コスパ・高音質・アウトドアに特化したBluetoothスピーカーのおすすめ15選

スマホやMP3プレイヤー等の音楽再生機器を使って音楽を楽しむ時、皆さんはどんな聴き方をしていますか!?

電車や徒歩の場合など、移動する時によく使うのがイヤホンやヘッドホンであり、一般的なアイテムとなっていることでしょう。

一方で、自宅などの移動を伴わない場所では「Bluetoothスピーカー」を使うと、より開放的に音楽を楽しめます。さらにBluetoothスピーカーは、再生機器とコード接続するが必要ないのでワイヤレスでスマートに接続できます。

音楽アクセサリーのワイヤレス化が進んでいる中、Bluetoothスピーカーの種類もかなり豊富なっているので、どのBluetoothスピーカーを選んでよいか分からないと悩む方も多いはず。

そこで今回は、Bluetoothスピーカーの魅力や選び方、おすすめ製品について紹介します。

 

目次

Bluetoothスピーカーの魅力

Bluetoothスピーカーか世に出た頃は、接続するのが難しい、音質があまりよくない、すぐに充電が切れてしまう、価格が高いといった製品のデメリットを代表するような要素が濃く、中々手を出しにくいものでした。

ワイヤレスで音楽を楽しむスタイルが一般的になった今、Bluetoothの技術もスピーカーの性能自体も大きく進歩し、使いやすく高性能かつ低価格帯である商品も多く取扱いされています。

ここではBluetoothスピーカーの魅力についてみてみましょう。

 

場所を問わずにどこでも音楽が大音量で楽しめる!

Bluetoothスピーカーのメリットは持ち運びが簡単にできるということ。

多くの製品はスピーカー自体を充電して持ち運びできるポータブル性に優れているので、場所を固定して設置する必要がありません。

かつ、スピーカーという開放的に音楽を楽しむメリットを活かして、迫力ある大音量で聴けます。

 

コード要らずだからストレスフリー!

Bluetoothスピーカーには、機器と接続するコードが必要ありません。ワイヤレスで繋がります。よって再生機器とスピーカーの位置関係を気にする必要はありません。

例えば、再生しているスマホをポケットにいれながら自由に動き回ってもコードによる煩わしさは全く影響ありません。

まさにストレスフリーな接続で快適です。

 

 

商品の種類が豊富だから自分に合ったものが見つけられる!

ワイヤレスのBluetoothスピーカー市場は今や急成長。

低価格で入手しやすい製品から、小さな筐体でも迫力ある大音量を奏でることができる高価格帯の製品まで、数多くのBluetoothスピーカーが市場に出回っています。

音楽を楽しむスタイルは個人ごとに異なるものなので、それぞれの使い方にあったBluetoothスピーカーがきっと見つかるはずです。

 

Bluetoothスピーカーの接続方法は簡単?

Bluetoothスピーカーは、音楽再生機器と物理的にケーブル交わさなくても良い代わりに、ワイヤレス接続や設定をする必要があります。

設定とはいっても、あまり慣れていない方でも簡単にできるような内容です。

例えばスマホと接続する場合を想定します。

Bluetoothスピーカー側の操作と音楽再生端末であるスマホ側でそれぞれ操作が必要です。

まずはBluetoothスピーカー自体を電源ボタン長押し等によりペアリングモードにします。これでBluetoothスピーカー側の作業は完了。

次にスマホ側の操作。

Bluetooth機器によってはスマホのアプリと連動し、ワンタッチで簡単ペアリングできるものがあります。

専用アプリがない場合は、スマホの設定アプリに進み、Bluetoothという項目でペアリングしたいBluetoothスピーカーの名前をタップすれば接続完了です。

1度接続して登録するとペアリング端末同士が記憶されているので、次回から電源ONにすると勝手に接続される仕組みになっています。

 

自分にあったBluetooth スピーカーの選び方

ここからよりパーソナルな好みに合うようなスピーカーの選び方を項目ごとに紹介します。

 

よく持ち運ぶ人はなるべく軽量なものがおすすめ

Bluetoothスピーカーはコード接続の必要がない利便性があることから、自宅居室の中や外出先に持ち出せるメリットがあります。

持ち運ぶ使用を前提に考えるのであれば、Bluetoothスピーカー自体の筐体がなるべくコンパクトかつ軽量であるものを選ぶと、荷物としてかさばりません。

軽量なBluetoothスピーカーであれば旅行先にも気軽に持ち出せます。

なるべく1kg以下となるような製品を選ぶと、軽量で持ち運びにも最適かと思います。

 

アウトドアで使用するなら防水対応のものがベスト

外出先の持ち出して使用する際に、屋外で使うことを考えると突発的な雨など天候による影響が心配です。

屋外使用では防水対応のBluetoothスピーカーを使うのがベストです。

またBBQといった周りに水気があるような環境で使用することがあるかもしれません。

アウトドア使用時は防水性能が役に立ちます。

 

専用アプリで簡単に接続できるものや音質コントロールできるものも

Bluetoothスピーカーの接続方法がしっかりとできるかどうかやはり不安に思う人も多いはず。

Bluetoothスピーカーによっては製品と接続する方法として、スマホの専用アプリを使用するものがあります。

例えば、BOSE製品・SONY製品では専用のアプリが用意され、アプリから簡単に接続設定ができるほか、音質コントロールといった細かな設定もできます。

なるべく簡単に接続したい人は専用アプリが提供されているBluetoothスピーカーを選びましょう。

 

ここだけはチェック!購入時の注意点

Bluetoothスピーカーを選ぶ上での注意点についても確認しておきましょう。

 

接続できる距離を確認しよう

Bluetoothを使ってワイヤレス接続するには接続できる距離の範囲があります。

一般的に多くのBluetoothスピーカーでは最大接続範囲が10m〜20m以内に設定されています。

ただし、コンクリート壁やガラスなど、電波送信側と受信側の間に干渉物があるとこれ以下にまで低下します。

基本的にはBluetoothスピーカーと再生端末は同じ空間で使用することを前提にしましょう。

 

そのスピーカー本当に接続できるの?

Bluetoothスピーカーと接続するには、再生端末側もBluetoothに対応している必要があります。

おそらく近年市場に出回っているほぼ全てのスマホはBluetoothに対応していると思いますが、すこし前の再生機器や廉価版の再生端末ではBluetoothに対応していないものもあります。

Bluetoothを利用するためにも、互いの機器でBluetooth通信に対応しているかどうか、よく確認しましょう。

 

音量はどれくらい?

スピーカーを楽しむには音量はある程度必要。

室内では音が反響するために、音量が小さくてもそれなりに楽しめますが、アウトドアで楽しむには反響するものがないためある程度の音量が必要です。

スピーカー径が大きい製品を選ぶと、大きさが肥大化するデメリットはありますが、より大きな音を楽しめるというメリットもあります。

 

 

防水商品にも幅がある!

防水対応の製品には防塵・防水等級を表す「IP○○」という表記があります。

防水といっても水の中に付けて大丈夫なものもあれば、水滴の噴霧にのみ対応している製品もあります。

防水等級についての詳しい説明は割愛しますが、どの程度の防水まで対応しているか、製品の仕様を事前により確認しておきましょう。

 

コスパ重視Bluetoothスピーカーのおすすめ5選

ここではコストパフォーマンスが高く学生などでも手の届くような商品で品質がよくおすすめのものを上記しました点にコメントしていただきながら価格帯で分類し紹介していただければと思います。

 

Anker SoundCore 2

Amazonで1100件以上レビュー評価を誇る人気スピーカー

モバイルバッテリーではお馴染みのAnker製品ですが、音楽アクセサリーでもコスパの高い製品を数多く提供しています。

Anker SoundCore 2は製品重量414gというとてもコンパクトなスピーカーでありながらIPX5の防水規格に対応したポータブルスピーカーです。

独自のBassUpテクノロジーの効果で、深みを持ちながらバランスのある音響が持ち味です。

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB01

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB01

安心のSONY製ポータブルスピーカー

約37.5mmのフルレンジスピーカーユニットを搭載することにより迫力ある重低音を奏でます。

重量は160gと超軽量でバッテリー持ちは最大6時間。

気軽に持ち運んで本格的に音楽を楽しむには最適なアイテムです。

 

Anker SoundCore Sport

出典: Amazon.co.jp

Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー

最強の防水性能を誇るAnkerブランドのBluetoothスピーカー

ポータブルスピーカーでありながらIPX7の防水性能を搭載していることが最大の特徴。水深1mに30分浸しても動作に問題はないほど防水性能に優れています。

キッチン周りやお風呂場・アウトドアで使うにも全く問題ありません。

最大10時間のバッテリー稼働で日中を通して使うことができます。

 

JBL Bluetoothスピーカー GO2

5,000円以下で手に入る本格サウンド

音楽アクセサリーメーカー老舗のJBLブランド。

手の平サイズでコンパクトな超軽量型スピーカー。重量はわずか184gです。

水周りでの使用も安心なIPX7の防水性能を持っています。

40mm径のフルレンジスピーカーによりダイナミックな音質で音楽を楽しめます。

 

Anker SoundCore nano

とにかくコンパクトな優れ物

スピーカー本体重量は約80gという超コンパクトタイプのスピーカー。

ポケットにスピーカーを入れて持ち運びたいという願いも叶えてくれます。

外装にはアルミニウム合金が使用されているので、小さいながらも耐久性に優れています。

 

高音質Bluetoothスピーカーのおすすめ5選

BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ

出典: Amazon.co.jp

BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ

コンパクトな本体から出力する大迫力サウンド

BOSE製のポータブルスピーカー。

本体は670gという手持ちサイズですが、パワフルさに欠けることなど全くなく、スピーカーが奏でる音は重低音が利いた大迫力サウンドです。

気軽に持ち運べる筐体で屋外で使用しても十分に活躍してくれるスピーカーです。

専用アプリでペアリング接続も簡単です。

 

JBL CHARGE3

世界的メーカーJBLブランド鉄板のBluetoothスピーカー

50mmドライバーを2基搭載したパワフルなサウンドを楽しめるBluetoothスピーカー。

IPX7の防水性能に対応し水没の心配も無用。

6000mAhの大容量バッテリーで最大20時間再生できる高いスタミナ性能も特徴です。

複数のスピーカーでさらに迫力かつ臨場感ある音を楽しめるJBLコネクトにも対応しています。

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB41

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB41

ラインライトやストロボで気分も盛り上がるポータブルスピーカー

58mm径のフルレンジスピーカーユニットを搭載した大音圧なサウンドを楽しめます。

接続も簡単で、NFC機能を搭載したAndroid端末ならワンタッチで接続ができます。

ラインライトやストロボ発光で音だけでなく視覚的にも楽しめる機能を搭載しています。

 

Fender ワイヤレススピーカー NEWPORT

クラシックアンプデザインで見た目がとってもオシャレ

ギターアンプを手がけるFenderブランドのBluetoothスピーカーです。

見た目はクラシカルなアンプ型デザイン。操作部もハットノブを回して調節する仕様でアンプ感満載です。

フルレンジのスピーカーユニットを2基とツイーター1基を搭載した大迫力サウンドを楽しめます。

 

BOSE SoundLink Revolve

360°に広がる圧倒的なBOSEサウンド

指向性のない360°に広がるパワフルなサウンドで、設置した環境にいる誰もがBOSEサウンドを楽しめるスピーカーです。

フル充電で12時間使用可能で、1日中使えるスタミナも特徴的。専用アプリでスマホから簡単に接続できます。

 

アウトドアでも使える最強防水Bluetoothスピーカーのおすすめ5選

屋外でBluetoothスピーカーを利用するのに外せないのが防水機能。

ここでは急な雨にあたっても安心な防水性能をもったBluetoothスピーカーを紹介します。

 

Anker SoundCore Sport XL

出典: Amazon.co.jp

Anker SoundCore Sport XL ポータブル Bluetooth スピーカー

高い防水性と防塵機能を持つIPX7のBluetoothスピーカー

Anker製のIPX7の防水・防塵機能を持つBluetoothスピーカーです。

8Wのデュアルステレオドライバーを2基搭載し、出力は合計16W。力強い音質が特徴です。

Bluetooth4.1に対応し、最大接続範囲は20mなので、広い範囲で使用するアウトドアには最適。

 

JBL XTREME2

アウトドア利用で文句なしの高級スピーカー

2018年10月26日に発売されたばかりの新製品。

IPX7の防水性能はもちろん、本体には20mm径ツイーターと70mm径ウーファーの2段階構造により、伸びの良い高音域再生から中低音域の力強い音質を実現しています。

10000mAhのバッテリーで最大連続再生時間は15時間という高いスタミナも魅力です。

 

Bose SoundLink Revolve+

BOSE最高峰のポータブルスピーカー

360°に広がるサウンドが特徴的なBOSE SoundLink Revolveを更にパワーアップしたのSoundLink Revolve+です。

BOSEならではのクオリティの高い重厚なサウンドを迫力ある音圧で楽しめます。

雨に濡れても大丈夫な防滴仕様を採用。フル充電で最大16時間の連続再生が可能です。

 

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21

アウトドアで楽しめるお手軽スピーカー

IP67の防水・防塵性能を持っているほか、サビにも強い材質なので、海などのアウトドアにも最適なBluetoothスピーカーです。

42mm径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載しているので、屋外に適した音圧かつ力強い低音を再生。

筐体前面部分にはLEDのラインライトを搭載し、見た目で気分も盛り上げてくれます。

 

JBL CLIP3

カラビナを使って軽快に持ち出せるBluetoothスピーカー

CLIP3はビルトインカラビナを採用。

バックパックやベルといった場所に引っ掛けて軽快に持ち出せるほか、フックが引っ掛けられる場所であればどこでも簡単に設置できるのが特徴です。

IPX7の防水性能を搭載しているので、水没が心配なアウトドア使用でも安心です。

 

Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

Bluetoothスピーカーでもっと音楽を楽しもう

スピーカー

Bluetoothスピーカーは低価格でコストパフォーマンスの良い製品から、しっかりとした解像度の音楽を楽しめる高級モデルまで、あらゆる場面に適した製品が展開されています。

Bluetoothスピーカーを選ぶ際には、スピーカー自体に求める性能や機能・価格帯などを意識して選ぶと、自分に合った最適なBluetoothスピーカーが選べると思います。ぜひともお気に入りのBluetoothスピーカーを探してみてください!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS…

サイトを見る

Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピ…

サイトを見る

JBL Bluetoothスピーカー GO2

サイトを見る

Anker SoundCore nano

サイトを見る

BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker Ⅱ

サイトを見る

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー

サイトを見る

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS…

サイトを見る

Fender ワイヤレススピーカー NEWPORT

サイトを見る

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker

サイトを見る

Anker SoundCore Sport XL ポータブル Blu…

サイトを見る

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS…

サイトを見る

関連記事