スマホを置くだけで簡単充電!おすすめのQi規格ワイヤレス充電器を紹介!

通常、スマートフォンの充電を行うにはコンセントに挿したアダプタを介してUSBケーブルやLightningケーブルといった物理的なコードを差し込む必要があります。しかし、最近の端末ではQi規格の無線充電に対応した機種も多くなり、専用の充電台スタンドの上におくだけで充電開始ができるので、人気のアクセサリーとなってきています。

今回はおすすめのQi規格ワイヤレス充電器を紹介します!

 

Qi規格のワイヤレス充電

ワイヤレス充電とは、Qi規格を利用した無接点充電のことであり、これまでAndroidOSを搭載した端末では採用されている製品も多いです。

最近では、人気のiPhoneシリーズにもこのQi規格ワイヤレス充電機能が搭載され、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの最新iPhone機種ではこのワイヤレス充電を利用することができます。

通常のケーブル接続型充電をする場合は、アダプターやモバイルバッテリに接続したQi規格の充電ケーブルを端末に差し込み充電するスタイルですが、ワイヤレス充電の場合は専用の充電パッドの上に端末を置くことにより充電を開始できます。

充電する際にケーブルに接続する必要もなく、置くだけで簡単に充電できるので、自宅内で充電する場所がある程度決まっているような場合には最適です。

 

ワイヤレス充電のメリット

ワイヤレス充電器

ワイヤレス充電をする最大の特徴はコードを挿さなくてもスタンドに置くだけで充電が可能という点です。

コードを挿して充電するということがないので、端末の接続口に向かってコードを挿すという一連の動作が必要なくなります。毎日行っている充電接続だとは思いますが、この動作がなくなり置くだけで充電できるようになるのはかなり利便性が高くなります。ついつい接続忘れがちな寝る前の充電も、決まった充電パッド・充電スタンドの上に置くだけなので非常に簡単です。

さらに、スタンド式のワイヤレス充電器を利用しているような場合、接続コードを気にすることなくポンと置くだけで充電できるので、斜め置きしてスマートフォン上で動画再生や画面閲覧をしながら机上で作業できるというようなメリットもあります。

また、機種によっては高速充電機能を搭載したモデルもあるので、忙しい時に手早く充電したい場合にも重宝します。

 

ワイヤレス充電のデメリット

ワイヤレス充電器

ワイヤレス充電を行う場合、いくつかのデメリットも存在します。

一つ目としてあげられるのが、充電しながらの操作が難しくなる場面もあるということ。普段充電ケーブルを挿しながらもスマートフォンを操作するという人にとっては、ケーブルを挿しながらフレキシブルに操作するということがワイヤレス充電では、おき型のケースだとスマホ自体をケーブル充電の時のように持つことができず、操作するとしても、充電パッドの上に置きながら充電しなければならないことになります。

二つ目としては、ワイヤレス充電器が据え置き型であるということ。モバイルバッテリーを使って充電する人にとっては、ワイヤレス充電パッド・充電スタンドをいつでも持ち歩いてその上で充電するということは少し非効率的かもしれません、

モバイルバッテリーユーザーが、ワイヤレス充電器を利用するのであれば、これまで通り通常の充電ケーブルも所持していた方が無難です。

 

購入の際注目すべきポイント

コイル数をチェックしよう

コイルはワイヤレス充電器の仕組みそのものとなっています。基本的に1つ~3つの間で使われていて、

充電器内のコイルが電気を発生させ、

充電器内にコードなどを挿入せず、置くだけで離れていても充電ができるようになります。

コイル数はどれだけ「ワイヤレス充電器にどれだけスマホをしっかりと接着させなければいけないか」に直結します。

ですのでコイル数が少ないと、ワイヤレス充電器が接続されておらず、充電できていなかったという事態にもなりかねません。コイル数が多ければ逆にしっかりと接着させていなくても流れている電気が強いため、確実な充電ができます。

ワイヤレスイヤホンを使っている方でしたら、「いつの間にか接続が切れてしまっていた」という経験があるはずです。あの体験を想像していただければ理解できると思います。

ただし、値段を基準に入れて購入するアイテムを決めたいという方はコイル数が少ないほうがいいかもしれません。

コイル数が高いとスペックが高いですが、値段は高くなります。

ご自身の基準で選定してみてください。

 

インフルエンサーが愛用しているワイヤレス充電器

to buy編集部

to buy編集部

これまでのNINOさんのご説明で、ケーブル充電にはない、スタンドタイプ・パッドタイプのワイヤレス充電器のメリット、また、注意しなければならないデメリットも併せてご説明いただきました。ここからは、to buyに登録しているインフルエンサーが愛用しているワイヤレス充電器を紹介します!

 

NINOのイチオシ!

ワイヤレス充電器には安価なものから高価なものまで、価格帯の幅が広いです。もちろんそれぞれの製品に各々の良さや特徴があります。

筆者が一押しのワイヤレス充電器はBelkin製のBelkin Boost Up Wireless Charging Padです。Apple公式サイトのiPhoneアクセサリとしても取扱いがあるブランドで、卓越したデザインと性能が特徴的な充電パッドです。なお、この製品はiPhoneシリーズに最適化されているので、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X専用のワイヤレス充電パッドとなります。

ワイヤレス充電パッド本体の面積がかなり大きく、画面サイズが大きい、例えばiPhone 8 Plusの様な機種でも安定しておくことが可能。最大7.5Wの高速充電にも対応しているので、通常よりも速いスピードで給電できます。さらに、スマホ自体にケース装着している場合でも、厚さ3mmまでは充電できます。

さらに、Belkin製品は製品保証面でも充実しています。

製品購入後には2年間の製品保証がついています。これだけでも十分なところですが、オンラインで製品登録するとこの保証期間を1年間延長し、合計3年間の製品保証を受けられます。

ワイヤレス充電によりデバイスが損傷してしまった場合には、Belkin接続保証という制度があり、最大で$2,500(日本円で275,000円)まで保証してくれます。

これらの手厚い保証や、確かな充電ワイヤレス機能、卓越したデザインがBelkin製品最大の魅力です。価格帯としては、6,000円程度かかりますが、据え置きの1台としてぜひとも持っておきたいワイヤレス充電器です!

 

おすすめのワイヤレス充電器を紹介!

 

Belkin ワイヤレス充電パッド F8M747BT-A

出典: Amazon.co.jp

Belkin ワイヤレス充電パッド F8M747BT-A

筆者の愛用品と同じくBelkin製品となりますが、異なるのはiPhone最適化モデルということではなく、ワイヤレス充電に対応したモデルであれば、どの製品でも充電可能な万能モデルです。

また、高速充電機能は搭載しておらず、標準の5W出力での充電となります。

Belkin製品であることは変わりないので、製品自体のデザインや機能性、安心の保証体制は満足いくものです。

 

Spigen ワイヤレス充電パッド F303W

出典: Amazon.co.jp

Spigen ワイヤレス充電パッド F303W

iPhoneやAndroid端末など、スマホ端末のアクセサリーメーカーとして有名なSpigen製品です。

F303Wの特徴は斜めスタンド型であるということ。スマホをそのまま置くだけで斜めになった画面をみることができるので、例えばデスク上で作業しながらスマホの通知を確認するおいった用途にも最適です。斜めおきスタンドで土台もしっかりしているので、置きながらの操作も十分に可能。

急速充電にも対応し、2コイル搭載した最大9Wの充電が可能なので、通常のアダプタで充電するよりも効率的に充電できます。

 

Anker PowerPort Wireless

モバイルバッテリーブランドとしては超有名ブランドであるAnker製品です。

Anker PowerPort Wirelessは、なんといっても製品が非常にコンパクトでシンプルです。ワイヤレス充電器を探しているという人にはお手軽にかえる価格帯であることがおすすめ理由です。

シンプルなワイヤレス充電器でありながらも、5Wの標準的なワイヤレス充電がしっかりと行えます。製品もコンパクトな設計なので、持ち運び用に考えいる人にも便利です。ちょっとしたスペースに設置できるので、場所を選ばず、どこでも据え置きのワイヤレス充電器を設置できます。

 

まとめ

新型のiPhoneシリーズからiOS端末がワイヤレス充電対応したことをきっかけに、ワイヤレス充電市場も次第に大きいものになってきています。

ワイヤレス充電は、端末を置くだけで簡単に充電できるので、就寝前に充電台の上に置く、ちょっとした間に充電台の上に置く、という簡単な動作でいつでも充電できるので大変便利です。

使用しているスマートフォンがワイヤレス充電器に対応しているのであれば、ぜひともお気に入りのワイヤレス充電器を探してみてください!

記事内で紹介されている商品

Belkin ワイヤレス充電パッド F8M747BT-A

サイトを見る

Spigen ワイヤレス充電パッド F303W

サイトを見る

Anker PowerPort Wireless

サイトを見る

関連記事