iPadの外付けキーボードを使って作業を効率化!おすすめ製品も紹介!

iPadはスマートフォンに比べて画面サイズも大きく、かつ薄型の形状をしているモバイル性を重視したタブレット端末です。家庭やビジネスでの作業用にiPadを利用している人も多いと思います。

画面上で文字入力を行う際に、iOS上のキーボードを画面の半分以上が占めてしまうと、大画面のiPadの魅力を十分に活かせません。

外付けのiPad用キーボードを利用することにより、画面サイズをそのまま活かしながら文字入力をはじめとしたキーボード操作が可能になるので、作業効率があがりますよ!

 

iPad用キーボードの接続方式は2種類

 

現行のiPad機種は、スタンダードモデルの「iPad」、ハイスペックモデルとなる「iPad Pro」が存在します。

どちらのモデルでも接続可能なのがBluetooth接続のキーボードです。iOSに対応したBluetoothキーボードであれば、基本的にほとんどのものが使用可能です。

Bluetooth接続なのでケーブル等は一切不要。ワイヤレスに接続できるのでモバイルタブレットとして外出先で利用するときにも、ケーブルが煩わしいこともなくスマートです。

一方、iPad ProではBluetooth接続キーボードの他にもう1種類接続方法があります。通常のiPadシリーズにはなく、iPad Proのみ搭載した「Smart Connector」に対応したキーボードも利用できます。

SmartConnectorはiPad側面についた○型の端子が3連で付いているもの。差し込んだすることはなく、マグネット式にカチッと装着する接続方法です。物理的な接続となるのでiPadとキーボードのペアリングも必要ないので、面倒な作業も必要なし。カチッと接続sひたらすぐに使えます。SmartConnectorからはキーボードへ電力の供給も可能で、特にキーボード自体を充電することなく利用できます。

さらに、iOSで使える便利なショートカットキーを搭載したものもあり、通常のPCのキーボードと同じように便利にiPadを使いこなせるのもSmartConnector対応キーボードの魅力。

 

iPadのキーボードいろいろ

iPad用のBluetoothキーボードと一言でいっても色々な種類のものがあります。

モバイルに特化した折りたたみ型のものや、シート型で丸めることができるもの。入力性能を重視しピッチやキーボード構造を考えたもの。キーボードだけで別に利用する独立型のもの。iPadにケースとして装着し、開くとキーボードが登場する一体型のもの。

このように、多様な用途に応じたキーボードを選べるのも、iPadが人気の理由一つにあると思います。

 

iPad用のキーボードの選び方

 

持ち運びを重視したいならポータブルタイプのキーボードがおすすめ。折りたたんで持ち運びできるコンパクトなものや、シート型のキーボードで丸めて収納できるような製品もあります。鞄の中に入れておいても気にならないサイズ感で、いつでもキーボード入力が可能となります。

キーボードの入力性能を重視し作業効率を最大限に高めたいなら、独立型のキーボードがおすすめです。

サイズが大きいもの、キーピッチが広くタイピングポジションが快適なもの、打鍵感がしっかりしたキーボードなど、キーボード入力のあれこれが詰まった製品も多くあります。

画面保護とキーボード機能を両立させたいなら一体型がおすすめ

使用しないときはフタを閉じることにより画面をしっかり保護。カバーを開けてひっくり返せばキーボードが現れiPad画面を斜め設置しながらキーボード入力が可能です。

iPadの上位モデルとなるiPad Proユーザーであれば、iPad Proに搭載されたSmartConnector対応のキーボードがおすすめです。

電力供給も行いながら多様なタスクをこなすことができるSmartConnector対応のキーボードはiPad Proならではのアクセサリーであり、使いやすいこと間違いなし!

 

筆者が愛用する、おすすめのiPad用キーボードはコレ!

Apple Smart Keyboard
10.5インチのiPad Proを普段利用しています。外付けのキーボードとして利用しているのは、Apple純正アクセサリーである「Smart Keyboard」です。
iPad画面の保護カバーも兼ねながらフタを開けると、キーボードがでてきます。しかも接続はSmartConnectorなので、iPad Proの側面にカチッとマグネット式でくっつけるだけ。ペアリングの必要もないので、接続が非常に簡単です。
キーボードタイプもUSキーボードとJISキーボードから選べるので、普段慣れている入力スタイルに合わせて選択できます。
キーボード入力用にiPadを広げ専用のスペース部分にたてかければ、もはやノートブックPCなみの使いやすい環境です。これをどこでも持ち運びできるのでモバイル性にも優れていますね。作業環境を選ばずにいつでもハイパフォーマンスにiPadを使いこなせています。

 

おすすめのiPad用キーボード4選を紹介!

一番のおすすめはiPad Proに対応したApple純正のSmartKeyboardですが、他にも便利なiPad用キーボードはたくさんあります。中でもおすすめな製品を紹介したいと思います。

 

Logicool CREATE iPad Pro用キーボード

PCやスマホアクセサリーメーカーであるLogicool製です。

CREATE iPad Pro用キーボードは、先ほど解説したようなiPad Proに搭載されたSmartConnector対応のキーボードです。電源供給は必要なく、CREATEのケースにiPad Proをカチッと接続した瞬間からキーボードが使用可能です。

カバー部分は画面側だけでなく背面側も覆われているので全面の保護ができます。さらにキーボードは、バックライト付きなので、照明が暗いような環境下でもノートPCのキーボードと同じように快適に入力作業ができます。

 

iClever 折りたたみ式 Bluetoothキーボード IC-BK03

こちらはモバイル性を重視した折りたたみタイプのキーボード。3つ折りに折りたたむとはがき大のサイズまで小さくなり、ポケットにも入るほどコンパクトになります。そして3つ折りキーボードを入力時に広げれば、すぐに本格的なキーボード入力が可能に。

本体外側はアルミ製素材なので、持ち運びの際の衝撃も気になりません。

1回のフル充電で80時間持つのでスタミナも兼ね備えています。

 

Anker Backlit Bluetooth キーボードケース

ケースとキーボードが一体になったAnker製品です。Ankerはモバイルバッテリーではお馴染みの有名メーカーでこのようなアクセサリ品でも安心です。

1度充電すると1日2時間使用したとして5ヶ月連続使用ができる長寿命。もちろん再充電すればさらに継続して利用可能です。

バックライトも搭載していて暗い場所でのタイピングも可能。バックライトのカラーは7色から選択できます。

ケース保護とキーボード持ち運びを両立させたい人におすすめです。

 

エレコム ワイヤレスキーボード ケース一体型

PCやスマホ関連で多くのアクセサリーを展開しているエレコム製です。

ケースとキーボードが一体型になった製品で、カバー素材はイタリアンソフトレザーを使用しているので、高級感がある見た目となっています。

こちらも電池持ちが優秀で、1回のフル充電で半年稼働させることができます。

ケース一体型なので、傷や衝撃から保護しつつ、キーボード入力したい時にはスタンド機能付きなので、モバイルPCと同じようなタイピングポジションで画面を見ながら入力できます。

 

まとめ

iPadのキーボードとしては、分離した独立型のキーボードと、ケースと一緒になった一体型のキーボードがあります。

ケースを装着することを考えれば、一体型の方がかさばらずに持ち運べて便利だと思います。

反対にiPad自体を裸で使用するという人は、独立型のコンパクトタイプなキーボードがよいかもしれません。

効率よく入力することを重視するのか、モバイル性を良くするためにコンパクトなキーボードにするのか。

iPadに対応したキーボード製品はさまざまです。iPadの文字入力環境やシーンを考慮しつつ、キーボード購入することをおすすめします。

記事内で紹介されている商品

Logicool CREATE iPad Pro用キーボード

サイトを見る

iClever 折りたたみ式 Bluetoothキーボー…

サイトを見る

Anker Backlit Bluetooth キーボードケース

サイトを見る

エレコム ワイヤレスキーボード ケース一…

サイトを見る

関連記事