日用品ライターが教えるおすすめ保冷剤10選

アウトドアレジャーで食べ物や飲み物を冷やして運ぶのに欠かせないのが保冷剤です。

暑い日にお弁当を運ぶときにも活躍します。

しかし、保冷剤は冷やすことができればどれも同じなどと思っていませんか。

クーラーボックスとの組み合わせで使うことが多いのですが、同じクーラーボックスでも、どれを使うかによって内部の温度に大きな差が生じます。保冷剤ごとに保冷能力が異なるので、用途に合ったものを選びましょう。

この記事では、用途に合う保冷剤の特徴や選び方を解説したうえで、おすすめの保冷剤を10種類紹介します。

 

用途別のおすすめ保冷剤

冷たい状態を保ちたい

0度以上の温度帯で食材や飲み物を冷やしたいときは、0度タイプの保冷剤が向いています。

氷点下に保てるほどの強力タイプを使ってしまうと、保冷剤に接した部分が凍ってしまったり、冷えすぎてしまったりするので要注意です。

強力タイプの保冷剤の方が優れていると思いがちですが、向かないシチュエーションもあります。

果物や野菜などに強力な保冷剤が直接触れてしまうと、一度凍った後溶けた状態になるので逆効果です。

 

冷凍のまま運びたい

冷凍食品やアイスクリーム、氷などを氷点下をキープして運びたいときは、表面温度がマイナス16度になるような、強力タイプの保冷剤が便利です。

保冷剤自体に物を凍らせる能力があるので、釣った魚を新鮮に運びたいときなどにも向いています。

ただし、強力タイプの保冷剤は、本体が完全に凍るまで時間がかかるという難点があります。

実際に使う日の数日前から家庭用冷凍庫の温度をできるだけ低く設定して、完全に凍らせておくことが大事です。

 

できるだけ長時間冷たい状態をキープしたい

氷点下タイプと通常タイプの保冷剤を併用すると、冷たい状態を長く維持できます。

氷点下タイプの保冷剤が、通常タイプの保冷剤を凍った状態に保つからです。

夏場の海水浴場やキャンプなど、外気温が高いところで長時間食材や飲み物を冷たい状態で保ちたいときは、2種類の保冷剤を併用するようにしましょう。

 

保冷剤を選ぶときのポイント

ハードタイプかソフトタイプかで選ぶ

ハードタイプとソフトタイプを比べると、ソフトタイプの方が安価です。

しかし、ソフトタイプは何度も繰り返し使っていると袋が破れて使えなくなってしまいます。

頻繁に使う場合や、何度も繰り返し使う場合はハードタイプを選んでおいた方がよいでしょう。長い目で見れば得です。

 

0度タイプか氷点下タイプかで選ぶ

氷点下タイプの方が保冷剤として優れているというわけではありません。

何を冷やすのか、どのくらいまで冷やしたいのかという点で選ぶべき保冷剤が変わります。

マイナス16度になるようなものは、触れた食材が凍ってしまうので、凍らせたくないものを運ぶときは向きません。

逆に、アイスクリームや冷凍食品を溶かさずに運ぼうと思うと、0度タイプでは無理です。氷点下を保てる保冷剤を選ぶ必要があります。

 

凍るまでの時間と保冷できる時間で選ぶ

同じ保冷温度をうたっていても、なかなか凍らないものや、保冷時間が短すぎるものがあります。

保冷の持続時間が長いに越したことはありませんが、準備時間がかかりすぎる保冷剤は、頻繁には使えないということを覚えておきましょう。

保冷温度が低い保冷剤ほど、準備に時間がかかります。

どれくらいの間冷たさが続くのかという点はきちんと確認する人が多いのに対して、使えるようになるまでどれくらい時間がかかるのかという点はあまり注目されません。

しっかり固まってからでないと、十分な保冷力を発揮できないので、どれくらい準備に時間がかかるのかもしっかり確認するようにしましょう。

 

保冷剤のおすすめ10選

ロゴス 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パック

出典: Amazon.co.jp

ロゴス 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パック

外気温30度以上の環境でも、18時間~24時間でしっかり凍結する保冷剤です。

凍結にかかる時間は短いのに、外気温30度の暑さの中でも、クーラーバッグの中を6時間以上氷点下に保てます。

飲み物や食べ物を冷やすだけでなく、アイスクリームや冷凍食品も冷凍の状態で保てる優れものです。

万が一パッケージが破損したときでも安全な植物性天然高分子を使用しています。

 

ロゴス 保冷剤 アイススタック

氷点下パックシリーズが人気のロゴスですが、こちらは0度タイプです。

氷点下ではなく、食品や飲み物を冷蔵の温度帯に保ちたいときに活躍します。家庭用の冷凍庫で1晩あれば凍結するので、翌日使いたいというときでも大丈夫です。

スタックパックなので、複数のパックを重ねて積立られます。

釣りやキャンプ、バーベキューなどアウトドアレジャーに大活躍する保冷剤です。

 

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス 16度 ハード

出典: Amazon.co.jp

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス 16度 ハード

表面温度がマイナス16度になる強力な保冷剤です。

一般的な保冷剤との比較では、約8倍という驚異の保冷力を誇ります。凍った冷凍食品やアイスクリームを溶けないように保つだけでなく、生の魚を凍らせることも可能です。

通常の保冷剤と組み合わせて使うことで、保冷力の持続時間が長くなります。

ドライアイス感覚で冷凍食品を運ぶ際に便利に使える保冷剤です。

 

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス 16度 ソフト

出典: Amazon.co.jp

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス 16度 ソフト

表面温度マイナス16度を誇る強力保冷剤のソフトタイプです。

釣ったばかりの魚を凍らせることができるほどの高い保冷力が長時間持続します。冷凍食品もアイスクリームも溶かさず運べるドライアイスのような保冷剤です。

通常タイプの保冷剤と併用すると、保冷力が長時間持続します。ソフトタイプなので、ソフトクーラーボックスやクーラーバッグとも相性は抜群です。

 

-16℃のパワー保冷剤氷点下でより早く 長く冷却 保冷ができる クールジェル

出典: Amazon.co.jp

-16℃のパワー保冷剤氷点下でより早く 長く冷却 保冷ができる クールジェル

氷点下で食品を保存できる強力保冷剤です。

魚釣りのときにクーラーボックスに入れていくと、魚を新鮮な状態で持って帰れます。小さめの魚なら、その場で冷凍できるほどの保冷力の高さです。

アイスクリームや冷凍食品も溶かさずに運べますが、冷凍庫をマイナス20度にして、しっかり凍らせてから使わなければなりません。完全に凍るまでは丸2日以上かかります。

 

アイスジャパン 保冷剤 フリーザーアイスハード

出典: Amazon.co.jp

アイスジャパン 保冷剤 フリーザーアイスハード

日本製のごく一般的なハードタイプの保冷剤です。

1個当たりの単価が安いので、複数使いたいときに重宝します。ハードタイプの中ではコストパフォーマンスのよい製品です。

300と500タイプは抗菌仕様なので、衛生的に使えます。冷凍食品を長時間運ぶのには適しませんが、飲み物や食べ物を保冷して運びたいときにはぴったりな保冷剤です。

 

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT-16℃ コンパクト

出典: Amazon.co.jp

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT-16℃ コンパクト

魚も凍らせられる、表面がマイナス16度になる保冷剤の小型版です。

背の低い円筒形なのでで、小型クーラーのすき間にもぴったり収まります。

荷物の収納スペースをきちんと確保しながらしっかり冷やす保冷剤です。別売りの氷点下キープシリンダーと組み合わせて使うと、アイスクリームや氷などを長時間冷凍のままキープすることができます。

 

真夏の暑さ対策 かわいい ひんやりアニマル3種セット ひえひえクールジェル

出典: Amazon.co.jp

真夏の暑さ対策 かわいい ひんやりアニマル3種セット ひえひえクールジェル

アニマルモチーフのかわいらしい保冷剤です。ペンギン、白くま、パンダがセットになっています。

柔らかいジェルタイプなので、食材を持ち運ぶための保冷剤としても、寝苦しい日のクールピローとしても使えます。

子どものお弁当を冷やして運ぶのにもぴったりです。ジェルの中にはラメが入っているので、きらきら光って見た目も涼し気です。

 

アイリスオーヤマ 保冷剤 ハード CKB-350

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 保冷剤 ハード CKB-350

ハードタイプの一般的な保冷剤です。

普段使いする分には十分な使用感で、保冷力もほどほどにあります。コストパフォーマンスがよいので、普段の買い物やアウトドアのときに使うのに適しています。

お昼までお弁当を冷やしておきたいときや、バーベキューを始めるまで食材の鮮度を保ちたいときには、十分な保冷力を発揮してくれる保冷剤です。

 

クールダウン 保冷剤 かわいい アニマル ひんやり動物 ひんやりクールジェル 3種セット

出典: Amazon.co.jp

クールダウン 保冷剤 かわいい アニマル ひんやり動物 ひんやりクールジェル 3種セット

ペンギン、クマ、アザラシの絵柄が付いたかわいらしいジェルタイプの保冷剤です。

手のひらサイズの保冷剤が3つセットになっています。柔らかいタイプなので、暑い夏や熱のあるとき、身体をひんやりと冷やすのにぴったりです。

食材の保冷で使うなら、子どものお弁当の保冷や、哺乳瓶のミルクを冷ますのに向いています。まとめて使ってもバラバラに使っても便利です。

 

まとめ

保冷剤はクーラーボックスのおまけくらいに思っている人が多いかもしれません。

しかし、クーラーのサイズや用途に合った保冷剤を選ぶことが重要です。クーラーボックスの性能がいくらよくても、保冷剤がしっかりしていないと、十分な性能を発揮できません。

何をどのような状態で運びたいのかをよく考えて、用途に合った保冷剤を選びましょう。

ハードタイプとソフトタイプは、使う頻度を考えて選ぶ必要があります。

また、どのくらいの温度に保冷したいのかという点はとても重要です。

保冷剤には0度タイプと、氷点下タイプがあります。保冷剤を間違えると、食材のおいしさを損なうことになるので要注意です。

氷点下タイプと0度タイプを併用すると長時間保冷できます。

用途に合った保冷剤を選んで使いましょう。

記事内で紹介されている商品

ロゴス 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点…

サイトを見る

ロゴス 保冷剤 アイススタック

サイトを見る

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス …

サイトを見る

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT マイナス …

サイトを見る

-16℃のパワー保冷剤氷点下でより早く 長…

サイトを見る

アイスジャパン 保冷剤 フリーザーアイス…

サイトを見る

ロゴス 保冷剤 氷点下パック GT-16℃ コン…

サイトを見る

真夏の暑さ対策 かわいい ひんやりアニマ…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 保冷剤 ハード CKB-350

サイトを見る

クールダウン 保冷剤 かわいい アニマル …

サイトを見る

関連記事