沖縄マニアが教える!ネットで買えるおすすめの沖縄土産!

沖縄大好きな筆者が初めて沖縄を訪れたのは15年前。当時は運転免許を持っていない学生仲間同士で行ったため移動はバスのみで、行動範囲はリゾートホテル内だけと限られていましたが、きれいな海と心地の良い雰囲気で、思う存分に沖縄を満喫することができました。ただ、2月でしたのでコートを欠かせず沖縄の最も素晴らしい「海の中」を楽しめまていませんでした。それでも虜になってしまうのですから、沖縄には不思議なパワーがあります。その翌年からは主に「初夏の沖縄」にターゲットを絞り、毎年1~3回行っています。沖縄本島は何度も1周し、宮古諸島、八重山諸島、慶良間諸島、久米島など、多くの離島も巡りました。

沖縄のすばらしさ

沖縄の醍醐味は美しく魚の種類が豊富な海、岬などの風景、そして美味しいごはんやスイーツです。また、ゴルフやマリンスポーツを楽しむのも良いでしょう。
地元の方々とのふれあいも楽しみのひとつです。気立てが良く親切にしてくださる方も多く、観光情報を教えていただいたりお酒や手作りの天ぷら、サーターアンダギーなどをごちそうになることもあります。筆者が特に気にいっている地域のおすすめポイントを挙げてみました。

 

宮古諸島

宮古島:宮古諸島では最も大きな島です。池間島・栗間島・伊良部島とは橋でつながっていて、絶景スポットが数多く点在しています。特に、全長3,540mもある「伊良部大橋」は絶景ポイントとしておすすめです。
とても美しい海と豊富な魚たちの姿をダイビングやシュノーケリングで見ることができます。また、パワースポット巡りも楽しいです。東平安名岬での夕日、雪塩製塩所もおすすめです。

・伊良部島:かつては宮古島からフェリーで行っていましたが、2015年に伊良部大橋が開通し陸続きになりました。島内にはリゾートホテルなどもありますが、昔からの飲食店を巡るのも楽しいです。とくに、そばの見えないほど野菜大盛の肉そばや、おとな2人でも食べきれないほどのカツカレーといった名物料理は訪れる価値があります。また、何といっても下地島空港付近のコバルトブルーの海はいくら居ても飽きません。

・大神島:宮古島の島尻漁港から約15分の定期便で行くことができます。0.24k㎡と小さな島で、島内には宿泊施設兼食堂がたった1軒しかありません。
神の島とも呼ばれ、非常に信仰心の強い方々が今でも暮らしていますので、お祈りの邪魔をしないよう島の規則を守って観光します。島の中心部には遠見台があり眺めが良いです。自然にあふれ、ゆったりと流れる時間を過ごすことができます。

慶良間諸島

・阿嘉島、座間味島:沖縄本島の泊港からフェリーで約2時間または高速船で約50分の船旅を終えると、そこはまさに楽園。阿嘉島のニシ浜ビーチではウミガメと一緒に泳いだり、ニモの住むイソギンチャクのマンションを眺めながら楽しむことができます。また、さらに座間味島から無人島へのタクシーに乗って安慶名島や安室島へ渡れば熱帯魚たちに360度囲まれるステキな時間をシュノーケリングでも楽しむことができ大変感動します。
阿嘉島と座間味島は定期船で行き来することができます。なお、阿嘉島には宿泊施設が少ないので座間味島を拠点として阿嘉島へ遊びに行くのがおすすめです。

 

沖縄でお土産を買うなら、国際通り?

国際通りはどこも定番の商品が多く、空港で売っているものとほとんど差がありません。幾らか値引きをしているお店もあるので、バラマキ用のお土産を購入するには良いかもしれません。
沖縄食材を購入したいのであれば、地元の人が通う「市場」や「イオン」に行ってみると面白いです。朝とれたての驚くようなビッグサイズの野菜や沖縄食材、限定のお菓子類、調味料などを購入することができます。チャンプルーに使う「くるま麩」や「島豆腐」、「コンビーフハッシュ」もこちらで購入できますので、自宅でも本場の沖縄料理を作ることができます。
また、ぜひ行っていただきたいのは、塩工場の併売店です。塩工場はパワースポットや絶景スポットであることも多く併設のカフェで食事やスイーツを楽しんだ後は塩をはじめとしたグッズをお土産として購入することができます。沖縄本島であれば「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」宮古島であれば「雪塩製塩所」、石垣島は「石垣の塩工場」がおすすめです。各地の塩はそれぞれ味も違いますので、食べ比べをするのも楽しいですよ。

沖縄土産の定番土産から、ちょっと変わったお土産まで

泡盛

日本最古の蒸留酒とも言われている 沖縄発祥の泡盛は主にタイ米・黒麹・水・酵母から作られています。タイ米を使っているのは意外な感じもします。
非常に多くの泡盛が生産されているので、 どれを買ったらよいのか迷ってしまいますよね。。
そこでお勧めしたいのが「イオンモール沖縄ライカム」です。 実に1300点もの泡盛を集めた試飲コーナーがありますので、テイスティングでお気に入りの一杯を探してみるのも楽しいですよ。もちろん、飲んで気に入った泡盛はその場で購入できます。

マンゴー(アップルマンゴー)

7月15日前後~下旬ごろが最盛期ですので、この時期に旅行へ行って購入するのがベストですが6月に行っても配送予約を受け付けてもらえました。特に完熟のマンゴーは香りが芳醇で甘く大変美味しいです。完熟マンゴーを使ったジュースやジャム、ジェラートもおすすめです。
筆者特にお気に入りは日本国内での出荷量NO.1を誇る、 宮古島産のアップルマンゴーです。 某カフェで食べたマンゴーパフェの味が忘れられません。
甘くて、お口いっぱいに広がるマンゴーの香りで、 自然と顔がほころびました。宮古島産のマンゴーを食べると、幸せな気分になれます。宮古島内では空港、リゾートホテル、 お土産屋さんでも季節によって宮古島産のマンゴーを日本全国に配送することができます。

サーターアンダギー

油で揚げた丸いドーナツです。沖縄へ行ったときには真空パックではない、手作りのサーターアンダギーをぜひ食べてみてください。素朴ですが、表面はさっくり、中身はしっとりとした食感の味わい深い手作りのサーターアンダギーは、真空パックのものとは全く異なる味です。手作りでも以外と日持ちするのでお土産にもピッタリです。

紅芋

沖縄と言えば、「紅芋」 をイメージされている方も多いと思います。ですが、 法律で規制され沖縄産の紅芋やサツマイモはそのまま本州に持ち込むことはできません。これは、本州には発生していない害虫のアリモドキゾウムシやイモゾウムシなどがイモの内部に潜んでいる可能性があるためです。イモの表面を見ただけでは害虫が入っているかどうか分からないそうです。
消毒した証明書のある紅芋でしたら本州に持ち込むことができます。那覇植物防疫事務所又は、 門司植物防疫所名瀬支所へ紅芋を持って申請すると、個人利用の場合に限り無料で消毒していただけるとのことです。

うずまきパン

宮古島などのスーパーマーケットやコンビニエンスストアで売っています。シャリシャリとしたクリームをうずまき状に巻いたパンで、必ず食べたくなってしまいます。複数のパンメーカーさんで作られてるので、味の比較をしてみるのも面白いです。特に、イオンではたくさんの「うずまきパン」を取り揃えていました。

シーサー

シーサーは沖縄では建物の門や屋根などに設置され、悪霊を追い払うと言われている伝説の獣の置物です。シーサーを自分で作って持ち帰れるような体験工房が沖縄には多数ありますので、自分だけのオリジナルシーサーを作って自宅に飾れば、いつでも沖縄旅行の思い出がよみがえってくるのでおすすめです。

 

絶対喜ばれる!沖縄土産のおすすめ8選

旅行中に買うとちょっと重いお土産も、インターネットで先に購入しておけば飛行機の重量制限も気にしないで済みます。
また、お土産の買い忘れも防げますので、インターネット購入をうまく利用してみるのがおすすめです。Amazonなどで購入できる沖縄のおすすめお土産のご紹介です。

産地直送 宮古島マンゴー 沖縄産 約2kg 訳あり

出典: Amazon.co.jp

産地直送 宮古島マンゴー 沖縄産約2kg訳あり
ブランド
カテゴリ

完熟の生マンゴーですので販売期間に制限がありますのでご注意く ださい。4玉〜8玉入りとなります。
タイなどのマンゴーとは比較にならないほど、 甘くて芳醇な香りの完熟マンゴーを味わうことができます。

・産地:宮古島
・ジャンル:生の果実
・容量:2kg(4~8玉)

 

ブルーシールギフトセット12

出典: Amazon.co.jp

ブルーシールギフトセット12

沖縄でアイスクリームと言えば「ブルーシール」が有名です。1948年に米軍基地内に作られたのが始めです。 アメリカンなデザインもステキですよね。
今では本州でも取り扱いがありますが、やはり沖縄に来たら一度は食べたいアイスクリームです。
筆者おすすめのフレーバーは「紅芋」です。 帰りの那覇空港内で最後の沖縄の楽しい思い出として毎回のように食べています。ねっとりしたテクスチャーで紅芋の風味が濃厚で大変美味しいです よ。
Amazonでは12種類のフレーバーをセットにしたセットがあ りました。暑い夏のお歳暮用にもおススメです。

・メーカー:ブルーシール
・ジャンル:アイスクリーム
・フレーバー: バニラ・紅イモ・ウベ・シークヮーサーシャーベット・塩ちんすこう・サトウキビ・バナナスザンナ・ココナッツ・ パッションフルーツシャーベット・マンゴー・琉球ロイヤルミルクティー・パインソルベ
・容量: 110ml×12個入
・保存方法: -18℃以下の冷凍庫で保存。

 

 

沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩

出典: Amazon.co.jp

沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩  

粟国島へ行った際に訪問した飲食店の「塩焼きそば」が大変美味で、味付けに何を使っているのか店員さんに伺いました。
「粟国の塩」をメインで使っているとのことでしたので、帰りに港でお土産に購入しました。ミネラル豊富なため食材をワンランク上に仕上げてくれます。塩焼きそばやおにぎりに使ってももちろん美味しいですが、そのまま焼いた肉に付けても野菜サラダにオリーブオイルと一緒に振りかけても美味しいです。我が家ではマストアイテムとなっています。塩の濃さが大変強いので入れすぎに注意してください。農林水産省の『世界が認める輸出有望 加工食品40選』にも選ばれています。

・メーカー:沖縄海塩研究所
・地域:粟国島近海
・ジャンル:塩
・内容量:500g
・成分:エネルギー 0kcal/100g、たんぱく質 0g/100g、脂質 0g/100g、炭水化物 0g/100g、ナトリウム 28.2g/100g、マグネシウム 1530mg/100g、カリウム 560mg/100g、カルシウム 548mg/100g、水分 10.0g/100g、塩素イオン 43.2mg/100g、硫酸イオン 4529mg/100g、亜鉛 1mg/kg以下、イオウ 1513mg/100g、クロム 1mg/kg以下、ケイ素 5mg/kg、コバルト 1mg/kg以下、ストロンチウム 101mg/kg、セレン 0.1mg/kg以下、鉄 6.19mg/kg、銅 1mg/kg以下、ニッケル 1mg/kg以下、バナジウム 1mg/kg以下、ホウ素 35.0mg/kg、マンガン 1mg/kg以下、モリブデン 1mg/kg以下、ヨウ素 4.5mg/kg、ランタン 1mg/kg以下、リチウム 7mg/kg、リン 0.50mg/kg

 

波照間島の粉末黒糖

出典: Amazon.co.jp

波照間島の粉末黒糖 
ブランド
カテゴリ

日本最南端の島、波照間島へ行った際のカフェの「黒糖かき氷」が、それまで食べた黒糖のどれよりも美味しく、店員さんに使っている黒糖のメーカーを確認し、近くの飲食店で売っていると教えて下さったので、すぐに買いにいきました。他の島のお土産物屋さんではあまり見かけません。いろいろな黒糖を食べ比べしましたが、波照間島の黒糖は一番美味しいと思います。料理に使うとまろやかでコクのある味に仕上がりますし、焼き菓子やプリンを作るときのお砂糖として使うと美味しいです。また、コーヒーに入れて黒糖コーヒーにするのもおすすめです。粉末とブロックタイプがありますが、粉末の方が使い勝手が良いです。

・メーカー:波照間製糖
・ジャンル:黒糖

 

・内容量:250g

 

乙 久米島の久米仙 泡盛 30°

出典: Amazon.co.jp

乙 久米島の久米仙 泡盛 30°  
ブランド
カテゴリ

久米島へ行ったときにお土産に買って帰ったところ、 日本酒好きな父が大変喜んでたのがこちらの久米仙です。泡盛の中では非常にさっぱりとして癖がすくなく飲みやすいです。
値段もお手ごろですのでお土産にもピッタリです。
リンクでは、 お土産で購入した一番ノーマルな瓶のタイプを選んでいますが、 紙パックや度数も様々な商品がありますのでお好みに合わせてお選 びください。

・メーカー: 久米島の久米仙
・容量:600ml
・ジャンル:お酒 ※20歳未満は購入・飲酒できません。

・アルコール度数:30度

 

 

コンビーフハッシュ

出典: Amazon.co.jp

コンビーフハッシュ 

パウチで軽く持ち運びしやすいコンビーフハッシュはチャンプルー やオムレツの必需品で、主婦のみなさんへのお土産としても喜ばれます。
牛肉とジャガイモで出来ています。1回で使い切れる勝手のよい量でもあり、ついついスーパーでまとめ買いをしてしまいます。

・メーカー:沖縄ハム総合食品

・ジャンル:加工食品
・内容量:140g
・原材料: 牛肉、馬鈴薯(遺伝子組換え不分別)、食塩、香辛料、砂糖、 調味料(アミノ酸)、発色剤(亜硝酸Na)

 

沖縄県産果汁100% 山原シークヮーサー

出典: Amazon.co.jp

沖縄県産 果汁100%
ブランド
カテゴリ

シークヮーサーは酸味の強く爽やかで苦味のあるミカン科の柑橘類です。沖縄ではレモンの代わりにシークヮーサーを使っていることも多いように感じます。水や炭酸水で5-8倍にうすめ、 砂糖を加えて飲むとスッキリ爽やかです。アルコールで割って飲んでも美味しいですし、醤油に混ぜて刺身を食べるときに使ったり、料理にも使うことができます。
水や炭酸水で5-8倍にうすめ、砂糖を加えて飲むとスッキリ爽やかです。

・メーカー:琉球フロント
・ジャンル:果汁
・内容量:1kg
・原材料:シークヮーサー

 

御菓子御殿 元祖 紅いもタルト

出典: Amazon.co.jp

御菓子御殿 元祖 紅いもタルト 6個入

ちんすこうの次にお土産でいただくことが多い「紅芋タルト」の中でも「全国菓子大博覧会 中小企業長官賞」「 沖縄県産業まつり 県知事奨励賞」「モンドセレクション ワールド・セレクション2008 2009 2010 2011 2012 2013年 金賞受賞」, 「姫路菓子博2008 名誉総裁賞(文化部門)」など数々の賞を受賞している、御菓子御殿の紅芋タルトがおすすめです。
100%沖縄産の紅芋を使用し、着色料は使っていません。 オーブンやトースターで温めるとより紅芋の香りやサクサク感を楽しめますので、ぜひお試しくださいね。
常温保存が可能ですが、賞味期限が製造日より30日と短めのためご注意ください。

 

・メーカー: 御菓子御殿
・ジャンル:焼き菓子
・容量:6個

 

まとめ

日ごろお世話になっている方に喜んでいただくことはお土産の楽しみのひとつですね。お土産を手渡しながらだとより一層、旅行話が弾むことでしょう。
沖縄には多くの観光地があるのと同時にお土産も多種多様です。贈る方に合ったお土産探しのお手伝いになれましたら幸いです。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

産地直送 宮古島マンゴー 沖縄産約2kg訳あり

サイトを見る

ブルーシールギフトセット12

サイトを見る

沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩  

サイトを見る

波照間島の粉末黒糖 

サイトを見る

乙 久米島の久米仙 泡盛 30°  

サイトを見る

コンビーフハッシュ 

サイトを見る

沖縄県産 果汁100%

サイトを見る

御菓子御殿 元祖 紅いもタルト 6個入

サイトを見る

関連記事