2児ママが教える!キッズサンダルおすすめ4選

夏になるとスニーカーよりもサンダルが快適ですよね。大人以上に汗をかく子どもなら、きっとなおのこと。

我が家では子どもの歩きが安定し始めてからは毎年、夏にサンダルを用意しています。そこで今回はキッズサンダルについて、タイプ別などでおすすめを紹介したいと思います。

 

キッズサンダルは必ず必要?

うちの息子2人は保育園児なのですが、普段の登園などは基本スニーカーです。
でも夏になるといつも以上に汗をかくので、スニーカとサンダルを日替わりで履いています。(保育園によってはサンダルNGの指定があるようですが、うちの保育園は特に指定がありません。)

登園や日常生活においてはサンダルは必ず必要というわけではないと思います。むしろ歩きはじめたばかりの赤ちゃんなどは、できるだけ足首や足の甲が固定されたスニーカーのほうがおすすめです。

しかしながら、夏の外遊びで水鉄砲で遊んだり、噴水でパチャパチャ涼んだり…と、ことあるごとに水に触れたがる元気な子どもたちにとっては、水はけがよく乾きやすいサンダルがやはり快適だと思います。

それ以外では、プールやビーチなどのレジャーに行く場合もやはり準備しておきたいものですね。暑くなった砂やプールサイドで火傷をしたり、滑って怪我をしては大変です。
プールやビーチを予定しているなら、ソールが滑りにくいサンダルはひとつ用意された方が良いかと思います。

ただし前述した通り、歩き始めたばかりの赤ちゃん〜よちよち歩きの間はそのサンダルの形に注意が必要です。子どもの年齢や用途にあわせて、サンダルを選びましょう。

 

キッズサンダルはどれぐらいからのサイズをさすの?

メーカーや店舗によって、「キッズ」向けとしてのサイズ取り扱いは様々です。

キッズ=何センチ〜、などの決まりはないとは思いますが、メーカーにより、15cm〜/16cm〜あたりからがキッズ展開として用意されているものが多い印象です。
メーカーによっては12cmくらいのベビーサイズから20cm前後までサイズ展開があるものもあります。

その場合はベビー/キッズ関係なく、兄弟でお揃いや色違いを楽しむことができて良いですね♪

 

キッズサンダルは素足から+0.5cmを目安に!

子どもの足は成長途中。毎日履くスニーカー等同様、サンダルも当然ながら足に合ったものを選びましょう。

子どもの足はすぐ大きくなるため、すぐサイズアウトしてしまうから…と大きめを選びたくなりますが、サンダルが活躍する期間6~9月あたりのせいぜい4ヶ月ほど。

翌年はまたサイズが変わるので、その時にピッタリサイズを選びたいですね。

我が家では毎年5月頃にその年の夏用のウォーターシューズを用意します。
基本的に素足で履くものなので、素足の長さから+0.5cmを目安に、幅などメーカーのつくりに合わせて試着をして選びます。

例えばキッズシューズ専門のイフミーは、インソールが取り外しでき、そのインソールに足型のくぼみがついています。インソールを取り外して、それに足をあわせてサイズを選ぶことができるので安心です。
その他、靴売り場などでサイズを測ってもらい、シューフィッターさんに相談するのもおすすめです。

ネットだとデザインの選択が豊富だったり何かと便利ですが、靴に関しては、一度は実店舗で試着してみてからの購入が良いかと思います。
(我が家も、サイズの確認は店舗で行い、メーカーや形を決めて、ネットで購入する、ということも大いにあります。)

 

キッズサンダルのタイプ

ロコン

大人同様、キッズ向けも基本のサンダルのタイプは以下の3つ。
前述の通り、年齢や用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

特に歩き始めて間もないよちよち歩きの赤ちゃんは、しっかりとつま先やかかとが保護され、足の甲をストラップで固定できるものが理想です。

 

ビーチサンダル型

いわゆる足を入れてつっかけるビーチサンダル型、かかとにストラップがあるものもありますね。

気軽に履けて、脱ぎ履きも楽ちんですが、よちよち歩きの赤ちゃんにはおすすめしません。しっかり歩けるようになり、自分のことが自分でできる4,5歳くらいからがおすすめです。

走ると脱げやすかったり、素材がゴムや樹脂素材のため、吸湿性がなく、汗でサンダル上で足が横滑りしたりすることがあります。

ちなみにマイペースで若干どんくさいうちの5歳の息子はまだビーチサンダルは履いていません…
よく足をぶつけたり、走り回っている最中につんのめって転んだりするシーンを見ていると危なっかしいのです。

 

ウォーターシューズ型

つま先とかかとがカバーされていて、甲が深く、しっかりとストラップで固定できるものが多く、スニーカーのようにしっかりと足全体が包まれるものが多いです。

インソールもゴムや樹脂製のものからメッシュ素材のものなどもあります。

水抜き穴が開いているものなどが多く、通気性と水はけが良いのが特徴です。しっかりとストラップで固定されるものであれば、歩き始めてしばらくした1歳半頃から履けるのではないでしょうか。

我が家では、長男が歩き始めた翌年(2歳前頃)からこのウォーターシューズ型を毎年履かせています。
欲を言えばインソールがメッシュ素材で吸湿してくれたり、取り外せて洗えたりすると良いですね!

 

クロックス型

つま先はゆったりとおおわれていて、かかとが開いているもの。ビーチサンダル同様、さっと履くことができるのにつま先がカバーされているので、ビーチサンダルよりは安心感があります。

しかしながらつま先部分はゆったりした作りのため足先が固定されず、かかともあいていてこちらも固定されていないため、やはりよちよち歩き〜3歳頃まではおすすめしません。

また、ビーチサンダル同様、素材がゴムのような合成樹脂のため、サンダルとはいえ汗を吸わず、通気性が良いとは言えません。
長時間の着用は個人的には避けたいと考えています。

ただ、我が家ではベランダにこちらを子ども用に置いています。洗濯物干しをお手伝いしたがるので、2歳の次男でも自分でさっと履けるように…ウォーターシューズのようにいちいちマジックテープでとめる必要がないので、気軽に履きたいシーンでは活躍してくれます。

 

キッズサンダルを選ぶポイント

前の項目でも述べましたが、基本的には我が家では夏のキッズサンダルといえばウォーターシューズを愛用しています。4,5歳以上のキッズになれば、用途や好みにあわせて選択肢が豊富です。

例えば、気軽にさっと履きたい時やプールやビーチで遊ぶ際はビーチサンダルやクロックス型を、公園などで水遊びや噴水遊びなど、アクティブに動きながら遊びたい時はウィーターシューズを、親と同じようにオシャレにコーディネートするなら、大人にも流行中のスポーツサンダルも良いですね。

しかし足の踏ん張り、踏み込みが安定しない1〜2歳、まだまだ走るとバランスを崩して転びやすい3歳頃のキッズは、以下のポイントに注目して選んでいただければと思います。

 

つま先がカバーされているか

歩き方が安定しない間は、つんのめって転んだり、ぶつかったりと、なにかと危なっかしいですね。

お友達とじゃれあって足を踏まれることもありますが、そんな場合でもつま先がガードされていると安心です。

足とサンダルが離れないようにストラップがついているものがおすすめです。

安全性を重視して足を守れるようなサンダルを選んでください!

 

かかと〜甲がしっかり固定されているか

踏み込みが不安定な間は、かかと部分が浮かずに足の動きに沿ってくれるものの方が安定して歩くことができます。

かかとが浮いてしまうと、脱げないか気になってしまい、歩き方にへんなクセが出てしまうことも…

しっかりと甲をストラップで固定して脱げないようにホールドし、歩き方が安定しない間はしっかりと正しい歩き方を覚えることが重要です。

またかかともつま先同様、ガードされているとより安心です。

サンダルが引っかかり転んでしまうケースもあるようなのでしっかり固定できるものがおすすめです。

 

素材はどうか

大人以上に汗をかく子どもたち。せっかくのサンダルでも吸湿性や通気性が悪いと蒸れてしまい、不快なだけでなく臭いの元になってしまいます。

インソールや本体はできればメッシュ素材を選びたいものです。濡れたり洗ったりしても乾きやすく、汗を吸収しつつ湿気を逃してくれます。

通気性の良いものなら快適に・清潔に履くことができます。

ゴムや合成樹脂製であればこまめに洗って清潔に保っておきたいですね。

ゴム素材のものは靴擦れになりにくくいものもあるようです。なるべく柔らかく衝撃を吸収してくれるようなものがおすすめです。

 

これがおすすめ!キッズサンダルおすすめ4選

IFME ウォーターシューズ 男の子向け

出典: Amazon.co.jp

IFME ウォーターシューズ 男の子向け

うちでも毎年愛用しているイチオシはこちら。早稲田大学スポーツ科学学術院と一緒に研究開発されているイフミーのキッズシューズのウォーターシューズ。

靴底とインソールどちらにもあいている水抜き穴がついており、夏の水遊びや雨の日でも快適!本体も乾きやすいEVA素材なので、洗ってもすぐ乾くのが嬉しいです。

また、足の動きに合わせて曲がりやすいソールと、土踏まずの形成を助ける窪みのついたインソールで足指を曲げ伸ばしやすくし、足の成長を助けます。

インソールが取り外せる点もポイント。じゃぶじゃぶと洗えて衛生的です。
色んなキッズアパレルブランドとコラボもしており、デザインが豊富な点も、選べる楽しさがありますね♪

 

IFME ウォーターシューズ女の子向け

出典: Amazon.co.jp

IFME ウォーターシューズ女の子向け

 

IFME×bransesコラボ

出典: Amazon.co.jp

IFME×bransesコラボ

 

IFME×F.O.インターナショナルコラボ

出典: Amazon.co.jp

IFME×F.O.インターナショナルコラボ

 

アシックス サマーシューズ AMPHIBIAN BABY

出典: Amazon.co.jp

アシックス サマーシューズ AMPHIBIAN BABY

スポーツブランドであるアシックスは、ベビー~キッズのスニーカーにも定評があります。こちらのサマーシューズもマラソンシューズなどにも使われている通気性にすぐれた「ラッセルメッシュ」という素材を使用しており、汗っかきの子どもでも安心!

また、インソールを外して洗えるので、靴内を清潔に保てます。インソールのみ別売りもされているので、においや汚れが気になれば買い替えも可能です。
温度の変化にかかわらず、やわらかさを維持させる素材が使われているため、グリップ性にもすぐれています。

カラーバリエーションも、ブルー、オレンジ、明るいピンク、落ち着いたピンク、ラベンダーと5色展開で、男の子でも女の子でも似合います。

 

KEEN スポーツサンダル

2003年に生まれたアメリカ・カリフォルニア発のシューズブランドであるキーン。 アウトドア向きに作られているため、つま先やかかとがしっかりと守られているのが特徴です。

創業モデルであるこちらの「Newport」では、そのつま先保護のデザインから「靴を超えたサンダル」として、サンダルの新しい潮流を作りだし、アウトドアシーンのみならず、多くの人の注目を集めました。

足の甲の深くまでしっかりと守ってくれているため、よちよち歩きの赤ちゃんでも安心です。そのため、サイズ展開も11.5cmのベビーサイズから23.5cmのジュニア、むしろ大人の女性くらいまで履くことができる幅広いです。

 

ニューバランス サマーシューズ

出典: Amazon.co.jp

ニューバランス サマーシューズ

我が家でもスニーカーを愛用しているニューバランス。サンダルも作りにこだわっています。つま先まで巻き上がったラバーにより安全性・耐久性を高めるとともに、フィット性、ホールド性も向上。夏の水遊びやキャンプなど、多彩なシーンに対応しています。

またつま先ラバーには水抜け穴があり、乾きやすい作りです。イフミー等同様インソールが取り外し可能なため、洗いやすく清潔・快適に保つことができます。

 

まとめ

ベビーからキッズにかけて、足の成長や歩き方が安定する大切な時期におすすめのサンダルをご紹介しました。
主にウォーターシューズ押しのため、ウオーターシューズばかりご紹介をしてしまいましたが・・

大切なお子さんの足のため、そして快適に過ごすため、足に合ったサンダルで夏を楽しく過ごしていただきたいと思います♪

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

IFME ウォーターシューズ 男の子向け

サイトを見る

IFME ウォーターシューズ女の子向け

サイトを見る

IFME×bransesコラボ

サイトを見る

IFME×F.O.インターナショナルコラボ

サイトを見る

アシックス サマーシューズ AMPHIBIAN BABY

サイトを見る

KEEN スポーツサンダル

サイトを見る

ニューバランス サマーシューズ

サイトを見る

関連記事