買いたいものを検索してください

パソコンのイライラ解消!SSD(外付け・内蔵型)おすすめランキングTOP10

パソコンを使った作業では、データの読み込みや書き出しを何度も実行することになります。

この読み込みや書き出し速度に時間がかかり、イライラしてしまった経験はありませんか!?

パソコンのデータ保存に「SSD」を使うと、高速な読み込みや書き出しができるようになり、より作業を効率化することにつなげられます。

今回はSSDのポイントや選び方、おすすめの製品を紹介します。

 

SSDってなに?

データ保存に使うととても便利な「SSD」。

パソコン選びをする時、スペックを見ていく中でこの三文字のアルファベットを見たことがあるという人も多いかと思います。

ここでは、「SSD」の基本について解説していきます。

 

SSDってなんの略称?

「SSD」はSolid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の頭文字を取った略称。

SSDは半導体素子メモリを使った大容量の記憶装置で、このメモリーチップに大してデータの読み書きを行っています。

一般的に使われているHDDに比べて、高速にデータ読み書きができることが特徴です。

 

どんな種類があるの?

SSDにもさまざまな規格や種類が存在し、主にサイズの違いやパソコンへの接続規格で分類されています。

サイズでは、M.2 SSD、2.5インチ SSDが現行の主流モデルで、この他3.5インチSSDや旧規格のmSATAなどがあります。

パソコンへの接続規格では、SATA接続とPCIe3.0×NVMe接続があり、SATA接続では理論値6Gbpsであるのに対して、PCIe3.0×NVMe接続ではその6倍以上となる理論値40Gbpsという転送速度の違いがあります。

 

HDDとの違い

これまで一般的に使われていたHDDはHard Disk Driveの略称で、搭載ディスクにデータの読み書きを実行しているものです。

HDDを高速回転させ、記録されているディスク部分まで磁気ヘッドを近づけて読み込むため、SSDに比べてデータの読み書きに時間を要します。

一方、SSDはメモリーチップにデータを読み書きするため、HDDよりも高速に処理が実行できます。

また、HDDのように高速回転させるといった駆動部分もないため、動作音も静かといったメリットがあります。

 

SSDの選び方のポイント

数多くのメーカーから発売されているSSD。

慣れていないと一体どの製品を選んで良いのかわかりませんよね。

そこで、ここではSSDの選び方のポイントをいくつか紹介します。

 

容量をチェック

SSDを選ぶ上で最も重要なのは容量の選択です。

保存容量が多ければ多いに越したことはありませんが、比較的安価で手に入れやすいHDDとは異なり、SSD自体の価格設定は高めです。

種類にもよりますが、ネット取扱店をみても、500GBのSSDは約8,000円、1TBのSSDでは約12,000円くらいが相場。これは同じ容量のHDDに比べて約2倍の価格です。

SSDを選ぶなら、データ保存に使用したい容量を適切に見極めた上で、容量を選択するのが無難かと思います。

写真や動画といった大容量のデータ保存をするのであれば、最低でも1TB以上のモデルを探しましょう。

文書データやその他データを一時的に保管して持ち出す程度であれば500GB以下のモデルでも十分使えると思います。

 

読み書き速度をチェック

SSDの種類でも触れているとおり、SSDによって読み書きできる速度が異なります。

理論上は6Gbps(6,000MB/s)となっていても、実効転送速度としては500MB/s前後のものがほとんどです。

ただし、製品によっては 実効転送速度が400MB/sものもあれば、大きいものでは600MB/sほどのものもあります。

細かな違いではありますが、より転送速度が大きい方がより効率的な作業が可能となります。

予算が許すのであれば、より実効転送速度が速いモデルを選ぶとSSD購入の特徴を最大限活かせると思います。

 

インターフェースをチェック

SSDをパソコンで使用する場合、SSDとパソコンの接続方法を事前にしっかりと抑えておかなければなりません。

Serial ATA 6Gb/s

現在主流となっているSSDのインターフェースで、SATA3.0とも呼ばれています。

理論上の最大転送速度は6Gbpsの規格です。内蔵型としてPC本体内部に設置するタイプのSSDとなります。

USB

外付けSSDとして使用するのであれば、USB接続のSSDが便利です。

USB2.0やUSB3.0に対応している製品などさまざまですが、SSDの特徴を活かすのであれば、より高速転送が可能なUSB3.0以上に対応している製品を選んでおきたいところです。

さまざまなSSD

 

SSD(内蔵型)おすすめランキングTOP5

第5位 Kingston SSD Q500 2.5インチ SATA3 480GB

容量 480GB サイズ 縦100.0 x 横69.9 x 幅7.0mm
平均故障間隔 100万時間 保証期間 3年間無料保証

高品質と耐久性を重視したSSD

モアイのロゴが目印である米国のメモリーモジュールメーカー、Kingston社のSSDです。

サイズは2.5インチでデスクトップPCやノートPCを問わず、幅広い機種に対応しています。

本体は可動部品がなく、本体落下や衝突時の衝撃に強い構造であるため、従来のHDDにあるような機械式部品の故障も圧倒的に少なくなります。また冷却性や静音性にも優れていることも特徴。

読み込み速度は500MB/s、書き込み速度は450MB/sで十分な転送速度を確保しています。

製品には3年間の無料保障やサポートが付いている他、SSDの利用状況や状態をモニタリングできる無料ソフトも利用できるので、安心して使い続けられるSSDです。

 

第4位 シリコンパワー SSD A55 512GB SATA3

容量 512GB サイズ 縦100.0 x 横69.85 x 幅7.0mm
平均故障間隔 保証期間 3年間

費用対効果に優れたSSDでリーズナブルにPCリニューアル

台湾台北市に本社があるメモリー関連の半導体メーカー、シリコンパワー社のSSDです。

SATA3 6.0Gb/sのインターフェースで、転送速度を高速化。読み込み速度は最大560MB/s、書き込み速度は最大530MB/sと、同インターフェースの他社製品よりも速い数値です。

デスクトップPCはもちろん、ノートPCに搭載可能な他、PS4でも動作確認が取れているSSDです。

SSD内部では、データ保存されているブロックの管理を行っていて、不良ブロックを発見するとそれを置き換えることにより、常に安定してファイル接続ができます。

最薄なデザインでありながら、耐久性も考慮された内部設計で、衝撃や振動に対しても優れた特性を持っています。

 

第3位 SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD Ultra 3D 500GB

容量 500GB サイズ 縦100.5 x 横69.5 x 幅7.0mm
平均故障間隔 200TBW 保証期間 5年間

フラッシュメモリー本家メーカーによる最大読込速度560MB/sの高速SSD

米国に本社をおくフラッシュメモリー製品の超有名メーカーであるSanDisk社のSSDです。

SSD最大のメリットである高速な転送速度については、読み込み最大速度が560MB/s、書き込み最大速度が530MB/sという超高速転送使用です。

本体は最先端の3D NAND技術により、耐久性を高めているほか、低消費電力でもあるため、ラップトップPCのバッテリー持ちの改善にも有効です。

可動パーツが使用されていないため、SSD自体は衝撃や振動にも耐えられる設計となっているため、データを安全に保存できることも優れたポイント。

また、SanDisk社が提供するSSD診断ソフトウェアも無償提供されているので、パソコン上でのSSD管理が容易です。

 

第2位 SAMSUNG 860 EVO 500GB MZ-76E500B/EC

容量 500GB サイズ 縦100.0 x 横69.85 x 幅6.8mm
平均故障間隔 300TBW 保証期間 5年間

高品質で人気のあるSAMSUNG製の高速SSD

AndroidケータイのGalaxyシリーズでお馴染み、韓国の超大手メーカーSamsung製のSSDです。

Samsung製のフラッシュメモリー系製品はとても高品質なものが多いため、市場でもシェアが高く多くのユーザーから定評があります。

860 EVOシリーズのSSDの転送速度は、最大読み込み速度が550MB/s、最大書き込み速度が520MB/s。

インターフェースはSATA 6Gb/sでサイズは2.5インチSSDとなります。製品の保証期間も5年間という長期間設定なので安心です。

最新のV-NANDテクノロジーの採用で書き込みの耐久度が非常に高いのも大きな特徴。

書き込み耐久性は300TBすなわち300,000GBにも達するので、一般的なPCユーザーによるSSDの使い方であれば書き込みによる故障はほぼ考えなくても良いレベルです。

 

第1位 Crucial SSD 500GB MX500

容量 500GB サイズ 縦  –  x 横 –  x 幅7mm
平均故障間隔 180万時間 保証期間 5年間

PS4の動作確認も取れているAmazonで人気No.1の内蔵型SSD

世界最大級のメモリーメーカーであるMicron(マイクロン)のブランドの1つであるCruicialのSSDです。

そのため、市場で特に人気のあるSSDブランドであると思います。

SSD本体は、Micron 3D NANDフラッシュテクノロジーを採用し、低消費電力と高いコストパフォーマンスを実現し、PCの負担を大きく軽減しています。

読み込み最大速度は560MB/s、書き込み最大速度は510MB/sで、高速なファイルアクセスやアプリケーション起動が可能に。パソコン上での交換作業も簡単です。

大切なデータを保存しているSSDは、5年間の長期保証が付いているので、安心して使えるのも嬉しいポイントです。

 

SSD(USB外付け)おすすめランキングTOP5

第5位 エレコム 外付けSSD ポータブル 240GB ESD-ED0240GWH

出典: Amazon.co.jp

エレコム 外付けSSD ポータブル 240GB ESD-ED0240GWH
ブランド
カテゴリ
容量 240GB サイズ 幅93 x 高さ54 x 厚さ9mm
平均故障間隔 保証期間 5年間

小型・軽量で持ち運びに便利なUSB対応のSSD

PCアクセサリーで有名なエレコム製のSSDです。

USB3.1(Gen1)接続対応なので、換装する必要もなくUSBポートに差し込むだけで使用できます。

本体は35gの軽量仕様で、大きさは名刺サイズほど。小さくコンパクトな本体の中に大容量データを高速転送可能です。

フラッシュメモリータイプはTLCで、データ転送速度は読み出しが最大300MB/s、書き込みが最大200MB/sとなっています。

セキュリティ面にも優れ、登録されていないパソコン上で使用される際にパスワード認証を設定できるため、万が一紛失や盗難にあった場合でも、大事なデータを保護することができます。

 

第4位 BUFFALO ポータブルSSD 480GB SSD-PL480U3-BK/N

容量 480GB サイズ 幅115 x 高さ76 x 厚さ11.5mm
平均故障間隔 保証期間 1年間

PS4でも使用できるSSD、ゲームのロード時間を大幅に短縮可能

BUFFLO(バッファロー)製で持ち運びにも便利なUSB接続タイプのポータブルSSDです。

接続はUSB3.2(Gen1)まで対応、バスパワー駆動なので電源いらずでそのままUSB接続するだけですぐに使用可能です。

転送速度は読み込みが最大340MB/s、書き込みが最大320MB/sです。

また、パソコンでに使用に限らず、ゲーム機での使用にもおすすめ。

PS4で動作確認が取れていて、ゲームのロード時間を大幅に短縮することができ、快適にゲームを楽しむことができます。

持ち運びの際に心配な衝撃や振動からデータを守る耐衝撃・耐振動設計されているので、移動時のリスクからしっかりと保護してくれます。

 

第3位 I-O DATA ポータブルSSD 960GB SSPH-UT960LK/E

容量 960GB サイズ 幅80 x 高さ80 x 厚さ15mm
平均故障間隔 保証期間 1年間

米国国防省の落下試験基準(高さ1.2mからの落下)をクリアした耐久性の高いSSD

PCアクセサリーで国内大手のI-O DATA製のポータブルSSDです。

ラバー素材のスクエア型デザインが特徴できなSSDですが、本体は耐衝撃性に特に優れています。

米国国防総省制定のMIL-STD-810Gという落下試験基準をクリア。高さ1.2mからの落下でも大丈夫な耐衝撃性で、持ち歩く際の使用も安心です。

読み込み最大速度340MB/s、書き込み最大速度300MB/sの転送速度で、HDDの約3倍速い性能です。

インターフェースはUSB3.1(Gen1)に対応、パスパワー駆動なので、PCやゲーム機などにUSB接続するだけで、ACアダプターを使うことなくすぐに使用可能。

 

第2位 SAMSUNG T5 外付けSSD 500GB MU-PA500B/IT

容量 500GB サイズ 幅74 x 高さ57.3 x 厚さ10.5mm
平均故障間隔 保証期間 3年間

USB-C接続に対応した信頼のSAMSUNG製ポータブルSSD

フラッシュメディアで抜群の品質を誇るSAMSUNG製のポータブルSSDです。

最近のPCインターフェースで主流となってきているUSB-C接続に対応。また従来のType A型のケーブルも付属するで、入力デバイスに左右されることなくシームレスなUSB接続ができます。

USB接続でありながら最大転送速度も速く、転送速度は最大540MB/sです。

丸みを帯びたアルミニウムのメタルデザインはスタイリッシュな見た目を演出するだけでなく耐衝撃性も考慮。

本体の頑丈なメタルボディは、最大2メートルの高さからの落下衝撃にも耐える堅牢性を持っています。

 

第1位 SanDisk ポータブルSSD 500GB Extreme Portable

容量 500GB サイズ 幅49.55 x 高さ96.2 x 厚さ8.85mm
平均故障間隔 保証期間 3年間

最大2メートル落下の耐久性、550MB/sの超高速転送能力を持つ最強ポータブルSSD

米国の大手メモリーメーカー、SanDiskブランドのポータブルSSDです。

最大転送速度は550MB/sで、写真や動画といった大容量データの転送に最適。

機器との接続インターフェースはUSB3.1(Gen1)で、USB-C/Aポートに接続できます。

WindowsにもMacにも対応しているのでOSに関係なく使用可能です。

最大2メートルからの落下衝撃や振動にも耐えられる高耐久性モデルで、水や粉塵への耐久力を表すIP55に対応しています。

誤ってデータ削除してしまった場合にも使えるデータ復旧ソフトの1年間無料特典も付属されるのでお得です。

 

SSDの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、SSDの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

用途にあったSSDを選んで、効率的なパソコン作業をしよう!

NINO

SSDの選び方やおすすめ製品をピックアップしてみましたがいかがでしたでしょうか。出典:

少し前までは値段が高くて手が出しづらかったSSDも、今ではバラエティに富んだ製品が市場に普及するようになり、価格も下がり入手しやすくなりました。

SSDは、SSD自身が持つ性能と使うユーザーの使用用途という相性がとても大切です。

パソコン上でどのような作業をするのか、保存するファイルはどのようなものかなど、各自の用途にあった容量や転送速度を考慮したSSDを選ぶことをおすすめします!

記事内で紹介されている商品

Kingston SSD Q500 2.5インチ SATA3 480GB

サイトを見る

シリコンパワー SSD A55 512GB SATA3

サイトを見る

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD Ultra 3D 500…

サイトを見る

SAMSUNG 860 EVO 500GB MZ-76E500B/EC

サイトを見る

エレコム 外付けSSD ポータブル 240GB ESD…

サイトを見る

BUFFALO ポータブルSSD 480GB SSD-PL480U3…

サイトを見る

I-O DATA ポータブルSSD 960GB SSPH-UT960…

サイトを見る

SAMSUNG T5 外付けSSD 500GB MU-PA500B/IT

サイトを見る

SanDisk ポータブルSSD 500GB Extreme Por…

サイトを見る

関連記事