買いたいものを検索してください

安全性だけでなく操作性も向上!バイク用グローブおすすめランキングTOP10

あなたも素手でバイクを運転するより、安心して乗りたいと願いますよね。私の兄はかなりの大型バイクで走行しているので、フル装備で着用し、ツーリングなどを楽しんでいる状況です。バイク乗りで大切になるのがバイク用グローブ。大きさは関係なく、多種多様です。

素手は危険かどうかだけではありません。他にも役割を担っていることが分かるのではないでしょうか。どのような役割や種類、タイプ別に違いがあるかを紹介いたします。

 

バイク用グローブの役割って?

安全面だけを考慮して、素手は危険だからと考えるかもしれません。もちろん安全面は大切です。バイク用グローブは寒さ対策も気になるかもしれませんが、それだけでしょうか。大型バイクに特化したことではありません。バイク用グローブはあなたの安全を守ることももちろんですが、他にもあります。まずは役割についてご覧ください。

 

安全性の向上

素手のまま運転することは大きなリスクを伴います。転んだ時に大きな怪我へ繋がるだけではありません。バイク用グローブにはヘルメットと違って、着用の義務は課せられていませんが、保護していないことで安全面は確保できにくいでしょう。

私の兄はバイク用グローブを必ず着用していましたが、貰い事故に遭遇した際大きな怪我から避けられました。必要なことだと感じたのは、まさに身内の経験からでも言えることです。安全性の向上に繋がることは確かではないでしょうか。

 

操作性の向上

あなたは足だけでバイクの運転をすることはしませんよね。実際はバイクには、クラッチやウインカーの操作など多彩に利用するのが「手」です。ギアは足で操作しますが、そこだけに注目しているわけではありません。

スムーズにクラッチやウインカーを利用する上で、欠かせないのがバイク用グローブです。操作性が向上するように作られていることは、最近では特に重視されています。バイク用グローブも進化を遂げていることが分かるかもしれません。

 

バイク用グローブの種類って?

あなたがバイクを利用する目的は通勤でしょうか、ツーリングでしょうか。普段から利用していることもあれば、休みの日だけのこともあるのではないでしょうか。また夏場には利用する、冬場にスキーなどで乗るなど様々かもしれません。オフロードかもしれませんが違うこともあるでしょう。

私の兄は主にツーリング目的だったので、バイクにはこだわりを持っています。私も大切なバイクだったので、種類を選ぶ際には慎重になりました。バイク用グローブは場面によって種類を変えて使うことも可能です。1種類だけでは不安だから、いくつも持っているなどもあり得ます。

素材で選ぶこともありますが、あなたに合った商品を選ぶことが大事です。どこでどのような用途で使用するのかはあなた次第!レザーのような革製品から、メッシュ、ネオプレーン、ゴアテックスなど様々です。そこでまずは素材別種類について触れてみます。あなたの目的に合った素材が見つかると幸いです。

 

素材別バイク用グローブの種類

種類の中でも保護を考えている場合、フィンガーレスタイプを選ばないことかもしれません。指先が見えるタイプですが、確かにムレから避けることはできるでしょう。ムレから避けることが全てではなく、操作性も大切なので素材が大切になってきます。

なぜフィンガーレスタイプは適していないかは、あまり保護用ではないことがバイク用グローブの現状かもしれません。ムレ防止には役立ちますが、安全性は保証できるか定かではないからです。様々ある素材の中から、バイク用グローブの素材について触れてみましょう。

 

レザーグローブ

通気性の問題に少し触れましたが、ムレ防止には向いていない商品もあります。ただし一般的に操作性が良く、伸縮性もあることから好まれるのがレザーグローブです。

バイク用グローブの中でもポピュラーですが、どこかレザー商品にこだわりを持っている方には向いているかもしれません。通気性の問題に難はあり水に弱いですが、革製品を好むなら操作性に注意しながらムレに気をつけて使用すると良いのではないでしょうか。

 

メッシュグローブ

とにかく通気性を重視したいなら向いていますが、水に弱い商品になります。軽くて便利、操作性や通気性だけに注目したいならバイク用グローブの中でもメッシュでしょう。

ただしこちらは耐久性に難があるので、操作が楽でムレなくて便利を求めるなら良いかもしれません。とにかく軽くて便利ですが、その分保護の面では十分とは限らず、好みの問題になるかもしれません。

 

ネオプレーングローブ

バイク用グローブの中で雨や風、寒さ対策には向いています。使う場面によって変わりますが、冬に便利なら耐寒性もあるのがネオプレーンです。こちらは場面が限定されるかもしれません。

普段着用するにあたっては耐久性に問題があるからです。雨や風、冬場に活用する方には向いていますが、場面を選ぶのではないでしょうか。どちらかというと、オフロードタイプかもしれません。

 

ゴアテックスグローブ

同じオフロードタイプでも、登山などで使用されることもある商品があります。もちろんバイク用グローブとして使用されているゴアテックスです。

高額な部分はありますが、長時間使用する長旅にも向いていいます。お値段を除いては、問題なく通気性、防寒性が優れているので、遠方までツーリングをする方には向いていリュのではないでしょうか。

 

【バイクスタイル別】バイク用グローブの種類って?

あなたが商品を購入する際、どのような用途で使うかで変わるのは素材だけではありません。バイクスタイルにもよりますが、何を指しているのでしょうか。400cc以下かもしれませんが、超えている場合もあるでしょう。ハーレーダビッドソンに乗っているかもしれません。

バイク用グローブの種類とは様々な使い方があります。ショート、ロング、レーシング、オフロードなどがありますが、素材はもちろん種類が豊富なので選び方はタイプによっても異なります。因みに私の兄はレーシングタイプとオフロードタイプを持っています。1000cc越のバイクに乗っているので様々な種類です。

どちらも使い勝手が良く、バイク用グローブは使い方によって分けられているので、必ず1つではありません。いくつ合ってもおかしくないですが、どのような違いがあるのかをご覧ください。

 

ショートタイプ

使いやすく簡単ですが、保護性に欠けてしまう点が難点のショートタイプがあります。手首までないことが安全面で言えますが、価格も抑えめでオールラウンドに使えるのが利点です。あなたがギアのない原付バイクだとしても、簡単に使うことができる商品でしょう。

手首までしっかり保護したい大型のバイクには不向きかもしれません。ただし、簡単でお手頃価格なので購入は好みではないでしょうか。レザー、メッシュ、ネオプレーンに多く見られる商品です。安全面や操作性には少し不安があるかもしれませんが、ショートタイプだからと素材も様々ですね。

 

ロングタイプ

脱着が少し困難と感じるかもしれませんが、手首まできちんと保護できるので便利なのがロングタイプです。レザーやゴアテックスに多く見受けられますが、脱着に問題があることが難点かもしれません。それを除いてはロングタイプは選ばれる1つではないでしょうか。

問題点は薄い商品を選ぶと保護性に欠けるところですが、選び方によっては保護性も良い利点があります。バイク用グローブの中ではシンプルですが、操作性には少し慣れが必要な上に高額な場合もあるので好みによるかもしれません。

 

レーシングタイプ

保護性や操作性に優れている商品で、最近ではプロテクターも装備している商品です。雨に弱いところがありますが、そこが難点かもしれません。バイク用グローブでも安全面だけではなく、フィットする商品ではないでしょうか。

操作性が良い分、レザー仕様が多いため水に弱いのです。プロテクターは邪魔にならず、反対に仕様していると馴染む商品でしょう。先ほども少し触れましたが、兄も持っているレーシングタイプになります。サーキットに限らず、操作性が良いことからどこでも使用できるでしょう。

 

オフロードタイプ

バイク用グローブでツーリングにも向いていますが、防寒や防水にはあまり適していない商品になります。雨風を気にしない、ムレを気にしなくて良いなどの方には向いているでしょう。

兄はいくつか持っていましたが、1度無線に通行できず行き止まってしまった車がいたことがあり、助けた際に使い勝手の良さからか、オフロードタイプを使用して行ったことがあります。長時間使用できるので、オフロードタイプはぴったりだったのかもしれません。夏場でもムレにくいので、便利ではないでしょうか。

 

バイク用グローブの選び方

あなたが商品を選ぶ時に注目するのはデザインかもしれません。ライダースーツに合った商品はどれか、バイクにぴったりのデザインはどれかなどです。大切にしたいのは安全面が1番ですが、操作性の向上も必要になります。

さらには男性だけではなく女性のライダーも多くいますので、サイズの問題もあるでしょう。バイク用グローブの決め手は1つだけではなく、様々な視点からです。では1つ1つ見ていきましょう。

 

サイズ感

デザインも良く、安全性も操作性も問題ない商品が合ったとします。そこでまずはサイズの問題を忘れてはいけません。手が大きい、小さいなどによって無理なサイズを選んではならないからです。フィット感が大切ですが、バイク用グローブのタイプによって伸縮性がある場合、ぴったりでは向いていません。

反対に5mm〜10mm程度の「余り」が合った方がより適しているのです。その方が実用する時にフィット感があり、手に馴染みやすいでしょう。サイズ感はとても大切なので、あまり大きすぎず小さすぎない「余り」を少し持たせた商品が良いです。

 

安全性

グローブ用グローブで大切なのは耐久性だけではありません。耐擦傷性・衝撃吸収などいざという時の直接的なダメージをできるだけ軽減できるかになります。革製品であるレザーは多くのグローブで使用されていますが、耐久性や耐擦傷性に優れています。誰もがいつ何があるか分かりません。

転倒時にすり傷がほとんど残らないようにしたいのは、当然のことではないでしょうか。安全性とはまさに身を守るために必要なことです。自分で気を付けていても、貰い事故も想定することが安全面では必要になります。

 

その他の機能

デザインにも注目したいですが、ウインター用に購入を検討している場合、大切なのは操作性です。どうしても手がかじかんでしまったら、操作性に影響を及ぼすことは間違いありません。バイク用グローブでクラッチやウインカーなど必ず使う場所があります。

冬場では通用しないことも考慮して選ぶと操作性がUP。雨風も防げると操作に支障がなく、安心して快適に走行できるのではないでしょうか。バイクはライダースーツやヘルメットだけでなく、手元も大切にすることが大切ですよね。

 

「タッチパネル対応」タイプ

随分前は携帯電話やスマートフォンを利用する時、グローブを外して操作をしていたかもしれません。兄は無線のやりとりだったので、途中で仲間とどう接していたかは分かりませんが、私はいちいち携帯の度に外していました。

今ではスマートフォンやナビをバイク用グローブをはめたまま使用できる「タッチパネル対応」のタイプが多いようです。便利になりましたが、できるだけ脇見運転はしないように心がけながら、途中で止まった時に使用することが1番でしょう。

 

電熱線内臓の「ヒータータイプ」

寒い季節にバイクを運転することも多いのではないでしょうか。年中走行するなら防寒対策は必要になります。電熱線内臓になっている「ヒータータイプ」は、暖かいだけではありません。バイク用グローブの中でも、操作性にも優れているので便利に使用できます。

細部まで温める効果があるので、冬場に最も適しているのではないでしょうか。寒い季節や都道府県によって使い勝手が良いです。バイクは乗っていると寒さを感じやすいので、便利な商品の1つかもしれません。

 

バイク用グローブのおすすめランキングTOP10

実用性があり、今すぐ購入して走りに行きたいと思うような商品があれば良いですがいかがでしょうか。素材やタイプ、機能などを確認してあなたに合ったバイク用グローブが見つかるかもしれません。納得のいく商品に巡り合えることを願って、ランキングで紹介いたします。あなたの納得のいく商品があるかどうかご覧ください。

 

第10位 ILM  オートバイグローブ  ナックルガード

出典: Amazon.co.jp

ILM オートバイグローブ ナックルガード
ブランド

素材 レザー タイプ ロング
季節 サイズ M〜XXL
その他の機能 手のひら滑り止め付き

大きめな手なら安心!

夏にはムレにくく、ロングタイプなので保護性は高いです。レザーを使用し、プロテクターがついているので安全でしょう。

冬部の長距離では防寒性に弱い面もあるのではないでしょうか。大きめサイズですが、欧米サイズかもしれません。サイズをよく確認して使用する必要があります。

 

第9位 コミネ  バイク用グローブ

素材 ポリエステル タイプ ショート
季節 春・秋・冬 サイズ S〜XL
その他の機能 タッチパネル対応

防寒対策は抜群!

中綿がしっかりしているので防寒対策になります。ショートタイプで、スマートフォンやナビも簡単操作可能です。プロテクターもついているので保護してくれます。

素材をよく確認してから購入すると良いでしょう。夏場より春・秋・冬場に向いています。

 

第8位 ILM  バイクグローブ革カーボンナックルガードプロテクター

出典: Amazon.co.jp

ILM バイクグローブ革カーボンナックルガードプロテクター
ブランド

素材 レザー タイプ ロング
季節 サイズ M〜XXL
その他の機能 手のひら滑り止め付き

ロングサイズできっちりガード!

防寒対策ではありませんが、防風対策に向いているでしょう。女性向きでもあるので、どんなバイクでも対応可能です。

オフロードだけではなく、街中の走行でも問題ありません。カーボンナックルガードプロテクタクターが、保護性を高めてくれる商品です。レザーのロングなので慣れが必要かもしれません。

 

第7位 Kitdine  バイクグローブ

出典: Amazon.co.jp

Kitdine バイクグローブ
ブランド

素材 フリース タイプ ショート
季節 サイズ S〜XL
その他の機能 タッチパネル対応

雨の日でも安心に使用可能!

防寒・防水・防風・保温対策がバッチリなので冬場に活躍します。雨の日でも安心な構造な上に男女兼用のユニセックスサイズ。タッチパネルが使えますが、フリース素材なので保護性は少し弱めです。

バイクで冬場にツーリングなど、止まっているときにナビで確認しながら現地に向かえるでしょう。

 

第6位 SNOW DEER  バイクグローブ

出典: Amazon.co.jp

SNOW DEER バイクグローブ
ブランド

素材 シープレザー&防水ポリエステル タイプ ロング
季節 冬など サイズ XS〜XXL
その他の機能 電熱内蔵

電熱内蔵は冬だけとは限らない!

サイズが豊富にあり、冬には快適な電熱内蔵です。

ただし、冬だけが便利とは限りません。季節によっては長距離など、手が疲れても電熱がカバーしてくれます。充電式なのでバッテリーに注意しながら使用しましょう。通勤やツーリングなど多様に使えて便利ではないでしょうか。

 

第5位 Xpassion アウトドアグローブ

出典: Amazon.co.jp

Xpassion アウトドアグローブ
ブランド

素材 PUレザー タイプ ショート
季節 冬など サイズ M・L
その他の機能 タッチパネル対応

スマートフォンやナビの操作が簡単!

プライベートでも通勤でもどこでも使用できる商品です。

防寒に優れていますが、冬限定ではありません。柔軟性や耐久性に対しても、安全に保護してくれる機能が備わっています。

タッチパネルの操作も簡単なので、バイク用グローブを外す必要がないことも利点です。滑り止め機能もあるので、便利に活用できるのではないでしょうか。

 

第4位 Greatever バイク用グローブ

出典: Amazon.co.jp

Greatever バイク用グローブ
ブランド

素材 ネオプレーン・PUレザー タイプ ロング
季節 冬など サイズ L・XL・XXL
その他の機能 タッチパネル対応

防寒で冬などに可能!

通勤、ツーリングやレーシングでも、冬などにOKなバイク用グローブです。防寒・防水ですがプロテクターも完備されています。

フィット感抜群なので操作性も良く保護性も高いでしょう。

取り外ししなくても、タッチパネルでスマートフォンやナビが簡単に操作できます。ロングサイズは安全性の向上もされているので好まれる商品です。

 

第3位 ANSOPO  防寒グローブ

出典: Amazon.co.jp

ANSOPO 防寒グローブ
ブランド

素材 ポリエステル・ネオプレーン タイプ ロング
季節 冬など サイズ M〜XXL
その他の機能 タッチパネル対応

サーキットや通勤でも活用!

商品説明防水・防寒・防風だけでなく、耐衝撃性も加わっているので安全に走行できます。

日常はもちろんサーキットでも対応できるバイク用グローブです。プロテクター完備なので保護性は抜群でしょう。ストラップアジャスターで脱着する際にフィット感がUPします。

競技用に作られているので、長距離の走行でも問題はないのではないでしょうか。

 

第2位 KELEVO  スポーツグローブ

出典: Amazon.co.jp

KELEVO スポーツグローブ
ブランド
カテゴリ

素材 ポリエステル・ポリウレタン タイプ ショート
季節 サイズ M〜XL
その他の機能 タッチパネル対応

2重防水加工で寒さ対策!

2020年の最新版が登場です。2重防水加工なので冬場の雪だけではなく、雨も防ぐ効果があるのではないでしょうか。

厚手なのにタッチパネル対応で、スマートフォンからナビなど操作性が良いでしょう。PUレザーも使用しているので暖かさは抜群です。どんな場面でも利用できるので、あなた次第でどこででも活用できます。

 

第1位 DAYTONA  ゴートスキングローブ

素材 山羊皮 タイプ ロング
季節 春・秋 サイズ M・L・XL
その他の機能 ナックルガード

憧れの地「デイトナ」を満喫するなら!

操作性には様々意見がありますが、ジャストフィットすると抜群の効果です。プロテクター機能で安心して走行ができます。

若干欧米向けに作られている点がありますが、憧れの地を楽しんでみてはいかがでしょうか。保護性や防水性にも優れていると言えるでしょう。

 

バイク用グローブの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バイク用グローブの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

他のバイク関連グッズもチェック!

バイク用ヘルメット

 

安全性・操作性があなたを守る!

バイク用グローブを購入するときに必要なことは安全性です。ただそれだけではありません。デザインもさることながら、操作性が悪いと走行は難しくなってしまいます。1番大切なことはあなたの命。

守るために安全性・操作性を確かめてバイク用グローブを購入することが良いでしょう。守らなければいけないのは、あなた自身になります。こだわりを持って購入することが、何よりの安全確保に繋がるので安全運転を心がけましょう!

記事内で紹介されている商品

ILM オートバイグローブ ナックルガード

サイトを見る

コミネ バイク用グローブ

サイトを見る

ILM バイクグローブ革カーボンナックルガ…

サイトを見る

Kitdine バイクグローブ

サイトを見る

SNOW DEER バイクグローブ

サイトを見る

Xpassion アウトドアグローブ

サイトを見る

Greatever バイク用グローブ

サイトを見る

ANSOPO 防寒グローブ

サイトを見る

KELEVO スポーツグローブ

サイトを見る

DAYTONA ゴートスキングローブ

サイトを見る

関連記事