赤ちゃんのために!ベビー布団セットおすすめランキングベスト7

我が家では 息子の妊娠が分かり、妊娠後期に 赤ちゃんの必須アイテムとして ベビー布団を購入しました。

購入しようと思ったきっかけは、赤ちゃんは 柔らかい布団では窒息死の危険があるという記事を読んだからです。生まれたての赤ちゃんが、ふとした事で大人用の柔らかい布団に顔を沈めてしまったり、掛け布団が顔にかかったままで気付かずに放置していたら 窒息死のリスクが非常に高くなるというのです。

何も知らなかった私は、赤ちゃんは柔らかい布団ではなく 硬めの布団が良いということを初めて知りました。その記事を読んで、赤ちゃんの安全を守れるのは 私しかいないんだ!と強く思ったことを覚えています。

また、生まれたての赤ちゃんは 思っている以上に繊細でデリケート。赤ちゃんのことを第一に考えた、赤ちゃん専用の布団に寝かせてあげることで、安心して眠ることができます。

今回は、そんなベビー布団についてご紹介します!

 

ベビー布団とは?

赤ちゃんの足

 

ベビー布団とはズバリ、赤ちゃんのことを第一に考えて作られた、赤ちゃん専用の布団のこと。赤ちゃんにとって一番安全な硬さ、肌触り、サイズが計算されているので、赤ちゃんに最適な布団です。

赤ちゃんの時期だけしか使えないの?と思っているかもしれませんが、そんなことはありません!我が家の息子は、年長。小柄なこともあり、まだベビー布団で昼寝をしています(笑)使い方によっては、長〜く使えるアイテムなんです!!!

 

ベビー布団って必要?

専用の布団なんてなくても、一緒の布団で寝ればいいんじゃないの?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

確かにそうなのですが、もし、大人と一緒に寝ていて、赤ちゃんを圧迫してしまったり、掛け布団が赤ちゃんの上に覆いかぶさってしまったり…といった事故は決して起こらないとは言い切れません。

赤ちゃんの安全の為にも、ベビー布団はあった方が良いでしょう。我が家の下の娘は、寝返りを打つ時期になると 必ずうつ伏せ寝で眠る子でした。窒息が心配だからと 仰向けに寝かせていても、自力ですぐうつ伏せに…

息子は仰向けで寝るタイプだったので、初めてのことに戸惑い、窒息したらどうしよう…と、気が気ではありませんでした。

最初の頃は根気よく仰向けに返していましたが、もうイタチごっこ。この子はうつ伏せ寝が落ち着くんだなぁと割り切ってからは、随分楽になりました。

そんなうつ伏せ寝の時も安心出来ていたのは、赤ちゃんのために硬めに作られているベビー布団の機能のおかげです。柔らかい布団だと、布団に顔が沈んでしまう危険性がありますが、硬めのベビー布団なら 顔に布団が埋まることもなく、しっかり呼吸が出来ます。

また、赤ちゃんは骨の発達が未熟なため、柔らかすぎる布団だと 背骨が歪んでしまう可能性も。適度な硬さのベビー布団で、赤ちゃんの成長を促してあげたいですね。

 

ベビー布団の役割

寝てる赤ちゃん

 

赤ちゃんは、生まれてからはほとんどをベビー布団の上で寝て過ごします。ということは、ベビー布団の環境が、赤ちゃんの成長する環境であるということです。

ベビー布団は、赤ちゃんの成長を促す役割を担っていると言っても過言ではありません。赤ちゃんは、まだ自分で体温の調節をするのが上手ではありません。そのため、ベビー布団は 赤ちゃんに代わって、体温調節をする役割も担っているのです。

 

ベビー布団は洗濯できる素材を選ぼう!

赤ちゃんは 汗をかきやすく、清潔なベビー布団を維持するためにも、洗濯できるかどうかはとても大切。

赤ちゃんが快適に過ごせるように、購入する際には洗濯できる商品かどうかを確認しましょう。

また、どんな種類の素材があるか、以下を参考にしてみて下さい。

 

ガーゼ・ダブルガーゼ

ガーゼはとにかく肌触りが柔らかくて軽く、生まれたての赤ちゃんにも優しい素材。吸水性が良いので、汗もたくさん吸ってくれます。また、速乾性があるのも特徴。

ダブルガーゼは、ガーゼを二枚重ねているので 生地と生地の間に空気の層ができるので、通気性が良くて蒸れにくいのがメリット。ですが、柔らかい素材であるため、デリケートで強い力が加わると破れやすいです。丁寧に扱うようにしましょう。

 

綿

一般的によく使われている素材である綿は、吸湿性や保温力に優れており、身体に優しく、安心の天然素材です。天然素材は、アトピーやアレルギーのお子様にも安心ですよね。ただし放湿性がやや劣るので、お手入れは こまめに日光に当てるようにしましょう。

 

オーガニックコットン

オーガニックコットンとは、3年間農薬を使用していない農地で栽培された有機栽培綿のこと。湿気を吸収すると温度が上がる特徴があり、軽くて暖かいです。

 

ポリエステル

軽くて保温性の高い素材。丸洗いできるので 清潔に保てるのも嬉しいポイント。天然素材に比べて安価なので、お財布には嬉しいですね!ただ、吸湿性、放湿性はやや劣ります。

 

ベビー布団を選ぶポイント4つ

お母さんと赤ちゃん

素材で選ぶ

赤ちゃんの肌に直接触れるベビー布団は、安心、安全な素材でなければいけません。また、洗濯しやすい素材ということも考慮しましょう。

ベビー布団は、敷布団と掛布団で素材が違うことが多いです。掛布団は、軽くて保温性の高い 羽毛がオススメ◎敷布団は、低反発より高反発を選びましょう。

 

サイズで選ぶ

赤ちゃんを寝かせる場所にもよりますが、ベビーベッドに寝かせるなら、ベビーベッドの大きさをきちんと測ってから布団を購入して下さい。

最近は、コンパクトなベビーベッドが多く販売されているので、ベビー布団が大きすぎて入らなかった!ということにならないように注意が必要です。コンパクトなベビー布団は 持ち運びも楽で場所を取らず、さっと準備できるのがポイントです。

 

デザインで選ぶ

かわいらしいデザインの商品もたくさん!赤ちゃんの時期ならではのかわいいデザインは、きっと大きくなっても思い出に残るはず。

もし、きょうだいのことを考えるなら、下にも回せるように男女が分かるような色やデザインを避け、性別がどちらでも大丈夫な商品を選びましょう!これ、意外と後から後悔するパターンが多いんですよね…

はじめての子供だと舞い上がって、性別に合わせた色やデザインにしてしまい、2人目でしまった!となるのは、はじめての子供あるあるではないでしょうか(笑)洋服や小物など、買い替えるものなら良いですが、ベビー布団などの割と値段が張り、あまり買い替えの必要がないものは、使いまわせた方が無難です。デザインを検討する際に、ぜひ頭の片隅に置いておいて下さいね!

 

付属品で選ぶ

ベビー布団といっても、敷布団、掛布団、枕、ベッドガード、防水シーツ、敷きパッド、それぞれのカバーなど 揃えなければいけないものもたくさん!それらが全てセットになっていると、一から全て準備するより とっても楽ちんですよね。

ベビー布団は、セットになっている商品がほとんど。セットに入っている付属品をよく確認し、買い足す必要がある物はチェックしておきましょう。

 

子育て主婦ライターが選ぶ!ベビー布団セットおすすめランキングベスト7

第7位 洗えるベビー布団 10点セット

出典: Amazon.co.jp

洗えるカバーリング ベビー布団10点set

内寸70×120㎝のベビーベッドに使用可能な日本製のベビー布団。敷布団以外は、すべて洗濯できます!

ポイントは掛布団!厚手と薄手を組み合わせた2枚合わせの掛布団を使用しており、季節や部屋の環境に合わせて、寒い時期は2枚を組み合わせて、暑い時期はどちらか1枚で、調節することができます。年中通して使える掛布団があれば便利ですよね。

9種類の動物を集めた、ポップで可愛いデザインもポイント!

 

第6位 ファルスカ ベッドインベッド フレックス シープ&ホルン

出典: Amazon.co.jp

ファルスカ ベッドインベッド フレックス シープ&ホルン

新生児から、5歳まで使えるというこちらのベビー布団。ベッドインベッドと言われるもので、成長に応じて形を変えて使用できます。新生児の添い寝から、大きくなったお座りまでをサポート!

コンパクトに折り畳めるので、ベビーベッドのように場所を決められることなく、どこへでも持ち運び可能です。例えばリビングから寝室へ、時には帰省時の簡易ベッドとしても◎

素材は、肌に優しいオーガニックコットンガーゼを使用。生地は柔らかく吸湿性・保湿性に優れており、心地よい肌触りです。

敷きパッドは、はずして洗濯可能だから、汚れてもすぐ洗濯できるので安心!

 

第5位 ディモワ ミニ布団セット

出典: Amazon.co.jp

10mois ディモワ  ミニ布団セット ラッセルスルーマット

内寸60×90cmのミニサイズベッドに合うベビー布団セット。シンプルで控えめなデザイン、カラーはどんな部屋にも馴染みむす。

このベビー布団、マットレスが非常に特殊で、ラッセルスルーマットと言うそうです。このマットは、ポリエステルの縦型繊維構造で水切れが良く、速乾性に優れています。これは、アレルギーの原因になるチリ、ダニの温床になりにくい、クリーンな素材です。

また、立体的な繊維構造は復元性と体圧分散に優れているので、体が沈み込まずフラットな状態を保てます。2枚セットなので1枚を汚しても、もう1枚が使えるのは嬉しいですね!

 

第4位 サンデシカ ミニ布団5点セット

サンデシカ ミニ布団 5点セット

ママ達の声を聞いて、改善されたベビー布団セット。本当に必要な物しか入っていないので、使わない物がありません。必要な物は人それぞれなので、もし後から必要になれば買い足せば良いんです。

一番のオススメポイントは、全て丸洗いできるということ!敷布団も、全て丸洗いできちゃいます!排泄物の汚れや、ミルクの吐き戻しなどで頻繁に洗濯できるので いつでも清潔ですよね。また、日本国内の材料で作られた国内産だから、安心なのも◎

 

第3位 un doudou ベビー布団 11点セット

出典: Amazon.co.jp

un doudou ベビー布団 11点セット

素材にこだわって作られた、こだわりのベビー布団。オーガニックコットンダブルガーゼ地を使用した、オリジナルです。化学薬品を使用しないで作られたものなので、肌への刺激が少なく 敏感なお肌の赤ちゃんにも安心ですよね!

掛布団は2枚入りで、寒いときは2枚で使用し、暖かい時期は1枚で使用できるので季節に合わせて使い分けることができるのは便利です。こちらは11点セットなので、買い足しも不要!これだけ揃っていれば安心の、ママには強い味方です。

 

第2位 ラーフェンズ 洗えるオーガニックベビー布団 6点セット

出典: Amazon.co.jp

ラーフェンズ 洗えるオーガニックベビー布団 6点セット

赤ちゃんのために、羽毛布団を買ってあげたいけど、丸洗いできないし、アレルギーも心配…というママ必見!

極細のつぶ状の綿が羽毛と同じような働きをするヌード布団を採用した、とっても軽くてあたたかなベビー布団。

まるで羽毛布団なので、フィット感と保温性は抜群。体温調節が未熟な赤ちゃんに快適な環境です。もちろん丸洗いも可能!

赤ちゃんの肌に触れる部分は最上級のオーガニックコットンを使用しているので、敏感肌の赤ちゃんにも安心◎

必要に応じて 6点、8点、9点、10点のセットから選べます!

 

第1位 京都西川 ベビーサイズ羽毛組ふとん10点セット ペアタイプ

出典: 楽天市場

京都西川 ベビーサイズ 羽毛組ふとん10点セット

有名な布団メーカー、京都西川のベビー羽毛布団セットです。

掛け布団には「ホワイトダックダウン90%」を使用した「羽毛合掛け布団(0.15kg)」が2枚入っています。掛け布団はホックで調整するツインタイプで、季節に応じて調節が可能。

敷き布団は、水分を吸収し すばやく移行・発散する、湿気がこもりにくい構造になっています。また、丈夫でとっても長持ち!8万回耐久テストの結果、一般的な固わた敷きふとんと比べて1.7倍の耐久性があります。これなら、下のきょうだいにも使えますね。また、シャワーでさっと水洗いできてすばやく乾きます。

 

ベビー布団の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビー布団の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

プレママ・プレパパのみなさんへ♪ご家庭にあったベビー布団を探してみてくださいね。

いかがでしたか?新生児の赤ちゃんにとって、生活の大部分を過ごすことになるベビー布団。だからこそ、安心、安全な品質にこだわりたいですよね。かわいい赤ちゃんのための、最初のプレゼントとも言えるベビー布団。快適な環境でぐっすり眠り、すくすく成長して欲しいですね!

記事内で紹介されている商品

洗えるカバーリング ベビー布団10点set

サイトを見る

ファルスカ ベッドインベッド フレックス…

サイトを見る

10mois ディモワ  ミニ布団セット ラッ…

サイトを見る

サンデシカ ミニ布団 5点セット

サイトを見る

un doudou ベビー布団 11点セット

サイトを見る

ラーフェンズ 洗えるオーガニックベビー…

サイトを見る

京都西川 ベビーサイズ 羽毛組ふとん10点…

サイトを見る

関連記事