買いたいものを検索してください

いつでも隙を見せない!女性向け防犯グッズランキングTOP10

女性の夜道の一人歩きや一人暮らしはどうしても危険度がぐっと上がってしまいます。慣れ親しんだ場所だとしても安全な場所ではありません。なるべく犯罪者に目をつけられないように工夫が必要になります。

もちろん、絶対的に加害者になる相手が悪いのですが、被害に遭った側の落ち度を指摘されることもあります。普通に生活していても落ち度として見られやすい点はたくさんあります。

これから新生活を始めるにあたって、生活リズムが変わったり、生活環境が変わる方も多いと思いますので、少しでも犯罪に巻き込まれないように日ごろから気をつけておきたいことや女性向けの防犯グッズをご紹介いたします。

 

女性おすすめの防犯グッズって何がある?

 

防犯ブザー

大人も子どもも一番使いやすいのが防犯ブザーです。不審な人に遭遇したら引っ張ったりボタンを押すだけ使える手軽さとデザインも豊富で大人の女性が持っていても違和感がないおしゃれな防犯ブザーもたくさんあるので、夜道だけでなく普段からカバンに付けておきたい防犯グッズです。

おしゃれに気を使っている方にはキーホルダー感覚で付けられる防犯ブザーもありますし、一目で防犯ブザーだとわかる防犯ブザーをつけることで不審者にアピールして危険な場面に遭遇しないようにするという面もあります。

 

スタンガン

なかなか持っている人は少ないと思いますが、スタンガンも防犯グッズのひとつです。スタンガンは使い方を間違えるととても危険な防犯アイテムなので、しっかりと使い方を学んで、いざという時に使えるようにシュミレーションをしておく必要があります。

またテレビなどでスタンガンを使うと相手が気絶してしまうシーンがよくありますが、実際にスタンガンを使ったとしてもあそこまではいかずに、相手を感電させて動きにくくすることでその隙に逃げ出すアイテムとして考えておいた方が良いと思います。

ただしおもちゃのようなスタンガンですと、大して効果は得られずにいざという時に効果を発揮しないので注意が必要です。

 

護身棒・警棒

伸縮性のある警棒を選べば持ち歩きにも適しています。基本的に警棒は叩いて相手をひるませたり、距離を取るのに使えるのですが、いざという時に女性が使いこなしにくいのであまり選ばれるアイテムではないようです。

ですが、自宅に置いておけば、侵入者を発見した際に使うこともできますので、枕元に置いておくのもアリかなとおもいます。その際にストラップがついている警棒を選べば、使用した際にすっぽ抜けてしまうことを防げます。

 

防犯スプレー・催涙スプレー

小型で持ち歩きやすいサイズのため、特に女性に選ばれる防犯アイテムです。いかにもといったデザイン性のアイテムもありますが、化粧品を模したぱっと見て催涙スプレーだとはわからないデザインもあり、周りの目を気にすることなく携帯することができます。夜道を歩く場合には、手の中に忍ばせておくとさらに安心できます。

催涙スプレーの多くは、唐辛子の成分を凝縮した成分で出てきています。そのため、吹きかけられると目に強い刺激を与え、吸い込むことでのどや鼻に刺激を与えて咳が止まらなくなります。

 

窓用防犯ブザー

一人暮らしの場合、アパートでもマンションでも出来れば2階以上の部屋に住みたいところですが、さまざまな事情で難しいのが現状ですし、2階以上でも泥棒がベランダから侵入するケースも多くあります。

そのため、ベランダなどの人が入ることのできる大きさの窓に付けることができる防犯ブザーを付けておくと安心です。外出中はもちろんのこと、就寝中に侵入されるケースもあるのでしっかりと対策をしておきましょう。1階の場合には盗撮の恐れもあるので、小さめの窓にも窓用防犯ブザーをつけておくと安心です。

 

玄関用補助鍵

玄関に備え付けの鍵はもちろん掛けるべきなのですが、それだけだと簡単に開けられてしまう恐れがあります。複数の鍵をつけることでピッキングに時間がかかるため、泥棒が嫌がり、まず侵入候補に入らないような工夫をしておくと安心です。

賃貸のアパートやマンションの場合は工事するのに大家さんに許可を取る必要があります。また、大がかりの鍵の変更だとお金もたくさんかかってしまいますが、後付けのドアにちょっとした作業で付けられる小額の補助鍵もあるのでそちらのほうが取りつけやすいかと思います。

また、チェーンやドアロックなどがある場合には就寝中や外出している家族がいない時にはかけておくとさらに安心です。

 

定期的にメンテナンスをしよう

電池が必要な防犯アイテムは、電池切れではしっかりと作動せずに飾りになってしまい、いざというときに使えないので、定期的にチェックが必要です。

また、電池切れを発見した時にすぐに電池を入れ替えられるように予備の電池も用意しておくとさらに安心できます。スプレーやスタンガンなどは正常に作動するかチェックが必要です。また、その時にいざという時に動けるようにある程度の場合を想定して練習しておくと使うべき時にさっと動きやすくなります。

 

女性におすすめの防犯グッズの選び方

 

使用シーンに合わせて選ぼう

普段の外出時

防犯ブザーを持ち歩くのはもちろんのこと、スタンガンや催涙スプレーなどカバンに仕舞えるサイズのアイテムを持っていくのが良いと思います。人気のない夜道を歩く時には防犯ブザーはカバンの外に出して見えるように付けておくとそれだけで相手をひるませ、狙われにくくなる効果もあります。

また、大き目のポケットが付いている服を着ている時にはすぐに取り出せるようにポケットにしまうのもおすすめです。

 

一人暮らしの家

一人暮らしということは、家に入られてしまったら外からは見えないので助けを求めにくいという状況になります。そのため、とにかく入られないようにするというのが一番です。窓には窓用の防犯ブザーを取り付け、玄関には補助用の鍵を取り付け、出来ればインターフォンは誰が訪問してきたかわかるようにドアフォンがベストです。

とにかく自分の身を守るために自分以外の人も家にいるように見せるため、帰宅時には誰もいなくても「ただいま」と言って入るのも効果的です。

 

海外旅行

海外旅行中も被害に遭いやすいので注意が必要です。国や地域によっては夜の○時以降には女性は外出しない方がよいという暗黙のルールがあったりしますので、事前に調べておく必要があります。また、飛行機に乗るため、なかなか機内に持ち込めるアイテムは限られてしまいますが、お財布やパスポートなど絶対に無くしてはいけない所持品は衣服の下に身につけることのできるカバンやスキミング防止機能のついたアイテムをつかうとよいでしょう。

心配な場合には現地で購入しておくとよいでしょう。また、ドアに付けられる防犯ブザーもあるので心配な場合には設置しておくと安心してホテルで寝ることができます。

 

軽犯罪に当たるものも?

自分の身を守るために持ち歩いたとしても、相手を傷つける効果があるため、加害者に思われてしまう心配もあります。基本的にはスタンガンや催涙スプレーなどの購入や持ち歩きは罪にはなりません。

そして、それらを実際に使用して身を守った際にも「正当防衛」として罪になりません。しかし、持ち歩いていることで軽犯罪法に触れてしまう可能性があるという微妙なラインでもあります。

そのため、身の危険を感じていて、スタンガンや催涙スプレーを持ち歩いている際にはなるべく目立たないようにしておくほうが余計なトラブルに巻き込まれるのを防げます。また、所持している時に警察から職務質問を受けた際にはきちんと受け答え、誤解されないように気をつけましょう。

 

自分が使いこなせるものを選ぼう

たくさんの防犯グッズがありますが、いくつも持っていれば安全というわけではありません。使い方をしっかりと学んで、自分が使えるという自信があるものを選ぶようにしましょう。

相手に向かって催涙スプレーやスタンガンを使う自信がない場合には、もたもたして使えなかった場合には、逆に相手に奪われて自分に使われてしまう危険性もあります。相手を倒すことよりも、とにかく逃げることを一番に考えて防犯グッズを選び、とにかく安全を確保するようにしましょう。

 

ライターが一押しの女性におすすめの防犯グッズはこれ!

防犯ブザー Paskel

出典: Amazon.co.jp

防犯ブザー Paskel
ブランド
カテゴリ
使用シーン 普段の持ち歩きカバンに装着
使いこなし安さ

大人の女性が持ち歩きたくなるアイテム

いかにも防犯ブザーのデザインの方が周囲へのアピールになって犯罪抑止力があるのですが、大人の女性からするとせっかく服装やカバンでおしゃれにしているのに、と抵抗感が強いのが事実だと思います。ですが、大人の女性がぜひと持ち歩きたくなるアイテムがこの防犯ブザーPaskelです。

見た目は小さなお財布にも見えるデザインで、もちろん実際にICカードや小銭などの小物を入れられる場所もあるパスケースです。防犯ブザーの音が2種類あり、音量は周囲の人は聞こえるけれど遠くまでは聞こえにくい程度なので電車内の痴漢撃退にも使えます。

私自身も高校生のころに親にいかにもなデザインの防犯ブザーを持つように渡されたんですが、カバンに付けていたら周りに変なアピールをして笑われてしまいそうだと思ったのと、自分は被害に遭わないだろうと過信して持ち歩きすらしなかった覚えがあります。

なので、大人の女性はもちろんのこと、電車通学する学生さんやおしゃれなデザインがいい思春期の女の子にピッタリの防犯ブザーだと思います。また、カラーバリエーションはかなり豊富なので自分の好きなカラーやデザインのアイテムを使うことができるのでお友達と色違いで持つのもおすすめです。

 

女性におすすめ防犯グッズランキングTOP10

第10位 Co-goods ダミーカメラ

出典: Amazon.co.jp

Co-goods ダミーカメラ
ブランド
カテゴリ
使用シーン 自宅の玄関など
使いこなし安さ △(賃貸には設置しにくいため)

防犯意識の高い家を演出できる!

防犯カメラを設置することで侵入されにくくなり、防犯意識の高い家ということをアピールして自宅の防犯に一役かってくれるアイテムです。

本物の防犯カメラですとお値段もかなりしてしまい、気軽に購入して設置しにくいのですが、そこはダミーなのでお値段もお手ごろになり、付けてみようかなという気持ちになると思います。留守が多いお家や、昼間一人でいることが多いご家庭、子どもを一人で留守番させるご家庭におすすめです。

付属で防犯カメラ作動中というシールが何枚もついてくるので、それを貼っておくだけでも防犯効果があり、不審者を近寄らせない家づくりができます。

 

第9位 ガードロックサッシ 窓用補助鍵ガードマン

使用シーン 自宅の窓のサッシ
使いこなしやすさ

窓からの侵入も防ぐ!

窓ガラスのレール部分に設置するだけで使える商品です。そのため、誰でもすぐに使えるので引っ越ししたその日から、購入したその日から設置することができます。

ベランダに面している窓にはぜひ設置したい商品です。大きなつまみを回すことでドアを開けることもできるので、普段使いしやすい商品だと思います。完全にドアが開かないようにすることはできないようなので、窓に張り付ける防犯ブザーや窓が割られないように窓に張るシートなどを組み合わせることによって、より防犯効果を高めることのできる商品です。

窓の大きさによっては使えない場合もありますので注意が必要です。

 

第8位 SIBLING 防犯アラーム ブザー

出典: Amazon.co.jp

SIBLING 防犯アラーム ブザー
ブランド
カテゴリ
使用シーン 旅行先のホテルのドア、一人暮らしのドア
使いこなし安さ

旅先でも安心できるドア用ブザー

設置はとても簡単なので、旅行先にはかならず持っていきたいアイテムです。ホテルではドアストッパーなどがありますが、それだって解除されてしまう可能性があります。特に海外旅行に行った際にはセキュリティ面で心配なホテルに泊まることもあるでしょう。

そんな時には、出入り口のドアに防犯アラームブザーをセットしておくことで安心して、着替えや入浴、睡眠をとることができます。ただの防犯ブザーなので空港などで危険物として見られることなく罪に問われることなく持ち歩くことができます。

 

第7位 フォーラル 衣類ハンガー

使用シーン ベランダで洗濯物を干す際に
使いこなし安さ

干した洗濯物を誰にも見せない!

女性が被害に遭いやすいのが下着泥棒です。もちろん、下着のみを室内に干しているという対策をとっている方も多いと思いますが、せっかくベランダがあるのに外干しできないなんて残念すぎます。

そんな時はこの衣類ハンガーを使うことで洗濯物を隠しながら干すことができます。また、空き巣や家に忍び込む下着泥棒もいるため、女性一人が住んでいることを悟られないように洗濯物を見せないという対策をとりましょう。短時間のパラパラ程度の雨ならば洗濯物が濡れないという嬉しいポイントもあります。

ただ、目隠しをできるということは、風通しが少々悪くなるという面もあるため、洗濯物を干す場所の環境によっては使いづらいことも出てきてしまうかもしれませんので、ご自宅の洗濯物を干す場所の環境をチェックしてからのご使用をおすすめします。

 

第6位 パナソニック ワイヤレスドアモニター ドアモニ

使用シーン 玄関のドアに設置、来客時に
使いこなし安さ

来客が誰なのか一目でわかるモニター

最近のアパートにはドアモニターがついていることが多いですが、これなら設置工事いらずにモニターで来客者を確認することができます。モニターで確認すれば、誰かわからずに開けてしまい、セールスなどで断りきれなくなったり、怖い思いを最初からすることなく済みます。

また、家に押し入ってくるパターンの危険も防げるので身を守るのに効果的です。ただし、初期費用が大きくかかるので少し手が出しにくいという点がありましたので、6位にさせていただきました。家で過ごす時間が少ない場合や周りに友達などの知り合いが多い場合にはあまり必要性を感じないかもしれません。

ですが、家にいる時間が多い場合には誤って開けてしまい、押し入られるといったことが起こらないように準備しておくと安心かと思います。

 

第5位 Yohiro 超薄型 窓 ドア 防犯アラーム

出典: Amazon.co.jp

Yohiro 超薄型 窓 ドア 防犯アラーム
ブランド
カテゴリ
使用シーン 窓に張り付ける
使いこなし安さ

窓からの侵入もアラームでお知らせ!

侵入経路は様々ですが、しっかりと戸締りをしておいた場合、窓を割って入ってきたりすることがあります。外出する際や就寝の際、家にいるけれど窓を開けない時などにスイッチを入れておけば、窓を割ったり開けたりする振動で防犯アラームが鳴り、犯人をひるませることができます。

もしかしたら、そのまま押し入ってくる可能性もありますが、その場合にはアラームが鳴った時にすぐに身を隠したり、警察へ通報するといった行動を即座に取ることができるのでその時間を取るためにも窓のアラームはとっても役に立ちます。窓に張り付けるだけなのですぐに設置することができ、取り入れやすい防犯アイテムだと思います。

 

第4位 ノムラテック ドアロックガードディンプル

使用シーン 玄関に設置して鍵を増やせる
使いこなし安さ

玄関のカギを簡単に増やせる便利アイテム!

防犯性を高めるために、まず出入り口である玄関の鍵を突破されるわけにはいかないですよね。ですが、もともとの備え付けのドアの鍵を交換するとなるとかなり費用がかさみますし、賃貸のアパートだと大家さんの許可が下りないこともあります。ですが、それだけで諦めることはありません。

このドアロックは工事なしで玄関の鍵を増やすことができちゃいます!鍵を開け閉めする手間は少々掛かりますが、鍵が増えることで泥棒のピッキングの手間も増え、まず泥棒に入られるリスクを減らすことができます。工事がいらないので女性でも取り入れやすい防犯アイテムになります。

 

第3位 満点カーテン ミラーレースカーテン

出典: Amazon.co.jp

満点カーテン ミラーレースカーテン
ブランド
カテゴリ
使用シーン レースのカーテンとして窓に
使いこなし安さ

中の様子は一切のぞかせない!

防犯アイテムにカーテン?と思った方もいるかもしれませんが、カーテンは実はかなり重要なアイテムです。室内の様子が見えてしまえば、住人の生活リズムを把握したり、何人住んでいるかや間取りもばれてしまいます。

このカーテンはミラーレースカーテンになっているので中の様子が夜でも見えにくいので、のぞきの犯罪防止にも役立ちます。また、下着泥棒は忍び込む家をカーテンで見極めているんだそうです。

レースのカーテンで家の中を見えにくくして、その上に重ねるカーテンを女性らしい印象を与えるピンクなどの可愛らしい色や柄を避けることで女性が住んでいると連想させにくくすることが重要なポイントです。カーテンは生活に必要なアイテムなので新生活を始める方には取り入れやすさもあり、3位にさせていただきました。

 

第2位 raykos 催涙スプレー

出典: Amazon.co.jp

raykos 催涙スプレー
ブランド
カテゴリ
使用シーン 持ち歩き防犯グッズ
使いこなし安さ

化粧品のような見た目で持ち歩きやすい

催涙スプレーは吹きかけるだけで相手をひるませることができるため、かなり効果的なアイテムです。カバンを覗いてもぱっと見、リップや香水の容器にしか見えないので持ち歩くという面で変な疑いをかけられにくいのではないかと思います。

また、上着を着る季節ならばコートのポッケにリップを入れておくこともあると思いますので、夜道を歩く際には代わりにこの催涙スプレーを忍ばせておけばいざという時にすぐ使えるのではないでしょうか。

 

第1位 ZIQING 防犯ブザー

使用シーン 持ち歩き防犯グッズ
使いこなし安さ

防犯グッズの定番アイテム!

防犯ブザーはできることならなるべく見える位置に付けておきたいアイテムです。そのため、できることなら防犯ブザーだと一目でわかるようなデザインのアイテムを使うことがポイントです。

防犯ブザーを鳴らされるかもしれないという意識を相手に持たせることで被害に遭いにくくする効果があるため、シンプルなデザインであり130dbの音が出る防犯ブザーを選ばせて頂きました。カラーバリエーションが豊富なため、色違いで家族で持つのも身を守る意識を高めるきっかけになるのではないかと思います。

また、もしも気になる場合には夜道や人通りの少ない場所だけ出しておき、それ以外はカバンの内側に仕舞えるような位置に付けておくなどと使い分けるという方法もあります。

 

防犯グッズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、防犯グッズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

身を守るためには様々な対策をしよう

防犯対策は本当にキリがなくてどこまでやったらよいのだろうと思いますが、犯人の目線になったつもりで家までのルートを歩いてみたり、家の周りを気にしてみることで今まで考えてこなかったポイントが見えてくることもあります。

被害にあってから対策をするのでは遅いんです。対策をして何事もなかったとしても、その対策をしたからこそ何事もなかったと考え、防犯意識を高く持って生活することが一番だと思います。防犯対策は初期費用がどうしても多少はかかってしまいますし、手間もかかるので「私だけは大丈夫」として対策をすることさえ億劫になりがちですが、自分の身は自分で守れるようにぜひ取り入れてみてもらいたいなと思います。

また、親御さんからのプレゼントとして渡すのも良いと思いますし、防犯スプレーや催涙スプレーなどは友達同士でプレゼントしておそろいのアイテムとして持ち歩けば持っていることが当たり前になって生活に取り入れやすいのかなと思います。まずは1つでもいいので犯罪に遭わないように始めてみてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

防犯ブザー Paskel

サイトを見る

Co-goods ダミーカメラ

サイトを見る

ガードロックサッシ 窓用補助鍵ガードマン

サイトを見る

SIBLING 防犯アラーム ブザー

サイトを見る

フォーラル 衣類ハンガー

サイトを見る

パナソニック ワイヤレスドアモニター ド…

サイトを見る

Yohiro 超薄型 窓 ドア 防犯アラーム

サイトを見る

ノムラテック ドアロックガードディンプル

サイトを見る

満点カーテン ミラーレースカーテン

サイトを見る

raykos 催涙スプレー

サイトを見る

ZIQING 防犯ブザー

サイトを見る

関連記事