買いたいものを検索してください

デザインもこだわりたい!コーヒーミルおすすめランキング8選

休日の昼下がり、時間を持て余した私はコーヒーを飲もうと思いつきます。時間もあり、やる気もある場合、時々コーヒー豆をコーヒーミルで挽いてから飲むんですけど、実はこの「挽く作業」が楽しかったりするんですよね。

挽きたてのコーヒー豆の香りに一度うっとり、淹れたコーヒーの香りにまたうっとり。贅沢な休日の過ごし方だと思いませんか。

ぜひ皆さんにもそんな贅沢なひとときを体験をしていただきたく、今回は自宅で使いやすいコーヒーミルをご紹介したいと思います。

 

コーヒーミルのタイプは大きく分けて二種類

コーヒーミル

 

コーヒーミルには電動式と、手動式の二種類があります。

 

電動式は、手軽さを求める方向け

電動式は文字通り、電気の力でマシンが自動でコーヒー豆を挽いてくれます。

そのため短時間で、たくさんのコーヒー豆を挽くことが可能です。また、粒の大きさも調整可能で、仕上がりも均一に挽くことが出来るので、たくさんコーヒーを飲みたい方におすすめ。

ただし、マシンが大きめのものが多く、置き場所に困ることも。マシンの音の大きさも気になる場合もあります。

電動式のメリット 一度にたくさんのコーヒー豆挽くことが出来る
粒の大きさの調整が可能、均一に挽ける
電動式のデメリット 使用中に大きな音が出る
置き場所に困る(大き目のものが多い)
電源のないところでは使用できない

 

手動式は、こだわりたい方向け

手動式は、コーヒーミルについたハンドルを手回しで動かし、自分の力でコーヒー豆を挽きます。自分でコーヒー豆を挽くという楽しさを味わうことが出来ます。

一度に挽けるコーヒー豆の量は限られますが、サイズがコンパクトなものも多く、持ち運んでアウトドアにも活用できるところが人気です。ただし、一度に挽けるコーヒー豆の量は限られ、時間もかかります。

手動式のメリット 電池や電源がいらない
コンパクトなものは持ち運び可能で、アウトドアや外出先でも使える
手動式のデメリット 手動のため手が疲れる
一度に挽ける量が限られる

 

電動式のコーヒーミルを選ぶなら?

コーヒー

コーヒーミルを選ぶうえで、電動式を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

静音性をチェック

電動式コーヒーミルを選ぶ際、やはり気になるのはマシンから出る大きな音ではないでしょうか。
業務用や大き目のマシンほど、音が気になるのは仕方ないかもしれませんが、家庭で使用する場合、出来るだけ静かな方が良いですよね。
電動式コーヒーミルの中には清音性に優れたタイプもあるようです。音が気になる方は清音性に注視して選ぶと良いでしょう。

 

サイズと置き場所を考える

デザインにこだわったり、コーヒーミルの機能の良い物を選ぼうとすると、業務用のようなサイズ感になってしまうことも。

自宅が広く、インテリアの一部としておきたいと言う方にはよいかもしれませんが、「そんなに置く場所に余裕はない」と言う方は、電動式でもコンパクトなデザインを選ぶと良いでしょう。

置く場所がないからとしまい込んでしまっては、なかなか使う機会がなくなってしまいます。

 

コーヒー豆の挽き方・粉砕方法三種類に注目!

プロペラ式

プロペラ式は、プロペラ型の刃をコーヒー豆にぶつけてコーヒー豆を粉砕する方法です。比較的コンパクトなサイズでお手頃価格のものも多く、初心者の方にもおすすめします。

また、持ち運びできるもサイズ感の物も多いようです。ただし、プロペラ式はミキサーのように豆を挽くため、豆に摩擦熱がかかりやすく、挽き目の調整が難しいという面もあります。

カット式

カット式にはコニカルカッターとフラットカッターとあり、どちらも上から下へと降りていくコーヒー豆を、カッターで細かく刻んでいくというイメージです。お値段はちょっと張りますが、プロペラ式と比べ摩擦熱がかかりにくく、コーヒー豆本来の香りや風味を引き出しやすいのが特徴です。

  • コニカルカッター…円錐状の刃、手動式にも多く用いられる
  • フラットカッター…フラットな刃が対になっていて、主に電動式に用いられる

グラインド式・臼式

グラインド式・臼式は、上下に付いた2枚の刃で、臼のようにコーヒー豆をすり潰して挽いていきます。すり潰して豆を挽くため、プロペラ式と同様摩擦熱がかかりやすく、価格もお手頃なものが多いようです。

プロペラ式と比較すると、グラインド式・臼式の方が均一な挽き目の調整が出来るものが多いようです。グラインド式・臼式はプロペラ式と並び、電動式のコーヒーミルで主流の方法です。

 

手動式のコーヒーミルを選ぶなら?

コーヒーミルとコーヒー豆

続いて、手動式コーヒーミルを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

ハンドルが大きいほど使いやすい

手動式コーヒーミルでは、自分の力でハンドルをくるくると何度も回し、内部の刃でコーヒー豆を挽くため、大きいハンドルほど回しやすくなっています。

特に大人の大きな手では、小さなハンドルを何度も何度も手動で回すのはなかなかの手間です。大きなハンドルの方が大きな動作で扱いやすく、腕の疲れも軽減できるのではないでしょうか。

 

外観にこだわる!

手動式コーヒーミルを選ぶ方の中には、「アンティークなデザインのものが多い」と言う点から選んでいる方も多いのではないでしょうか。

有名なコーヒーメーカーの手動式のコーヒーミルには、一部が木製のデザインのものがあり、どこか懐かしさもある雰囲気が漂っています。インテリアとしても趣があるデザインが多く、コレクションしたくなる気持ちも分かります。

 

コーヒーミルを選ぶときに、共通してチェックするポイント

ここでは、電動式、手動式コーヒーミルに共通で当てはまるチェックポイントをご紹介します。

 

均一さ

コーヒー豆を挽いた際、いかに「均一に」挽けたかは、美味しいコーヒーを飲めるかのポイントとなっています。

上手く挽けずコーヒー豆の挽き方がバラバラになってしまうと、ドリップの際、粒が大きいと抽出が少なくなってしまい、細かい粒からは逆に抽出しすぎてしまい、コーヒーの苦みやえぐみなどが多く出てしまうこともあります。

コーヒー豆は均一に挽くことで、雑味が出にくく、クリアで美味しい口当たりが実現できるため、コーヒーミルを選ぶ際には考慮してみてください。

 

お手入れのしやすさ

なんでもそうですが、お手入れは簡単で分かりやすいのが良いですよね。

私のような不器用な人間は、分解してお手入れしていざ元に戻そうとすると、どう組み立っていたか分からなくなってしまい、元に戻せなくなってしまうことも。そうすると、ついついお手入れを怠ってしまいがち。

私のような面倒くさがりと言う方は、出来るだけ単純な作りでお手入れがしやすいコーヒーミルを選びましょう。私の使っているコーヒーミルの場合、普段のお手入れは使うたびに残ったコーヒーを付属のブラシでササっと掃き出す程度です。

 

挽くときのスピード

コーヒー豆を挽く際、豆を挽くスピードも重視したいところです。特に電動式のコーヒーミルの場合、ずっと高速で豆を挽いてしまうと、コーヒー豆に摩擦熱が伝わってしまい、風味が損なわれてしまう原因になります。

せっかくコーヒーミルを使ってコーヒーを飲む準備をするのでしたら、少し時間はかかっても、低速でじっくりと時間をかけて挽くことをおすすめします。その方が、コーヒー本来の香りや風味ををキープした、美味しいコーヒーが飲めることでしょう。

 

電動コーヒーミルおすすめランキングTOP4

第4位 Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミル

サイズ 18.3cm✕9.8cm✕9.8cm
静音性
粉砕方法 プロペラ式
均一さ
お手入れのしやすさ

豆を入れてスイッチを押すだけ

Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミルは、操作がとってもシンプル。本体のふたを開けてコーヒー豆をセットし、スイッチを押すだけ、たったこれだけのシンプル操作だったら、初心者の方でも安心して使用することが可能ですね。

40g(約5杯分)のコーヒー豆をたった15秒で挽くことが出来ます。豆の粗さはお好みで調節することが可能です。本体は水洗いできませんので、付属の掃除用ブラシで残ったコーヒーの粉を掻き出してお手入れします。

 

第3位 デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー

出典: Amazon.co.jp

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー
ブランド
カテゴリ
サイズ 13.5cm✕19.5cm✕27.5cm
静音性
粉砕方法 カット式
均一さ
お手入れのしやすさ

アロマを保つ低速グラインディング

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダーは、コーヒーを美味しく淹れる条件の1つである、「挽き豆の粒度が均一である」ことを可能にする、コーン式(コニカル式)グラインダーを採用。

中挽き、中細挽き、細挽き、極細挽きなど、4つのステージで14段階の粒度設定が可能です。低速回転のモーターを使っているため摩擦熱を最小限に抑え、コーヒーを挽く際のアロマを存分に楽しむことが出来るでしょう。

電源コードを本体底部に収納できるため、コンパクトにすっきり収納することが出来ます。

 

第2位 Kalita ナイスカットミル

サイズ 37.79cm✕23.19cm✕17.39cm
静音性
粉砕方法 カット式
均一さ
お手入れのしやすさ

コーヒー店のような本格的コーヒーミル

Kalita ナイスカットミルは、業務用のコーヒーミルをそのまま家庭用に小さくした、本格派の方におすすめのコーヒーミルです。見た目のデザインも本格出来で、家にあるだけでいかに「コーヒー好きか」が伺える商品ではないでしょうか。

粒度調整ダイヤルはセットしやすく、挽き具合のも好みで調整可能です。静電気除去装置がついているので、お手入れの際に粉が飛び散らず、助かります。コーヒー専門店で飲むようなコーヒーを自宅で味わいたい方には、Kalita ナイスカットミルがイチオシです。

いつも安定したコーヒーが飲めます!アイボリーの色がインテリアに馴染みます!

#ほっこりおうちカフェグッズ

mujimegu3.4さんのプロフィール

シンプルなマンションライフを目指しています 気に入ったものを載せています

 

第1位 ラッセルホブス コーヒーミル

サイズ 12.5cm✕12.5cm✕21.5cm
静音性
粉砕方法 プロペラ式
均一さ
お手入れのしやすさ

スタイリッシュさNo.1

ラッセルホブス コーヒーミルはスタイリッシュな見た目のデザインで、どんなキッチンにもマッチするおしゃれな電動式コーヒーミルです。コンパクトながら150Wのハイパワーモーターを搭載し、中挽きならコーヒー豆60g程度(7~8杯分)を約10秒で挽くことができます。

これなら忙しい朝でも、挽きたての美味しいコーヒーを楽しむことが出来ますね。ラッセルホブスのコーヒーミルは、取り外せるグラインディングボウルの中で挽くので、粉が周りにこぼれ落ちることがほとんどなく、フィルターに移すことが可能です。

 

手動コーヒーミルおすすめランキングTOP4

第4位 カリタ コーヒーミル 手挽き

サイズ 16.8cm✕8.5cm✕23.5cm
外観 アンティーク寄り
均一さ
お手入れのしやすさ

老舗コーヒーメーカーの手挽きミル

カリタ コーヒーミル 手挽き+お手入れ用ブラシセットは、老舗コーヒーメーカーカリタの手挽きミルの中でも人気の高い商品。見た目のアンティークさはもちろん、使用時の手へのフィット感や使い心地の良さもしっかりと考えられています。

豚毛を使用したクリーニングブラシがセットになっているので、お手入れにも便利ですね。手の小さい女性には扱いがちょっと大変かもしれませんので、男性におすすめです。

 

第3位 HARIO(ハリオ) コーヒーミル

サイズ 15cm✕7.24cm✕22cm
外観 モダン寄り
均一さ
お手入れのしやすさ

コーヒー2杯分のコンパクトさ

HARIO(ハリオ) コーヒーミルは、コーヒー2杯分のコーヒー豆を挽くことが可能な、コンパクトなコーヒーミルです。そのため持ち運びも出来、お出かけ先やアウトドアでも活躍すること間違いありません。

セラミック製の臼は摩擦熱が発生しにくいため、コーヒー本来の風味を損ないにくくなっています。丸ごと水洗いが出来るため、いつでも清潔に保っておくことが可能です。コスパの良さから、初心者の方の1台目に、本格派の方の2台目にと、人気のようです。

 

第2位 カリタ Kalita コーヒーミル 手挽き

サイズ 19cm✕14.5cm✕23cm
外観 アンティーク寄り
均一さ
お手入れのしやすさ

置いてあるだけでオシャレなアンティーク感

カリタ Kalita コーヒーミル 手挽きは、アンティークなデザインが何ともおしゃれなコーヒーミルで、インテリアとして置いてあるだけでも気分が上がる可愛らしさです。本体下部は安定感のある箱型のため、コーヒー豆を挽く際も扱いやすくなっています。

挽いたコーヒーを溜める引き出しも可愛らしく、引き出した瞬間のコーヒーのアロマにうっとりします。
手挽きのコーヒーミルと言うと誰もが想像する、昔ながらのデザインではないでしょうか。

朝にコーヒーお香りで目覚めたく。コーヒーミルを探していたところ老舗のkalitaさんのが欲しいイメージにぴったりだったので買いました。
手挽きのゴリゴリする感じが最高。コーヒーミルはkalitaさんから色々種類出てますが、こちらは豆容器にフタがあり、挽くときに豆が飛び散らないので良いです。(見た目もカッコいい)お値段の割に重厚感が有り。ぜひキッチンに飾ってほしいです。

#ほっこりおうちカフェグッズ

太田 奈那さんのプロフィール

Priteia芸能プロダクション/タレントシェフ太田奈那/【経歴】レースクイーン・シャンパンMUMMイメージガール・ABCCookingスタジオ料理講師 雑誌ananWebマガジンにてオリジナルレシピ「誰でも料理上手!なモテレシピ」を連載中

 

第1位 ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

サイズ 5cm✕13.5cm
外観 モダン寄り
均一さ
お手入れのしやすさ

外出先で使うなら、ポータブルタイプのポーレックス

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニは、コンパクトなサイズ感はもちろん、丈夫さや見た目のスタイリッシュさでも人気の高いコーヒーミルです。ハンドルはホルダーに収納できるため、持ち運ぶ際はさらにコンパクトになります。

セラミックの刃を使用しているため耐久性もあり、金属臭のしないコーヒー本来の風味を存分に楽しむことが出来ます。キャンプや登山のお共に使われている方が多いようですが、もちろん自宅でも十分の使い心地の良さです。

外で飲む、豆から挽いたコーヒーは格別?☕️
自宅ではもう5年以上カプセル式コーヒーマシンを使ってますが、キャンプデビューしてからは1杯ずつじっくり淹れるスタイルがお気に入りです。
コーヒーミルはポーレックスのミニを使ってます!1回で2杯分挽けます!
#camp #キャンプ #outdoors #アウトドア #coffee #coffeetime #コーヒー #コーヒーミル #ポーレックス #porlex #illy #illycoffee #ほっこりおうちカフェグッズ

りっきーさんのプロフィール

2018.1.1 snow peak 山井社長との偶然の出会いを機にキャンプデビューを決意したファミリーです。愛用ギアを載せていきます☻

 

to buyインフルエンサーおすすめのコーヒーミル

RIVERS リバーズ COFFEE GRINDER GRIT コーヒーグラインダーグリット

我が家のコーヒーミル。コンパクトです。
全部洗えるところが気に入ってます。
#コーヒーグラインダー
#コーヒーミル

 

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

外で飲む、豆から挽いたコーヒーは格別?☕️
自宅ではもう5年以上カプセル式コーヒーマシンを使ってますが、キャンプデビューしてからは1杯ずつじっくり淹れるスタイルがお気に入りです。
コーヒーミルはポーレックスのミニを使ってます!1回で2杯分挽けます!
#camp #キャンプ #outdoors #アウトドア #coffee #coffeetime #コーヒー #コーヒーミル #ポーレックス #porlex #illy #illycoffee #ほっこりおうちカフェグッズ

 

ラッセルホブス コーヒーグラインダー

毎朝、コーヒー豆を挽いて飲みたくて買ったラッセルホブスのコーヒーミルです☺︎ 
手動のものよりも簡単に使えます!
毎日使うものなので出したままでもインテリアに溶け込むデザインも好きです♩

お手入れも簡単でおススメですよ☆

#ほっこりおうちカフェグッズ

 

カリタ コーヒーミル 手挽き クラシックミル

朝にコーヒーお香りで目覚めたく。コーヒーミルを探していたところ老舗のkalitaさんのが欲しいイメージにぴったりだったので買いました。
手挽きのゴリゴリする感じが最高。コーヒーミルはkalitaさんから色々種類出てますが、こちらは豆容器にフタがあり、挽くときに豆が飛び散らないので良いです。(見た目もカッコいい)お値段の割に重厚感が有り。ぜひキッチンに飾ってほしいです。

#ほっこりおうちカフェグッズ

 

コーヒーミルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コーヒーミルの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

コーヒーの関連記事もチェック!

 

コーヒー豆を挽いている時間も楽しもう

コーヒー

せっかくコーヒーミルを使ってコーヒー豆を挽くところからコーヒーを飲むのでしたら、コーヒー豆を挽いている時間も楽しめたらよいですね。

上手く引けてるかな?美味しくなるかな?と想像しながら、愛情をこめてコーヒーミルを使っていれば、本当に美味しいコーヒーになりそうな気がしませんか。私はいつもコーヒーミルを使っている間、そんなことを考えながら、コーヒー豆を挽く際に感じる香りも楽しんでいます。
コーヒーを飲むまでの工程を楽しむことで、その後のコーヒーの味がより一層美味しく感じられると思いますよ。

記事内で紹介されている商品

Melitta(メリタ) 電動 コーヒーミル

サイトを見る

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラ…

サイトを見る

Kalita ナイスカットミル

サイトを見る

ラッセルホブス コーヒーミル

サイトを見る

カリタ コーヒーミル 手挽き

サイトを見る

HARIO(ハリオ) コーヒーミル

サイトを見る

カリタ Kalita コーヒーミル 手挽き

サイトを見る

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

サイトを見る

ポイント最大20倍!【RIVERS/リバーズ】CO…

サイトを見る

ラッセルホブス コーヒーグラインダー

サイトを見る

カリタ コーヒーミル クラシックミル

サイトを見る

関連記事