日用品ライターが教えるコーヒープレスおすすめ10選

手軽においしいコーヒーが抽出できるコーヒープレスは、コーヒー好きには嬉しいアイテムです。ペーパーを使わずに電源も使用しないのでコスパの面でも優れています。しかし、商品によってデザインや容量も異なるため、どのような商品を選んだらよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。コーヒーが好きな人は、1日に何回もコーヒーを入れるという人もいるので、お手入れが簡単で扱いやすいものを選ぶことが大切です。そこで今回は、失敗しないコーヒープレスの選び方と、人気の商品をご紹介します。

 

用途別のおすすめコーヒープレス

 

フレンチプレス式

コーヒープレスで最も多いのがフレンチプレスです。ビーカーの中にコーヒー粉をセットして、プランジャーを下げてコーヒーを抽出します。フレンチプレス式のコーヒープレスは、多くのメーカーから発売されており、種類も価格も豊富です。また、何よりも抽出方法が簡単で、本格的なコーヒーを楽しめるというメリットがあります。フレンチプレス式で入れたコーヒーは金属製のメッシュで豆をろ過しているので、コーヒーの粒子やコーヒー豆のオイルがメッシュを通り抜け、出来上がったコーヒーに混じります。そのため、抽出後のコーヒーが濁っているように見えますが、このオイルこそがコーヒー本来のアロマやフレーバーの元であり、コーヒー本来のうまみと味わいを引き出します。ただし、コーヒーの量・お湯の量・抽出時間はきちんと守ることが大切です。

 

エアロプレス式

エアロプレス式は2000年になってから発明された、新しい抽出方法です。注射器のようなユニークな形が特徴で、空気の力を利用してコーヒーに圧力をかけて抽出します。もともとは、アウトドア製品を扱うスポーツメーカーが野外で気軽にエスプレッソを飲むために開発されたものなので、持ち運びに便利な形状です。抽出時間が早く、コクのあるすっきりとしたコーヒーを飲むことができます。

 

アメリカンプレス式

アメリカンプレスは、全く新しい形式のコーヒープレスとして注目を集めています。一見するとフレンチプレス式のようですが、実は水圧密封によって圧力をかけて抽出する方式です。プランジャーの先にコーヒー粉を入れるケースがあり、その中にコーヒー粉を入れてからお湯を入れた本体にプレスします。フレンチプレスはコーヒー粉が残るのが難点でしたが、アメリカンプレスは100ミクロンの極細スチールフィルター製になっており、粉残りが少ないのもポイントです。使い終わった後はプランジャーの中身を捨てるだけなので、他の商品と比べて手入れも簡単です。

 

コーヒープレスを選ぶときのポイント

 

容量で選ぶ

コーヒーは入れた瞬間から酸化が始まるので、多めに作って置いて保温しておくことはおすすめできません。コーヒープレスを選ぶときは、必ず1度に飲み切れるサイズのものを選ぶことが大切です。1~2杯分なら350ml、3~4杯分なら500mlを選ぶようにしましょう。容量が大きすぎると、プランジャーが下がりにくくなり、お湯が冷めやすくなってしまいます。また、大きな容量のあるコーヒープレスを使って少量のコーヒーを入れようとすると、コーヒー豆までプランジャーが届かず、閉じ込められた抽出液が出てこないので、薄く、コクのないコーヒーに仕上がります。香りと味を最大限に楽しむためにも、適切な容量のポットを選ぶことが大切です。

 

機能で選ぶ

コーヒープレスは、使用しているフィルターの目の粗さによって出来上がるコーヒーの味が変化します。コーヒーのオイル感を楽しみたい場合は目の粗いフィルターを、あっさりとしたまろやかな味が好みの場合は細かいメッシュのものを選ぶようにしましょう。また、おいしいコーヒーを入れるためには、フィルターとビーカーの密着度が高いものがおすすめです。フィルターとビーカーの間にすき間ができてしまうと、コーヒー粉が残り、口当たりの悪いコーヒーになります。フィルター周りのシリコンやゴムが劣化したものは早めに取り替えるようにしましょう。

 

デザインや素材で選ぶ

コーヒープレスに使われているビーカーには、ガラス製のものとステンレス製のものがあります。ステンレス製のものは割れにくく、保温力に優れていますが、金属特有のニオイがついてしまうためニオイが気になる人には向きません。アウトドアには向いていますが、自宅で使う場合はガラス製のものがおすすめです。ガラス製のビーカーでも二重ガラスになっているものを選ぶと、割れにくく保温力が高くなります。

 

コーヒープレスおすすめ10選

 

パール金属 コーヒー プレス 350ml フレンチプレス ブレイクタイム HB-552

本格的なコーヒーが楽しめる、フレンチプレス式のコーヒープレスです。フレンチプレス式のコーヒープレスは、コーヒー豆が熱湯に触れている時間が長くなるため、コーヒー豆のうまみと香りを引き出すことができます。また、ペーパーフィルター不要の金属製のメッシュフィルターで経済的です。1回で、コーヒーカップ約2杯分のコーヒーを入れることが可能です。

 

HARIO (ハリオ)ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV

手軽にコーヒーを抽出できる、フレンチプレス式のコーヒープレスです。ポットにコーヒー粉を入れてお湯を注ぐだけで深いコクのあるコーヒーを楽しむことができます。紅茶器の定番である「ハリオール」の商品で、コーヒーだけなく、紅茶やハーブティーなど茶葉の種類を問わず利用することができます。ひとつあると便利なティープレスです。

 

エアロプレス コーヒーメーカー

エアロプレスコーヒーメーカーは、空気の力を利用したコーヒープレスです。コーヒーの粉を入れてお湯を注いでプレスするだけで、約1分で誰でも簡単においしいコーヒーを入れることができます。コーヒーの量やお湯の量、挽き方を変えれば、ドリップテイストのコーヒーからエスプレッソまで自由に楽しむことができます。カフェや喫茶店、コーヒー競技会でも多くのトップバリスタが使用している本格派のコーヒープレスです。

 

 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

シンプルでモダンなデザインで根強い人気を誇るコーヒープレスです。お湯の量と豆の量さえ間違わなければ、誰でも簡単に本格的なコーヒーを入れることができます。ステンレス製のメッシュフィルターは、コーヒー豆のうまみや香りを逃がさず、豆の油分であるコーヒーオイルを抽出することができるので、より深い味わいのあるコーヒーに仕上がります。

 

フレンチプレスコーヒーメーカー1L ステンレス製 マグ約4杯用 ミニ容器&コーヒーの淹れ方の電子書籍メール送付

真空層状の外科用グレードである、304ステンレス・スチール製のコーヒープレスです。再利用可能なレーザーカット二重層フィルターで、よりすっきりとした味わいのコーヒーを楽しむことができます。また、二重壁構造になっており、30分以上も長くコーヒーを保温することができます。ガラスやプラスチック製のコーヒープレスと比べてとても頑丈なので、長く愛用することが可能です。

 

 BODUM ボダム CHAMBORD フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 1923-16J

世界中のコーヒーファンが愛用している、シャンボールのコーヒープレスです。耐熱ガラスと金属フレームの、フレンチプレス式の原形ともいえるデザインのコーヒープレスです。1950年代を意識した特徴的な黒いハンドルがクラシックで上品です。念密に洗練された製造プロセスを経て製造しているため、長年の使用にも耐えることができます。

 

HARIO (ハリオ)カフェプレス スリムS コーヒー & ティー プレス 1~2杯用 ブラック CPSS-2TB

紙ペーパーを使わずに香りの高いコーヒーができる、プレス式コーヒーメーカーです。粗挽きのコーヒー粉を使用します。使い方はシンプルですが、全体が湿る程度に熱湯を注いで約1分間蒸らせば、より深いコクとうまみが楽しめます。その後、ガラスに滑らせるようにして熱湯を注いだら約2分で本格的なコーヒーが完成です。自宅で簡単に、深いコクのあるコーヒーを味わいたい人におすすめの商品です。

 

WACACO(ワカコ)エスプレッソメーカー ミニプレッソ GR LG12-MP

アウトドアや旅行にも携帯できる、画期的なエスプレッソマシンです。手動によるセミオートピストンが少量のお湯をコーヒーアダプターに注入し、数回プッシュするだけで本格的なエスプレッソが完成します。簡単でありながら、伝統的なエスプレッソマシンに近い品質と味を実現した優れた商品です。最小・最軽量サイズで、バックに入れても邪魔にならない大きさもポイントです。

 

HARIO (ハリオ) ダブルグラス コーヒープレス 3人用 DGC-40-OV

ペーパーレスで手軽にコーヒーを抽出できる、フレンチプレス式のコーヒープレスです。保温性が高く、コーヒーカップで飲むなら3人分、マグカップで飲むなら1.5人分の量のコーヒーが抽出できます。また、コーヒーだけでなく、紅茶やハーブティー、緑茶など色々な茶葉に使用することができます。ふた・つまみ・グリップ・紐止めはオリーブウッドを使っており、温かみのあるデザインです。

 

 BODUM ボダム BRAZIL フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10948-913J

「良いデザインは高価であってはならない」というデザインポリシーを持っている、ボダムらしいシンプルなデザインのコーヒープレスです。ステンレス製のメッシュフィルターがコーヒー豆のうまみや香り、コーヒーオイルを余すことなく抽出します。フレンチプレスは、豆の中でも最高品質を持つスペシャルコーヒーを味わうのに最も適した抽出法と言われています。おいしいコーヒーを自宅で気軽に楽しみたいという人におすすめの商品です。

 

まとめ

コーヒープレスは、日本ではティーサーバーとして使用している人が多いですが、本来はコーヒーをおいしく入れるためにある道具です。もちろんティーサーバーとしても利用できますが、コーヒーと紅茶などを同じコーヒープレスで入れてしまうと、コーヒーの香りなどがフィルターに付着して残っているため、紅茶やハーブティーの味が変わってしまう恐れもあります。できればコーヒー用と茶葉用は別のポットを用意して、分けて使用するようにしましょう。コーヒープレスにはフレンチプレス式、エアロプレス式、アメリカンプレス式と3通りのプレス方法があり、同じコーヒー豆を使用しても、コーヒープレスの使い方次第で香りや味が変化します。それぞれの特徴を生かして、お気に入りの香りや味を楽しめるコーヒープレスを探してみてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

パール金属 コーヒー プレス 350ml フレン…

サイトを見る

HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コー…

サイトを見る

エアロプレス コーヒーメーカー

サイトを見る

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒ…

サイトを見る

保温性抜群フレンチプレスコーヒーメーカ…

サイトを見る

BODUM ボダム CHAMBORD フレンチプレスコ…

サイトを見る

HARIO (ハリオ) カフェプレス スリムS コ…

サイトを見る

WACACO(ワカコ) エスプレッソメーカー ミ…

サイトを見る

HARIO (ハリオ) ダブルグラス コーヒープ…

サイトを見る

BODUM ボダム BRAZIL フレンチプレスコー…

サイトを見る

関連記事