買いたいものを検索してください

月間45万PVのガジェットブロガーが選ぶ!bluetoothスピーカーのおすすめランキングTOP

 

スマートホンやパソコン、オーディオ機器などと無線で接続して音楽を楽しむBluetoothスピーカー。充電バッテリー内臓で屋外でも手軽に楽しめるとあって、人気の高いガジェットとなっています。数多くの機種が登場する中で、少しずつ進化を続けている一方、種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないとお悩みの方も少なくないでしょう。

使用環境に見合った、今最も人気の高いBluetoothスピーカーはどれか?最新事情を踏まえながら、失敗しない選び方と、おすすめモデルを紹介したいと思います。

 

Bluetoothスピーカーとは

 

スマホやパソコンなどを含む多くの電気製品に搭載されれいる無線規格、Bluetooth。これを使って気軽に音楽などを楽しむことができるのがBluetoothスピーカーです。コードがない無線接続のため、再生機器と離れた場所に置いて楽しめる自由度の高さが一番の魅力です。

 

Wi-Fiスピーカーとの違い

無線接続で使うスピーカーにはBluetoothを採用しているもののほか、Wi-Fiで接続する機種もあります。どちらもコードレスで使う点が似ていますが、Wi-Fiスピーカーは「DLNA」や「AirPlay」などの方式を使って自宅内のWi-Fiに接続して使用するのが一般的です。屋外で楽しむには、接続設定がより簡単なBluetoothスピーカーの方が向いています。

 

Bluetoothスピーカーの選び方

 

音の良さで選ぶ

コーデック

Bluetoothスピーカーのようなデジタル音響機器の音質は、デジタル信号を音声に変換するコーデックと呼ばれる機能の違いで変わります。標準的なコーデックである「SBC」、通信時のタイムラグが少なく高音質な「AAC」、圧縮率が少なくより高音質な「aPtX」、ハイレゾに対応した「aPtX HD」、さらに上を行く「LDAC」などがあります。高音質なほど価格が高くなるのは言うまでもありません。

 

スピーカーの数

Bluetoothスピーカーには、すべての音域を1つのスピーカーユニットで出力する「フルレンジ」タイプと、左、右、中央など複数のユニットを内蔵しているタイプがあります。コンパクトさ重視ならフルレンジタイプでも一定の実力を備えているものもあります。音の良さを重視するなら、多少高額になりますが、低音域用のウファーや高音域用のツイーターに分かれている2WAYスピーカーがおすすめです。

 

使う場所で選ぶ

お部屋で使うなら

室内で主に使うなら、本体の大きさはそれほど問題にならないはず。アナログ全盛期から、スピーカーはサイズが大きいほど、内蔵ユニットが多く、広域帯での音の歪みが少ないなど、音質がいい傾向にあります。

屋外なら電源に注意

屋外で音楽を楽しむときに気になるのが、バッテリーが長持ちするかです。連続再生可能時間はぜひ購入前にチェックしましょう。また、車で使うなら、シガーライターからの電源供給が可能かも確認しておきましょう。より長く使うことを想定しているなら、スマホなででも兼用できるモバイルバッテリーを用意しておくという方法もあります。

防水・防塵・耐久性をチェック

屋外だけでなく、お風呂に入りながら音楽が聞けるのもBluetoothスピーカーの強みです。そのためには防水など一定レベル以上の耐久性がほしいところ。「IPX4」「IPX7」といった防水規格の表記があるか、頑強さをうたっているかをチェックしましょう。

 

その他の選び方

接続の手軽さで選ぶ

売れ筋のBluetoothスピーカーの多くは、スマホなど再生機器との接続が簡単にできることが人気の秘密と言えます。スピーカーのボタンを1つ押すだけで使えるなど、初心者でも簡単に楽しめるものを選びましょう。

場所を選ばない360°タイプ

場所を選ばずに置いて楽しめる360°タイプのスピーカーは屋内外問わず楽しめて便利です。Amazon EchoやGoogle HomeなどAIスピーカーとの相性もよく、一家に1台は欠かせないツールになるでしょう。

注目のネック型スピーカーって?

最近各オーディオメーカーが力を入れているのが、首周りに乗せて音楽を楽しめるネックバンド型スピーカーです。耳元から音楽が聞けるので、台所やお手洗いなど居間より離れた場所でも楽しめるほか、音が自分の頭を囲むように流れることで臨場感があるリスニング環境を味わえます。イヤホンと違い、周囲の環境音も聞き取れるので、一人暮らしの部屋でも安心して使えるメリットもあります。

 

安くて高性能!コスパ最強Bluetoothスピーカー3選

JBL GO2

重量 184g 本体サイズ 3.2 x 8.6 x 7.2cm
対応コーデック 総合出力(ワット数)
防水・防塵性能 IPX7 ステレオ機能の有無
連続再生時間 5時間 機能

小型軽量なのに高音質

手のひらサイズの小型軽量サイズながらオーディオメーカーの老舗JBLならではの高音質が魅力のモデルです。防水はIPX7に対応。ノイズキャンセリング機能搭載のスピーカーホンで、スマホのハンズフリー通話が可能です。オーディオケーブルを接続して有線で使えるのもこのメーカーらしい作りといえます。カラーバリエーションは9色もあります。価格も手頃で、コスパ重視の方におすすめです。

 

Anker Soundcore 2

重量 414g 本体サイズ 16.8 x 4.7 x 5.6cm
対応コーデック SBC 総合出力(ワット数) 12W
防水・防塵性能 IPX7 ステレオ機能の有無
連続再生時間 約24時間 機能

連続再生24時間のロングセラー

Ankerはコストパフォーマンスに優れた商品に定評がある、近年台頭著しいブランド。本モデルは最長約24時間の連続再生に耐える大容量バッテリーを搭載しており、野外での使用に高い実力を発揮します。上部に施された5つのボタンで電源オン・オフ、VOLUME調整、Bluetooth接続が簡単に操作できるなど初心者にも優しい作りになっています。通信有効距離は20mもありスマホを持ったまま離れた場所でも音楽が聞けます。色は黒と青。

 

Anker SoundCore mini

重量 215g 本体サイズ 6.7 x 6.7 x 6.7cm
対応コーデック 総合出力(ワット数) 5W
防水・防塵性能 ステレオ機能の有無
連続再生時間 約15時間 機能

優れたコスパ、FMも聴ける

実売価格2000円前後という値ごろ感が最大の魅力です。6.7×6.7×6.7cmの円筒形のコンパクトデザインがキュート。カラーはブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4種類から選べます。小型ながら、パッシブラジエーターを採用しており、十分な音量で音楽が楽しめます。Bluetooth接続だけでなく、microSDカードやAUXモードにも対応。FMラジオを受信することもできます。

 

BluetoothスピーカーのおすすめランキングTOP7

第7位 FENDER NEWPORT

重量 1500g 本体サイズ 22.9 x 22.9 x 12.7cm
対応コーデック apt-X, AAC, SBC 総合出力(ワット数) 30W
防水・防塵性能 ステレオ機能の有無
連続再生時間 12時間 機能

アンティークなデザインと本格音質

7位はFENDERのNEWPORTです。ギターやアンプのメーカーとして名高いFENDERが開発したBluetoothスピーカーで、クラシカルなデザインはインテリアとしても魅力的。本体上部に「VOLUME」「TREBLE」「BASS」と3つのコントロールノブがあり、部屋や聴く音楽に合わせて細かい調整ができるなど、音にこだわる老舗メーカーらしい作りが光ります。室内利用重視ならおすすめです。

 

第6位 JBL SoundGear BTA

重量 370g 本体サイズ 20 x 22 x 4cm
対応コーデック SBC、apt-X 総合出力(ワット数) 6W(3W + 3W)
防水・防塵性能 なし ステレオ機能の有無
連続再生時間 6時間 機能

3W+3Wアンプ搭載のネックバンド型

6位はJBLのSoundGear BTAです。肩に乗せて音楽を楽しめるネックバンド型、ウェアラブルスピーカーの人気機種です。周囲の音環境を遮断することなく自分だけのサウンド領域を楽しめるのが魅力。3W+3Wのアンプを搭載。31mm径スピーカー4基とバスブーストのユニットを内蔵し、臨場感あふれる音を耳元で味わえます。同梱の「TV Bluetoothワイヤレストランスミッター」を使えば、Bluetooth非対応のテレビでもワイヤレス接続ができます。

 

第5位 SONY グラスサウンドスピーカーLSPX-S2

重量 1100g 本体サイズ 9 x 9 x 27.7 cm
対応コーデック SBC、AAC、LDAC 総合出力(ワット数) 11W(ウーファーのみ)
防水・防塵性能 ーー ステレオ機能の有無
連続再生時間 8時間 機能 Wi-Fi

ハイレゾ音質対応でユニークデザイン

5位はSONYのグラスサウンドスピーカーLSPX-S2です。スピーカーというよりはランプのようなデザインがインパクト大。円柱型の有機ガラス管を振動させて音を広げるという、凝った仕組みを採用し、音と見栄えを両立させているSONYらしいモデルです。高・中・低すべての領域の音が360度に広がる音響構造になっており、部屋のどこにおいてもハイレゾクラスの高音質を楽しめるのがポイント。高音質とデザイン性、どちらもこだわりたい方におすすめです。

 

第4位 SONY SRS-XB12

重量 245g 本体サイズ 11.8 x 8.6 x 8.4 cm
対応コーデック SBC、AAC 総合出力(ワット数) 5W
防水・防塵性能 IP67 ステレオ機能の有無
連続再生時間 16時間 機能

お手頃価格&サイズの重低音

4位はSONYのSRS-XB12です。価格的にはコスパ重視系に入るお手頃感ですが、音質の良さを考えてこちらにランクインさせてみました。スマートホンの音楽を重低音再生で手軽に楽しめる、アウトドア向きのモデルです。防水、防塵対応になっており、お風呂でも音楽が聞きたい方にもおすすめ。黒、青、緑、赤、グレー、紫とカラバリが豊富。デザインはシンプルながらキュートな寸胴型。オートパワーオフ機能でうっかり電源をつけたままでも安心です。

 

第3位 BOSE SoundWear Companion

重量 260g 本体サイズ 19 x 17.8 x 4.4 cm
対応コーデック ーー 総合出力(ワット数) ーー
防水・防塵性能 IPX4 ステレオ機能の有無
連続再生時間 12時間 機能

強力防水機能で聞く場所を選ばないウエアラブルタイプ

3位はBOSEのSoundWear Companionです。肩に乗せるネックバンド型スピーカーで、首周りのサイズに応じて本体を自在に湾曲できるのが特徴。ウェアラブルの言葉そのままに、服を着ているように自分にフィットした状態で自分だけの音領域に浸れます。汗や水分に強いIPX4の防水仕様になっており、屋外での使用にも向いています。BOSEならではの低音域に優れた音作りも魅力的です。マイクも内蔵されスマホの着信時を逃すこともなく、一時たりとも音楽に接していたい、そんな方におすすめです。

 

第2位 JBL FLIP5

重量 540g 本体サイズ 6.9 x 18.1 x 7.4 cm
対応コーデック 総合出力(ワット数) 20W
防水・防塵性能 IPX7 ステレオ機能の有無
連続再生時間 12時間 機能 JBL PARTY BOOST

キュートなデザインながら高レベル防水&パワフル

2位はJBLのFLIP5です。500mlのペットボトル大の円柱型デザインは、片手で持ちやすく、縦横どちらに置いても楽しめます。アンプ出力は20Wと見かけによらずパワフル。縦置きにしてもパッシブラジエーターから低音が出力できるよう、筐体のキャップの部分に切り欠きを施すなど細かい工夫で音質にこだわる姿勢はいい意味で憎らしいです。防水はIPX7と高レベルの対応。2台のスピーカーを使ってステレオサラウンドを味わえる独自のBluetooth接続技術「JBL PARTY BOOST」により、より幅広い楽しみ方ができます。

 

第1位 BOSE SOUNDLINK MINI II

重量 712g 本体サイズ 5.9 x 18 x 5.1 cm
対応コーデック 総合出力(ワット数)
防水・防塵性能 ステレオ機能の有無
連続再生時間 10時間 機能 音声ガイド

1位はBOSEのSOUNDLINK MINI II

手のひらサイズのコンパクトな筐体から、BOSEならではの質の高い重低音を体感できるのが魅力。スピーカーユニット内部でサウンドへのこだわりが強い方にも十分満足させられる1台です。再生機器とのペアリング手順や接続状態を音声ガイドで案内してくれるので初心者にも安心です。アルマイト加工の一体型アルミボディとゴムベースの採用で耐久性にも優れています。発売から5年が経過していますが、その分価格も手頃になり、なおも人気の衰えを感じさせないロングセラーです。

 

to buyインフルエンサーおすすめのBluetoothスピーカーもご紹介!

Bose SoundLink Mini II

音響の長けた老舗メーカーとして有名なBOSE製品です。

価格帯としては2万円台のポータブルスピーカー。持ち運びできる手軽なスピーカーという面では、決して安くはない価格帯ですが、その性能は価格以上のパフォーマンスを提供してくれます。

まず、Bose SoundLink Mini IIを前にして感じるのが本体のコンパクトさです。小さな筐体であり、まさにポータブルスピーカーというような見た目をしているのですが、そのコンパクトな印象は音を奏でると一瞬で変わります。

小さな筐体から出力される音には、圧倒的な迫力と厚みのあるサウンドが再生され、音楽本来の良さを十二分に再現してくれるほど解像度の高い音質です。特に低音域が響くようなサウンドが出力され、音が響きにくような外出先であっても、満足いくほどのダイナミックな音を出力してくれます。

重さは680g。ペットボトルより少し重いくらいの重さですが、持ち運ぶには十分なポータブル性です。

バッテリー性能も長けていて、一度の満充電で10時間の再生が可能。日中ずっと使っているような使い方でも充電要らずで十分に楽しめます。

 

QTuo 防水スピーカー

提供品

シャワーやお風呂に入る際にも気軽に使える防水スピーカーです。
防水性能としてはIP65等級の仕様であるため、水流による防滴性能があります。

本体は吸盤式になっているので、お風呂の壁など場所を選ばずに前後左右と簡単に設置できます。
Bluetoothでの通信可能範囲は最大10mまでなので、お風呂の中でも気にせず接続しながら楽しめます。

スピーカー本体に設置されているボタンを使用すれば、音量大小の調節だけでなく、曲送りや曲戻しといった操作も可能です。
スピーカーの出力は5W。そこまで抜群に音質が良いわけではないですが、お風呂で楽しむには十分な音をだしてくれるポータブルスピーカーです。

さらに、ポータブルスピーカー自体の価格も魅力で1,000円台で手に入るアイテムです。
これからお風呂で使うスピーカーを探しているという、第一のアイテムとしてもおすすめです。

 

Jbl Clip 2 Negro Altavoz Portátil Con Bluetooth Resistente Al Agua

Bluetoothの防水スピーカー。
音楽を聴きながらお料理する用にキッチンに置いています。

#料理が捗るキッチングッズ

 

Google Home スマートスピーカー

話題のAIスピーカー。
娘と一緒に使っているのですが、音楽を楽しむことが多いです。
ほかにも、簡単な翻訳や計算、食材のカロリーの確認をしたり、声でタイマーをセットしたり、布団の中から目覚ましをセットしたりもできます。また、Google カレンダー等へのアクセスなど、いろいろなことができ、これからの発展も楽しみです。

 

Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、Bluetoothスピーカーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ガジェット多様化で戦国時代到来か

スピーカー
rie.dvl

Bluetoothスピーカーの人気機種の中には、5年レベルのロングセラーを続けているものが少なくありません。一方で、ネックバンド型に代表される斬新なモデルが台頭するなど戦国時代の機運も高まりつつあります。モバイル機器やAIスピーカーなどペアリングするガジェットも多様化する中で、自分の用途にあった機種を、腰を据えて選びましょう。

記事内で紹介されている商品

関連記事