめるニッパーやベルトがおすすめです。)

骨盤をダイレクトに締める、というよりは、骨盤を支える筋肉の回復をサポートしつつ、たるんでしまった下腹部やお尻を正しい位置に戻し、ボディラインを整えてくれます。

また、育児中は授乳や抱っこ、オムツ替えなど、何かと無理な姿勢をとることが多いママ。しっかりと骨盤や腰を支えてくれるガードルを着けることで、腰痛や姿勢の歪みを予防します。

 

産後用ガードルは普通のガードルとどう違うの?

設計

通常のガードルも産後用ガードルも、体型を整える、という点では共通しています。

ただし、一番の違いは「産後の体型にあわせた設計である」ということ。

履きこみが深いので、お腹の脂肪やたるみを包み、胸の下あたりまでしっかりと押さえてくれます。

 

機能

普通のガードルは「下腹部やお尻をきれに見せる」ためのもの、産後用ガードルは「お尻やお腹に肉が定着しないようにする」ためのもの、だと考えています。

着用した感じは、普通のガードルと比べるとサポート力が格段に違います。

 

価格

普通のガードルと同じく、1,000円台というお手頃なものから10,000円台の物まで、色々あります。この点では、どちらのガードルも差がないように感じます。

 

産後用ガードルを使うべき人はこんな人!

私は、上の子が予定日1ヶ月前の早産だったことから、臨月の急激な体重増加を経験せずに出産をしました。妊娠前から出産直前の体重は+5kg程度。そのことから、あまり「体型戻し」についてよく考えていませんでした。

「そんなに増えてないから、必要ないだろう」とタカをくくっていたのです。

ところが、産後すぐ、自分のお腹を見てびっくり。赤ちゃんを出したはずなのに、ほとんどへこんでいないではないですか・・!笑

しかもクシャミや咳をしたときの尿もれは産後1ヶ月経ってもおさまる気配がありませんでした。

これはまずい・・骨盤を締めるだけじゃなく、脂肪をどうにかすることと、筋肉をつけなければ・・!そうしてようやく、産後用ガードルを大急ぎでネットで購入したのでした。

出産前にあまり体重が増えていないからといって安心するのではなく、基本的には産後1ヶ月以降、みなさん着けた方が良いのではないかと思います。

特に以下の方にはおすすめです。

 

下腹部のぽっこりがおさまらない方

(1ヶ月検診で子宮のもどり状態を確認して、お医者様の許可を得ましょう!)

なぜ赤ちゃんを出産したのに、下腹部はへこまないのでしょうか・・?私がまさに直面した悩みです。子宮がもどっているのにぽっこりしているなら、それは紛れもなく妊娠中についてしまった脂肪。

正しい位置に抑え込み、これ以上脂肪をつけさせないためにも、産後用ガードルを活用しましょう!

 

産後の下半身太りが気になる方

産後に目立つ下半身太りは、骨盤の歪みや冷えからくるものが要因のひとつ。前述の下腹部のぽっこり対策と同じく、これ以上の脂肪をつけさせず、今ある脂肪を正しい位置に戻すために、使用を検討しましょう!

 

腰痛や姿勢で悩んでいる方

授乳や抱っこなどの無理な姿勢が多くなる産後。無理な姿勢をすることで戻ろうとしている骨盤が歪んでしまい、腰痛をおこしやすくなるそうです。

もともと腰痛を抱えている方、妊娠中の大きいお腹で腰痛が出た方も、しっかり腰回りをガードルでサポートすることで予防ができるのではないでしょうか。

 

尿もれが気になる方

骨盤底筋や周辺の筋肉が落ちていることが尿もれのひとつの原因です。筋肉の回復をサポートするのに有効だと思います。

 

産後用ガードル選びのポイントとは?

私は長男・次男とも6月の出産でした。産後1ヶ月のガードル着用時期は、暑い夏。機能はもちろんですが、何より使用の継続ができるよう、メッシュ素材であることを第一優先にしました。

その他にも商品を選ぶ際のポイントは様々。以下を参考に、ご自身が優先すべきポイントをみてみてくださいね!

 

価格

前述した通り、ピジョンやトリンプなどの安心できるメーカーからも1,000円台のお手頃な商品が発売されています。

一方、ワコールからは15,000円以上のものも。クチコミを見るとお手頃なものは「お腹部分がすぐにめくれる」「サポート力が弱い」などがちらほら見受けられます。

 

素材

夏からの着用予定で肌が強くはない私は、通気性にこだわりました。着用する時期が夏の場合は、サポート力は少し落ちますがメッシュ素材の方が快適に着用できるかも知れません。

 

サイズ選び

妊娠中はもちろん、産後も悪露や新生児連れで試着がなかなかできないですよね・・ネットで購入する場合は、メーカーサイトやショップの商品ページにサイズが書いてあるので、ウエストとヒップのサイズで合わせてサイズを選びましょう。

合っていないものだと、お腹の部分がくるくると丸まってしまったり、締め付けで苦しくなったり、逆に緩いとガードルの役割を感じられなかったりします。

 

機能

機能も重視したいポイント。例えばサポート力は強ければ良いわけではありません。強すぎることで気分が悪くなったり、動き辛くなって赤ちゃんのお世話ができなくなってしまっては、元も子もありません。

(メーカーによっては、しっかりサポートするタイプやソフトサポートタイプなど、サポート力が選べるものもあります。)

ご自身にあったサポート力かどうか、履き方(ホックタイプや面テープタイプ、履くだけのタイプ)、ボーンの有無、産後用ニッパーなどがセットになったもの、など、機能は様々です。

 

ブランド

代表的なのは、下着メーカーの「ワコール」や「トリンプ」。マタニティ関連の商品を多く扱う「犬印」、「ローズマダム」。赤ちゃん用品も多いママの味方「ピジョン」などが代表的なブランドです。

 

産後用ガードルは産後どれくらいまで使うべき?

いつまでしか使ってはいけない、という決まりはないと思うのですが、私は産後4か月くらいまで着用していました。

ホックとファスナーで止めるタイプを主に使っていたのですが、トイレに行くたびにたくさんのホックを付け外しするのが面倒になってしまったのです・・

それ以降は普通のガードルを履いたり、たまにピシっと締めたい時には産後用に戻したり、と気分や体調にあわせて選んでいました。

 

私が愛用していた産後用ガードルはこれ!

ワコール/シェイプマミーガードル

最も信頼して使用していたものは、こちら・・のメッシュタイプでした。

(今はメーカーのサイトにメッシュタイプの表示がなかったので、私が愛用していたメッシュタイプはなくなってしまったのかも知れません・・)

15,000円程度とお値段も張るのですが、クチコミ通り、やはり着心地が良い!

サポート力がしっかりありながら、苦しすぎず、締めながらも快適で、夏にも着られる強い味方でした。

 

ローズマダム/ママシェイプガードル

出典: Amazon.co.jp

ローズマダム ママシェイプガードル

3,000円前後というお手頃な価格ながら、前後にボーンが入っていたり、1枚履きができるようマチ裏がついていたりと機能も十分です。

モカとブラックの2色展開ですが、私はアウターに響かないよう、モカを着用していました。

 

おすすめの産後用ガードル8選

ワコール/シェイプマミーガードル

前述した通り、やはり安定のワコール。メッシュタイプがなくなったとしても、また出産の機会があれば、絶対こちらは追加で買います。(宣言)

サイズ展開が5サイズ(58、64、70、76、82)、カラーバリエーションが4カラーもあり、体型とお好みのカラーで選択肢が多いのも魅力です。

特に小柄、細めの方は、スタンダードなMサイズだと少し大きかったりして、サポート力が物足りないと感じることもあるので、サイズ58があるのは嬉しいですね。

 

ワコール/シェイプマミーガードル(骨盤リボン付き)

出典: Amazon.co.jp

ワコール シェイプマミーガードル(骨盤リボン付き)

こちらはシェイプマミーガードルに骨盤リボンがついたもの。骨盤サポート感を高めた新設計です。4本のボーンを内蔵しておりウエストをしっかりひきしめてくれます。

安心のMade in Japan。サイズバリエーションは4サイズ(58~76)と体型にあわせてぴったりのサイズが選べます。

カラーバリエーションは、オークルとブラックの2色展開です。

 

ピジョン/骨盤もっとキュッとガードル

出典: Amazon.co.jp

ピジョン 骨盤もっとキュッとガードル

安心なピジョンながら、4,000円前後という価格が魅力のこちら。

価格が安いだけれはなく、ズレにくい外付け骨盤ベルト付き。パワーネットを裏打ちしているので、お腹をおさえてヒップアップも期待できます。1枚履きができるところも嬉しいポイント。

サイズ展開は64、70、76の3サイズ。小柄で細身な方には少し大きいかも知れませんね。

 

犬印本舗/産後ママのオールインワンガードル

出典: Amazon.co.jp

犬印本舗 産後ママのオールインワンガードル

マタニティベルト、腹帯などの商品展開が豊富な犬印本舗の商品です。

こちらもピジョンのものと同じ4,000円前後というお手頃な価格ながら、ニッパーとガードルの2役を担ってくれ、骨盤ケアと体型リフォームが期待できます。

3段階に分かれたベルトで、お腹まわりから骨盤までしっかり引き締めてくれます。

サイズ展開がM,L,LLの3サイズ展開なので、こちらも小柄・細身な方には少し大きいかも知れません。

 

ピジョン/産後パーフェクトセット

出典: Amazon.co.jp

ピジョン 産後パーフェクトセット

こちらはピジョンの3点セット。5,000円前後で骨盤ベルト、ウエストニッパー、リフォームガードルがセットになったお得なものなので、出産前に「とりあえず準備しておきたい!」という方におすすめ。単品でもセット使いもできて、産後すぐから長い期間使用することができます。

アウターに響かない薄手素材というのも嬉しいですね。

カラーはブラックとベージュの2色展開、サイズはM、L、LLの3サイズ展開です。

 

ワコール/SUHADA 肌リフト

出典: Amazon.co.jp

ワコール SUHADA 肌リフト

胃の圧迫される深履きが苦手な方におすすめの、セミハイウエストタイプ。

たるみを引き上げてキープしてくれる“肌リフト機能”に骨盤をサポートする機能を加えた産後用ガードルです。素肌に直接履くことで、引き上げたたるみをキープする「すべり止め」機能が力を発揮するそう。

サイズ展開は4サイズ(58、64、70、76)と小柄さんに嬉しい点は、さすがワコール!カラーはブラックと赤みがかったベージュの2色展開です。

 

Movwin/ハイウエスト骨盤ガードル

出典: Amazon.co.jp

Movwin ハイウエスト骨盤ガードル

2,000円以下とお手頃なハイウエストガードル。4本のボーンで、お腹をしっかり引き締め、ヒップアップをしてくれます。ショートタイプなので、太ももの締め付けが苦手な方におすすめ。足回りにレースがついているので、パンツをはいた時に気になる下着のラインが響きにくそうです。

お手頃なので、メインのガードルとは別に洗い替え用に良いですね!

 

Dreamy wing/骨盤ガードル

出典: Amazon.co.jp

Dreamy wing 骨盤ガードル

こちらもハイウエストで丈短めの骨盤ガードル。1,000円というお手頃な価格が魅力的です。

サイズはM-L(ウエスト59~80cm、身長155~170cm、体重45~65kg)、XL-XXL(ウエスト80~100cm、身長160~175cm、体重66~80kg)の2サイズ展開です。カラーはブラックとベージュの2色。

こちらもアウターに響きにくい裾のレースが魅力です。

 

まとめ

出産という人生最大(かもしれない)の仕事を終えても、まだまだママの仕事は始まったばかり。

慣れない赤ちゃんのお世話の毎日で、自分のケアを疎かにしてしまいがちですが、たった6ヶ月という貴重な体型戻しのチャンスを逃さないよう、ご自身に合ったリフォームインナーで理想の体型を取り戻しましょうね!

記事内で紹介されている商品

ワコール シェイプマミーガードル

サイトを見る

ローズマダム ママシェイプガードル

サイトを見る

ワコール シェイプマミーガードル

サイトを見る

ワコール シェイプマミーガードル(骨盤…

サイトを見る

ピジョン 骨盤もっとキュッとガードル

サイトを見る

犬印本舗 産後ママのオールインワンガー…

サイトを見る

ピジョン 産後パーフェクトセット

サイトを見る

ワコール SUHADA 肌リフト

サイトを見る

Movwin ハイウエスト骨盤ガードル

サイトを見る

Dreamy wing 骨盤ガードル

サイトを見る

関連記事