買いたいものを検索してください

音楽を更なる高音質で楽しもう!ヘッドホンおすすめランキングTOP10

近年の音楽シーンでは、軽い装着感で手軽に利用できるワイヤレスイヤホンや、スマホ接続で簡単に再生できるBluetoothスピーカーが特に人気となっています。

しかし、パーソナルに音楽を楽しむ上で、ワンランク上の音質を体験したいのであれば、ヘッドホンが圧倒的におすすめです。

ヘッドホンが持つ臨場感があり迫力ある音質は、音本来の良さを最大限に引き出してくれます。

本記事では、ヘッドホンの性能や魅力、選び方のポイント、おすすめのヘッドホン製品について紹介していきます。

 

おしゃれでカッコイイ!ヘッドホンの魅力

NINO

ヘッドホンは、音楽を構成する一つ一つの音本来の良さを最大限に引き出してくれる再生ツールです。

コンパクトで軽量な装着感がイヤホンと比較すると、大きさこそあるものの、そのサイズを活かして大きなユニットを搭載することで、イヤホンよりも音質や音の解像度が高い製品が多くあります。

構造的にも耳の上にかぶせるもの(オンイヤー型)や、耳全体を覆うもの(オーバーイヤー型)があります。これにより、しっかりとした密閉状態を作れるため、外部との遮音性が高く音漏れがしにくいメリットや、音楽を空間的により没入して楽しめるメリットがあります。

また、性能や音質の良さといったメリットだけにとどまらず、ファッションの一部としてしっかりとしたインパクトを与えてくれるデザイン性の高さも特徴の一つです。

 

ヘッドホンのタイプは大きく分けて3つ!

さまざまな形状をしているヘッドホンですが大きく分けると「開放型ヘッドホン」「密閉型ヘッドホン」「DJ用ヘッドホン」の3種類に大別できます。

それぞれどのような特徴があるのかみていきましょう。

 

開放型ヘッドホン

ヘッドホンは主に振動して音を発生させるドライバーユニットと、ドライバーユニットを支えているハウジングという部分で構成されています。

開放型ヘッドホンは、このハウジング部分にメッシュ構造等が採用され、耳を覆っている空間が文字通り開放されています。

そのため、抜けの良い音を出せることや高音域が出やすいこと、音の広がりを最大限に演出できるというメリットがあります。

一方で、メッシュの開放部分から音漏れしたりや外部のノイズを拾ったりと、外部環境からの影響を受けやすいです。

室外での使用よりは、室内での音楽鑑賞や映画鑑賞用として向いています。

 

密閉型ヘッドホン

密閉型ヘッドホンは、開放型ヘッドホンとは対照的にハウジング部分が完全に覆われている構造のヘッドホンを指します。一般的にはこの密閉型ヘッドホンをよく見かけると思います。

それもそのはず。密閉型ヘッドホンは、ハウジングが覆われているため、ドライバーユニットから発された音が外部に漏れにくいので、外出先での使用に最適です。

電車などの公共の場では音漏れはNGなので、我々がよく目にするヘッドホンは密閉型が多く使われているのだと思われます。

構造的に遮音性が高く音漏れしづらい、低音が響きやすいといったメリットがある一方で、音がこもりがちで高音が伸びにくいといったデメリットが挙げられます。

 

DJ用ヘッドホン

次々と曲をMIXしてつないでいくDJにとってヘッドホンは必須のアイテム。

頻繁につけたり外したりすることや、首にかけたり、現場の音を片側の耳で聞きながら、もう片方の耳でヘッドホンを使い別音源を着たりするため、かなり着脱するタイミングが多いです。

そのためDJ用ヘッドホンは、ハウジングとヘッドバンドの接続部分など、各所に頑丈な構造的性能が求められます。

また、ハウジング部分が回転し片側だけで聞けるような構造のもの、入出力値が高めに設定されているものなど、大音量でのプレイ環境に特出しているDJ機器に適した性能も必要です。

 

ヘッドホンの選び方のポイント

NINO

数あるメーカーからさまざまなヘッドホンが販売されているため、これから購入を検討している人はついつい迷ってしまいますよね。

そこで、ここではヘッドホンを選ぶ際のポイントを簡単に紹介します。

 

接続方式をチェック

ヘッドホンと音源の再生機器をつなぐ方法には、物理的なケーブルを使って有線接続する方式と、Bluetoothを使ったワイヤレス接続(無線接続)する方式があります。

有線接続では物理接続しているケーブルがかさばってしまうデメリットはありますが、安定した接続やノイズの影響を受けにくい特徴があります。また製品もワイヤレス接続に比べて比較的安価なものも多くあります。

変わって近年のスマホユーザーで圧倒的に人気なのはBluetoothワイヤレス接続です。

機器とのコード接続がない分、スッキリかつスマートな装着感でいられるのが特徴。電車での移動時や外出先で使用するのに最適です。

 

ノイズキャンセリング機能もチェック

ヘッドホンの中でも高級な価格帯の製品で多く採用されているのが、ノイズキャンセリング機能です。

ハウジング外部に設置されたマイクから外部の環境音を拾い、それと逆位相の音をハウジング内で流すことで、強制的に外部の環境音を打ち消す技術です。

このノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンを装着し、機能をONにするととても静寂な環境になります。

その状況で音楽を再生すると適正な音量で聴くことができるため、電車や航空機内部の騒音も気にせず、音漏れせずに音楽に没入できます。

 

ハイレゾ対応をチェック

通常のCD音源では、サンプリング周波数が44.1kHzと規格で決まっていますが、ハイレゾ音源ではサンプリング周波数が192kHzとなっています。

そのため、CD音源よりも圧倒的に情報量が多く、その差は6倍以上にも及びます。

情報量豊かなハイレゾ音源では、細かなディテールやニュアンスを感じられるような音を聴くことができるのです。

ハイレゾ音源対応のヘッドホンはそう多くはありませんが、SONY製品ではハイレゾ音源に対応しているヘッドホンが多く扱われています。

なお、ハイレゾ音源を楽しむにはヘッドホンだけでなく、再生端末側ハイレゾ音源に対応している必要があるので注意しましょう。

 

ヘッドホンを使う用途や場所を考慮

ヘッドホンをどのような場所で使うのか?どのような用途に使うのか?・・・

例えば、音楽鑑賞用(ロック・クラシック・EDM等々)で使う、映画鑑賞用に自宅で使う、通勤・通学時に電車で使う、ゲーム用に使う・・・など、色々な目的や使用シーンが考えられますね。

ヘッドホンは、これらのシーンにそれぞれに特化した機能があるので、このあたりを明確にすると、目的にあった機能で探せるので、より自分にあったヘッドホンを選べると思います。

 

ヘッドホンのおすすめランキングTOP10

第10位 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD 599 SE

タイプ 開放型 接続方式 有線接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

ゼンハイザーのトップモデルが誇るプレミアム音質が楽しめる開放型ヘッドホン

低音域から高音域までしっかりとした音質を楽しめるゼンハイザー製の開放型ヘッドホンです。

開放型特有の抜けの良い広い臨場感ある豊かなサウンドを出します。

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術である「E.A.R」(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用し、耳に正確に音を届けられる構造も特徴の一つ。

長時間装着していても優しい付け心地を実感できるベロア生地のイヤークッションはユーザーの快適な装着感を担っています。

接続方式は有線接続で、3.5mmステレオミニプラグに加え、6.3mmステレオ標準プラグも対応しています。

 

第9位 SHURE AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン

出典: Amazon.co.jp

SHURE AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
ブランド
カテゴリ
タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

プロオーディオメーカーが開発した毎日使いたくなる高品質なヘッドホン

スタジオ録音などでも使われるプロ御用達のオーディオメーカーであるSHURE製のヘッドホンです。

密閉型が採用され、Bluetooth5.0のワイヤレス接続に対応し、最大10mの通信接続距離を担保しています。

アジャスタブル・ノイズ・キャンセレーションとよばれるノイズキャンセリング機能を搭載し、周囲のノイズを効果的に除去。

スイッチで切り替えて外音取り込みモードにすれば、ヘッドホンを装着しながら周囲の音を聞き取ることも可能です。

これらはノイズキャンセリング機能は、ShurePlusPLAYアプリにて細かなカスタマイズ調整ができます。

電池持ちは最大20時間再生。1日外出先に持ち出して使用するにも十分なスタミナです。

 

第8位 パイオニア S3wireless ヘッドホン SE-S3BT

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

パイオニア製のコスパに優れたヘッドホン

高品質なオーディオ機器を長年に亘り提供しているオーディオメーカーPioneer製のヘッドホンです。

Bluetoothワイヤレス接続に対応した密閉型のヘッドホンは、大口径Φ40mmドライバーを搭載しています。

中央ボタン長押しでGoogle AssistantやSiriに対応し、iPhoneやAndroidスマホとぴったりな相性です。

電池持ちは最大25時間あり、ファストチャージ機能も採用。わずか10分の充電で4時間の再生が可能となり、充電忘れの際にも安心です。

持ち運びにも便利な折りたたみ収納ができるので、バッグにも入れて手軽に外出先に持ち出せます。

価格も5,000円ほどで手に入るのがコストパフォーマンスに優れているヘッドホンです。

 

第7位 Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

バッテリー最長40時間のiPhone使用に最適なヘッドホン

Beats by Dr.Dreブランドの高品質なワイヤレスヘッドホンです。

Beatsらしいオシャレな製品デザインが特徴的で、外出時に使用するのにピッタリな1台です。

バッテリー性能にも長けていて、最長40時間持続するバッテリーを搭載しています。また、充電がない場合に便利なFast Fuel機能があり、わずか5分の充電で最大3時間の再生が可能となります。

クッション付きのイヤーカップはフィット感を調整できるため、ユーザーの好みの装着感を得られます。

Apple W1チップを本体に採用し、Appleデバイス間でシームレスに設定や切替ができるので、MacやiPad、iPhoneといったApple製品ユーザーと相性の高いヘッドホンです。

デートも仕事も、気持ちを高めるのってすごく大事で。

僕が気分を高める時に使うのが、iPhoneとAWAとBeatsの組み合わせですね。

この色にしたのは、他の人が持ってないから。とにかく人と一緒がイヤなんです(笑)。

 

第6位 BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

BOSEのクオリティが全て詰まった最新フラッグシップモデル

ノイズキャンセリング性能や音質で定評があるBOSE社のワイヤレスヘッドホンです。

BOSEが持つノイズキャンセリングテクノロジーがさらに進化し、11種類のノイズキャンセリングでノイズをコントロールできます。

これにより、ユーザーがいる環境ごとに最適な静寂空間を作り出せます。

ノイズキャンセリング’性能に加えて、BOSEらしい迫力ある重低音サウンドも健在。臨場感あるサウンドを存分に楽しめます。

ウェイクワード機能もあり、「アレクサ」と呼びかけて音声検索サービスも即時に起動できます。

ヒンジや留め具といった従来のヘッドホンに必ずあったデザインも見直され、1つのステンレススチールで構成された高級感あるデザインも特徴です。

 

第5位 パイオニア SE-MS7BT Bluetoothヘッドホン

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

ハイレゾ音源再生に対応したパイオニア製本格派ヘッドホン

高品位オーディオメーカーのPioneerブランドのヘッドホンです。

ハイレゾ音源に対応した大口径の40mmドライバーを搭載しています。そのため、高音域や中音域の再生はもちろん豊かな低音域サウンドが楽しめます。

本体はBluetoothワイヤレス接続で、コードを使うことなくスマートな接続ができます。スマートフォンやタブレット端末との使用に最適です。

イヤーパッド部分には、低反発のウレタンクッション、ヘッドバンド部には幅広でクッション性に長けた発砲ポリウレタンクッションが使われ、快適な装着感や装着時の安定感向上に寄与しています。

レトロモダンな見た目でありながらも、高級感あるスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

 

第4位 Skullcandy CRUSHER ANC ワイヤレスヘッドホン

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

迫力ある低音サウンドがクセになるノイズキャンセリングヘッドホン

米国ユタ州に本社をおくSkullcandy(スカルキャンディ)ブランドのノイズキャンセリングヘッドホンです。

CRUSHER ANCの特徴は、重低音サウンドがとても強いこと。

他社のヘッドホンにはないような力強い重低音サウンドに加え、アクティブノイズキャンセリング機能、パーソナルサウンドを組み合わせて、ユーザーの好みに合わせたこれまでにないような音楽体験ができます。

特徴であるこの低音サウンドはイヤーカップのスライダーで簡単に調節が可能。

バッテリー駆動時間は最大24時間の高スタミナであり、10分間の充電で4時間の駆動ができる急速充電技術も採用。充電忘れの万が一の際にも焦ることなく安心して使えます。

 

第3位 SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

5,000円以下で手に入る手軽なBluetoothワイヤレスヘッドホン

SONYブランドの低価格帯で人気のあるBluetoothワイヤレスヘッドホンです。

わずか132gの本体で軽量な装着感を体験できます。オンイヤータイプの小型ハウジングも快適さをさらに向上させてくれます。

バッテリー駆動時間は、驚きの最大35時間駆動。1日5時間利用した場合、約1週間利用可能なロングバッテリーです。

ハウジングの耳元部分には、プレーヤの操作が可能なコントロールボタンも設置。再生機器を取り出すことなく、快適なコントロールができます。

本体価格もリーズナブルで、Amazonでは5,000円以下で手に入るので、お手軽に購入できるワイヤレスヘッドホンとなっています。

 

第2位 Beats Studio3 Wiresless オーバーイヤーヘッドホン

出典: Amazon.co.jp

Beats Studio3 Wiresless オーバーイヤーヘッドホン
ブランド
カテゴリ
タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

 1日中高音質を楽しめるオシャレなノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン

Beats by Dr.Dreブランドのワイヤレスヘッドホン、Beats Studio3 Wirelessです。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、外部のノイズを効果的に打ち消すことで最適な環境を作り出してくれます。

ノイズキャンセリング使用時は最大22時間、機能をオフにすると最長40時間のバッテリー性能で、丸一日中使っていても心配のないスタミナ性能です。

Apple W1チップを搭載しているので、iPhoneやiPad、iPod touchなどのApple製品とシームレスにつながります。設定が簡単で相性がとても良いです。

フォレストグリーンやサンドデューンといったBeatsらしい個性的なカラーデザインも魅力ある特徴の一つです。

 

第1位 SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3
ブランド
カテゴリ
タイプ 密閉型 接続方式 Bluetoothワイヤレス接続
ハイレゾ対応 ノイズキャンセリング

音質もノイズキャンセリング機能も高品質を誇るSONYの最高傑作ワイヤレスヘッドホン

SONYブランドのノイズキャンセリングヘッドホンではフラッグシップモデルとなっているWH-1000XM3。

年々改良されているノイズキャンセリング性能は前モデルに比べ4倍に強化。しっかりと周囲のノイズを消してくれ、音楽を聴くのに最適な静寂空間を一瞬で作り出してくれます。

ハイレゾ音源の再生はもちろんのこと、DSEE HXというソニー独自技術を搭載し、ハイレゾ音源でない音源もハイレゾ音源相当アップスケーリングしてくれます。

ヘッドホンを外さずに周囲の音を聞き取れるクイックアテンションモードも便利な機能の一つ。右側のハウジング部分を手で覆うだけで利用できます。

耳元のハウジング部分を指でスワイプするだけで、音量の調整や再生/停止といったプレイヤーコントロールもできます。

ノイズキャンセリング性能から音質まで全ての良い所を詰め込んだ最強のワイヤレスヘッドホンです。

 

to buyインフルエンサーおすすめのヘッドホンをご紹介!

Sudio Regent Bluetooth ヘッドフォン REGENT Black

提供品

とってもおしゃれなワイヤレスのヘッドフォンです✨
ワイヤレスなのにクリアな音質で24時間もバッテリーがもつ!
耳元のデザインも気分で変えれてアクセサリー感覚でつけれます?

 

SONY MDR-1000X

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。ノイズキャンセリング機能に対応しているので、周囲環境の騒音をかき消してくれます。
また機能性が非常に高く、特に片耳側のハウジングを手の平で覆うとノイズキャンセリング機能は継続しながらも人の声をとおりやすくする「クイックアテンション」というが発動。
電車内などで急に社内アナウンスが聞きたくなるような場合に大活躍する機能です。
周囲の音を拾いながら音楽を楽しめる「アンビエントサウンドモード」も搭載。アナウンスなどに注意しながらも音楽を聞きたい場合にはこれが役に立ちます。
また、ワイヤレス環境ながらハイレゾ音源を楽しめる「LDAC」コーデックにも対応。ハイレゾ音源に対応した端末で再生すれば、これまでの音質とはひと味ちがう広がり豊かな別格の音楽を聴くことができますよ。

機能性をBluetoothヘッドホンに求める方にはオススメです。

 

ヘッドホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヘッドホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

好みのヘッドホンを見つけて音楽を手軽により深く楽しもう

岩崎志保

ヘッドホンにはワイヤレススピーカーやイヤホンにはないメリットがたくさん詰まっています。

周囲の環境音を心地良く消してくれるノイズキャンセリング機能や、臨場感ある高音質サウンド、折りたたみ可能で持ち運びしやすい収納性、簡単操作が可能なコントロール機能など、製品によってさまざまな特徴を持っています。

自分の使用環境や予算にあったヘッドホンを見つけて、ぜひ音楽を手軽に、として深く楽しんでみてはいかがでしょううか!?

記事内で紹介されている商品

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD 59…

サイトを見る

SHURE AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャン…

サイトを見る

パイオニア S3wireless ヘッドホン SE-S3BT

サイトを見る

Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン

サイトを見る

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Be…

サイトを見る

BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700

サイトを見る

パイオニア SE-MS7BT Bluetoothヘッドホン

サイトを見る

Skullcandy CRUSHER ANC ワイヤレスヘッド…

サイトを見る

SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

サイトを見る

Beats Studio3 Wiresless オーバーイヤー…

サイトを見る

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッ…

サイトを見る

Sudio Regent Bluetooth ヘッドフォン REG…

サイトを見る

関連記事