一年中使える保温・保冷能力の高いおすすめのステンレスタンブラー5選

1年を通して暑い夏や寒い冬など、気温は大きく変化します。そんな季節ごとに楽しみたいのが、熱い飲み物や冷たい飲み物です。

自宅やオフィスでアイス/ホットコーヒーを飲みたい時、氷を入れてペットボトル飲料を冷やして飲む時など、マグカップではなくステンレスタンブラーを使用すると保温力に優れて飲み物の持つ温度感を長い間キープできます。

今回はステンレスタンブラーのおすすめを紹介します。

 

ステンレスタンブラーを使うメリット

ステンレスタンブラーの最大のメリットは保温力です。

ホットコーヒーをはじめとした温かいのみものを入れると、長い間温かい状態のままを保つことができます。反対に、氷の入った冷たいアイスコーヒーを入れている時も同じように長時間にわたって冷たい状態を保てます。

これはステンレスタンブラーの断熱力にあり、とくに間に真空の空気構造を採用しているようなステンレスタンブラーでは、外気温とタンブラー自体が直接接触して熱交換してしまう状態を避けることができる仕組みです。

また、ステンレスタンブラーは経済的に使えるメリットもあります。

たとえば、コーヒーショップにいってドリンクを注文するとき、自前のステンレスタンブラーを使用すれば、容器代を値引きしてくれるような店も多く、1杯につき最大100円ほど安くなるような店も存在します。

ステンレスタンブラーは自宅でもオフィスでも、1つ持っていると活躍する幅は大きく広がります!

 

ステンレスタンブラーの選び方

断熱性能

ステンレスタンブラーのメリットで述べている最重要項目は断熱性能です。

タンブラーに入れるからこそ、熱い飲み物は熱いまま、冷たい飲み物はつめたいまま楽しみたいですよね。

だからこそ、タンブラー自体が持つ断熱性能というのは重要な項目。多くの断熱タンブラーでは、中身表面と外側表面の間に真空の断熱層を設けているので、ここにワンクッション空間があることにより、直接中と外で熱交換が起きないようにシャットアウトしています。

断熱性能が効いていると、中の飲み物の温度がタンブラー表面まで伝わらないので、熱い飲み物でも持ちやすいですし、冷たい飲み物であれば、表面が結露してしまうようなこともありません。

真空の空間が生み出す断熱性能は、ダンブラー製品によってもまちまち。なるべく、熱交換が起きないような保温性能の高いタンブラーを選ぶことがポイントになります。

 

フタ付きかどうか

ステンレスタンブラーの中には、タンブラ上部フタが付いている構造の製品があります。毎日ステンレスタンブラーを使う私がおすすめしたいのは、断然フタ付きのタンブラーです。

フタをつけることにより、タンブラー上部から外気と触れることなく保温力をさらに高めることができます。

さらに、移動しながら飲み物を持っていく場合でも、フタが付いていると中に入っている飲み物がこぼれることがありません。

 

大きさ

タンブラーの中に入る容量も多少気にしておいた方がよいです。

小さいステンレスタンブラーでは、持ち運びが便利な反面、中に入る飲料の量が少なくなります。大きいタンブラーになると、持ち運びは少し大変になりますが、中に入れられる飲み物の量は大きくなります。

最低でも300ml程度は入るステンレスタンブラーを選ぶ方が無難です。欲を言えばペットボトル飲料と同じ500ml入るタンブラーがあるとベスト。

これだけ入るステンレスタンブラーであれば、大抵のコーヒーショップでも買った持ち帰りコーヒーも十分に入れられる量であると思います。

 

デザイン

毎日使用するタンブラーだからこそ、しっかりとデザインにはこだわりたいですよね。

ステンレス感が前回に出たシンプルなものや、地域限定の柄やデザインが使われているタンブラーなど、デザインの種類も多用です。

せっかく買うのであればお気に入りのデザインのタンブラーを選ぶことをおすすめします。

 

重さ

通常、タンブラーには飲みのをいれてしようします。

中に入れる飲み物はそれなりな重量があるので、タンブラー自体は軽いモノをえらんでおくとベスト。

何回も口に運ぶ過程で軽いタンブラーを使用していると腕の負担もなく快適に飲み物を楽しめます!

 

筆者おすすめのステンレスタンブラー スターバックス ペーパーカップ型タンブラー 350ml

NINOのイチオシ!

季節ごとや店舗ごとにさまざまなデザインの製品が扱われているスターバックスのステンレスタンブラー。

中でも、ペーパーカップ型のタンブラーは一番シンプルな基本デザインの製品です。

断熱については、真空断熱構造を採用していて、保温性や保冷性に非常に優れています。

容量は350mlと470mlの2種類。350ml はスターバックスで言うところのトールサイズ。一方、470mlはグランデサイズとなっています。

上部はフタが付くので、ステンレスタンブラー自体の保温力に比べて、口の部分から逃げてしまう温度をしっかりとフタで保温できるようになります。

また、フタ付きであればあまり衝撃は振動を加えなければ、中に入っている飲み物をこぼしてしまうようなこともありません。

スターバックス店舗で使うことはもちろん、自宅でも十分に使うことができるタンブラーでおすすめです。

 

他にもまだある!おすすめのステンレスタンブラー

サーモス 真空断熱タンブラー JCY-400 SM

保温性能の高い製品を多く取り扱うサーモス製のステンレスタンブラーです。

ただのステンレスであるだけでなく、表面全体に鏡面加工が施されているので、タンブラー自体の見た目も非常に美しい一品です。

中身の容量は400mlなので、かなりの容量の飲み物を入れることができます。保温や保冷に対応しているので、1年を通して使えるアイテムです。

別売りオプションのフタを付けるとさらに保温性をあげることができ、飲みものが縁からこぼれてしまうことを防いでくれます。

 

サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420SW

サーモスの高機能真空断熱タンブラーからスターウォーズデザインの限定タンブラーが登場。

保温・保冷の両方に対応。冷たい飲み物で起こるタンブラー外側の結露や、熱い飲み物で外側が熱くなる現象を真空断熱構造が防いでくれます。

限定カラーなので気になる方はお早めに。

 

モンベル サーモダンブラ300

出典: Amazon.co.jp

モンベル サーモタンブラー300

カラフルでシンプルなデザインが特徴なモンベル製のタンブラー。

内部は二重構造になっていて、発泡樹脂の断熱剤が入っているので、保温・保冷ともにしっかりとした性能を発揮してくれます。

フタが付いているので、飲み物の吹きこぼれを防止してくれるほか、保温・保冷性能をさらに高めてくれます。

車のドリンクホルダーにもハマるサイズなので、ドライブでの利用にも最適です。

 

タイガー ステンレス真空タンブラー MCB-H

まほうびんでもお馴染み、タイガー製のタンブラーです。

熱を逃がさない真空層があり、輻射熱を金箔により反射し、保温性のを最大限に高めます。保温・保冷の双方に対応しているタンブラーで、本体はスリムでコンパクト設計となっているので、持ち運びにも大変便利です。

飲み物が漏れにくいように安全ロックが付いているフタ構造を採用し、使いたい時にはワンプッシュであけることができて便利です。

内面には、汚れやニオイがつきにくいようスーパークリーン加工がされているので、日常のメンテナンスも楽で清潔です。

 

まとめ

タンブラーは飲み物の最適な温度を長い時間キープしてくれるもの。

さらに、日常的に持ち歩くことができるものもあり、自宅から外出先に飲み物を持ち出せばとても経済的です。

もちろん、外出先のコーヒーショップでテイクアウトする際にも十分活用できます。

自宅やオフィスに1つずつあると大変便利なので、ぜひともお気に入りのタンブラーを探してみてください!

記事内で紹介されている商品

サーモス 真空断熱タンブラー

サイトを見る

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml

サイトを見る

モンベル サーモタンブラー300

サイトを見る

タイガー 水筒 ステンレスタンブラー

サイトを見る

関連記事