これがあれば楽々授乳!赤ちゃんのグズリ防止にも使える授乳ケープおすすめ5選

もうすぐ赤ちゃんが産まれるプレママのみなさんやまだ赤ちゃんを産んだばかりで毎日がはじめてばかりの新米ママさんは、たくさんの赤ちゃん用品にハテナマークがたくさんついてはいませんか?

今は、便利な育児グッズがあふれるほどあります。全部必要だと思うと大変な出費にもなりますよね。

育児グッズは、ママの育児生活を楽にするグッズです。なので、必要不必要があります。それから、なくてもいいけどこういう生活スタイルの人はあると確実に便利だと思うものもあります。

それが、今回取り上げる授乳ケープですね。なくても授乳はできます。でもあったらとても便利。

それから、授乳ケープは赤ちゃんのものではありません。ママのお助けグッズです。これがあれば、恥ずかしい思いも嫌な思いもしなくて済みます。

3人の子供を持つ私が授乳ケープをおすすめする理由を子育てをしてきたからママ目線でお話したいと思います。

 

授乳ケープとは

授乳ケープについて書かれているものは、ちょっとわかりにくいですよね。

まるで、赤ちゃんの授乳には必要だというふうに書いてあるのですが、ママのレビューには「赤ちゃんが汗をかいてかわいそう」とか「暑くてつらい」とかもありますよね。

普段、授乳をするときや授乳室がある場合などは全く必要のないものなんですよね。なので、この辺は我慢するか素材を選ぶか短時間に済ますしかないです。

授乳ケープは、はっきり言うと「私のおっぱいを見ないでください」というグッズです。授乳中には胸元を外に出さないといけません。おっぱいを出さないと赤ちゃんがお乳が飲めないですからね。トップを出すことになります。グラビアとかでもなかなか出さないものですよね。

赤ちゃんを産むと一生懸命で胸元をはだけながら毎日朝から晩までおっぱいをあげてるかんじになるので恥ずかしさが麻痺してしまうものですが、結構目立つんですよね。

それから、赤ちゃんはお腹がすいているときにおっぱいをほしがるのではないです。寂しいときやこわいときもおかあさんのおっぱいを吸うと安心するという赤ちゃんが多いです。

ここが困りものなんですよね。たとえば、上にお子さんがいれば発表会とか参観日などで赤ちゃんを連れていかなければならないときもあります。夫の実家に行けば義父母もいますよね。席をはずして授乳できるとは限らない。中には配慮なく覗き込んでくる人もいます。

その場合に、授乳ケープを使えば、胸元を隠すこともできますし、なによりこれをつけることで「私のおっぱいは見ないでください」というメッセージも相手に伝わるわけです。

はじめてのお子さんで育児サークルくらいしか外出しないなら必要はないものですが、上の子がいたり親戚づきあいがあったり社会とつながりが何かしらある方は、持っているととても重宝します。

それから、自分だけでなくまわりの配慮にもなりますよね。やはり、周りに男性などがいる場合は目のやり場にも困りますからね。母親になっても女を忘れずに周りには配慮したいものです。

 

授乳ケープのメリット・デメリット

育児グッズにもメリットとデメリットがあります。授乳ケープの場合は、赤ちゃんのためではなくママのためのお助けグッズであるので、ママにとってはメリットでも赤ちゃんにとってはデメリットもあります。でも、工夫することで負担なく使えます。

 

メリット

授乳中の胸元を隠すことができます。授乳室がなくても、まわりに知らない人がいても授乳ができます。授乳をすると赤ちゃんが落ち着いて泣きやみます。

お腹がすいていなくてもおっぱいを吸わせていればそのうち安心して眠るので、上のお子さんの発表会などでは、目立たない後ろの席や端の席に座ってるときにこっそりと授乳すれば、泣き声やグズリで迷惑をかけることもないし、席を立たないといけないことも減ります。

みんなは前を向いているのでコツをつかめば授乳はできますし、私のように3人子供がいて転勤族とかだと預けるところもないので、授乳ケープを味方にしてこれで乗り切ってきました。

おっぱいってママにとって最強なんですよね。わたしは、完全母乳ではありませんでしたが、おっぱいを吸うと安心して寝るタイプの子供たちだったので、泣いたらおっぱいをキーワードにがんばっていたような気がします。

それから、授乳ケープを使うことで、赤ちゃんが布につつまれているようになって安心して寝ることもあるのでかわいさも大事ですが、素材のやさしいものを使うとさらにいいと思います。

 

デメリット

授乳ケープは、ママのおっぱいを隠したいグッズなので布をかぶせることになります。

いろいろなタイプがありますが、赤ちゃんも暑いしママも暑いです。夏は、クーラーが効いている場合が多いので室内はやや大丈夫の場合もありますが、冬は暖房が利いていると最悪ですね。春や秋も、赤ちゃんが体温が高いので「ぬいぐるみ湯たんぽ」を布でつつんでる感じで授乳するので暑いです。

これは、しょうがないところがあります。薄かったり網みたいになってたら涼しいでしょうが、おっぱいが丸見えになるので意味がないですよね。

 

赤ちゃんは頭から汗をかくのですごく汗びっしょりになった感じもしますが、背中と頭くらいなので授乳した後に寝たら頭と背中をタオルで軽く拭いてあげるとか、長い時間すわっていなければならないときはママも薄着で行くようにするといいです。

羽織りものは脱げる感じですね。美容院とかもケープ暑いときありますよね。冬でも暖房きいてるから羽織りものをきて中身は薄着をしときますよね。そんな感じで服装も気をつけるのもいいです。

授乳ケープについては、口コミで使用感をたくさん読むのもいいですね。いいものも悪いものも読んでみましょう。ポイントは暑さなので、ここを書いてない人の口コミが多いと使いやすいとも言えるかもしれませんね。

 

授乳ケープ選びのポイント

授乳ケープは、ママ用なので赤ちゃんが男の子であろうが女の子であろうがママの好みで選べます。何枚もっていても重宝はするので、はじめてお子さんが産まれる友人への出産祝いとしても喜ばれますよ。

 

デザインで選ぶ

授乳ケープは、いわゆるファッションの一部として考えていいです。自分のいつものスタイルの雰囲気に合わせて選ぶのがいいでしょう。

もちろん、大きなもので座って使うので上半身が隠れてしまうのでそこまで気にする必要はないと思いますが、トータルコーディネイトとして考えるなら服に合わせやすいシンプルなものがいいですね。

それからベビーカーで寝ている赤ちゃんの上に布団がわりにかぶせたり、おむつ替えシートなどに使ったりもできるものでもあるので使うことも多くなってきますので、自分が好きなデザインのものを選ぶことが大事だと思います。

授乳のときに使うので、母乳で汚れたり汗で汚れたりと洗うことも多くなると思います。よく使うなら2~3枚デザイン違いで持っていると選ぶ楽しみもプラスされるかなと思います。

イメージとしてはエプロンやストールのような小物として考えるといいかもしれません。1枚でも足りては足りてはいるけど、あればあるほど選ぶ楽しめるものということです。

 

素材で選ぶ

素材についても、いろいろなものがあります。お洋服とそんなに変わらないですね。ポリエステルやレーヨン、綿や伸びる素材など、洋服のようにいろいろとあります。

赤ちゃんが生まれる月で考えるといいかなと思いますね。暑い時期に生まれるなら素材は薄めの涼しいものがいいですよね。

授乳ケープは、暑さがみんなの悩みになりますので、ママの体質も考えてみるといいです。暑がりなら薄めとかですね。

ただ、胸を隠して授乳するというのが1番の目的なので厚めのほうが光でも透けないということもありますし、綿だと赤ちゃんへの肌触りがいいなどの利点もあります。

デザインでまず選ぶと思いますが、素材のことも、もしも普段から自分の服にこだわっているなら考慮するべきかなと思います。でも、普段あまり服の素材などにこだわっていなければ、そこまで重視することもないかなと個人的には思います。

 

サイズで選ぶ

サイズというのは大判かどうかということですね。ほとんどの場合フリーサイズだと思います。

ただ布の量がメーカーによって違いますね。すっぽりとポンチョのように全身隠すものやエプロンのように首からかけるものなどが主流になっていますが、布の量が微妙に違います。

わたしは、大きい方が赤ちゃんも楽だし風通しも多少良くなるようなような気もするし、万能かなとは思います。

でも、授乳は慣れてくるとすごく早く適切におっぱいを赤ちゃんのお口へ含ませるようにできるようになるんですよね。その場合は、小さめなサイズでも大丈夫だと思います。慣れていない新米ママは大きめ、慣れてきたママは大きめでも小さめでも自分の好みで選べんでも大丈夫だと思います。

 

価格で選ぶ

赤ちゃん用品は一時的に使うものだからできれば安い方がいいですよね。

でも、ここは注意なんですよね。洋服と同じで安くていいものも、もちろんたくさんあります。でも、そうでないものも安いものは多いです。

実店舗なら直接見ることもできますし、少しほつれや汚れなどあってもすぐレシートを持っていけば交換できますが、ネット販売の場合は届くまでわかりません。もし不具合があったとしても返品にも交換にも手間もかかりますし、送料などもはっきり負担してもらえるかもわかりませんよね。

だけど、ネット販売は安いです。同じようなものがネットではずいぶん安いと思います。なので、わたしのおすすめするのは安すぎるものは買わないことです。だいたいこのくらいからこのくらいだろうなというのが商品を選んでいるとわかってくると思うんですよね。

その中で、なぜかとても安すぎるというものは授乳ケープに限らずネット販売ではもう1度商品や口コミを確認するほうがいいですね。

それから、授乳ケープは洋服のようなものでもあるので、値段はそれぞれです。価格と自分の好きなデザインや使いやすさなどを比較して、できるだけ使いやすそうなものから選ぶ方がいいと思います。価格だけにこだわるのは危険です。

 

ワイヤーの有無で選ぶ

授乳ケープは、主にエプロン型とポンチョ型とストール型があります。

簡単に説明すると、エプロン型は首にひもをかけるタイプです。ポンチョ型はそのままかぶるタイプです。ストールや巻きつけたりボタンで留めるタイプです。

ワイヤーとはソフトワイヤーのことで、主にエプロンタイプについています。首元にワイヤーがあるので、体からちょっと浮いて赤ちゃんの顔を見やすいし、体と少し離れるので涼しさもあるかなと思います。

ワイヤーはあるとさらに便利かなとは私は思いますが、ポンチョはかぶるので素早く授乳が開始できるし外から見えにくくて安心ですし、ストール型は、授乳が終わってもストールとしてもずっと使えたりもしますのでどちらが絶対にいいというのはないと思います。

それから、ワイヤータイプは使いやすいですが少し価格が高めです。授乳ケープはママの便利用品ですので、どこの部分にこだわりたいかで決めるのがいいと思います。

 

おすすめの授乳ケープ5選

授乳ケープは、やはりネットで探すほうがいいかなと思います。

なぜなら、赤ちゃん用品店などには置いてある数が少なく高いものが多いからです。たくさん、店舗を周れば好みのものが見つかるかもしれませんが、お腹が大きかったり赤ちゃんがいるとお店周りは大変ですよね。

ネットでは、たくさんの授乳ケープが販売されています。実際に使ったママなどの口コミも多いですし、価格もいろいろあるので自分の好みが選びやすいと思います。

ネット販売してある中で、人気の高いものや3人育ててきた私が見て実際に便利で使いやすいだろうなと思うものを厳選して5タイプ紹介します。

実際に商品説明をみると使うイメージが湧くと思いますので、プレママのみなさんは、ぜひご覧になってください。

 

Sweet Mommy 授乳ケープ 大判 日本製ソフトワイヤー入り

 

こちらは、日本製のソフトワイヤー入りですね。上手に使えるようになると赤ちゃんのお顔をみながら授乳できますし、ちょっと間があくので赤ちゃんの楽かなと思います。

なんといってもデザインがたくさんあり選べることも人気です。巾着つきなのでバッグに収納しやすいし小さく畳めるので邪魔になりません。

こちらは、 意匠登録済みの商品なんですよね。機能性、デザイン性ともにこだわった商品であるかなと思います。たっぷりフリルがかわいらしい大判サイズの授乳ケープです。デザインであるストライプの生地は、サラッとした肌触りの良い上質シアサッカー素材です。

軽くてシワになりにくく、肌にまとわり付かず清涼感があるので、暑い授乳中にぴったりなアイテムです。 おしゃれな凹凸感と素朴な風合いのシアサッカー素材は薄手で軽いのに、密度の高い織物なので、薄いカラーでも透ける心配がありません。

チェックの生地は上質な先染めジャガードギンガムです。 シックなカラーと甘すぎないギンガムチェックが、大人可愛い表情を織り成します。フラワーの生地は、上品でしなやかなシルケット加工です。しわになりにくく、シルクのような高級感もあります。

赤ちゃんがベビーカーで眠っている時に、ブランケットとして活用もできます。選べるデザインも多く、かわいらしくて機能性にも富んだ使いやすい授乳ケープだと思います。

 

FunMarket 360度安心 ママパパ兼用 授乳ケープ

こちらはワイヤーなしのポンチョタイプのものですね。そのままかぶれるので瞬時に授乳できます。ボーダー柄ですね。かわいらしい授乳ケープも多い中、シンプルで使いやすいと思います。

男性も兼用と書いてあるのは、授乳するというのではなくて、寒い冬におくるみとして使ったりベビーカーにかけたりするときもボーダーでシンプルなのでパパも使いやすいということですね。

360度ぐるりと隠せるポンチョ型の授乳ケープは、ぐずって足をバタバタさせてもすっぽりと覆って包むので赤ちゃんの安心するし、ママも授乳ケープがめくれる確率も低くなり安心だと思います。 素材は、綿とポリエステルです。

軽量コンパクトで小さくたためます。ベビーグッズは、甘めのデザインが多いのでこういったカジュアルなデザインで何度も洗っても強い厚手の生地のものは、兄弟姉妹ができても長く使えると思います。

 

Belle Poque 授乳ケープ

とてもシンプルです。見た目だけでみるとかわいいと思えないですが、授乳ケープをママのお助けグッズと考えるならこれくらいのものでも充分です。ワイヤーはついていません。2人目以降のママならこういうものを選ぶかなと思います。

安くてシンプルで毛玉ができないので洗濯も気にせずジャブジャブ洗えます。一色のとてもシンプルなものなので 普段着のようなデザインなのでさりげなく使えると思いますね。

さらっとしてる生地感は赤ちゃんにも優しいし飲食店などでは、ぐずることが予想されるので、あらかじめかぶっておくのもいいかもしれません。実際に、そのように使われているママの口コミもありました。

とてもシンプルなのであらかじめかぶっていても、違和感がないのは便利だと思います。首周りにボタンがついているのでボタンで調節できます。少し開ければ赤ちゃんの顔も見れますね。袖はまくってボタンで留められるのも夏の暑いときなども便利です。

授乳ケープを選ぶときにどうしても柄物のデザインに目が行きますが、飽きずにどんな服にもあうと考えるとこういったシンプルすぎるようなものがベストなのかもしれませんね。

 

stallion着たまま 授乳ケープ

デザインを見てびっくりしました。チュニックとしてお洋服のように着られる授乳ケープですね。授乳Tシャツと言ってもいいですね。こちらもワイヤーはなしです。

産後は体型が戻らない人も多く、ダボっとした服を着ますのでちょうどいいですね。

授乳目的というよりは、おっぱいで落ち着くタイプの赤ちゃんのママにとくにいいと思います。お腹がすいていなくてもぐずるとおっぱいを吸わせると泣きやむという赤ちゃんってすごく多いんですよね。ミルクのママでもいます。

そういうタイプの赤ちゃんは時間問わずおっぱいを含ませないと泣きやみません。そういう場合、ママは時間がないので上の服をめくっておっぱいを吸わすしかなくなります。

そういうときにこのタイプならいつでもおっぱいをすわせることができるので外出や上のお子さんの参観日とか発表会など席を立てないときや、となりとの距離が近いときにとても重宝すると思います。

普通は授乳ケープは服の上に着るので暑いんですよね。これなら、授乳ブラの上に直接きることもできるし何か着てもタンクトップに重ねるくらいなのでとても重宝すると思いますね。袖にリボンがついていてデザイン的にも可愛いと思います。

お色は、 グレー、ブラック、パールグレーの3色ですね。どれも使いやすい色なのもいいと思います。授乳が終わっても着られるのもいいですよね。

 

Copper Pearl(コッパーパール) Stretchy Multi-use Cover 伸縮自在 ポンチョ型 授乳ケープ

伸縮性がある授乳ケープですね。ワイヤーはついていません。ダボっとしたものが多い中、逆転の発想でぴったりと密着できる授乳ケープです。

見た目もとってもおしゃれだなと思いましたが、体にしっかりフィットするから逆に空間がつくりやすいかもしれません。生地がのびるので、ママが腕などで調節ができると思います。ベビーカーなどにもすっぽりとつけられるしぴったりとくっつくのでずれにくくいいなと思います。

伸縮性のある素材なので授乳中にベビーの様子を見るのも、手で伸ばしてのぞけるので簡単ですね。赤ちゃんがぐずったり暴れても伸縮性があるのでめくれることもありません。

素材は、なめらかな肌触りのレーヨンと伸縮性に優れたスパンデックスを使用しています。軽量で畳むとコンパクトになるのでママバッグの中で場所を取りません。とくに、胸元をしっかり他人の目からガードしたい方にはとてもいい授乳ケープだと思います。

 

まとめ

女性にとって胸は、誰かに見せることはとても恥ずかしいものだったはずなのに、ママになると授乳が1番の仕事になりますよね。

助産師さんには母乳マッサージされるし、授乳ってなかなむずかしいもので赤ちゃんも上手に飲めないこともあったりとおっぱいを常に出しての生活がはじまります。

恥ずかしいとか言ってる場合じゃなくなるほど忙しくなります。だけど、家にずっとこもっているわけではなく、だんだん赤ちゃんと一緒に社会復帰するようになります。

赤ちゃんを連れての新たな世界は、こんなに不便だったのかとびっくりするものです。それから、いつものように泣いたりぐずったら授乳をしようとおもうけど、授乳室が完備されているとは限らないのであたふたしちゃうんですよね。でもやっぱり人の目は気になります。気にはなるけど、泣きわめく赤ちゃんをどうにか泣きやませたいと思ときに授乳ケープはママの強い味方になりますよ。

記事内で紹介されている商品

Sweet Mommy 授乳ケープ 大判 日本製ソフ…

サイトを見る

FunMarket 360度安心 ママパパ兼用 授乳ケ…

サイトを見る

Belle Poque 授乳ケープ

サイトを見る

stallion 着たまま 授乳ケープ

サイトを見る

Copper Pearl コッパーパール Stretchy Mu…

サイトを見る

関連記事