洋服を長もちさせたいなら洋服用ブラシ!おすすめランキング!

洋服のお手入れとして、簡単にケアできる洋服用ブラシ、欠かせない基本的なアイテムですよね。

ブラッシングって簡単な作業で、洋服のケアが出来るため、使ってみたい人も多いはずです。でも、どの種類を選んだらよいのか、分からないって思っていませんか?

私も、以前は、そう思っていました。しかし、こだわってブラシを使用している祖父を見習いながら、少しずつ試してみると、意外と簡単で、思った以上に、効果があることに気付くことができました。

衣類も、スーツやカシミヤ、ウールなど種類もさまざま、どんな素材に、どのブラシが合うのかなど、簡単にお話させてください。

 

 

私が、洋服用ブラシを使用し始めたのは、洋服を丁寧扱っていた私の大好きな祖父の影響です。祖父は、いつも帰宅後は洋服を丹念にブラッシング、ボトムスは、折り目を丁寧に整え、布団の下に敷き寝ていました。(布団の下に敷くことで、折り目がきれいになるのだそう)

そんな祖父を見ていきたせいか、私も洋服を丁寧にブラッシングし、畳む癖は、幼少の頃からありました。現在もそうです。帰宅後は、玄関先でブラッシング、衣替えの際には、ブラッシング、翌年まできれいに畳み整えて片づけています。

そんな影響で、祖父のブラシで、今も家族の洋服のブラッシングをしています。持ち手の部分は、木製でかなり剥げていますが、それでも、お手入れをしながら、毎日、愛用しています。

 

 

ブラッシングの効果って?

●汚れが落ちる(花粉や埃など)

●生地の流れが整い、きれいに見える

●毛玉ができにくくなる

●クリーニングの回数を減らすことができる

●洋服の傷みが少なくなり、長持ちする

 

メリット

●ブラッシングするだけで、衣類を汚れや虫からも守ってくれる

●ブラッシングで、外出時、生地に付いた埃や汚れを落としてくれる

●生地の流れを整えると、見た目もきれいに見える

●洋服を長持ちさせることができる

 

種類って?

●天然毛100%ブラシ

●化学繊維毛ブラシ

●静電除去ブラシ

●帽子用ブラシ

●ファー専用ブラシ

●皮用ブラシ

●携帯用ブラシ   など

 

毛の素材

天然毛100%ブラシ

●豚毛

●白豚毛

●黒豚毛

●馬毛

●白馬毛

 

硬さ

「天然毛100%ブラシ」の毛の素材により、硬さが異なってきます。

豚毛

カシミヤやデリケートな生地など、着物まで、ウールのスーツ・コートなど、さまざまな生地に使用できる万能タイプのブラシです。

馬毛

体の毛ではなく、たてがみや尾っぽの毛を使うことが多いようです。毛が細く、とて柔らかいため、生地を痛めず、スーツやデリケート生地にも使用できます。

黒豚毛

堅めの黒豚毛が 服についた埃を払ってくれます。ウールに使用出来ます。

白馬毛

柔らかな毛とコシのある白馬毛は、どのような素材にも使用できる万能ブラシです。

白豚毛

とても柔らかい毛で、デリケートな生地に使用できます。

 

洋服別おすすめって?

スーツ  → 豚毛・馬毛

コート  → 豚毛・馬毛

カシミヤ → 豚毛・馬毛

ウール  → 豚毛・黒豚毛・馬毛

(※メーカーや毛の量により、硬さが若干異なります)

 

持ち手って?

木製

温かみがあり、長く使うにつれ、雰囲気のある色合いになり、愛着がでます。

太さ

外から帰ってくる度、使用するため使用頻度は多めです。自分の手に収まりやすい太さや大きさの持ち手の相性がいいものを選びましょう。そうすることで、ブラッシングがけも楽に行えます。

太からず細からず、小さからず大きからず、手の中に収まる程度が丁度いい!

 

お手入れ方法って?

1,基本的に、毛の奥の埃を掻き出すため、クシ(コームのようなクシ)を使用して掃除します。

2,根元部分にクシを深く入れ、根元に詰まった埃を掻き出します。

3,一か所からだけでなく、前後左右からクシで掻き出していきます。丁寧にクシで掻き出すことで、埃が毛の上の方に上がってきます。それらを、除去します。

4,汚れが、気になる場合のみ、清潔なタオルで毛を軽く拭いてください。

意外と、毛の奥部分に細かな埃などが固まっています。ブラシを清潔な状態に保つ事で、洋服にも良い環境となるため、 こまめに掃除を行いましょう。

 

洋服用ブラシを選ぶポイントって?

価格

幅が広いです。安いもので1,500円、高いもので10万円以上のブラシまであります。私は、3,000円程度のどの洋服にも使用できるブラシの使用から始めてみました。

価格によって効果にも違いがありますが、自分に合った物を選びましょう。

素材

大きく分けて、化学繊維毛ブラシと天然毛ブラシ2種類に分かれます。

私は、個人的に天然毛100%ブラシを選びます。なぜなら、自分の持っている洋服のウールに使用するため、豚毛を選びました。素材を選ぶのは、自分の使用したい洋服のアイテムで、判断しましょう。

サイズ

大きく分けるとしたら、携帯用と標準の2つがあります。携帯用は外出先で気になった花粉や埃を払うことができるのです。特に、花粉の季節、花粉症の人なら是非とも携帯してもらいアイテムです。

家の中に、花粉を持ち込まないようにできる優れたアイテムです。もちろん、洋服にもよい環境となります。小さな子どもがいる家庭では、PM2.5にも役立ちます。

 

洋服用ブラシおすすめ4選

ブランド重視の人におすすめ

1:KENT 静電除去服ブラシ

おすすめする理由

●1777年創業・英国王室御用達のブラシメーカー「G.B.ケント社」

●創業以来200年以上、ブラシのトップブランド世界的地位を保持

●英国のG.B.ケント社のライセンス契約の日本製

特徴・魅力

●静電気除去繊維ブラシ混毛

私が、一番機能として必須としている点が、静電気除去です。これにより、繊維が持つコロナ放電で、衣服にある静電気を取り払い、埃を生地から払い落としやすくなり性質を持っています。

ブラッシングした後も、空中に舞っている埃を寄せつけない点でも、とても便利で、洋服にも良い影響となります。

 

花粉症の人におすすめ

2:REDECKER携帯用洋服ブラシ

出典: Amazon.co.jp

REDECKER携帯用洋服ブラシ

おすすめする理由

●鞄の中に携帯で持てるため、いつでも使用可能

●気になった汚れや埃を、外出先でも取り除ける

特徴・魅力

●花粉を持ち込まない環境を作れる

春先の花粉の季節、花粉症の人は、外から帰ってくる際に、玄関先で洋服についた花粉を払いのけることで、家の中に花粉を持ち込まない環境をつくれるのです。

花粉症の家族がいる人にも、おすすめです。PM2.5の除去にも役立ちます。

 

1本で何にでも使えるコスパ重視の人におすすめ!

3:Xpassion 洋服ブラシ

出典: Amazon.co.jp

Xpassion 洋服ブラシ

おすすめする理由

●天然馬毛が静電気を抑える

●埃や花粉を落とすのにもおすすめ

●革カバン、革靴の保養効果あり

●布団のほこり掃除

特徴・魅力

●衛生面重視・水洗いできるブラシ

これ1本で、いろいろな素材に対応できます。馬毛で、静電気を抑えることもでき、とても優秀なブラシです。コスパがとてもよく、これ1本あるだけで、何にでも使用出来て、とても便利なブラシです。

手頃な価格で、BOX入り、プレゼントにも最適です。ブラシ初心者に、是非1本いかがですか?

●水洗いできる

ブラシは、埃などを取るため、とても汚れています。しかし、獣毛の場合は、あまり水洗いはおすすめできないブラシが多いのです。

しかし、こちらは水洗いできるのです。記載の水洗い方法をよく読んで、丁寧に洗って、よく乾かしてください。衛生面で気になる人には、とてもおすすめなポイントだと思います。

 

静電気を防ぐ池本独自の機能設計重視の人におすすめ

4:池本刷子工業 GRAND IKEMOTO

おすすめする理由

●白馬毛の静電気除去繊維を混毛

●Sサイズ・XLサイズ あります

特徴・魅力

Sサイズですが、見た目はちょっと小さいかな?と思われますが、使ってみると、細部にまで毛が届き、埃を払え、使い勝手はいいように感じられました。小さいので、軽量で、手も疲れません。

手にスッポリとハマる太さで、握りやすく、使いやすいため、夫のスーツ専用で、愛用しています。

クリーニングの回数も、減っていますし、生地の流れが整うため、見た目も綺麗に見えます。

 

まとめ

洋服ブラシって、なんだかセレブっぽい響きですが、とても節約にも貢献してくれるアイテムなんです。プチプラだって、機能はいいんです。

そういった意味合いも兼ねて、今回は、3,000円前後のブラシを選んでみました。是非、洋服用ブラシのメリットを、実感して欲しいと思います。

ブラッシングする事で、洋服の傷みが減り、クリーニング代を節約できたり、お気に入りの洋服を長持ちすることができたりと、節約にも一役買ってくれる庶民の味方なんです。

ブラッシングのコツを覚えて、クローゼットにしまう前に、軽くブラッシングするだけで、洋服の生地も見え方もぜんぜん違ってくるのです。

ちょっとした日々のお手入れで、お気に入りの洋服を長持ちさせましょう!

記事内で紹介されている商品

KENT 静電除去服ブラシ ミディアム 

サイトを見る

REDECKER携帯用洋服ブラシ

サイトを見る

Xpassion 洋服ブラシ

サイトを見る

池本刷子工業 GRAND IKEMOTO

サイトを見る

関連記事