PC周辺機器マニアが教える!ワイヤレスマウスおすすめランキング

パソコンのマウスは、有線が基本だと思っていました。でもパソコンの接続部分の位置によっては、コードが絡まる、キーボードを打つ際に邪魔になるなどデメリットがあって難儀していました。

1度故障かな?と思ったら、マウス本来は何でもなくても、コードの中身が破損していたなんてこともあったんです。それで買い替えになったわけですが、ワイヤレスタイプがあると知って驚きと嬉しさをまず感じましたね。

もちろん、コードがあることによる不便さを一掃できるからです。今回は、そんなワイヤレスマウスの購入に際してのポイントをご紹介します。

 

ワイヤレスマウスのタイプ

マウス

ワイヤレスマウスは、その形からして独特です。有線にもあるような、一般的なマウス型ももちろんありますが、状況によってはほかの形の方が便利かもしれません。

 

携帯用なら薄型

まずは薄型。ぺたっとした形をしていて、折り曲げることでマウスの電源を入れる仕組みになっているものなどがあります。折り曲げればその分厚みが出るとはいえ、従来のマウスと比べると違和感も。常に持ち歩くのに便利ですが、慣れるまでには時間がかかります。

 

置き場所がないならトラックボール型

通常のマウスでも、左右クリックの間にスクロールできるミドルボタンがありますが、トラックボール型は上下はもちろん、左右などどこでもカーソルをあわせることが可能なタイプ。

今までマウスを動かすことで行っていてカーソル移動を、トラックボール部分で補ってしまうんです。ゆえにこのマウスは動かさないのが最大の特徴。デスク周りにものが多い場合に役立ちます。反対に、今までの癖でつい動かしてしまわないよう注意。

 

長時間の利用ならエルゴノミクス型

手にフィットしやすい形状となっているのが、このエルゴノミクス型です。それ以外は従来の有線マウスと同じですが、長時間使い続けても手が疲れにくくなります。

デスクワークなど、1日中パソコンの前に座っている人にはぴったり。ただ手にフィットするというのが、製品によって異なり、疲れにくいとは言っても今までのマウスと違う形になっている製品も多いため、こちらも慣れるまでは我慢です。

 

ワイヤレスマウスを選ぶポイント

マウス操作

好みの形を決めたら、ほかの機能にも目を向けてみましょう。

 

エネルギーは電池か充電か

有線の場合、パソコンの電気を直接マウスも利用できましたが、ワイヤレスではそうは行きません。ゆえにワイヤレスマウスの場合、乾電池を中に入れるか、別途充電する必要があります。

乾電池の場合は、消費したら買い替え、また入れ替えの作業が手間ですが、コンビニなどどこでも手に入るのがメリット。充電池を持っているなら、それを使うのもありですね。

一方充電式の場合、パソコンに繋いで行う製品が目立ちます。充電中は有線マウスとして使える製品もあるため、乾電池以上に便利と言えますね。ただ有線として使うというのは、ほかの家電と同じく充電と起動を同時に行うようなものなので、中身の劣化には注意したいところ。

 

接続は何で行うか

特にパソコン初心者の方は、つなげればなんでも良いと思いがちな接続。実は主に無線2.4GHzとBluetoothの、2パターンの方式が存在します。

無線の方は、USB端子のついたレシーバーと呼ばれる小さな機器をパソコン側に挿して使います。特に設定なども不要なので、早急に使いたいなんて時にも役立ちますね。

ただパソコンがあまり古いと、USBの規格が合わない場合があること、そもそもUSBが接続できない・メモリなどほかの機器に使っている場合はマウスが起動できず、万が一レシーバーを無くしてしまえば、マウスの状態がどんなに良くても使えないなどのデメリットがあります。

一方Bluetoothは、レシーバーなく利用可能。スマホやタブレットの操作用としても使えます。ただしこちらは初期設定が必要ですし、パソコンの修復などで関わるBIOS設定画面などでは使えません。比較的高価でもありますから、無線の方が便利かもしれませんね。

 

センサーのライトは赤か青か

マウスは起動中に赤い色のライトを発していますが、そのマウスの多くは光学式と呼ばれるセンサーを使っています。普通に使う分には問題ないのですが、マウスを置く場所が透明だったり、光沢のある布などを敷いているときちんと反応しない可能性が高いです。

もし心当たりがあるならば、青のLEDを用いたブルーライト型やレーザーライト型をおすすめします。ブルーライトは透明なところでも反応しやすく、レーザーは光沢ある場所の上で使えるのが特徴。また互いに逆に対しては反応が鈍くなることもあるので、間違えないように気をつけてください。

 

実際に買ってよかったワイヤレスマウスおすすめ2選

数あるワイヤレスマウスの中でも、特に良いと思える2品をまずご紹介します。

 

エレコム ワイヤレスマウス M-FIR08DRBK

1つ目はエレコムのワイヤレスマウスで、省電力なのが魅力。電池を入れるタイプですが、1回入れたら約2年半はそのまま使えるほどです。

接続は無線2.4GHzで光学センサー方式、また左右と中央の3ボタン式となっています。光学式で問題なければ、コスパも低いので使いやすいです。

 

エレコム ワイヤレスマウスM-IR07DRSBU

もう1つもエレコム。ワイヤレスマウスはメーカーが限られているのも特徴ですね。こちらも無線2.4GHzで光学センサー方式、また左右と中央の3ボタン式、省電力は同じですが、静音がポイント。

サイレントスイッチと呼ばれるボタンにより、マウスの起動音を抑えることができます。音が気になっていた方や、周囲の反応が心配という場合におすすめです。

 

ワイヤレスマウス気になるランキング

 

マウス操作

上記ほどではないですが、独特な形状や機能が気になった製品を6つほど、ランキング形式でまとめました。

 

第6位 エレコム ワイヤレスマウス M-BT12BRBK

まずはこちらもエレコムから。上記との違いはBluetooth接続であることです。個人的にやはり初期設定が必要なBluetooth方式よりは、USBを1つ占拠することになっても無線が良いなと思ってしまいます。

乾電池利用、光学式センサーはメーカー共通のようですね。またこちらはSサイズで、マウスの中では比較的小ぶり。手のサイズが小さめで、Mサイズ以上のマウスが大きいと感じる方にも向いています。

 

第5位 LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

続いてはトラックボール型のマウス。形もマウスというより、ゲームのコントローラーに見えてしまいます。トラックボールも人差し指ではなく、親指で扱うのがまた独創的ですね。一方クリックボタンなどはトラックボールの脇にあるので、そちらを人差し指などで扱い、手の疲れにくさに貢献しています。

エネルギーは乾電池で、接続は無線ですが、Unifying対応かつアドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジーを利用することで、よりスムーズな反応を見せてくれます。

 

第4位 BLENCK ワイヤレスマウス

4位は薄型タイプのワイヤレスマウス。マウスの中で薄型という感じで、こちらはペラペラというほどではなく、マウス独特の丸みを帯びたフォルムが残っています。

機能では静音や省エネルギーなどもプラス。省エネはマウスが自動でスリープモードに入ることで行われます。充電はUSBですね。また接続は無線2.4GHzで、800、1200、1600の3DPIモードによるマウスの速度調整も可能です。

 

第3位Qtuo ワイヤレスマウス

3位はQtuoの無線2.4G接続タイプ。4位からさらに拡大して、5種類のDPIモードから操作しやすいものを選択できます。最大は2400DPI。電池式で15ヶ月維持しますが、省電力の効果もあるため、使い方によってはより寿命を延ばすことも可能です。

さらにボタンはクリックのほか、戻るや進むなど全部で6つも搭載。クリックだけでは戸惑ってしまう人に役立ちますね。疲れにくいエルゴノミクス型(人間工学デザイン)になっているのも魅力です。

 

第2位 Logicool ワイヤレスマウス M545BK

上位はロジクールのマウスとなりました。まずは7つもあるボタンの機能が充実しているM545BK。ロジクールからの無料ダウンロードで、自在にカスタマイズも可能です。

無線方式かつ電池による起動タイプで、マウス中央部に電池の残り残量を示すインジケーターが備わっています。最大で18ヶ月持続しますが、残量が少なくなった段階で入れ替えておけば、切れてから慌てる心配もありません。さらにスリープモードなど省エネにも貢献してくれます。

 

第1位 Logicool ワイヤレスマラソンマウス M705m

ベストは形状も左右非対称のちょっと変わったデザイン。ただ右手用に開発されたものなので、マウスを左で使っている方にはやや不便かもしれません。

7つのボタンや電池残量、接続方式などは同メーカーだけあって2位と共通していますが、単三電池2本を入れるためか、なんと寿命は3年もあります。またレーザーを上回るとされるアドバンス オプティカルセンサーを導入。よりスムーズな動作に対応してくれます。

 

まとめ

今有線でマウスをつないでいる方、そのコードは不便ではありませんか?もし煩わしいと思っているなら、ワイヤレスに切り替えてみるのもありですよ。もちろんワイヤレスマウスも完璧ではなく、上で触れたようにメリットもあればデメリットもあります。

ワイヤレスが使えない場面で有線に戻せば、今あるマウスも無駄になりません。より効率よくパソコン作業を進めるために、検討してみてはいかがでしょう?

記事内で紹介されている商品

エレコム ワイヤレスマウス M-FIR08DRBK

サイトを見る

エレコム ワイヤレスマウス  M-IR07DRSBU

サイトを見る

エレコム ワイヤレスマウス M-BT12BRBK

サイトを見る

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

サイトを見る

BLENCK ワイヤレスマウス

サイトを見る

Qtuo ワイヤレスマウス  

サイトを見る

Logicool  ワイヤレスマウス ブラック M5…

サイトを見る

Logicoolv ワイヤレスマラソンマウス M70…

サイトを見る

関連記事