持ち歩きに便利♪シャチハタおすすめランキングTOP10!

シャチハタといえば、朱肉のいらないスタンプ式のインク浸透印です。手軽に使えることから、認印や訂正印として利用されている方も多いと思います。1965年にシヤチハタ株式会社が開発し、その後急速に普及しました。今では「シャチハタ」と言う名は、インク浸透印の総称として使われており、他社からも様々なインク浸透印が販売されています。しかし、今でもシヤチハタ株式会社の商品が主流です。

ハンコと言うと、昔は文具店やデパートなどの店頭で注文する必要があり、購入が面倒でした。最近ではわざわざお店に行かなくても、インターネットで簡単に注文できます。印面のバリエーションも豊富になり、複数のシャチハタを持っている人も増え、人気は増加の一方です。

今回は、おすすめのシャチハタをランキング形式でご紹介します。シャチハタを持っている人も持っていない人も、ぜひ参考にしてください。

 

シャチハタとは?印鑑とどう違うの?

こちらでは、シャチハタについてご説明します。印鑑の違いについてもご説明しますので、参考にしてください。

 

朱肉がいらない

普通の印鑑は、木や動物の角などを彫って作ります。そのため、朱肉などをつけないと捺印できません。これに対し、シャチハタの印面はインクが染み込みやすいゴムでできおり、インクは本体に内蔵されています。捺印すると、ゴム製印面の文字の部分にある小さい穴からインクが滲み出て、文字が転写されます。そのため、いちいち朱肉をつけなくてもポンポン押すことができます。ハンコをたくさん押すことが必要な作業では、とても役に立ちます。

スタンプ感覚で使うことができる手軽さが、シャチハタの人気のヒミツです。

 

豊富なバリエーション

ハンコと言うと丸い印面を思い浮かべますが、シャチハタは丸形だけでなく角型の商品もあります。サイズもいろいろあり、小さいもので6mmサイズ、大きいもので10cm近い商品もあります。

シャチハタの印面の文字列は指定できるので、名前だけでなく好みの文字列のシャチハタを作ることができます。名前だけでなく、日付や住所、「済」などの特定の文字が入った商品など、印面のバリエーションは実に豊富です。 最近ではかわいい動物や昆虫の柄など、文字以外の絵柄を選べる商品もあります。

インクの色も選べます。定番の朱色だけでなく、赤・黒・藍・緑・紫など、メーカーによって種類が異なります。

そのほか、キャップがなくワンタッチで捺印できる商品、ボールペンとシャチハタが合体したネームペン、ストラップが付いていてキーホルダー感覚で使える商品、人気キャラクターとのコラボ商品など、たくさんの種類から選べる楽しさがあります。

 

どんな場面で使えるのか?

とても便利に使えるシャチハタですが、印鑑と異なり使えるシーンが限られます。みなさんも、「重要な書類はシャチハタではなく印鑑を押さないといけない!」と聞いたことはありませんか?

実は、シャチハタはどんな文書にも使えるわけではありません。実印や銀行印、契約などの法律が絡む書類にシャチハタは使えません。これは、印鑑で使う朱肉と異なりシャチハタに使われているインクが消えやすいことや、印面がゴムであるため経年劣化しやすいことに起因します。重要な書類にはシャチハタ不可なことが多いので、注意が必要です。

使うシーンに応じて、シャチハタと印鑑を使い分けましょう。

 

シャチハタの選び方

ここでは、シャチハタの選び方について解説します。

 

メーカー

シャチハタは、シヤチハタ株式会社が開発したの商品です。そのため、シヤチハタ株式会社製の商品は、バリエーションがとても豊富です。取扱店も多く、アクセサリーもたくさんあります。特別なこだわりがなければ、シヤチハタ株式会社の製品を購入するのが無難だと思います。

これに対し、他社製のシャチハタは、四角くて転がりにくい形状や、木目調のおしゃれなデザインなど、こだわりがある商品が多いです。

 

大きさ

印面のサイズは使用用途によって選びましょう。印面サイズが10mm前後の商品は、認印としてよく使われています。6mm前後の商品は訂正印として人気です。

 

デザイン

シンプルでデイリーユースにピッタリな商品から、お洒落なデザインで持っているだけでうれしくなる商品など、様々なデザインのシャチハタが販売されています。

シヤチハタ株式会社の公式ネットショップを見ると、高級素材の装飾で作り上げた限定シャチハタなどレア感のある限定シャチハタが販売されています。実用性がありおしゃれなシャチハタは、ギフトにぴったりかもしれませんね。

 

書体

ハンコの書体は、たくさんの種類があります。普段見慣れている書体も多いですが、書体によっては書いてある文字がわからないこともあります。文章作成でよく使われる明朝体やゴシック体は、ハンコにはあまり用いられません。認印には、読みやすい行書体・古印体・隷書体が良いとされています。

シヤチハタ株式会社のホームページでは、印面に入れたい文字列を入力するだけで、お好みの書体で文字列を表示してくれるサービスがあります。書体に迷ったら、こちらのサイトであらかじめ確認すると良いでしょう。

 

インク交換

シャチハタのインクは2種類あります。インクが詰まったカートリッジと、印面に浸透させる液体インクです。それぞれインキの補充方法が異なります。

インクカートリッジの交換方法は、まず本体のホルダーを外し、中にあるカートリッジを差し替えるだけです。カートリッジを交換すれば、すぐに使えます。

印面に浸透させるインクの場合、印面が上になるようにして本体を持ち、補充インキのノズルを印面につけて補充します。インキ補充後は、印面を上にして立てた状態で数時間放置する必要があります。

インク交換は、カートリッジタイプのほうが楽です。ただ、どのシャチハタも1つのインクで数千回押すことができるように作られているため、普通に使っていればめったにインク交換をすることはありません。インクの種類はあまり気にならないかもしれませんね。筆者は20年くらいシャチハタを使っていますが、インク交換したのはたったの2回だけです。

仕事などで毎日ハンコをたくさん押す方は、頻繁にインク交換することになるかもしれませんので、楽にインク交換ができるカートリッジ式のシャチハタをおすすめします。

 

その他の機能性

書くと捺すが1本になったボールペン付きシャチハタ、キャップがなく片手でポンと押せるキャップレスシャチハタ、リールが付いていて名札などに取り付けてさっと使えるシャチハタ、大きさが異なる2つの印面を持つ2WAYタイプなど、様々な機能をもったシャチハタがあります。

使うシーンに応じて、便利な商品を選んでください。

 

ストラップタイプも!使いやすいシャチハタを!

こちらでは、とても便利なストラップタイプのシャチハタをご紹介します。

 

シャチハタ キャップレス9 リール式

手に取りすぐに押すことができるキャップレスタイプのシャチハタです。印面サイズは9mmです。最大72cmまで伸びるリールが付いています。先端部分を90度回すとロックがかかり、キャップが開かなくなります。

特に接客業でハンコをよく使う人は、ポケットにハンコを入れていると捺印時にもたついてしまいますよね。この商品は、クリップとリールがついているので、洋服にクリップをつけておけば、使いたいときにサッとリールをのばし片手でポンと捺印することができます。

ハンコを押す頻度の高い方におすすめの一品です。

 

私のイチオシ!シャチハタ

ここでは、筆者が長い間愛用しているシャチハタをご紹介します。

 

シャチハタ ネーム9

シャチハタのロングセラーです。何度かインキを入れ替えましたが、ゴムでできた印面に劣化がないので、今でも問題なく使えています。

ネーム9はロングセラーで今でも人気があるため、いろんなアクセサリーパーツが売っています。筆者はキャップをなくしてしまったので、ピンク色のキャップレスカバーを買い足し、今はキャップレスで便利に使っています。

 

シャチハタのおすすめランキング10

シャチハタを毎日使う人も多いでしょう。使いやすい商品を選びたいですよね。ここでは、おすすめのシャチハタをランキング形式でご紹介します。

 

第10位 シャチハタ スタンプ Xスタンパー

好きなメッセージや住所などが入れられるシャチハタです。長方形、正方形、円形、楕円形など様々な形で、いろんなサイズがあります。インキは6色、書体は9種類から選べます。インク補充もできます。

角形の場合、ケースを閉じれば印面が隠れ、ケースを開ければ印面が現れてそのまま捺印できます。キャップ紛失の心配はありません。

オーダーメイドでたくさんの種類のスタンプが作れます。同じ内容のメッセージを頻繁に書く必要がある際などにおすすめです。

 

第9位 シヤチハタ ネームペンキャップレス

シャチハタとボールペンが一体になったシヤチハタ株式会社の製品です。印面サイズは直径9mmです。インキは6色、書体は8種類から選べます。ボディーカラーはシルバー、黒、赤、青、ペールピンク、ペールブルー、ペールグリーン、ホワイトから選べます。インクはカートリッジタイプです。

ボールペンとしても優秀で、手にやさしくなじむソフトグリップを採用しているので、長く書き続けられます。シヤチハタ株式会社のオンラインショップで注文すれば、名入れもできます。

ボールペン付きシャチハタをお探しの方におすすめです。

 

第8位 シャチハタ プチネーム ミニー

プチ感がかわいいミニー柄のシャチハタです。シヤチハタ株式会社の製品です。印面サイズは直径9mmです。インキは6色、書体は8種類から選べます。ミニーだけでなく、ミッキー、クマのプーさん、スティッチなどのディズニー柄や、ラインストーンが付いていてで自分でデコレーションできる商品などがあります。

ストラップ付きでアクセサリー感覚で持ち運べる小さなシャチハタです。印面キャップははずれにくいロック式なので、携帯電話や外出用バックに安心して付けて持ち歩けます。インク補充もできます。

可愛いハンコをアクセサリー感覚で持ち歩きたい人におすすめです。

 

第7位 三菱鉛筆 ピュアモルト ネーム印 オークウッド・プレミアム・エディション

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 ピュアモルト ネーム印 オークウッド・プレミアム・エディション

三菱鉛筆の商品です。印面サイズは直径10mmです。書体は3種類から選べます。厳選された樽材から作られた、気品と重厚感を感じさせる一品です。

木肌の質感が素敵です。人と違う上品なシャチハタをお探しの方におすすめです。

 

第6位 プラス 印鑑 ネームキューブ

出典: Amazon.co.jp

プラス 印鑑 ネームキューブ

四角いボディが特徴的なプラスの商品です。印面サイズは直径6mmです。口紅より一回り小さなサイズです。インクはカートリッジ式です。ボディーカラーは7色から選べます。

四角い形が便利です。机に横にしておいても、転がりません。円筒形ボディのハンコは向きがわかりにくいですが、この商品は四角く、上になる面に窪みがあるので、楽にまっすぐ捺印することができます。 インクは、カートリッジ式です

ハンコをまっすぐ押すのが苦手な方、転がって失くす心配がある方などにおすすめです。

 

第5位 タニエバー ネーム印 ハローキティツインGT

出典: Amazon.co.jp

タニエバー ネーム印 ハローキティツインGT

サンビー株式会社の2WAYタイプのシャチハタです。ハローキティがプリントされたかわいいネーム印です。1本で認印用9mmと訂正印用5mmの印面が使い分けられます。ボディーカラーはシルバーとピンクから選べます。インク補充もできます。

ハリーキティ―好きの方におすすめです。

 

第4位 シャチハタ 印鑑 ネーム6 キャプレ

出典: Amazon.co.jp

シャチハタ 印鑑 ネーム6 キャプレ

シヤチハタ株式会社のワンタッチ式シャチハタです。印面サイズは直径6mmです。インキは6色、書体は8種類から選べます。ボディーカラーは、シルバー、パールブルー、パールピンク、ブルー、ピンクから選べます。

印面が露出した状態で右へ回すと、そのまま固定することができ、連続してハンコを押したいときに便利です。使う時以外はしっかりロックできるので、誤って押してしまう心配がありません。

クリップ付で、ストラップ用の穴もついています。インクはカートリッジタイプです。

キャップレスの訂正印がほしい方におすすめです。

 

第3位 シヤチハタ ペアネーム

出典: Amazon.co.jp

シヤチハタ ペアネーム

シヤチハタ株式会社の2WAYタイプのシャチハタです。1本で認印用9mmと訂正印用6mmの印面が使い分けられます。インキは6色、書体は8種類から選べます。

クリップが付いているので、ペンのように胸ポケットにさして持ち運べます。ストラップ用の穴もついています。インクはカートリッジタイプです。

2種類の印面を使い分けたい人におすすめです。

 

第2位 シャチハタ キャップレス9

出典: Amazon.co.jp

シャチハタ キャップレス9

シヤチハタ株式会社のワンタッチ式シャチハタです。印面サイズは直径9mmです。インキは6色、書体は8種類から選べます。ボディーカラーは、ブルー、ピンク、オレンジ、イエローグリーン、ブラック、ホワイトから選べます。

キャップがなく、捺印時に印面先端のシャッターが開きます。片手でも軽く押すことができるため、仕事などで頻繁に捺印する人に人気があります。使う時以外はしっかりロックできるので、シャッターが誤って開くことはありません。

ストラップ穴が付いているので、職場などでハンコをよく使う人は名札などに取り付けて便利に使うことができます。インク補充もできます。

キャップを取る手間がいらないので、職場などで頻繁にハンコを使う人におすすめです。

 

第1位 シャチハタ ネーム9

おそらく一番売れているシヤチハタ株式会社のキャップ付きシャチハタです。印面サイズは直径9.5mmで、様々な用途に使えます。インクは6色、書体は9書体から選べます。ボディーカラーはバリエーションが豊富です。シヤチハタ株式会社のオンラインショップなら、限定デザインのボディーもあります。

バッグに入れて外出先に持って行ったり、職場のデスクに常備するのにピッタリです。インクはカートリッジ式で、カバーを外して入れ替えるだけで使えます。

売れている商品だけあって、オーダーメイドで作れる商品なのにお手頃な価格です。

筆者も20年近く使っています。キャップが付いているので、インクが減りにくいです。長く使い続けられるシャチハタをお探しの方におすすめです。

 

シャチハタの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シャチハタの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

急な時も安心!便利なシャチハタをバックに1つ入れておこう

今回は様々な種類のシャチハタをご紹介しました。気になる商品は見つかりましたか?

オーダーメイドで好きな文字を入れれるシャチハタは、名前だけでなく、いろんな使い方ができる便利なアイテムです。今回ご紹介した選び方も参考にしながら、自分のライフスタイルに合う一品を見つけてくださいね。

記事内で紹介されている商品

シャチハタ キャップレス9 リール式

サイトを見る

シャチハタ ネーム9

サイトを見る

シャチハタ スタンプ Xスタンパー

サイトを見る

シヤチハタ ネームペンキャップレス

サイトを見る

シャチハタ プチネーム ミニー

サイトを見る

三菱鉛筆 ピュアモルト ネーム印 オークウ…

サイトを見る

プラス 印鑑 ネームキューブ

サイトを見る

タニエバー ネーム印 ハローキティツインGT

サイトを見る

シャチハタ 印鑑 ネーム6 キャプレ

サイトを見る

シヤチハタ ペアネーム

サイトを見る

シャチハタ キャップレス9

サイトを見る

関連記事